« 「十五才・学校Ⅳ」 | トップページ | 「ミリオンダラー・ベイビー」 »

2006年1月 2日 (月)

「殺人の追憶」

Memoriesofmurder (2003年:韓国/監督:ポン・ジュノ)

 最近好調の韓国映画界から、またまた衝撃的な傑作が登場した。

 1986年から91年にかけて実際に起きた、女性ばかり10人の未解決連続殺人事件を題材に、「ほえる犬は噛まない」で注目された新進気鋭のポン・ジュノ監督がダイナミックに演出。「シュリ」「反則王」などの人気俳優、ソン・ガンホが主役の地元刑事・パクを演じる。

このソン・ガンホ、容姿も小太りで愛嬌のある顔で、パク刑事のキャラクターも、実績はあるのだが乱暴だし(容疑者に飛び蹴り食わす尋問にびっくりする)、どこかピントがズレていて、しかしなんとなく憎めない…という設定がユニークで、妙なリアリテイがある(「現場に陰毛が落ちていないのは、犯人が無毛症だからだ」と銭湯で張り込むという、笑える場面もある)。

 やがてソウルから、若手の腕利き刑事・ソ(キム・サンギョン)がやって来て、細かい矛盾点を追求したり、鋭い観察眼を示すあたり、スリリングな展開で飽きさせない。軍事政権下であった当時の状況(灯火管制があったり、デモ鎮圧に手が取られて張り込みの人員が足らない…等)もうまく取り入れており、刑事ものとしてはわが「天国と地獄」「砂の器」などの傑作にも引けを取らない緊迫感が漂い、見応えがある。

 だが出色なのは、それまで冷静に真実を見つめていた―と思っていたソ刑事が、自分が知っていた女学生が犠牲になった事を知ると、理性を失って容疑者に凄惨な暴力を加える…という展開で、欠点がないと思われていた人間ですら凶暴な一面を露呈してしまう、人間そのものの弱さ、脆さを鋭く見つめた脚本・演出の見事さには唸ってしまう。

 ラストも素晴らしい。数年後の現在、最初の事件があった現場にやって来たパクが、そこで出会った少女から聞く目撃談を通して感じる、むなしさと人間の不可解さ…。空はどこまでも青く美しい。見事な幕切れである。これは現在までに観た今年の映画の中で、群を抜く最高作であり、韓国映画の質の高さを証明した、お薦めの傑作である。必見!      (採点=★★★★★

(2004年3月7日)

 

|

« 「十五才・学校Ⅳ」 | トップページ | 「ミリオンダラー・ベイビー」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/174742/47521765

この記事へのトラックバック一覧です: 「殺人の追憶」:

« 「十五才・学校Ⅳ」 | トップページ | 「ミリオンダラー・ベイビー」 »