« 「小さき勇者たち~GAMERA」 | トップページ | 村上もとか「龍-RON-」 »

2006年5月19日 (金)

「ナイロビの蜂」

(2005年・英/監督:フェルナンド・メイレレス)

Constantgardener 原作ジョン・ル・カレ。ル・カレと言えば40年ほど前、「寒い国から帰ったスパイ」というサスペンス映画(リチャード・バートン主演)があった。数年前には「ロシア・ハウス」(ショーン・コネリー主演)が話題になった。息の長い作家である。

で、いずれもスパイ小説なので、本作もてっきりそうした傾向の作品かと思ったが、ちょっと違って、妻の謎の死を追ううちに謀略事件に巻き込まれて行く外交官の行動を通して、夫婦愛の強さを描く感動作に仕上がっている。まあサスペンスものには違いないが。

監督はブラジル出身のフェルナンド・メイレレス。この監督の前作「シティ・オブ・ゴッド」は傑作だった。年端も行かぬ少年たちが拳銃を握り、血で血を洗う暴力抗争に明け暮れる…という、まさにブラジル版「仁義なき戦い」とも言うべき衝撃作であった。その上、カメラはまるで深作欣二の映画を観ているかのように手持ちで激しく揺れる。メイレレス監督はブラジルの深作欣二か、と思った。

その前作が世界的に評価され、本作ではイギリスに招かれてメジャー進出と相成った。
しかしメジャーになっても演出スタイルは変わらない。やはり手持ちカメラを多用し、画面は不安定に揺れる。そのおかげで、映画はドキュメンタリー映画を観ているかのような迫力を生んでいる。

物語は、英国外交官(レイフ・ファインズ)が妻の謎の死を探るうち、アフリカ住民を実験台にして新薬を開発する大手製薬会社の陰謀を知るが、更に背後にもっと大きな国際的謀略が隠されており、外交官も妻の死んだ湖で謀殺される…というポリティカル・サスペンスになっている。

これを観て連想したのは、やはり深作欣二が監督した、戦後のGHQが絡んだ政治的謀略サスペンス、「誇り高き挑戦」(62)である。チャンバラ映画全盛の当時の東映でよく作れたと思えるほど、タブーに挑戦した社会派ドラマの傑作であった。政治的陰謀によって次々謎の死が起きるが、誰も手が出せず真相は闇に葬られる…というストーリーが本作とよく似ている。同じようにラストに国会議事堂が登場する熊井啓監督の「日本列島」も似たような政治謀略サスペンスの傑作だった。

連想ついでに、これも深作欣二の傑作、「軍旗はためく下に」(72)を紹介。戦争中、上官反逆罪で処刑されたという夫の死の謎を解くべく、その未亡人(左幸子)がいろんな人を訪ね歩き、背後に隠された真相を追究して行く…という話で、“配偶者の死の謎を残された人間が探るうちに背後の謀略が明らかになって行く”という内容がこれまた本作とそっくり。

まあちょっと考え過ぎかも知れないが、2本の深作欣二映画との類似性、それと演出手法の相似性からして、まさにメイレレス監督は亡き深作監督の後継者を目指しているのではないか…

―というのは、やっぱり考え過ぎなんでしょうね(笑)。

でも、そんな事を考えながら映画を観ると、より楽しく、より深く映画を味わう事も出来るのである。でも、そんな事を知らなくても、映画は十分面白く、夫婦愛に心打たれ、感動できる。お奨めです。

でも、やっぱり言いたい。
   フェルナンド・メイレレスはブラジルの深作欣二である(しつこいかな(笑))。    (採点=★★★★☆

ランキングに投票ください → ブログランキング     にほんブログ村 映画ブログへ

|

« 「小さき勇者たち~GAMERA」 | トップページ | 村上もとか「龍-RON-」 »

コメント

 お久しぶりです。トラックバック、感謝します。ありがとうございます。
 しかし、やはり映画の生き字引のような薀蓄を交えた評論は流石と言うしかありません。なかなか、過去の映画、邦画との比較、分析をしながら書くことはできません。私の知るかぎり、ブログの中では、最も広がりのある文章だと感じています。「読ませる評論」は、なかなかありません。「読ませて学んで頷かせる評論」というところでしょうか。
 久しぶりにコメントを書かせていただきました。これからも宜しくお願い致します。  冨田弘嗣

投稿: 冨田弘嗣 | 2006年5月21日 (日) 02:08

TBどうもです。
この映画から深作映画に言及されているブログは始めてみました。
確かに言われてみれば・・・という気がします。
なかなか鋭い視点ではないでしょうか。
久々に「軍旗はためく・・」を観たくなりました。

投稿: ノラネコ | 2006年6月14日 (水) 01:26

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/174742/10147696

この記事へのトラックバック一覧です: 「ナイロビの蜂」:

» ナイロビの蜂/The Constant Gardener [我想一個人映画美的女人blog]
公開前からこんなに煽られたら、嫌でもちょっとは楽しみになってしまう、、、、 世界130以上のマスコミから絶賛の嵐!とか 海外映画評No1サイト Rotten Tomatoes でも82%がフレッシュ{/ee_3/}(絶賛)とか言ってるのを日本でもウリにしてるし。。。。 そして気になっていたのが、先日のアカデミー賞で 助演女優賞を受賞したレイチェルワイズの演技{/kaminari/} 演技の感想から言ってしまえば、 今... [続きを読む]

受信: 2006年5月20日 (土) 10:21

» ナイロビの蜂 [ネタバレ映画館]
 まさか!テッサ(レイチェル・ワイズ)がいきなり死ぬなんて・・・ひょっとすると双子の妹が現れてジャスティン(レイフ・ファインズ)の調査を手伝うのかと思ったよ・・・ [続きを読む]

受信: 2006年5月20日 (土) 13:05

» ダ・ヴィンチ・コード [Akira's VOICE]
爆発のない「ナショナル・トレジャー」(笑 [続きを読む]

受信: 2006年5月20日 (土) 18:47

» 『ナイロビの蜂』 [ラムの大通り]
----タイトルだけ聞いたんじゃ 映画の中身が分かんないね? 「そうだよね。 レイフ・ファインズが出ていて 舞台がアフリカと言うことからか、 日本でのビジュアルは『イングリッシュ・ペイント』を 思わせる上がりになっている。 でもこの映画の原作は『寒い国から帰ってきたスパイ』などの 傑作サスペンスをいくつも手がけているジョン・ル・カレ。 この映画もサスペンスたっぷりの作品になっている」 ----ふうん。でもチラシとか見ると... [続きを読む]

受信: 2006年5月21日 (日) 00:12

» ナイロビの蜂 [映画評論家人生]
梅田ピカデリー 日本人の感覚として、映画はまだ「特別な時間」である。多くの日本人は、1年に映画を10本も観ない。平均すると5~6本。つまり、2ヶ月に1本である。10年で50本。だから私は「ターミネー... [続きを読む]

受信: 2006年5月21日 (日) 02:02

» 映画のご紹介(133) ナイロビの蜂 [ヒューマン=ブラック・ボックス]
ヒューマン=ブラック・ボックス -映画のご紹介(133) ナイロビの蜂-「きっかけは、妻の死」 「たどり着いたのは、妻の愛」 とは名キャッチだね。 原題はThe constant gardener(「いつも庭いじりしている人」みたいな感じか...... [続きを読む]

受信: 2006年5月21日 (日) 10:33

» 映画 「ナイロビの蜂」 [ようこそMr.G]
映画 「ナイロビの蜂」の試写を新宿明治安田生命ホールにて。 [続きを読む]

受信: 2006年5月21日 (日) 23:23

» ナイロビの蜂 (米国盤DVD) [映画と本と音楽にあふれた英語塾]
原題: The Constant Gardener (2005) 2006年5月13日 日本初公開 公式サイト: http://www.nairobi.jp/ ゴウ先生総合ランキング: B+   画質 (ビスタ): A-/B+   音質 (ドルビーデジタル5.1ch): A-   英語学習用教材度: A-... [続きを読む]

受信: 2006年5月22日 (月) 17:21

» 「ナイロビの蜂」を見てきました。 [よしなしごと]
 アフリカにおける製薬会社の汚職を命を省みず暴いていく感動作と思ってナイロビの蜂を見てきました。間違ってはいなかったけど、でも、この映画のテーマってラブストーリーだったのね。そんな風には全然思って見に行かなかった・・・。... [続きを読む]

受信: 2006年5月31日 (水) 19:21

» ★「ナイロビの蜂」 [ひらりん的映画ブログ]
見たい映画が溜まってたので・・・一挙3本見てきました。 その1本目。 レイチェル・ワイズがアカデミー・助演女優賞受賞した作品。 この頃アフリカが舞台の作品が多いよねぇ・・・。 まだまだ未開の地だからかなぁ・・・。 [続きを読む]

受信: 2006年6月12日 (月) 03:46

« 「小さき勇者たち~GAMERA」 | トップページ | 村上もとか「龍-RON-」 »