« ブログスタート | トップページ | 「ファイヤーウォール」 »

2006年4月17日 (月)

「寝ずの番」

俳優の津川雅彦が、祖父であり、日本映画の父と呼ばれるマキノ省三の名跡を継承し、マキノ雅彦名義で第1回監督作品として完成させたのが本作。

原作は「ガダラの豚」や「今夜、すべてのバーで」などの著作で知られる中島らもの同名小説。

この原作がまたメッチャ面白い! 私は先に読んだのだが、あんまり面白過ぎるので、電車の中で読んでる時に ぶぁっはっは~と笑い出してしまい、ヘンな目で見られてしまった(笑)。

Nezunoban

映画の方も、原作に負けず劣らず面白いのだが、先に原作を読んでしまうと、展開が分 かってしまって腹の底から笑えない。・・・と言うわけで、これから映画を見る人は、原作は先に読まないこと。読むなら映画を観た後にすること-をおススめする。

劇場で観た時にも、爆笑している人が多かった。とにかく笑えます。遠慮せずに、大笑いしてください。

お話は、高名な落語家の師匠が亡くなって、さらに一番弟子、師匠のおカミさんも相次いで亡くなり、それぞれのお通夜を弟子たちが“寝ずの番”をする・・・それだけの話であるが、メインはその席で語られる下ネタ、猥談、春歌(つまりエロ歌)のたぐいで、いわゆる“放送禁止用語”が連発される(従って、多分…どころではなく、間違いなくテレビでは放映されないでしょう(笑))。

とにかく、こういう話は面白い。女性のアソコを地方によってはいろいろ違う呼び方で呼んでいるために、誤解と笑いを生んだりする…という話は昔からよく聞く。そういう話を知ってる人ほど、この映画は余計楽しめる。

映画には出て来なかった(と思う)が、原作に出て来る春歌 “夕べ父ちゃんと寝た時にゃ、ヘンなところにイモがある~” なんかは、学生時代のコンパで、先輩が歌っていたのを思い出し、懐かしかった。あれやって欲しかったなぁ(笑)。

Nihonshunkakou 春歌と言えば、'66年に大島渚監督で「日本春歌考」という映画が作られ、この中でも、有名な “一つ出たホイのヨサホイのホイ” が歌われていた(しかし最近、あんまり春歌を聞かなくなってしまったような気がする)。

ちなみに、その映画の中でこの歌を歌っていたのが、あの伊丹十三サン(当時は伊丹一三)。伊丹さんと言えば、監督第1回作品が「お葬式」。

なんとまあ、期せずして、“春歌”と“葬式”というキーワードで、二人の大物俳優兼監督が繋がってしまいましたね(笑)。

この映画が素敵なのは、敬愛する師匠の葬儀に集まった弟子、友人、ゆかりの人たち…が、猥談などを通じて、腹の底から人間同士の絆を確かめ合い、仲間意識を高揚させて行く、その素晴らしい人間讃歌にあると言えましょう。

これは、津川の伯父であり、数々のエンタティンメントの秀作を手掛けた名監督、マキノ雅弘の最高作とも言える「次郎長三国志」のスピリットとも相通じるものがあります。

そのつながりを明らかに意識したのでしょう、マキノ雅彦監督は、「次郎長三国志」の中で石松に扮した森繁久弥が歌った“オイラ死んだとてな~ 誰が泣いてくれょうかな~
をこの映画の中で全員に歌わせているのです。

原作に出て来ない、この歌を登場させることによって、まさにこの映画は、深い師弟愛、人間愛に満ちた秀作となり得ていると言えるでしょうし、また、マキノ雅彦監督の、亡き伯父に捧げる鎮魂の映画として、さらには伯父の後を継いで、今後もエンタティンメント性豊かな映画を撮り続けるぞ…と言う彼の宣言を表している・・・と考えるのは深読み過ぎるでしょうか。 

にほんブログ村 映画ブログへ   (採点=★★★★☆

|

« ブログスタート | トップページ | 「ファイヤーウォール」 »

コメント

TB有り難うございました。
こちらからもTBしたいのですが、サーバーの調子が悪いのか、なかなかうまくいきませんでした。ごめんなさい。
私はまだ原作を読んでいないのですが、これを機に読んでみようと思います。近日中に本屋に行ってみます。

投稿: Boh | 2006年4月19日 (水) 00:25

TBありがとうございました。
原作、そんなに面白いんですね。
幸いまだよんでいないので、さっそく・・・。
それにしても、テレビでは放送されないのは残念ですね。(セリフがセリフだけに仕方がないですが、)劇場に行かなかったおとーさんもおかーさんも、きっと楽しめるのに!

投稿: sabu | 2006年4月30日 (日) 11:57

 トラックバック、ありがとうございました。年老いて、津川雅彦監督がデビューしました。楽しい題材をみつけて、たくさんの映画を誕生させてほしいと願うばかりです。本作は、単館だけのつもりが、全国絨毯爆撃上映していますね。客入りにあわててプリントしたのでしょう。
 ありがとうございます。 これからも宜しくお願い致します。   冨田弘嗣

投稿: 冨田弘嗣 | 2006年5月 3日 (水) 23:34

コメント、ありがとうございます。過分のお褒めの言葉をいただき、うれしく思います。みんなと同じ評論を書いてもいいのだけど、せっかく、ビデオディレクターをやっているのだから、製作者側、つまりカメラの裏側を柱に評論を書くことにしました。そう思い立った日から、愚文が長くなってしまってます。
 津川雅彦の伯父さんがマキノ正博ですね。私は長い間、父親だと思っていて、みんなのブログを読んで、「勘違いしてたなあ」と自分を恥じています。書き換えようと思いつつ、ここに至りました。忠告、ありがとうございます。メールもトラックバックもコメントも映画座談会も大歓迎です。これからも宜しくお願いします。  冨田弘嗣

投稿: 冨田弘嗣 | 2006年5月 4日 (木) 01:13

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/174742/9642499

この記事へのトラックバック一覧です: 「寝ずの番」:

» 映画 「寝ずの番 」 [ようこそMr.G]
映画 「寝ずの番 」 の試写を千代田公会堂にて。 [続きを読む]

受信: 2006年4月18日 (火) 01:44

» 大人の下ネタ満載!【寝ずの番】 [犬も歩けばBohにあたる!]
葬式を題材にした映画というと、懐かしいところでは伊丹十三の『お葬式』。 同じ葬式 [続きを読む]

受信: 2006年4月25日 (火) 00:44

» 寝ずの番 [映画評論家人生]
動物園前シネフェスタ 伊丹十三監督は「お葬式」でデビューした。伊丹監督が亡くなるまで、すべての映画 [続きを読む]

受信: 2006年5月 3日 (水) 23:29

» ★寝ずの番@シネスイッチ銀座:5/4 GW [映画とアートで☆ひとやすみひと休み]
私のお気に入りの俳優(タレント)は、中井貴一と岸辺一徳と及川光博とジュリーである。 中井貴一は、デビューの時からずっと好きだった。 私は男の人だったら、お育ちの良さそうな雰囲気の人がいいのである。 岸辺一徳は私なりに一言では言い尽くせない理由が色々あって好き..... [続きを読む]

受信: 2006年5月 4日 (木) 22:50

» 寝ずの番 [日っ歩~美味しいもの、映画、子育て...の日々~]
俳優、津川雅彦が、ともに映画界の重鎮である祖父、マキノ省三、叔父、マキノ雅弘のマキノ姓を継ぎ、映画監督として製作したデビュー作品です。 上方落語界の重鎮、笑満亭橋鶴の臨終から通夜、告別式のドンちゃん騒ぎ。シモネタ満載、爆笑エピソード満載の”通夜喜劇”です。通... [続きを読む]

受信: 2006年5月 4日 (木) 23:35

» 寝ずの番 [Akira's VOICE]
歌と踊りと笑いと涙の人情喜劇。 [続きを読む]

受信: 2006年5月 6日 (土) 09:58

» 寝ずの番 06年86本目 [猫姫じゃ]
寝ずの番 俳優の津川雅彦が、偉大なる映画人である祖父のマキノ省三、叔父のマキノ雅弘 からマキノ性を襲名し、マキノ家3代目監督マキノ雅彦として初メガホンを取った意欲作。 yahoo 性という字、間違っています!姓 中島らもの短編小説「寝ずの...... [続きを読む]

受信: 2006年5月 9日 (火) 11:08

» [ 寝ずの番 ]おとなの艶画 [アロハ坊主の日がな一日]
[ 寝ずの番 ]@銀座で鑑賞。 ガキの時に、深夜番組で「おとなの時間」というのを楽し みにしていた時期がある。その当時はこの「おとな・・・」 という響きになんともいえぬ艶かしさを感じたものだった。 今は、自分も年をとり「おとな・・・」という言葉には、 新鮮さはなく、逆に可笑しささえ感じることがある。 (中島)らもさんが描く世界には、いつも可笑しさそして 恐怖がセットとして表されていることが多い。彼はエッセ イで、「恐怖にはいつも笑いが隣合わせ存在する。ホラー を手がける監督... [続きを読む]

受信: 2006年5月11日 (木) 23:57

» 【劇場鑑賞34】寝ずの番 [ダディャーナザン!ナズェミデルンディス!!]
偉人が死ぬ前に遺した 最期の言葉は    ゲーテは 「光を、もっと光を・・・」 ベートーベンは、 「友よ拍手を!喜劇は終わった!」 トルストイは、 「私は真実を愛する」 そして、 笑満亭橋鶴は・・・ いまは山中温泉で いま....... [続きを読む]

受信: 2006年5月12日 (金) 23:14

» 「寝ずの番」 [俺の明日はどっちだ]
こういったどこからとなく滲み出てくる粋なセンスというのは、覚えようとしても叶うものじゃないんだろうなあ。 そんな余裕綽々とした雰囲気が隅々まで漂い、久しぶりに大人を感じさせてくれた映画、それがこの「寝ずの番」。 父親は時代劇スターの沢村国太郎。母親はマキノ省三の娘・マキノ智子。兄は長門裕之。そして父方の叔父が加東大介で叔母が沢村貞子。母方の叔父にはマキノ雅広監督と松田定次監督、ついでに嫁さんは朝丘�... [続きを読む]

受信: 2006年6月 1日 (木) 00:47

» 寝ずの番 [映画、言いたい放題!]
ブログネタ:今年の抱負 参加中 今年も良い映画を沢山観たいですね。(^^) そして良い映画を沢山紹介したいです。 この映画は先輩がとても褒めてたので ずっと気になっていました。 無料動画配信サイトで配信されていたので 観てみました。 本当は年明け頃に紹... [続きを読む]

受信: 2012年1月13日 (金) 08:26

« ブログスタート | トップページ | 「ファイヤーウォール」 »