« 「東京少年」(小林信彦著) | トップページ | 「タイヨウのうた」 »

2006年7月16日 (日)

「初恋」

Hatukoi (2006年・GAGA/監督:塙 幸成)

三億円事件は、今も強く心に焼き付いている、あの時代を代表する大事件だった。

当時としての金額の大きさ(今の貨幣価値なら30億円!)のみならず、誰も傷つけず、見事に成功したうえ、警察の大捜査にも係らず、時効が成立・・・しかも未だに犯人も、金の行方もわからないまま…。

こんな、多額の強奪事件で、完全犯罪が成立した例は史上空前である。
その為、映画、テレビ、小説、ノンフィクション…あらゆるメディアで取り上げられ、いろんな犯人像が推理されたり、それらの中で描かれた。

映画では、今は東映社長である岡田裕介が犯人役の「実録三億円事件・時効成立」(75・石井輝男監督、原作は清水一行)とか、田宮二郎主演の喜劇仕立て「喜劇・三億円大作戦」(71・石田勝心監督)とか、変りダネではクレージーの植木等が犯人を演じたドタバタコメディ、「クレージーの大爆発」(69・古沢憲吾監督。なんと事件の翌年に作られた!)などがあり、テレビでは沢田研二が犯人役の「悪魔のようなあいつ」(脚本:長谷川和彦)などがある。

まあそれほど、この事件はいろんなクリエイター達の創作意欲を刺激した…と言えるだろう。

で、これまではほとんどすべて、犯人は成人した男であったのだが、本作ではなんと、犯人は女子高校生!だった、というのである。

これは意外な盲点である。それなら、未だに捕まらない理由としては頷ける(警察は男性ばかり追いかけてただろうから)。

う~ん、これは案外面白い映画になるのでは…と期待したのだが…。

 
アイデアとしては面白いのだが、ストーリーもキャラクターも演出も、すべて凡庸である。

なぜ女子高校生なのか、なぜ夥しい遺留品を残しながら犯人に辿り着けなかったのか、なぜ金がまったく使われなかったのか・・・

そうした、多くの疑問点に、納得出来る答がほとんど用意されていない。

主犯は、東大生の岸(小出恵介)で、彼がすべて計画した事になっているが、彼がどうやって白バイのニセ部品を調達し細工したのかがまったく描かれていない(相当の機械知識が必要と思われるのだが。東大生に出来るとは思えない)。
女子高生のみすず(宮崎あおい)が現場に行ったら、もう白バイがあった…という描写は明らかに手抜きである。

あるいは、老バイク店主(藤村俊二)が手伝ったのかも知れないが、そう思わせる伏線がどこにもないし、画面で見る限りは、まったく関係がないようにしか見えない。

そのくせ、みすずが事件を起こす前後の描写は、白バイが水溜まりに嵌ったり、シートを引っ掛けたり、やたらディテールにこだわっている

要するに全体のバランスが取れていないのである。

 
犯罪を描くことより、心理描写や人間の内面を描く事に主眼を置いた…とするなら納得出来る場合もある。

しかし、肝心の人物描写もまたおざなりである。
ジャズ喫茶・Bにたむろする若者たちの人物描写が平面的で、掘り下げが浅い。

彼らが、みすずにどう関わっていったのか、兄である亮(宮崎将)の行動がみすずにどう影響を与えて行ったのか、みすずが岸に何のきっかけで心を寄せ、どんな心の変化を経て大犯罪に加担する気になったのか、あるいは岸はなぜこの事件を計画したのか(そもそもジャズ喫茶に入り浸る学生がなんで東芝府中工場のボーナスの事を知ってるのか)・・・

そうした重要な部分がほとんど描かれていない。これでは主人公たちに感情移入する事も出来ない。

岸とみすずを除く若者たちが、二人にまったくと言っていいほど関わらないのも不思議である。機動隊に殴られ、警察に恨みを抱くプロセスまで描きながら、結局何もしないのでは、何の為に彼らは登場したのか(そのくせラストでは彼らのその後をアメ・グラ並みにテロップで説明している丁寧さも理解に苦しむ)。彼らも共犯者ならまだ納得出来るのだが…。

そもそも、タイトルに「初恋」と謳うのなら、みすずが、岸に淡い恋心を抱くまでのプロセスを丁寧に描くべきだし、岸がそれにどう応えて行ったかも描かれなければならない。

映画を見る限りでは、みすずは打ち明けられた犯罪計画の方に興味を抱いたようにしか見えないし、岸も、単にみすずを利用しただけのようにしか見えない。

そして、三億円はどうなったのか…。トランクを開けて札束を確認するシーンもない(予算がなかったのか?)し、どこに隠したのかも、その後どうなったのかも描かれていない。
若者たちのその後より、三億円のその後の方が、こっちは知りたい(笑)。

 
この映画で一番ダメなのは、他で何度も書いているように、“伏線”がほとんど用意されていない点である。
犯罪ものにしろ、人間ドラマにしろ、周到な伏線をあらかじめ張っておれば、後半に意外な展開があったとしても説得力を持ち得るのである。

まあ文句ばかり言ってきたが、事件を描くのか、“初恋の行方”を描くのか、せめてどちらかだけでもキチンと描いてくれたならまだマシだった。どっちも中途半端では話にならない。

アイデアの面白さに期待しただけに残念である。

Eureka2_1  なお、実の兄妹である宮崎将と宮崎あおいは、6年前の「EUREKA<ユリイカ>」(青山真治監督)という、バスジャック事件に遭遇した人たちのその後を描いた映画にやはり兄妹役で出演している。こちらは素晴らしい傑作だった。時代を反映した社会的事件…という共通性もある。興味ある方はどうぞ。但し上映時間は3時間37分!とムチャ長いので注意されたし。     (採点=★★

ランキングに投票ください → ブログランキング     にほんブログ村 映画ブログへ

|

« 「東京少年」(小林信彦著) | トップページ | 「タイヨウのうた」 »

コメント

トラックバック、ありがとうございます。一方的にコメントを書き続けてしまい、申し訳ありません。 私は本原作を映画化するに至った意欲がわかりません。発想の奇抜さだけで、だからどうってこともない。つまり、今までの三億円事件を「主人公とテーマをちょろりと変えただけ」のような気がしました。
しかし、本当に素晴らしい映画評論ですね。関西に評論家が少ない中、映画評論家として関西で活躍してほしい。真面目に祖思います。  冨田弘嗣

投稿: 冨田弘嗣 | 2006年7月17日 (月) 02:56

冨田さま。
いつも丁寧なコメントありがとうございます。
>発想の奇抜さだけで、だからどうってこともない・・・
私も同感です。今の時代に作る意義、目的がサッパリ見えません。風景や小道具、犯罪描写はよく再現されてたとは思いますが。再現だけ丁寧でもねぇ…
評論についてのお褒めの言葉、ありがとうございます。ちょっとこそばゆいですが(笑)。

投稿: Kei(管理人) | 2006年7月17日 (月) 14:19

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/174742/10949776

この記事へのトラックバック一覧です: 「初恋」:

» 映画 「初恋」 [ようこそMr.G]
映画 「初恋」 を観ました。 [続きを読む]

受信: 2006年7月16日 (日) 19:37

» 初恋 [ネタバレ映画館]
 三億円事件と初恋だなんて、どう結びつくんだ・・・などと考えながら、宮崎あおいの揺れる想いに心が揺れた・・・ [続きを読む]

受信: 2006年7月16日 (日) 19:48

» 感想/初恋(試写) [APRIL FOOLS]
宮崎あおいが出演を熱望したという映画『初恋』。1968年の府中三億円事件(この事件よく知りません)の犯人は女性だった、っていう中原みすずの同名小説(未読)の映画化。6月10日公開! 『初恋』 あの三億円事件の犯人は女子高生みすず(宮崎あおい)だったという設定。そして動機は初恋。好きな人が計画した犯罪を、ただ好きな人のためにのみ行う。事件をストーリーの中心においてはいるものの、昭和中期の空気にのせて揺れ動く恋心をメインに描写する。 あー、完ペキ期待はずれ。設定から胸が痛くなるようなラブス... [続きを読む]

受信: 2006年7月17日 (月) 01:23

» 「初恋」 [俺の明日はどっちだ]
1968年12月10日朝、東京都府中市にある東芝府中工場の従業員4600人分のボーナス2億9430万7500円が、日本信託銀行国分寺支店から現金輸送車で運ばれる途中の東京府中刑務所横で、追ってきた白バイ警官に変装した男に停車を命じられた。ダイナマイトが仕掛けてあるといって、行員4人を避難させ、輸送車を検分する仕草をみせたあと孟スピードで走り去った。「負傷者ゼロ、犯行時間3分。犯人の数は不明」という謎めいた犯罪は、人々の話題を独占したーー... [続きを読む]

受信: 2006年7月17日 (月) 02:45

» 初恋 [映画評論家人生]
動物園前シネフェスタ 本作も「つまんなかった」というコメントが多かった。あまり多いと、見る気を喪失する。どうでもよくなる。だが、やってきた。私は芝居を自由自在に操ることのできる「宮崎あおい」が大好き... [続きを読む]

受信: 2006年7月17日 (月) 02:49

» 【劇場鑑賞62】初恋 [ダディャーナザン!ナズェミデルンディス!!]
私はあの三億円事件の犯人かもしれない。 あれから40年もの月日が流れているのに、 私の喪失感は今も消えない。 それは心の傷に時効がないから・・・ 60年代。 時代は何かを求めて蠢いていたあの頃。 私は狭く孤独の中で生きていた。 あなたとなら、 ...... [続きを読む]

受信: 2006年7月17日 (月) 18:47

» 初恋 [勝弘ブログ]
http://www.hatsu-koi.jp/最寄りの映画館で鑑賞。3億円事件を題材にした映画で実行犯は女子高生だったという設定。すごい設定ですね。物語の中でオートバイやさんの主人からオートバイを教わったりパンクした自転車を直すシー... [続きを読む]

受信: 2006年7月23日 (日) 22:50

» [ 初恋 ]もうじゅうぶん大人だよ [アロハ坊主の日がな一日]
[ 初恋 ]@渋谷で鑑賞 おとなびた宮崎あおいもさることながら、 お兄ちゃんの宮崎将の成長ぶりに驚いた。 (この成長とは、演技というより風貌) 1968年。その当時、世間を賑わした(だろう)「府中三 億円強奪事件」。16万人の捜査員の投入と大量の遺留品 にも関わらず難航する捜査、そしてたくさんの犯人推理説。 この実行犯が実は女性。しかも、18歳の女子高生だと・・・。 2002年に中原みすずによって書かれた小説「初恋」の同名 映画化。... [続きを読む]

受信: 2006年7月25日 (火) 08:06

» 「初恋」 [Tokyo Sea Side]
三億円事件の話を期待して観に行くと、正直ガッカリします。タイトルが初恋なのでそりゃぁ恋愛がテーマなのかもしれないけど、その割りにはそっちも中途半端。三億円事件と初恋を一緒に描くというコトに無理があった様に感じます。全体的に暗いシーンが多く淡々としていて、やっと来た!と思った犯行のシーンはほんの数分でした…。どうせならもっとリアルに三億円事件を描いた映画が観てみたいです。 [:URL:] 『初恋』... [続きを読む]

受信: 2006年7月29日 (土) 09:20

» 初恋(2006年公開版) [映画、言いたい放題!]
日本犯罪史上最大のミステリーと言われる, 府中三億円強奪事件をモチーフにしたこの映画、 興味があったのですが、映画館では観られず。 無料動画サイトで放映してたので 観てみました。 高校生のみすずは、 親戚の家で肩身の狭い生活をしていた。 父親は幼い頃に亡くな... [続きを読む]

受信: 2010年6月27日 (日) 18:11

« 「東京少年」(小林信彦著) | トップページ | 「タイヨウのうた」 »