« 「ブレードランナーの未来世紀」 | トップページ | 「V フォー・ヴェンデッタ」 »

2006年5月 7日 (日)

「ナニー・マクフィーの魔法のステッキ」

 (2005年・監督:カーク・ジョーンズ)

Nannymacfee

ちょっと公私とも忙しくなって、なかなか映画が観れません。ようやく時間がとれたら、今度は上映開始時間が合わない。帰りの時間を考えて、いろいろ探したら、やっとこれが上映時間も短く(1時間38分)手ごろだったので。本当は「ニュー・ワールド」を観たかったのだが…。

で、あまり関心も予備知識もなかったのだが、これが意外と面白かった。

イギリスの作家、クリスチアナ・ブランドの書いた児童書「ふしぎなマチルダばあや」を、女優のエマ・トンプソンが脚色、主演した、いかにもイギリス映画らしいユーモアに溢れた楽しい作品である。

葬儀社につとめる、妻を亡くしたブラウン氏(コリン・ファース)には七人のやんちゃガキがいる。雇ったナニー(家庭教師兼乳母みたいなものか)に悪いいたずらをしては辞めさせるので、ナニーの来手がない。ほとほと困ったブラウン氏の前に、マクフィーと名乗る不思議なナニーが現われ、魔法で、子供たちに少しづつ礼儀作法、そして感謝の気持ちを教えて行く…。

ディズニーの秀作ミュージカル「メリー・ポピンズ」を連想させるストーリーだが、異なるのは、マクフィーの容貌、なんとイボと出っ歯にダンゴ鼻に反った眉と、とんでもなく不細工な顔で、しかも無表情で笑わない。だから最初は不気味で、悪い魔法使いのような印象を与える。使う魔法も地味で奇跡を起こすわけでもない。

しかし、子供たちがいろんな人生の難問を経験し、マクフィーの助力のおかげでそれらを乗り越え次第に自立して行くにつれ、マクフィーの顔からイボや出っ歯が取れ、綺麗になって行く。そして、ラストにおいて、素敵な奇跡が訪れ、もうマクフィーの力も必要でなくなった時、マクフィーは静かにいずこともなく去って行く。

子供たちが可愛らしいし、いろいろ笑えるギャグも多くて結構楽しい。特に、父のお見合いをぶっ壊そうと子供たちがたくらむいたずらが、ミミズのサンドやら、ヒキガエルの入ったポットとややエゲツないし、それを隠そうとブラウン氏が相手の女性にタックルするのを、ブラウン氏が発情したのかと勘違いするあたりは大笑いである。ラストにはサイレントのドタバタコメディによく登場するパイ投げも派手にやってくれる。そう言えば、期限までに花嫁を探さなければいけないという設定はキートンの「セブン・チャンス」を連想させるし…、ところどころ、そうした古き良き時代のスラップスティック・コメディへのオマージュを私は感じた。ローレル・ハ-ディなどのサイレント・コメディを覚えている方なら余計楽しめるでしょう。

子供向けに宣伝されているが、大人が見ても楽しいし、いろいろ考えさせてくれる。
子供の教育はどうしたらいいのか…、甘やかしでも、厳しい躾けでもない、子供たちに考えさせ、自分たちで解決する方向に導いてあげる、マクフィーのやり方が一つの答なのかも知れない。

エマ・トンプソンの奇妙なメイクと演技も楽しい。イギリスの個性派俳優の共演も見どころ。そして、懐かしや「ジェシカおばさんの事件簿」(個人的には「クリスタル殺人事件」のミス・マープル役が好きなのですが)の大ベテラン女優、アンジェラ・ランズベリーの元気な快(怪?)演はとくと見ておくべきでしょう。  (採点=★★★★

ランキングに投票ください → ブログランキング     にほんブログ村 映画ブログへ

|

« 「ブレードランナーの未来世紀」 | トップページ | 「V フォー・ヴェンデッタ」 »

コメント

トラックバック、ありがとうございます。ただ、私のこの映画には評論もコメントもありません。鑑賞記録とのみ記述しています。リンクした方、申し訳ありません。

投稿: 冨田弘嗣 | 2006年5月 7日 (日) 23:32

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/174742/9950381

この記事へのトラックバック一覧です: 「ナニー・マクフィーの魔法のステッキ」:

» ナニー・マクフィーの魔法のステッキ [HIROMIC WORLD]
本日の2本目は「ナニー・マクフィーの魔法のステッキ」 「メリー・ポピンズ」に次ぐ [続きを読む]

受信: 2006年5月 7日 (日) 22:40

» ナニー・マクフィーの魔法のステッキ(字幕版) [映画評論家人生]
OS劇場 (鑑賞記録のみ-コメントなし) (鑑賞記録のみ-コメントなし) (鑑賞記録のみ-コメントなし) (鑑賞記録のみ-コメントなし) (鑑賞記録のみ-コメントなし) [続きを読む]

受信: 2006年5月 7日 (日) 23:29

» 映画館「ナニー・マクフィーの魔法のステッキ」 [☆ 163の映画の感想 ☆]
いたずら悪ガキ兄弟の家にやってきた魔法を操るナニー(住み込みで子供の面倒をみる、育児や教育の専門知識を持った女性)がやってくる!話はミエミエなのですが、子供たちも可愛いし(特に長男と末っ子)あまり笑いをとるためだけのシーンなどもなくて楽しかったです♪ ...... [続きを読む]

受信: 2006年5月 7日 (日) 23:36

» ナニー・マクフィーの魔法のステッキ/Nanny Mcphee [我想一個人映画美的女人blog]
コリン・ファースファンでも、ファンタジーファンでもないのですが、観てきました☆ チラシの漢字にふりがながついてたくらいだから子供向けなんだろうとは思ってたけど、 "ありがとうの言葉は大切ですよ"とか "夜はちゃんと寝て""朝はちゃんと起きましょう"とか 道徳的なことも訴えて?いたり、対象は小学生なんでしょう。 魔法を使える不思議な人が登場。 とってもわかりやすーいお話。 でも 魔法といっても、同じくイギリス�... [続きを読む]

受信: 2006年5月 8日 (月) 10:29

« 「ブレードランナーの未来世紀」 | トップページ | 「V フォー・ヴェンデッタ」 »