2021年2月28日 (日)

小説「奈落で踊れ」

Narakudeodore   月村 了衛・著

  朝日新聞出版・刊

  初版発行日: 2020年6月5日

  1,900円+税  単行本: 384ページ


 いま一つ記事にしたい映画がないので、昨年読んだこの小説の感想を。

私がお気に入りの、月村了衛さんの新作です。

月村さんの作品は、デビュー当時の「機龍警察」シリーズは、戦闘メカが登場する近未来SFバイオレンス小説でしたが、最近では前回も紹介した「東京輪舞(ロンド)」以降、1964年の東京オリンピック記録映画の監督選定騒動を描く「悪の五輪」、社長がマスコミの前で惨殺された有名な“豊田商事”事件をモデルにした「欺す衆生」(2019)と、昭和の時代に実際に起きた事件を題材にした、一種の昭和史セミドキュメント小説が多くなってきました。史実と虚構を取り混ぜ、また政治家や著名人の実名も登場するなど、実際の事件を知っていればなお面白く読めます。

» 続きを読む

| | コメント (0)

2021年2月23日 (火)

「藁にもすがる獣たち」

Beasts-clawing-at-straws 2020年・韓国   109分
製作:B.A. Entertainment
配給:クロックワークス
原題:Beasts Clawing at Straws
監督:キム・ヨンフン
原作:曽根圭介
脚本:キム・ヨンフン
撮影:キム・テソン
製作:チャン・ウォンソク

曽根圭介の同名小説を韓国において映画化したクライム・サスペンス。脚本・監督はこれが長編デビュー作となる新鋭キム・ヨンフン。出演は「シークレット・サンシャイン」のチョン・ドヨン、「アシュラ」のチョン・ウソン、「スウィンダラーズ」のペ・ソンウ、「哀しき獣」のチョン・マンシク、「コンフィデンシャル 共助」のシン・ヒョンビン、「チャンシルさんには福が多いね」のベテラン、ユン・ヨジョンなど韓国を代表する名優たちが結集している。本国では興行収入ランキングで初登場1位を記録。

» 続きを読む

| | コメント (2)

2021年2月14日 (日)

「すばらしき世界」

Subarashikisekai 2021年・日本   126分
製作:バンダイナムコ=AOI Pro.=分福、他
配給:ワーナー・ブラザース映画
監督:西川美和
原案:佐木隆三 (「身分帳」)
脚本:西川美和
撮影:笠松則通
エグゼクティブプロデューサー:濱田健二、小竹里美
プロデューサー:西川朝子、 伊藤太一、 北原栄治

直木賞作家・佐木隆三の、実在の人物をモデルとした小説「身分帳」を原案に、刑期を終えて出所した男の生きざまを描いた人間ドラマ。監督は「永い言い訳」の西川美和。主演は「孤狼の血」の役所広司、共演は「静かな雨」の仲野太賀、「MOTHER マザー」の長澤まさみ、「家族はつらいよ」シリーズの橋爪功、「罪の声」の梶芽衣子など。第56回シカゴ国際映画祭インターナショナルコンペティション部門にて役所広司が最優秀演技賞を受賞。

» 続きを読む

| | コメント (8)

2021年2月 7日 (日)

「ヤクザと家族 The Family」

Yakuzatokazoku 2021年・日本   136分
製作:スターサンズ
配給:スターサンズ= KADOKAWA
監督:藤井道人
脚本:藤井道人
企画・製作:河村光庸
エグゼクティブプロデューサー:河村光庸
プロデューサー:佐藤順子、角田道明、岡本圭三
撮影:今村圭佑

時代の移り変わりと共に、社会から排除されて行くヤクザと、“家族”との繋がりを軸に描いた問題作。監督は「新聞記者」「宇宙でいちばんあかるい屋根」の藤井道人。主演は「日本で一番悪い奴ら」の綾野剛、共演は「終わった人」の舘ひろし、「ナミヤ雑貨店の奇蹟」の尾野真千子、「本気のしるし 劇場版」の北村有起哉、「幼な子われらに生まれ」の寺島しのぶ等。

» 続きを読む

| | コメント (5)

2021年1月30日 (土)

「Away」

Away 2019年・ラトビア   81分
製作:DREAM WELL STUDIO
配給:キングレコード
原題:Away
監督:ギンツ・ジルバロディス
脚本:ギンツ・ジルバロディス
製作:ギンツ・ジルバロディス
編集:ギンツ・ジルバロディス
音楽:ギンツ・ジルバロディス

飛行機事故で孤島に不時着した少年が、島からの脱出を目指し旅を続ける姿を美しい映像で描いたアニメーション。ラトビアの新進クリエイター、ギンツ・ジルバロディスが3年半かけて一人で製作・脚本・監督・編集・音楽を手掛けた。アヌシー国際映画祭コントルシャン賞初代グランプリ、新千歳空港国際アニメーション映画祭審査員特別賞、他8冠を達成。

» 続きを読む

| | コメント (0)

2021年1月23日 (土)

「43年後のアイ・ラヴ・ユー」

Rememberme 2019年・スペイン・アメリカ・フランス合作 89分
製作:Tornado Films=Lazona Kamel Film
配給:松竹
原題:Remember Me
監督:マーティン・ロセテ
脚本:マーティン・ロセテ、ラファ・ルッソ
撮影:ホセ・マルティン・ロゼテ
製作:アティット・シャー、マーティン・ロセテ、ホセ・マルティン・ロゼテ、ゴンザロ・サラザール・シンプソン、ダビッド・ナランジョ

アルツハイマーで過去の記憶が失われた元恋人に思いを伝えようと奮闘する老人の姿を描いたハートフル・ロマンティックコメディ。監督は短編映画出身で、長編は「カネと詐欺師と男と女」(未公開)以来これが2作目となるマーティン・ロセテ。主演は「ネブラスカ ふたつの心をつなぐ旅」のブルース・ダーン、共演は「エディット・ピアフ ~愛の讃歌~」のカロリーヌ・シロル、「チャーチル ノルマンディーの決断」のブライアン・コックス。

» 続きを読む

| | コメント (0)

2021年1月13日 (水)

「映画 えんとつ町のプペル」

Poupelleonchimneytown 2020年・日本   100分
製作:吉本興業
アニメーション制作:STUDIO4℃
配給:東宝=吉本興業
監督:廣田裕介
原作:西野亮廣
脚本:西野亮廣
製作総指揮:西野亮廣
演出:大森祐紀
アニメーション監督:佐野雄太
キャラクターデザイン:福島敦子
音楽:小島裕規、坂東祐大 

お笑いコンビ、キングコングの西野亮廣が原作とプロデュースを手掛けた同名のベストセラー絵本のアニメ化作品。西野は製作総指揮の他脚本も担当している。監督は「ハーモニー」の廣田裕介。声の出演は「初恋」の窪田正孝と「星の子」の芦田愛菜、落語家の立川志の輔、小池栄子など。アニメーション制作は「鉄コン筋クリート」「海獣の子供」などで高い評価を受けるSTUDIO4℃。

» 続きを読む

| | コメント (0)

2021年1月 5日 (火)

「ジョゼと虎と魚たち」 (2020)

Jozetigerandfishes 2020年・日本   98分
アニメーション制作:ボンズ
配給:松竹、KADOKAWA
監督:タムラコータロー
原作:田辺聖子
脚本:桑村さや香
キャラクター原案:絵本奈央
キャラクターデザイン:飯塚晴子 

2003年に犬童一心監督により実写映画化された田辺聖子の同名小説の、アニメによるリメイク。監督はTVアニメ出身でこれが劇場監督デビューとなるタムラコータロー。脚本は「ストロボ・エッジ」の桑村さや香。声の出演は「虹色デイズ」の中川大志、「宇宙でいちばんあかるい屋根」の清原果耶。

» 続きを読む

| | コメント (3)

2021年1月 3日 (日)

2021年度・鑑賞作品一覧

2021年度鑑賞の新作映画のタイトルと、採点です。 (随時追加)タイトルをクリックすれば、リンク先に飛びます。リンクがないものは未掲載です。   月 タイトル 採点 1月 映画 えんとつ町の...

» 続きを読む

|

2021年1月 2日 (土)

2020年度・ベスト20 ワースト10発表

 あけまして おめでとうございます。

 本年もよろしくお願いいたします。 

 

さて、私の昨年度ベスト20を発表いたします。例年通り、HPに掲載しているのと同じ要領で、邦・洋混成のベスト20です。

 

» 続きを読む

| | コメント (21)

«2020年を振り返る/追悼特集