2016年11月20日 (日)

「この世界の片隅に」

Konosekainokatasumini2016年・日本/製作:ジェンコ
アニメーション制作:MAPPA
配給:東京テアトル
監督:片渕須直
原作:こうの史代
脚本:片渕須直
監督補・画面構成:浦谷千恵
キャラクターデザイン・作画監督:松原秀典
音楽:コトリンゴ
企画:丸山正雄
プロデューサー:真木太郎

13回文化庁メディア芸術祭マンガ部門優秀賞を受賞したこうの史代の同名コミックのアニメ映画化。監督は「マイマイ新子と千年の魔法」の片渕須直。主人公すずの声を演じたのは「ホットロード」の能年玲奈改め のん。クラウドファンディングで資金調達を行い、3,374人という、国内の映画クラウドファンディングとして最多人数、最高額を記録した。平成28年度ヒロシマ平和映画賞受賞。

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (13)

2016年11月13日 (日)

「湯を沸かすほどの熱い愛」

Yuwowakasu2016年・日本/クロックワークス=テレビ東京、他
配給:クロックワークス
監督:中野量太
脚本:中野量太
プロデューサー:深瀬和美、若林雄介
撮影:池内義浩

余命宣告を受けても、なお目標を決め明るく生きる母とその家族を描いたヒューマン・ドラマ。脚本・監督は自主映画「チチを撮りに」で注目された中野量太。本作が商業長編映画デビューとなる。主演は「紙の月」の宮沢りえ、共演は「愛を積む人」の杉咲花、「オーバー・フェンス」のオダギリ  ジョー、「真田十勇士」の松坂桃李など。

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (11)

2016年11月 6日 (日)

「ザ・ギフト」

Thegift2015年・アメリカ/STXエンタティンメント
配給:ロングライド、バップ
原題:The Gift
監督:ジョエル・エドガートン
脚本:ジョエル・エドガートン
撮影:エドゥアルド・グラウ
製作:ジェイソン・ブラム、レベッカ・イェルダム、ジョエル・エドガートン

「華麗なるギャツビー」「ブラック・スキャンダル」「ジェーン」など、最近活躍が目覚しい俳優ジョエル・エドガートンの長編初監督作品。エドガートンは共同製作・脚本も兼務している。主演は「宇宙人ポール」のジェイソン・ベイトマンと、「トランセンデンス」のレベッカ・ホール。製作が「パラノーマル・アクティビティ」「インシディアス」等の人気ホラーを手掛けて来たジェイソン・ブラムである点も要チェック。

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年11月 4日 (金)

「ジェーン」

Janegotagun2015年・アメリカ
配給:ポニーキャニオン
原題:Jane Got a Gun
監督:ギャビン・オコナー
原案:ブライアン・ダフィールド
脚本:ブライアン・ダフィールド、アンソニー・タンバキス、ジョエル・エドガートン
撮影:マンディ・ウォーカー
製作:スコット・スタインドーフ、スコット・ラステティ、テリー・ダガス、ザック・シラー、メアリー・リージェンシー・ボーイズ、ナタリー・ポートマン、エイリーン・ケシシアン

主演のナタリー・ポートマンが製作も務めた、珍しい女性が主人公の西部劇。監督は「ウォーリアー」「プライド&グローリー」のギャビン・オコナー。共演は「ブラック・スキャンダル」のジョエル・エドガートン、「われらが背きし者」のユアン・マクレガー。

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (4)

2016年10月29日 (土)

「手紙は憶えている」

Remember2015年・カナダ・ドイツ合作/Serendipity  Point Films
配給:アスミック・エース
原題:Remember
監督:アトム・エゴヤン
脚本:ベンジャミン・オーガスト
撮影:ポール・サロシー
製作:ロバート・ラントス、アリ・ラントス

70年前、ナチスに家族を殺された老人の復讐を描くサスペンス。監督は「白い沈黙」「スウィート  ヒアアフター」(カンヌ国際映画祭審査員グランプリ)の名匠アトム・エゴヤン。主演は「人生はビギナーズ」で史上最高齢のアカデミー助演男優賞に輝いたクリストファー・プラマー。その他「エド・ウッド」のマーティン・ランドー、「ベルリン  天使の詩」のブルーノ・ガンツ、「ダ・ヴィンチ・コード」のユルゲン・プロホノフと映画史に残る名優たちが結集した。

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (4)

2016年10月23日 (日)

「永い言い訳」

Longexcuse2016年・日本/AOI Pro.=テレビ東京=アスミック・エース
配給:アスミック・エース
監督:西川美和
原作:西川美和
脚本:西川美和
プロデューサー:西川朝子、代情明彦
撮影:山崎裕

第153回直木賞候補作にもなった西川美和の小説を、自身の脚本・監督により映画化。主演は「天空の蜂」の本木雅弘、共演は「海炭市叙景」の竹原ピストル、「岸辺の旅」の深津絵里、「リップヴァンウィンクルの花嫁」の黒木華、「セトウツミ」の池松壮亮など。

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (9)

2016年10月16日 (日)

ボブ・ディランのノーベル文学賞受賞に思うこと

Bobdyranボブ・ディランがノーベル文学賞を受賞。

このニュースを聞いて、一瞬、意外な結果だと思った。が、すぐに、「授与したスウェーデン・アカデミーも、なかなかやるな」と感心した。
ディランと言えば、代表作「風に吹かれて」「戦争の親玉」など、反戦・反権力・体制批判を内容としたプロテスト・ソングが多い。
音楽に、と言うより、その詩に込められた、メッセージ性を一つの文学的表現として評価したのだろう。

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2016年10月 3日 (月)

「怒り」

Ikari2016年・日本
配給:東宝
監督:李 相日
原作:吉田修一
脚本:李 相日
製作:市川 南
企画・プロデュース:川村元気
撮影:笠松則通

吉田修一の原作を映画化した群像ミステリードラマ。同じ吉田原作「悪人」で高い評価を得た李相日監督、川村元気プロデューサーが再びトリオで挑んだ意欲作。主演は渡辺謙を中心に、森山未來、松山ケンイチ、広瀬すず、綾野剛、宮崎あおい、妻夫木聡と日本映画界トップクラスの俳優たちが終結した。

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (11)

2016年9月29日 (木)

「ハドソン川の奇跡」

Sully2016年・アメリカ/ケネディ・マーシャル・プロ=マルパソ・プロ
配給:ワーナー・ブラザース映画
原題:Sully
監督:クリント・イーストウッド
原作:チェズレイ・サレンバーガー、ジェフリー・ザスロー
脚本:トッド・コマーニキ
撮影:トム・スターン
製作:クリント・イーストウッド、フランク・マーシャル、アリン・スチュワート、ティム・ムーア

2009年に起きた奇跡的な生還劇として知られる航空機事故とその後の顛末を、当事者であるチェズレイ・サレンバーガー機長の手記「機長、究極の決断     『ハドソン川』の奇跡」を元に映画化。監督は「アメリカン・スナイパー」のクリント・イーストウッド。主演は「ブリッジ・オブ・スパイ」他のトム・ハンクス。その他「ダークナイト」のアーロン・エッカート、「ミスティック・リバー」のローラ・リニーなど。

» 続きを読む

| | コメント (2) | トラックバック (14)

2016年9月19日 (月)

「超高速!参勤交代 リターンズ」

Choukousoku22016年・日本
配給:松竹
監督:本木克英
原作:土橋章宏 (「超高速!参勤交代 老中の逆襲」)
脚本:土橋章宏
撮影:江原祥二
音楽:周防義和
製作総指揮:大角正
プロデューサー:矢島孝   

2年前、スマッシュヒットを記録し、第57回ブルーリボン賞作品賞も獲得した時代劇コメディ「超高速!参勤交代」の続編。監督は前作に引続きメガホンを取る本木克英。出演者も前作の湯長谷藩藩主役の佐々木蔵之介以下、深田恭子、西村雅彦、寺脇康文、陣内孝則、市川猿之助ら主要キャストが再集結し、新たに古田新太、渡辺裕之、宍戸開、富田靖子らが参加している。

» 続きを読む

| | コメント (1) | トラックバック (11)

«「ニュースの真相」