« 「RENT/レント」 | トップページ | 「ブレードランナーの未来世紀」 »

2006年5月 3日 (水)

「鴛鴦(おしどり)歌合戦(デジタルリマスター版)」

(昭和14年・監督:マキノ正博)

Osidori1_1 この映画は戦前に作られた旧作ですが、私の大好きな作品であり、また最近デジタル・リマスタリングされ、大阪・九条のシネ・ヌーヴォにて公開中ですので、是非多くの方に観ていただきたく紹介いたします。

(劇場情報はこちら → http://www.cinenouveau.com/cinemalib2006/oshidori.htm )

これは、実に楽しい、和製シネ・オペレッタの快作です。まあ和製ミュージカルなのですが、セリフがほとんど歌になっており、こうした作品は当時からオペレッタと呼ばれておりました(最近では鈴木清順監督の「オペレッタ狸御殿」がありましたね)。

とにかく、出演者のほぼ全員が歌ってます。バカ殿役のディック・ミネや服部良一の妹で歌手の服部富子は言うに及ばず、主演の片岡千恵蔵も、志村喬も市川春代もみんな歌っております。あの志村喬サンが気持ちよさそうに、♪さ~てさてさてこの茶碗♪-と歌うシーンは必見(いや必聴)です。

Osidori2 この志村さんが、意外!にも結構いいノドを披露します。マキノ正博さんの自伝「映画渡世」によれば、ディック・ミネがそのうまさに驚嘆して「志村さん、是非テイチクに入りなさいよ」と強く薦めましたが、本人は冗談と思って、実際にあったレコード会社からの誘いにも乗らなかったそうです(笑)。

お話は実に他愛なく、千恵蔵を取り巻く美女たち(市川春代、深水藤子、服部富子)の恋の鞘当て、それにお春(市川春代)に惚れたディック・ミネのバカ殿がからんでの大騒ぎ、最後は千恵蔵とお春が結ばれてのハッピーエンドとなります。

その底抜けに明るい歌合戦とドタバタぶりは、とても戦前(それも第二次大戦間近)に作られたとは思えないくらいです。それだけでも映画史に残る快挙といえましょう。

これほどの名作が、別に予定していた作品が流れ、急遽短期間で早撮りしたというのですからまた驚きです(脚本、作詞・作曲に要した日数はわずか4日間!ということです)。また千恵蔵がこの時盲腸炎を患い静養中で、彼がカメラの前に立ったのは、わずか2時間だったというのも信じられないエピソードです。

なお撮影を担当したのは、後に黒澤の「羅生門」や溝口健二の「雨月物語」を手掛けることになる名手・宮川一夫である点にも注目です。

ミュージカル好きな人なら必見です。そして、「寝ずの番」を監督したマキノ雅彦の伯父で、数々の娯楽映画の名作を作った稀代のエンターティナー、マキノ正博監督の素敵な職人技をとくと堪能あれ…。

シネ・ヌーヴォの上映は5月19日まで、モーニングショーでの上映(6日~12日はレイトショーもあり)。お見逃しなく。  (採点=★★★★★

ランキングに投票ください → ブログランキング     にほんブログ村 映画ブログへ
                    人気blogランキング

|

« 「RENT/レント」 | トップページ | 「ブレードランナーの未来世紀」 »

コメント

コメント、ありがとうございます。感謝します。マキノ正博監督の映画を1作品のみの上映っていう企画者の意図がわかりません。亡くなって何年になるのでしょうか。誕生○○年特集、没後○○年特集なんて、やってほしいですね。日本映画史を語る上で、なくてはならない監督ですから。若い人にも観ていただいてほしいと願う一人です。

投稿: 冨田弘嗣 | 2006年5月 9日 (火) 00:05

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/174742/9890144

この記事へのトラックバック一覧です: 「鴛鴦(おしどり)歌合戦(デジタルリマスター版)」:

» 鴛鴦歌合戦(1939) [映画評論家人生]
九条シネ・ヌーヴォ わずか7日間で完成させたという幻のマキノ正博監督のサムライオペレッタ。観たいとは思わなかったが、何気なく入った。なぜ、この一作のみを特別上映するのかわからぬが、どうせやるなら、マ... [続きを読む]

受信: 2006年5月 8日 (月) 12:19

« 「RENT/レント」 | トップページ | 「ブレードランナーの未来世紀」 »