2020年11月28日 (土)

「Mank マンク」

Mank 2020年・アメリカ   131分
製作:Netflix
提供:Netflixインターナショナル・ピクチャーズ
原題:Mank
監督:デビッド・フィンチャー
脚本:ジャック・フィンチャー
撮影:エリック・メッサーシュミット 
製作:セアン・チャフィン、エリック・ロス、ダグラス・アーバンスキー

映画史に輝く不朽の名作「市民ケーン」誕生の舞台裏を、共同脚本家の視点から描いた、Netflixオリジナル映画。監督は「ゴーン・ガール」のデビッド・フィンチャー。脚本はフィンチャー監督の父ジャック・フィンチャー。主演は「ウィンストン・チャーチル ヒトラーから世界を救った男」の名優ゲイリー・オールドマン。共演は「マンマ・ミーア!」のアマンダ・セイフライド、「白雪姫と鏡の女王」のリリー・コリンズ、テレビドラマ「ゲーム・オブ・スローンズ」のチャールズ・ダンスら。

» 続きを読む

| | コメント (0)

2020年11月22日 (日)

「羅小黒戦記(ロシャオヘイセンキ) ぼくが選ぶ未来」

Roshaoheisenki 2019年・中国   105分
制作:北京寒木春華動画技術有限会社
配給:アニプレックス、チームジョイ
原題:羅小黒戦記 (英題)The Legend of Hei
監督:MTJJ
原作:MTJJ 
脚本:MTJJ、ポン・クーシン、ホンシーシェンレイ 
プロデューサー:ツォン・ファンビン 

妖精と人間が共存する世界を舞台に、両者が戦いを繰り広げるアクション・ファンタジー。2011年より動画サイトで公開され、好評を博した中国製WEBアニメ・シリーズの劇場版。監督は中国の漫画家でアニメ監督のMTJJで、原作と脚本も兼ねる。第23回文化庁メディア芸術祭アニメーション部門審査委員会推薦作品に選出された。

» 続きを読む

| | コメント (1)

2020年11月14日 (土)

「ミッシング・リンク 英国紳士と秘密の相棒」

Missinglink 2019年・アメリカ   95分
制作:ライカ=Annapurna Pictures
配給:ギャガ
原題:Missing Link
監督:クリス・バトラー
脚本:クリス・バトラー
音楽:カーター・バーウェル
製作:アリアンヌ・サトナー、 トラビス・ナイト

「KUBO/クボ 二本の弦の秘密」で知られるアニメ・スタジオ、ライカによるストップモーションアニメ。監督はライカ作品「パラノーマン ブライス・ホローの謎」のクリス・バトラー。声の出演は主演のライオネル卿役のヒュー・ジャックマンの他、ザック・ガリフィアナキス、ゾーイ・サルダナ、エマ・トンプソンと豪華メンバー。第77回ゴールデングローブ賞で最優秀長編アニメーション映画賞を受賞した他、第92回アカデミー賞の長編アニメーション部門にノミネートされた。

» 続きを読む

| | コメント (2)

2020年11月 7日 (土)

「本気のしるし 《劇場版》」

Honkinoshirushi 2020年・日本    232分
制作:メ~テレ(名古屋テレビ)
配給:ラビットハウス
監督:深田晃司
原作:星里もちる
脚本:三谷伸太朗、深田晃司
撮影:春木康輔
チーフプロデューサー:高橋孝太、太田雅人
プロデューサー:松岡達矢、加藤優、阿部瑶子

2019年放送された星里もちるの同名コミックの連続テレビドラマ化作品を再編集した劇場版。監督は「淵に立つ」「よこがお」の深田晃司。出演は「蜜蜂と遠雷」の森崎ウィン、「去年の冬、きみと別れ」の土村芳。その他宇野祥平、石橋けい、福永朱梨、忍成修吾、北村有起哉ら個性的な俳優が脇を固める。河瀬直美監督「朝が来る」と同じく2020年・第73回カンヌ国際映画祭のオフィシャルセレクション「カンヌレーベル」選出作品。

» 続きを読む

| | コメント (0)

2020年11月 1日 (日)

「朝が来る」

Asagakuru 2020年・日本   139分
制作:キノフィルムズ=組画
配給:キノフィルムズ
監督:河瀬直美
原作:辻村深月
脚本:河瀬直美、高橋泉
撮影:月永雄太、榊原直記
製作総指揮:木下直哉
プロデューサー:武部由実子

直木賞作家・辻村深月の同名原作を映画化した、特別養子縁組をテーマとしたヒューマン・ミステリー。監督は「あん」「光」の河瀬直美。出演は「八日目の蝉」の永作博美、「嵐電」の井浦新、「志乃ちゃんは自分の名前が言えない」の蒔田彩珠。その他助演に中島ひろ子、浅田美代子など。2020年・第73回カンヌ国際映画祭のオフィシャルセレクション「カンヌレーベル」の選出作品。

» 続きを読む

| | コメント (2)

2020年10月25日 (日)

「ムヒカ 世界でいちばん貧しい大統領から日本人へ」

Josemujica 2020年・日本   98分
製作:フジテレビ=ネツゲン=関西テレビ
配給:KADOKAWA
監督:田部井一真
企画・プロデュース:濱 潤
プロデューサー:大島 新、堀 治樹 
撮影:中島大樹
ナレーション:安藤サクラ 

質素な暮らしぶりで「世界でいちばん貧しい大統領」と言われた第40代ウルグアイ大統領ホセ・ムヒカについて、日本からの視点で迫ったドキュメンタリー。監督はフジテレビのディレクター田部井一真。ナレーションは「万引き家族」の安藤サクラ。なお製作に「なぜ君は総理大臣になれないのか」の監督大島新が参加している。

» 続きを読む

| | コメント (0)

2020年10月18日 (日)

「異端の鳥」

Paintedbird 2019年    169分
チェコ=スロバキア=ウクライナ合作
配給:トランスフォーマー
原題:The Painted Bird
監督:バーツラフ・マルホウル
原作:イェジー・コシンスキ
脚本:バーツラフ・マルホウル
撮影:ウラジミール・スムットニー
製作:バーツラフ・マルホウル

ポーランドの作家イェジー・コシンスキが1965年に発表した小説「ペインティッド・バード」を、チェコ出身の「戦場の黙示録」のバーツラフ・マルホウル監督が11年の歳月をかけて映画化した衝撃の問題作。ナチスのホロコーストから逃れるために田舎に疎開した少年が、差別に抗いながら必死に生き抜く姿を描く。主演の少年を演じたのは、監督が発掘した新人ペトル・コラール。その他「アイリッシュマン」のハーヴェイ・カイテル、「テリー・ギリアムのドン・キホーテ」のステラン・スカルスガルド、「アガサ・クリスティー ねじれた家」のジュリアン・サンズ、「オーバードライヴ」のバリー・ペッパー、「アイアン・スカイ/第三帝国の逆襲」のウド・キアーら錚々たるベテラン俳優陣が脇を固める。第76回ベネチア国際映画祭でユニセフ賞を受賞。第92回アカデミー賞国際長編映画賞チェコ代表作品。

» 続きを読む

| | コメント (2)

2020年10月10日 (土)

「浅田家!」

Asadafamily 2020年・日本   127分
制作:東宝映画=ブリッジヘッド=パイプライン
配給:東宝
監督:中野量太
原案:浅田政志
脚本:中野量太、菅野友恵
撮影:山崎裕典
製作:市川南
企画・プロデュース:小川真司
エグゼクティブプロデューサー:山内章弘、臼井央

家族が様々なコスプレをしたユニークな家族写真集を世に送り出した写真家・浅田政志の実話を元にしたヒューマン・ドラマ。監督は「湯を沸かすほどの熱い愛」の中野量太。主演は「母と暮せば」の二宮和也、共演は「Red」の妻夫木聡、「マチネの終わりに」の風吹ジュン、「Fukushima 50」の平田満、「ビブリア古書堂の事件手帖」の黒木華、「糸」の菅田将暉。

» 続きを読む

| | コメント (7)

2020年10月 3日 (土)

「れいわ一揆」

Reiwaikki 2019年・日本    248分
製作・配給:風狂映画舎
監督:原一男
製作:島野千尋
撮影:原一男、島野千尋、岸建太朗、堀井威久麿、長岡野亜、毛塚傑、中井献人、田中健太、古谷里美、津留崎麻子、宋倫、武田倫和、江里口暁子、金村詩恩

2019年の参議院選挙で注目を集めた「れいわ新選組」から出馬した、個性豊かな10名の候補者たちの選挙活動を追ったドキュメンタリー。監督は「ゆきゆきて、神軍」「ニッポン国VS泉南石綿村」のドキュメンタリーの鬼才・原一男。2019年・第32回東京国際映画祭日本映画スプラッシュ部門特別上映作品。

» 続きを読む

| | コメント (0)

2020年9月25日 (金)

「TENET テネット」

Tenet 2020年・アメリカ=イギリス   150分
制作:Syncopy
配給:ワーナー・ブラザース映画
原題:Tenet
監督:クリストファー・ノーラン
脚本:クリストファー・ノーラン
製作:エマ・トーマス、クリストファー・ノーラン
製作総指揮:トーマス・ヘイスリップ
撮影:ホイテ・バン・ホイテマ
音楽:ルドウィグ・ゴランソン 

「TENET」というキーワードをベースに、時間に隠された秘密を解き明かし、第三次世界大戦を止める男の活躍を描いたSFスパイ・アクション超大作。脚本・監督は「インターステラー」「ダンケルク」の鬼才クリストファー・ノーラン。主演は「ブラック・クランズマン」のジョン・デビッド・ワシントン。共演は「ダンケルク」にも出演していた名優ケネス・ブラナーやノーラン作品常連のマイケル・ケインといったベテランに、ロバート・パティンソン、エリザベス・デビッキら若手と多彩な顔ぶれが揃う。

» 続きを読む

| | コメント (2)

«「はりぼて」