2017年3月26日 (日)

「キングコング:髑髏島の巨神」

Kongskull_island2017年・アメリカ/レジェンダリー・ピクチャーズ=テンセント・ピクチャーズ
配給:ワーナー・ブラザース映画
原題:Kong: Skull Island
監督:ジョーダン・ヴォート=ロバーツ
原案:ジョン・ゲイティンズ、ダン・ギルロイ
脚本:ダン・ギルロイ、マックス・ボレンスタイン、デレク・コノリー
製作:トーマス・タル、メアリー・ペアレント、ジョン・ジャシュニ、アレックス・ガルシア
製作総指揮:エリック・マクレオド、エドワード・チェン

怪獣映画の元祖・キングコングを主人公にした、2005年のピータージャクソン監督版に続く映画化作品。監督はこれが長編2作目となる若干32歳のジョーダン・ヴォート=ロバーツ。出演は「クリムゾン・ピーク」のトム・ヒドルストン、「ルーム」のブリー・ラーソン、その他サミュエル・L・ジャクソン、ジョン・C・ライリーなど。

» 続きを読む

| | コメント (2) | トラックバック (11)

2017年3月20日 (月)

「チア☆ダン 女子高生がチアダンスで全米制覇しちゃったホントの話」

Cherdan2017年・日本/ツインズジャパン、他
配給:東宝
監督:河合勇人
脚本:林 民夫
企画プロデュース:平野隆
プロデューサー:辻本珠子、下田淳行
撮影:花村也寸志

2009年に全米チアダンス選手権大会で優勝した福井商業高等学校チアダンス部の実話ををモデルに映画化。監督は「鈴木先生」「俺物語!!」の河合勇人。主演は「ちはやふる」に続き高校部活ものに主演の広瀬すず。共演は「劇場版   零~ゼロ~」の中条あやみ、「野のなななのか」の山崎紘菜、「アマルフィ   女神の報酬」の天海祐希など。

» 続きを読む

| | コメント (1) | トラックバック (9)

2017年3月 5日 (日)

「ラ・ラ・ランド」

Lalaland2016年・アメリカ/サミット・エンタティンメント、他
配給:ギャガ、ポニーキャニオン
原題:La La Land
監督:デイミアン・チャゼル
脚本:デイミアン・チャゼル
音楽:ジャスティン・ハーウィッツ
製作:フレッド・バーガー、ジョーダン・ホロウィッツ、ゲイリー・ギルバート、マーク・プラット

「セッション」で一躍注目を集めたデイミアン・チャゼルが脚本を書き、監督も手掛けたオリジナル・ミュージカル映画。主演は「L.A.  ギャング ストーリー」でも共演しているライアン・ゴズリングとエマ・ストーン。その他「セッション」でアカデミー助演男優賞を受賞したJ・K・シモンズも共演。第74回ゴールデングローブ賞では作品賞(ミュージカル/コメディ部門)ほか同賞の映画部門で史上最多の7部門を制した他、第89回アカデミー賞ではチャゼル監督が史上最年少で監督賞を受賞、エマ・ストーンも主演女優賞など計6部門で受賞を果たした。

» 続きを読む

| | コメント (3) | トラックバック (15)

2017年2月25日 (土)

「愚行録」

Gukouroku2017年・日本/バンダイ=オフィス北野=ワーナー
配給:ワーナー・ブラザース映画、オフィス北野
監督・編集:石川 慶
原作:貫井徳郎
脚本:向井康介
撮影:ピオトル・ニエミイスキ
エグゼクティブプロデューサー:森昌行
コ・エグゼクティブプロデューサー:吉田多喜男

第135回直木賞の候補にもなった貫井徳郎原作の同名小説を映画化したミステリー・サスぺンス。監督は短編作品を中心に活動して来て、これが長編監督デビュー作となる新進・石川慶。脚本は「マイ・バック・ページ」などの向井康介。主演は「怒り」の妻夫木聡と「夏の終り」の満島ひかり。共演は小出恵介、濱田マリ、平田満など。ベネチア国際映画祭でオリゾンティ・コンペティション部門にノミネートされた。

» 続きを読む

| | コメント (5) | トラックバック (9)

2017年2月19日 (日)

「マリアンヌ」

Allied22016年・アメリカ/パラマウント・ピクチャーズ
配給:東和ピクチャーズ
原題:Allied
監督:ロバート・ゼメキス
脚本:スティーヴン・ナイト
音楽:アラン・シルベストリ
製作:グレアム・キング、ロバート・ゼメキス、スティーブ・スターキー

ブラッド・ピットとマリオン・コティヤールの豪華共演で、戦争の只中で愛し合った二人の過酷な運命を描いたサスペンス・メロドラマ。監督は「フォレスト・ガンプ 一期一会」「ザ・ウォーク」の名匠ロバート・ゼメキス。脚本は「イースタン・プロミス」などの脚本で知られ、異色作「ハミングバード」「オン・ザ・ハイウェイ その夜、86分」を脚本・監督したスティーヴン・ナイト。

» 続きを読む

| | コメント (4) | トラックバック (9)

2017年2月12日 (日)

「キセキ あの日のソビト」

Kiseki2017年・日本/ハピネット=東映、他
配給:東映
監督:兼重 淳
脚本:斉藤ひろし
プロデューサー:小池賢太郎
撮影:向後光徳
音楽:GReeeeN
音楽プロデューサー:JIN

顔を出さない異色のボーカルグループ「GReeeeN」の結成と、名曲「キセキ」誕生の裏に秘められた実話の映画化。監督は「腐女子彼女。」(2009)以来久々のメガホンとなる兼重淳。主演は「湯を沸かすほどの熱い愛」の松坂桃李と「溺れるナイフ」をはじめ出演作が相次ぐ菅田将暉。その他「女が眠る時」の怱那汐里、「映画 深夜食堂」の小林薫などが共演。

» 続きを読む

| | コメント (3) | トラックバック (7)

2017年2月 5日 (日)

「マグニフィセント・セブン」

Magnificent72016年・アメリカ/MGM=コロムビア
配給:ソニー・ピクチャーズ・エンタテインメント
原題:The Magnificent Seven
監督:アントワン・フークア
脚本:ニック・ピゾラット、リチャード・ウェンク
音楽:ジェームズ・ホーナー、サイモン・フラングレン
製作:ロジャー・バーンバウム、トッド・ブラック
製作総指揮:ウォルター・ミリッシュ、アントワン・フークア、ブルース・バーマン、ベン・ワイスブレン

「七人の侍」(1954・黒澤明監督)と、同作の西部劇仕立てリメイク「荒野の七人」(1960・ジョン・スタージェス監督)の魂を受け継ぐ…と銘打たれた西部劇アクション。監督は「サウスポー」のアントワン・フークア。主演はフークア監督作品「トレーニング  デイ」「イコライザー」でもタッグを組んだデンゼル・ワシントン。七人のメンバーに「ジュラシック・ワールド」でも共演したクリス・プラットとヴィンセント・ドノフリオ、「6才のボクが、大人になるまで。」のイーサン・ホーク、「ブラック・ファイル 野心の代償」のイ・ビョンホン、他の個性的な顔ぶれが揃った。

» 続きを読む

| | コメント (3) | トラックバック (12)

2017年1月29日 (日)

「ザ・コンサルタント」

Theaccountant2016年・アメリカ/ラットパック=デューン・エンタティンメント
配給:ワーナー・ブラザース映画
原題:The Accountant
監督:ギャビン・オコナー
脚本:ビル・ドゥビューク
製作:マーク・ウィリアムズ、リネット・ハウエル・テイラー
製作総指揮:ギャビン・オコナー、ジェイミー・パトリコフ、マーティ・P・ユーイング

「アルゴ」のベン・アフレック主演による、二つの顔を持つ男を主人公としたサスペンス・アクション。共演は「マイレージ、マイライフ」のアナ・ケンドリック、「セッション」のJ・K・シモンズ、「人生は小説よりも奇なり」のジョン・リスゴーら。監督は「ウォーリアー」「ジェーン」のギャビン・オコナー。脚本は「ジャッジ 裁かれる判事」(2014)の新鋭ビル・ドゥビューク。

» 続きを読む

| | コメント (3) | トラックバック (11)

2017年1月22日 (日)

「まわり舞台の上で 荒木一郎」

Onarevolvingstage
 出版社: 文遊社   2016年10月

  \3,200円(税抜)

 

久しぶりに本の紹介です。

 
歌手、俳優、作詞・作曲家、小説家、プロデューサーと、マルチな活躍をして来た異才・荒木一郎に対して、各分野ごとにロング・インタビューを行い、その人生と軌跡を余す所なく追い求めた労作です。

500ページもあるぶ厚い本ですが、読み応えがあります。一気に読んでしまいました。

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年1月15日 (日)

「ヒトラーの忘れもの」

Landofmine2015年・デンマーク・ドイツ合作
配給:キノフィルムズ
原題:Under sandet (英題:Land of Mine)
監督:マーチン・ピータ・サンフリト
脚本:マーチン・ピータ・サンフリト
製作:マイケル・クリスチヤン・ライクス、マルテ・グルナート

終戦直後のデンマークを舞台に、捕虜となったドイツ軍少年兵たちの過酷な運命を、史実に基づき描いた異色作。脚本・監督はドキュメンタリー映画出身で、これが劇映画としては長編第3作目となるデンマークの俊英マーチン・ピータ・サンフリト。アカデミー賞外国語映画賞のデンマーク代表にも選ばれた他、第28回東京国際映画祭コンペティション部門に出品され、軍曹役のローラン・モラーと少年兵役のルイス・ホフマンが最優秀男優賞を受賞した。なお映画祭上映時のタイトルは「地雷と少年兵」

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (1)

«2016年度・日本インターネット映画大賞 投票