2020年9月13日 (日)

「宇宙でいちばんあかるい屋根」

Thebrightestroofintheworld 2020年・日本   115分
制作:アルケミー・プロダクションズ
配給:KADOKAWA
監督:藤井道人
原作:野中ともそ
脚本:藤井道人
企画・プロデュース:前田浩子
プロデューサー:金井隆治
撮影:上野千蔵
美術:部谷京子

野中ともそによる同名小説を映画化したファンタジー・ドラマ。監督(脚本も)は「新聞記者」の藤井道人。主演は藤井監督作「デイアンドナイト」にも出演している清原果耶。共演は「一度も撃ってません」の桃井かおり、「惡の華」の伊藤健太郎、「男はつらいよ お帰り 寅さん」の吉岡秀隆など。

» 続きを読む

| | コメント (3)

2020年9月 5日 (土)

「ソワレ」

Soware 2020年・日本    111分
制作:新世界合同会社
配給:東京テアトル
監督:外山文治
脚本:外山文治
プロデューサー:豊原功補
共同プロデューサー:前田和紀
アソシエイトプロデューサー:小泉今日子
撮影:池田直矢

若い男女の切ない逃避行を描いた異色の青春ドラマ。豊原功補、小泉今日子らが立ち上げた映画制作会社・新世界合同会社の第1回プロデュース作品。監督は「燦燦-さんさん-の外山文治。主演は「ディストラクション・ベイビーズ」の村上虹郎、「37セカンズ」の芋生悠(いもうはるか)、共演は「君が世界のはじまり」の江口のりこ、他。

» 続きを読む

| | コメント (2)

2020年8月30日 (日)

「狂武蔵」(2020)

Crazymusashi 2020年・日本     91分
制作:WiiBER=U’DEN FLAME WORKS=アーティット
配給:アルバトロス・フィルム
英題:Crazy Samurai Musashi
監督:下村勇二 
脚本:灯 敦生 
原案:園 子温 
撮影監督:長野泰隆 
エグゼクティブプロデューサー:太田誉志 
プロデューサー:藤田真一 
2013年版監督:柄澤 功

9年前に撮影されたものの、日の目を見ぬまま眠っていた作品に追加撮影を行い完成させたアクション時代劇。77分ワンシーン・ワンカット撮影という事でも注目を浴びた。新版の監督は「キングダム」のアクション監督を務めた下村勇二。主演は「RE:BORN」のTAK∴(坂口拓)、共演は「キングダム」の山﨑賢人、「ある街の高い煙突」の斎藤洋介など。

» 続きを読む

| | コメント (0)

2020年8月22日 (土)

「ドキュメンタリー沖縄戦 知られざる悲しみの記憶」

Documentalyokinawasen 2019年・日本/青空映画舎  105分
配給:渋谷プロダクション
監督:太田隆文 
撮影:三本木久城、吉田良介 
ナレーション:宝田明、斉藤とも子 

太平洋戦争末期、日本で唯一の地上戦が行われた沖縄戦の悲劇を、当時の体験者や専門家の証言、米軍が撮影した記録フィルムなどを交えて描いたドキュメンタリー。監督は劇映画「朝日のあたる家」の太田隆文。ナレーションは「ダンスウイズミー」の宝田明と「朝日のあたる家」の斉藤とも子が担当。

» 続きを読む

| | コメント (0)

2020年8月14日 (金)

「ぶあいそうな手紙」

Aos-olhos-de-ernesto 2019年・ブラジル   123分
制作:Casa de Cinema de Porto Alegre
配給:ムヴィオラ
原題:Aos olhos de Ernesto (英題:Through Ernesto's Eyes)
監督:アナ・ルイーザ・アゼベード
脚本:アナ・ルイーザ・アゼベード、ジョルジ・フルタード
脚本協力:セネル・パス
製作総指揮:ノラ・グラール

手紙の代読と代筆を通して、老人と若い娘が心の交流を深めて行く、ブラジル発のハートウォーミング・ストーリー。監督は「世界が終わりを告げる前に」のアナ・ルイーザ・アゼベード。出演は「ウィスキー」のホルヘ・ボラーニ、「僕と未来とブエノスアイレス」のホルヘ・デリア、新人ガブリエラ・ポエステルなど。2019年ブラジル・サンパウロ国際映画祭批評家賞、ウルグアイ・プンタデルエステ国際映画祭では観客賞と最優秀男優賞を受賞。

» 続きを読む

| | コメント (0)

2020年8月 9日 (日)

大林宣彦・著「キネマの玉手箱」

Kinemanotamatebako_  大林宣彦・著

 ユニコ舎・刊  2020年4月25日第1版

 ¥1,500+税

 

大林宣彦さんの、おそらくは最後となるエッセイです。

 

もっとも、未発表の原稿をまとめて今後刊行される可能性もないとは言えませんが、書かれた時期が、映画「海辺の映画館-キネマの玉手箱」が完成し、公開を待つ本年の初めの頃―亡くなる直前ですので、一番最近の心情がありのままに吐露された、まさに絶筆と言えるエッセイでしょう。
本書のタイトルも、遺作映画の題名に引っ掛けてありますし。

» 続きを読む

| | コメント (4)

2020年8月 2日 (日)

「海辺の映画館 キネマの玉手箱」

Umibenoeigakan 2019年・日本   179分
制作:吉本興業=バップ=PSC
配給:アスミック・エース
監督:大林宣彦
脚本:大林宣彦、内藤忠司、小中和哉
脚本協力:渡辺謙作、小林竜雄 
エグゼクティブプロデューサー:奥山和由
企画プロデューサー:鍋島壽夫
製作協力:大林恭子
撮影監督:三本木久城
編集:大林宣彦、三本木久城
音楽:山下康介 

本年4月に亡くなった名匠・大林宣彦監督の遺作であり、かつ大林映画の集大成とも言える壮大なファンタジー・ドラマ。20年ぶりの尾道ロケも見どころ。出演者は主人公の3人の若者役に「転校生 さよならあなた」の厚木拓郎、「GO」の細山田隆人、「武蔵 むさし」の細田善彦。共演は大林監督作初出演の成海璃子、新人吉田玲、その他大林作品に馴染みの深い常盤貴子、山崎紘菜、高橋幸宏、入江若葉、尾美としのり、根岸季衣、満島真之介、小林稔侍、片岡鶴太郎、浅野忠信、大森嘉之といった俳優が大挙出演している。第32回東京国際映画祭Japan Now部門にてワールドプレミア上映、大林監督に特別功労賞が授与された。

» 続きを読む

| | コメント (6)

2020年7月30日 (木)

「なぜ君は総理大臣になれないのか」

Nazekimihasouridaijinni 2020年・日本/ネツゲン   119分
配給:ネツゲン
監督:大島新
プロデューサー:前田亜紀
撮影:高橋秀典、前田亜紀
音楽:石崎野乃 

実直で高い志を抱きながらも、党や派閥に翻弄され苦闘を続ける政治家の、初出馬から現在までの17年間を追ったドキュメンタリー。監督は「園子温という生きもの」の大島新。

» 続きを読む

| | コメント (0)

2020年7月25日 (土)

「透明人間」 (2020)

The-invisible-man 2020年・アメリカ  126分
制作:ブラムハウス・プロ=ユニヴァーサル・ピクチャーズ
配給:東宝東和
原題:The Invisible Man
監督:リー・ワネル
原案:リー・ワネル
脚本:リー・ワネル
製作:ジェイソン・ブラム、カイリー・デュ・フレズネ

何度も映画化されたSFホラー“透明人間”を装いも新たにサイコ・サスペンス・タッチで映画化した作品。監督は「ソウ」「インシディアス」シリーズの脚本家として知られる、「アップグレード」のリー・ワネル。主演はテレビドラマ「ハンドメイズ・テイル 侍女の物語」のエリザベス・モス。共演は「推理作家ポー 最期の5日間」のオリヴァー・ジャクソン=コーエン、「ドリーム」のオルディス・ホッジなど。

» 続きを読む

| | コメント (0)

2020年7月18日 (土)

「悪人伝」

Akuninden 2019年・韓国/KIWI MEDIA GROUP  110分
配給:クロックワークス
原題:악인전 (英題:The Gangster, the Cop, the Devil)
監督:イ・ウォンテ
脚本:イ・ウォンテ
撮影:パク・セスン
製作:ビリー・アキュメン 

刑事がヤクザと手を組んで連続無差別殺人鬼を追うという、ちょっと変わった味わいの韓国製バイオレンス・アクション。脚本・監督は新人イ・ウォンテ。主演は「新感染 ファイナル・エクスプレス」のマ・ドンソク。共演は「ノーザン・リミット・ライン 南北海戦」のキム・ムヨル、「海にかかる霧」のユ・スンモク、「新しき世界」のキム・ユンソンなど。本国では興行収入ランキングで初登場1位を記録する大ヒットとなった。カンヌ国際映画祭正式上映作品。

» 続きを読む

| | コメント (1)

«「カセットテープ・ダイアリーズ」