« 「力道山」 | トップページ | 「46億年の恋」 »

2006年9月17日 (日)

具が多すぎた「UDON」

Udon (2006年・ROBOT/監督:本広 克行)

本広監督は香川県生まれ。前作「サマー・タイム・マシン・ブル-ス」も香川県でロケしていたが、本作では遂に“香川県人による、香川県人のための本格的な香川県映画”を製作するに至ったわけである。

実は、私も香川県生まれ。従って本作を鑑賞するについては、県人として特に思い入れがあり、感慨深いものがある。
なにしろ、見覚えのある風景はバンバン出て来るし、題名通り、讃岐の誇り、讃岐うどんが全編にわたってフィーチャーされているのだから。無論、私も讃岐うどんは大好物。あの、独特のコシの強さが特色の讃岐うどんを食べ慣れたら、言っちゃぁ悪いが他のうどんは食べれたもんじゃない(笑)。

…さて、それでは本作を手放しで誉めるかと言えば―そうは行かない。作品は作品として厳しく採点させてもらう。
―結論から言えば、辛い点数にせざるを得ない。

問題点は一言で言って、いろんな題材を盛り込み過ぎである。要約すると――

①一流の芸人になる夢を追いかけ、挫折した若者が、友人たちに励まされ、さまざまな経験を経て再び夢にチャレンジする物語。

②頑固一徹の父親と意見が合わず家を飛び出した男が、故郷に帰り、父親の仕事を見ているうちにやがて父親の職人魂に打たれ、父親が死んだ後、その職人技を継ぐ決心をし、亡き父と和解する話。

③タウン誌が仕掛けたブームの加熱ぶりと、やがてそのブームが醒めて行く経過を描き、ブームとは何かを探るブーム文化論的映画。

④そして、讃岐うどんに関するウンチクと、讃岐うどん礼賛映画。

 

どの題材についても、十分1本の映画が出来上がるくらいである。

むしろ、どれか1本に絞れば、―特に、②の話だけで纏めていればもっと傑作になったかも知れない。

なにしろ、ラストのシークエンス・・・幽霊になった父親との和解、復活した父のうどんの味を求めて凄い数の行列が押し寄せる光景を俯瞰撮影で捕える…という展開が、まるまる私の大好きな感動の秀作「フィールド・オブ・ドリームス」(フィル・アルデン・ロビンソン監督)へのオマージュになっているだけに、とても残念なのである。

④の讃岐うどんに関する部分は、むしろテレビのスペシャル・ドキュメント番組にした方がずっと楽しめる。これだけで2時間は十分持つ。

さらには、本広監督の好みなのだろうが、例によっていろんな小道具やら、本筋とは関係ないスーパーヒーロー、キャプテンうどんが活躍する「ブレード・ランナー」のパロディ(二つで十分云々)、まで登場するのだから余計混乱する。

うどんの味とは、素朴でシンプルなものである。おいしい讃岐うどんの食べ方は、麺に醤油をかけ、薬味を添えるだけとか、(本編にも出てくる)伊吹島のイリコ(干し魚)をじっくり煮て作る麺汁に漬して食べる―それだけで十分である(うーんついローカル・ネタになってしまった。すんません)。

本作の場合は、うどんメニューに例えれば、うどんの上に天婦羅乗せて(ここまでは許せる)その上にお好み焼きを乗せて、さらにソースとマヨネーズをたっぷりかけたようなものである。

1品ずつはそれぞれ美味しいのに、これではうどんの味が台無しである。早い話、うどんにソースとマヨネーズかけたらどんな味になるか試してみてください(何の話してたっけ(笑))。

…というわけで、それぞれはとても美味しくなりそうなネタだったのに、そして、泣けるエピソードもいくつかあったのに、全体としては纏まりに欠けたデコボコな作品になってしまっている。残念である。

 

でも、楽しめないか…と言えばそうではない。テンポよく、笑いあり、ペーソスあり、感動出来る部分ありで、特に香川県―いや、四国生まれの方にはお奨めである。それと、讃岐うどん・ファンの方は必見である。3本立ての映画をいっぺんに観たような満腹感はあると言っていい。…但し、映画の出来とは別にして…の話である(うーん、なんだか複雑な心境(笑))。

役者では、主人公の父親を演じた木場勝己がとてもいい。不思議な存在感がある。

主人公の友人役を演じたトータス松本も意外な好演。
個人的にジーンと来たのは、タウン誌の編集長が語る、連絡船で食べるうどんに関する件(味はたいした事ないが、これを食べる事自体が故郷への挨拶のようなものである…)。これは、四国出身の人なら誰もが共感する、いい話である。そう、瀬戸大橋が出来るまでは、高松と宇野を結ぶ宇高連絡船が四国と本州を繋ぐ唯一の交通手段だったのである。私も、あのうどんには随分お世話になった。懐かしい…。

―というわけで、私に限らず、香川県生まれの人にとっては、この映画は思い入れが深過ぎて客観的に評価不可能である…という事をお断りしておきたい。採点は、難しい所だが、映画の出来=★★☆、香川ネタ=★★★★、間を取って総合点=★★★

ツッ込みを少々。
まず誤解無きよう。香川にクマはいない (どうでもいいが、もう少しクマらしく演技せんかいっ)

もう1点。ラストで、コースケが飛行機の窓から、実家の製麺所に押し寄せる群集を見るシーンがあるが、高松から東に向かって飛ぶ飛行機からは、あの付近(高松よりずっと西)は見えない。せいぜい目印の讃岐富士が豆粒のように見える程度である。
あのラストは、コースケが父の家業を継いで、そして友人のトータス松本が飛行機から製麺所に向かう群衆を見つける…という展開にした方が無理がないと思うのだが…。

 

ランキングに投票ください → ブログランキング     にほんブログ村 映画ブログへ

|

« 「力道山」 | トップページ | 「46億年の恋」 »

コメント

 トラックバック、ありがとうございます。感謝致します。 良い作品なのか悩まれるのは私もよくわかります。私は、観終えた後「観た。終わった。」という気分がなかった。エピソードを盛り込みすぎて、それらすべてが消化できていないのが最大の問題でしょうが、なぜか・・・タウン紙の大好評完売。何十年も苦労して作ったうどんを短い帰国の間に完成させてしまう慌しさ、ニューヨークに戻らなければならない決定的な理由が不明確・・・つっこめばいろいろ出てきます。これらの消化不足が私達に伝わるのでしょう。私も面白いと思いつつ、勧める映画ではないと思いました。旬の監督なので、制作前から封切日を決めるような作品ではなく、じっくりと撮らせてあげられないものか・・・私はそんなことを思います。  冨田弘嗣

投稿: 冨田弘嗣 | 2006年9月18日 (月) 00:35

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/174742/11925937

この記事へのトラックバック一覧です: 具が多すぎた「UDON」:

» 「UDON」 [俺の明日はどっちだ]
昨日の夜中、ピーター・バラカン司会のNHKの番組「Weekend Japanology」の再放送を観ていたら香川の特集で“讃岐うどん”を紹介していた。 そして番組の中で登場していた香川のおじさんが話す流暢で的確な英語の解説はとても面白くて思わずうどんが食べたくなった -------- 。 ということで、今日は何かと話題になっているらしい(?)この映画を。 思い切りベタな出会いで知り合う小西真奈美とユースケ・サンタマリアが道�... [続きを読む]

受信: 2006年9月17日 (日) 15:10

» UDON [Akira's VOICE]
麺は美味しい。 薬味も効いている。 しか〜し,ダシは薄味。 [続きを読む]

受信: 2006年9月17日 (日) 15:19

» UDON(映画館) [ひるめし。]
観ないと、マズイ! CAST:ユースケ・サンタマリア/小西真奈美/トータス松本 他 ■日本産 134分 うどん本当においしそうだったわ〜。 観ている間ずっと食べたいなって思っちゃたよ。 ストーリーは手放しにおもしろい!!とは言えなかったけどね。 だっていろんな要素詰め込みすぎだって・・・。 でも最後のお父さんの笑顔にはジーンときたわ。 ふだん笑わない人が笑うとその笑顔ってすんごい�... [続きを読む]

受信: 2006年9月17日 (日) 15:49

» UDON [5125年映画の旅]
ああ!キャプテンUDONが!キャプテンUDONが蛇足なんだよ!わかってるのか本広克行!そんな事しても一般のお客さんはついて来ないぞ!いや、ヒーロー大好きな俺でさえついて行けない!やるんだったらもっとちゃんとしたヒーロー物をやれ!こんな作品で中途半端に自...... [続きを読む]

受信: 2006年9月17日 (日) 16:32

» 「UDON」 うどんの話なのにコシがない [はらやんの映画徒然草]
讃岐うどんブームのきっかけを作った麺通団をモデルにしたお話です。 映画を観ている [続きを読む]

受信: 2006年9月17日 (日) 20:13

» UDON [活動写真評論家人生]
ナビオTOHOプレックス 盆休みも夏休みもない業界だが、ようやく一日だけ休みがとれた。朝からハシゴすべく、前日の夜から梅田のカプセルホテルに泊まる。カプセルホテルで目の前の天井を見ながら、43才にも... [続きを読む]

受信: 2006年9月18日 (月) 00:24

» 「UDON」 [わたしの見た(モノ)]
「UDON」 映画に登場する“うどん”は、 こだわりの麺をシンプルに食べるのが上手そうに映っているのに、 作品の方は、具たくさん、薬味の豊富で麺が見えないような“UDON”。 亀山千広プロデューサーの力によるのか、かなり豪華。 ドキュメンタリー風の前半、 タウン誌を... [続きを読む]

受信: 2006年9月18日 (月) 09:03

» 感想/UDON(試写) [APRIL FOOLS]
『踊る』の本広組が贈る痛快「食」エンタ! ユースケ主演の『UDON』。観たらゼ〜ッタイうどんが食べたくなる8月26日公開! 映画UDON公式サイト あわせてこんなサイトも仕掛けてます、東宝×フジ×ROBOT。 うどんバラエティチャンネル 讃岐うどん屋の息子・香助は、地元を捨ててNYに渡るも夢破れあえなく都落ち☆ ひょんなことからタウン誌を作る小西真奈美と出会い、かつて背を向けた讃岐うどんと運命の再会を果たす。そしてタウン誌仲間たちとうどん巡礼をし、いつしか日本中に讃岐うどんブームを巻き起... [続きを読む]

受信: 2006年9月18日 (月) 20:29

» UDON・・・・・評価額1250円 [ノラネコの呑んで観るシネマ]
お昼ご飯にたまたま讃岐うどんを食べ、そのままフラフラと劇場へ。 私をこの映画に誘ったのは、間違いなく「UDON」の力だ(笑 「踊る大捜査線」シリーズの本広克行監督が、故郷の香川県とソウルフード「讃岐うどん」への... [続きを読む]

受信: 2006年9月18日 (月) 21:03

» 『UDON』 [Simply Wonderful ‐Cinema&Diary‐]
“うどんを1杯お願いします。” いやいや…。 “UDONを一枚お願いします。15時30分の回で…。” とても映画のチケットを購入しているとは思えない、ちょっと気恥ずかしい、映画館のカウンターでの一コマ。 (スタッフのお姉さんもクスッと笑っていましたから…。) 制作者側はこれもきっと計算の内だったに違いありません!! そんな美味しいエンターティメント映画、『UDON』です。 麺類と言えば、蕎麦かなと思う私ですが…�... [続きを読む]

受信: 2006年9月23日 (土) 21:48

» UDON <ちょっぴりネタバレ> [HAPPYMANIA]
観終わった後、めっちゃ うどんが食べたくなるぅぅそんな映画です。香川の人たちにとってうどんがソウルフードならば 大阪のソウルフードは たこ焼きにお好み焼きでしょうか給食に 普通にうどんが出てくるねんなぁ 大阪でたこ焼きやお好み焼きが出てくるなんてことは...... [続きを読む]

受信: 2006年10月 4日 (水) 04:30

» 「UDON」素材は良いけどコシ足らず [煮晩閃字R→evo.]
「UDON」を池袋の映画館で観てきました。 本広克行監督、ユースケ・サンタマリア、小西真奈美、トータス松本出演です。 その名の通り、うどんのお話です。香川が舞台で、さぬきうどんブームが起こっていく様を描いた実際の話をベースにしたストーリーってカンジ....... [続きを読む]

受信: 2006年10月14日 (土) 18:34

« 「力道山」 | トップページ | 「46億年の恋」 »