« 「時をかける少女」 | トップページ | 「力道山」 »

2006年9月 5日 (火)

「グエムル 漢江の怪物」

Guemuru (2006年・韓国/監督:ポン・ジュノ)

韓国製の、珍しい怪物パニック映画。SF怪獣映画はもともと大好きで、それもどちらかと言えばB級作品が好み。

しかも監督が、「殺人の追憶」という傑作サスペンスを撮ったポン・ジュノ―と聞いて、これは見逃せない…という事で、初日に観に行った。

まず言っておきたいが、これを「エイリアン」とか「ジョーズ」とかのホラー怪物映画ジャンルの作品だと思ったら期待外れとなる。
かと言って、我が「ゴジラ」のようなSF怪獣映画とも違う。

ポン監督の前作「殺人の追憶」では、ラストに至ってもついに犯人の正体が分からなかったし、一見平和に見える風景の中にも、“得体の知れない現代の闇”が潜んでいる事をシンボリックに描いていた。
そして見え隠れするのは、国家、警察組織に対する不信感である。

こうしたテーマを、“怪物パニック映画”というカテゴリーで更に追求したのが本作である。言わばここに登場する怪物は、その“得体の知れない現代の恐怖”シンボライズした存在であると言えよう。

加えて、ポン監督演出の特徴は、ストレートに描くべき所を、笑える要素を配合したりして、わざとハズしている点にある。
「殺人の追憶」でも、ソン・ガンホ扮する刑事は、突然容疑者に飛び蹴りしたり、現場に陰毛が落ちてないのは犯人が無毛症だからだ…と銭湯に張り込んだり…といった笑えるギャグを随所に散りばめていた。

そんなわけで、本作における登場人物の設定もユニークである。主人公カンドゥ(ソン・ガンホ)は昼間から寝てばかり、客に出すスルメの足はちょろまかす…といったダメ人間である。その弟、ナミル(パク・ヘイル)は大学を出ながら無職で酒好きで、カンドゥに突っかかってばかり。妹のナムジュ(ペ・ドゥナ)はアーチェリーの選手ながら精神的な脆さで優勝出来ず。

そんなある日、カンドゥと彼の父親が営む売店のある漢江に突然怪物が現われ、次々と人間を襲い食いまくる。

カンドゥは娘ヒョンソ(コ・アソン)の手を引いて逃げるが、他人の子ととり違えてしまい、その間にヒョンソは怪物にさらわれてしまう。

・・・といった具合に、パニック映画でありながら、脱力するような笑える部分が随所にある。

こうしたコミカルな部分に違和感を感じる人もいるかも知れない。

しかし、ポン監督は、こうした描写を入れることによって、“失敗したり、落ち込んだりするのが人間の人間らしい所なのだ”、“そんな落ちこぼれ人間でも、勇気を奮い起こして懸命に頑張れば、怪物だって倒せるのだ”と言いたいのかも知れない。

この、何とも頼りない一家が、さらわれたヒョンソを助ける為に、警察にも国家にも頼らず、武器を手に入れ、怪物と対決する中で、次第に家族の絆を取り戻して行く。
ちょっと笑福亭馬之助に似た(笑)一家の父親(ピョン・ヒボン)がなかなかいい味を出して好演している。

Guemuru1 ラストでは、3兄弟はそれぞれに力を合わせて怪物と戦い、ダメ人間だったカンドゥは愛する娘の為に獅子奮迅の働きをし、ナムジュは精神的にタフになって行き、結果として大活躍することになる。

(以下ネタバレになりますので、映画を観た方のみドラッグして反転させてください)

前半で描かれた、大学で民主化闘争をし、火炎ビンを投げたこともあるというナミル、アーチェリーの選手であるナムジュ…という設定がクライマックスでの伏線になっている辺りもうまい。

そしてラストも、普通ならハッピーエンドにする所を、批判が出るのを承知のうえであえてハズしている。

これも監督の狙いなのだろう。あれだけの死闘の中でヒョンソが都合よく助かる…というのはハリウッド的ご都合主義過ぎる―という事なのかも知れない。

こういうラストにしたことによって、この映画は単なるパニック怪物映画を超えて、現代社会の不条理、そして家族と言うもののありようを見つめた問題作になっているのである。無論、傲慢なアメリカという国や国家権力に対する批判精神を見ることも可能。

また、'50年代に盛んに日本、アメリカで作られたB級SF映画へのオマージュとしてみても面白い。さまざまな見方が出来る映画であるが、それもまたこの映画の奥の深さを示している…と言えるだろう。

SFXはかなりグレードの高い出来。それもそのはず、クリーチャー造形を「ロード・オブ・ザ・リング」「キング・コング」などのWETAワークショップ、視覚効果を「ハリー・ポッターと炎のゴブレット」などのハリウッドのオーファネージ社に外注しているのだから。手持ちで激しく揺れるカメラが追っかける怪物の映像はまるでドキュメンタリーを見ているかのようである。

ボン・ジュノ監督、まことにあなどれない異色の作家である。次回作が楽しみである。

 (採点=★★★★☆

ランキングに投票ください → ブログランキング     にほんブログ村 映画ブログへ

|

« 「時をかける少女」 | トップページ | 「力道山」 »

コメント

 ご無沙汰しております。トラックバック、ありがとうございました。このジャンルの映画としては、怪獣に焦点を置くか、人間ドラマに重点を置くかというスタイルが多いのですが、本作はどちらにも重点をおいていて、しっかりしたドラマになり得ていました。日本の怪獣のように馬鹿でかいと、街を作らねばならない。しかし、ちょうどいい体の怪獣で、だからこそ、人間ドラマもうまく描けたのでしょう。韓国映画が垢抜けてきました。これからどうなっていくのか。流行は定着しはじめたようですね。素晴らしい評論を読ませてもらいました。ありがとうございました。  冨田弘嗣

投稿: 冨田弘嗣 | 2006年9月18日 (月) 00:23

TBどうもでした~♪

ネットの掲示板なんかでは、評判エエみたいだったので観にいったんですけどね・・・僕の腐った感性にはヒットしませんでした。
ペ・ドゥナちゃんもずっとジャージ姿だし・・・

投稿: はっち | 2006年9月18日 (月) 09:35

>冨田様

いつもコメントありがとうございます。
ドジったり、うっかりミスしたりといった描写を絶妙に配しているからこそ、却って人間臭いリアリズムが生まれているのではないかと思います。怪物映画でもちゃんと人間を描ききるポン監督はやはり大したものです。

>はっち様

映画の受け止め方は人それぞれです。御自分の感性で正直に評価することはとても大事だと思います。私も、褒める声が多い映画に辛い点を付ける事もよくありますよ。
ただ、ラストのペ・ドゥナちゃん、とてもカッコよかったと私は思いますよ。拍手しそうになりましたし(笑)。

投稿: Kei(管理人) | 2006年9月18日 (月) 19:41

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/174742/11746957

この記事へのトラックバック一覧です: 「グエムル 漢江の怪物」:

» グエムル −漢江の怪物− [ネタバレ映画館]
怪獣映画の皮をかぶった社会派映画?ホラー映画の皮をかぶったコメディ映画?それともオタマジャクシの皮をかぶった在韓米軍映画? [続きを読む]

受信: 2006年9月 5日 (火) 01:55

» 感想/グエムル —漢江の怪物—(試写) [APRIL FOOLS]
甘ちょろラブだけが韓国映画にあらず、と思わせる秀作! カンヌで大絶賛、本国でいろいろ新記録叩き出してる怪物パニックで家族愛を再確認せよ。『グエムル —漢江の怪物—』9月2日公開。 グエムル —漢江(ハンガン)の怪物— 悪〜い欧米人が川にポイした薬品(妙に安易な設定だけどけっこう風刺的よね?)がもとで、韓国の平和の象徴である漢江に突然変異の謎の怪物が出現しちゃってヒッチャカメッチャカってのが大筋。この怪物、強いのか弱いのかよくわからん。静止した画もないから姿もとらえきれないし生態がホント不明... [続きを読む]

受信: 2006年9月 5日 (火) 01:56

» グエムル -漢江(ハンガン)の怪物- 06年176本目 [猫姫じゃ]
グエムル -漢江(ハンガン)の怪物- 2006年    ポン・ ジュノ 監督ソン・ガンホ 、ピョン・ヒボン 、パク・ヘイル 、ペ・ドゥナ 、コ・アソン(一番下) 恐れ入りました、、、 お見それしました、、、 そうですよね、怪獣映画じゃないんですよね。 怪物映画...... [続きを読む]

受信: 2006年9月 5日 (火) 02:42

» グエムル 漢江の怪物 [ギョニー・デップの界王拳]
 評価/★★★★☆ (ユナイテッドシネマにて鑑賞)  監督:ポン・ジュノ  この作品もポン・ジュノ監督の演出力にちょいと目を見張らざるをおえない。  ストーリーから言うとアラが多い。  しかし、それを補うだけの演出力や怪物を見せる画づくりがある。 ...... [続きを読む]

受信: 2006年9月 5日 (火) 03:25

» ジャンル不能!面白い「グエムル・漢江(ハンガン)の怪物」 [bobbys☆hiro☆goo☆シネプラザ]
この美しい漢江で起きる物語。 韓国で記録的なヒットをしている 「グエムル 漢江(ハンガン)の怪物」 を試写会で観てきました。 カンヌでも絶賛された作品。 周りから「家族愛」が中心の 感動作と聞いていたのですが・・・ でも「面白い」! 「怪物」が出てくる怪物映画でもあり〜 「怪物」を元に起こるパニック映画でもあり〜 「家族」を助ける人間ドラマでもあり〜 それに加えて「韓流コメディ」でもありました。 どれが中心というのは�... [続きを読む]

受信: 2006年9月 5日 (火) 04:11

» 『グエムル 漢江の怪物』燃える家族VS怪物 [演劇と本とTVと漫画とかにまつわるエトセトラ]
期待大で観に行き、その期待に見事応えた稀有な作品。 『グエムル 漢江の怪物』 監督:ポン・ジュノ 出演:ソン・ガンホ ぺ・ドゥナ他 atシネプレックス幕張 私的満足度:★★★★☆ 雄大な大河・漢江に突如現れた謎の怪物。そいつに川岸で売店を営むパク一家の長男・カンドゥ(ソン・ガンホ)の娘、ヒョンソ(コ・アソン)がさらわれてしまう。一家はヒョンソを救うため、政府の追跡を逃れ怪物に立ち向かいます…… 猛烈におもしろかったです。怪物映画としては『エイリアン2』に並ぶレベルなのではないでしょうか... [続きを読む]

受信: 2006年9月 5日 (火) 07:38

» グエムル 漢江の怪物 [my life of my life]
 グエムル 漢江の怪物  正体不明の怪物がソウルのど真ん中に出現!  お父さん、助けて!  アジアと世界の才能が融合!  未体験の怪物が誕生した!   全世界驚愕のパニック・エンターテイメント!  今、試される愛と勇気―  必ず助ける! ほぼ期....... [続きを読む]

受信: 2006年9月 5日 (火) 07:50

» 映画「グエムル 漢江の怪物」 [いもロックフェスティバル]
韓国映画『グエムル 漢江の怪物』の試写会に行った。 元々エイリアン好きなうえに [続きを読む]

受信: 2006年9月 5日 (火) 11:27

» グエムル 漢江の怪物・・・・・評価額1700円 [ノラネコの呑んで観るシネマ]
すばらしい。 監督第二作にして、「殺人の追憶」という殿堂級の傑作を物にしたポン・ジュノが、何と「怪獣映画」をやると聞いて以来、観たくてたまらなかった作品だが、今日観て確信した。 ポン・ジュノは、韓国は勿論、現在... [続きを読む]

受信: 2006年9月 5日 (火) 12:50

» 「グエムル 漢江の怪物」 頭イテ〜〜〜(笑) [長江将史〜てれすどん2号 まだ見ぬ未来へ ]
まず言っておきたいこと。てれすどん2号が梅田三番街シネマで映画観終わった後、頭がイタイ。久しぶりに大学の体育の授業、バスケで走り回ったからかな(笑)、それともこの映画のせい!?(笑)とにかく、この映画の感想をひとことで言うと、頭イタくなる映画ってゆってもいいんかな(笑)二つの項目に分けての、ネタバレを極限までなくしたレビューをどうぞ... [続きを読む]

受信: 2006年9月 6日 (水) 01:23

» グエムル -漢江の怪物- [俺の明日はどっちだ]
予告編を観る限りでは怪獣が出現し暴れまわるパニック映画程度にしか認識していなく、実はさほど食指が動かなかった。 しかしたまたま今日の午後、時間が合って実際に観ることが出来、その有無を言わせぬほど説得力溢れ、批評精神に満ちた素晴しい仕上がりに思わず感動。 とにかく全編に流れる人間として持つべき大きくて深い「思い」の伝わり具合が決して半端なものではなく、さらにその「志し」の高さにもいたく感心してしまった。 ... [続きを読む]

受信: 2006年9月 6日 (水) 08:54

» 【劇場鑑賞91】グエムル −漢江(ハンガン)の怪物−(THE HOST 原題:怪物) [ダディャーナザン!ナズェミデルンディス!!]
「お父さん、助けて!」 正体不明の怪物がソウルのど真ん中に出現! 娘をさらわれた家族は、 怪物を倒すことが出来るのか? 怪物にヒョンソをさらわれた家族の命をかけた死闘が始まる! 「必ず助ける!」 ... [続きを読む]

受信: 2006年9月 6日 (水) 21:51

» グエムル 漢江の怪物 [UkiUkiれいんぼーデイ]
カンヌで絶賛され、韓国では『王の男』が4ヶ月かかった観客動員数を、わずか1ヶ月で塗り替えたという、文字通りモンスタームービーだ。 しかも、ただの怪獣映画ではない。 アクション、SFスリラー、コメディー、ホームドラマ、そして社会派的な要素も含まれている。 私としては、とにかくソン・ガンホがスクリーンに映っただけでも可笑しかった!!! 役者です、この方は! 漢江(ハンガン)とは、ソウルの中心を南北に分けて流れる大きな河。 休日ともなれば家族連れやカップルなどで賑わう、... [続きを読む]

受信: 2006年9月 7日 (木) 13:06

» 『グエムル〜漢江の怪物〜』 [ねこのひたい〜絵日記室]
情報求む! 後半に出てくる斜視の米軍医。 あの人って『羊たちの沈黙』に昆虫学者役で出てた人でしょうか? [続きを読む]

受信: 2006年9月 7日 (木) 13:06

» 「グエムルー漢江の怪物」情熱ほとばしる怪物映画を見に行こう [soramove]
「グエムルー漢江の怪物」★★★☆オススメ ソン・ガンホ、 ピョン・ヒボン 、パク・ヘイル 、ペ・ドゥナ 主演 ポン・ジュノ 監督、2006年、韓国 現在も韓国で公開中、 5週連続首位をひた走る、 内容成績ともまさに怪物映画だ。 日本での公開は ハコの大きさ...... [続きを読む]

受信: 2006年9月 8日 (金) 09:59

» グエムル 漢江の怪物 [ケントのたそがれ劇場]
★★★  韓国の漢江に突然変異によって、巨大なナマズガエルのような生物が誕生する。そして突如として漢江の河川敷に現われ、逃げ惑う人々に次々と襲いかかるのだった。 この騒ぎで怪物に娘を拉致された家族が、団結して怪物に立ち向かってゆく・・というお話である。  ... [続きを読む]

受信: 2006年9月10日 (日) 12:32

» グエムル -漢江の怪物- 見てきました [よしなしごと]
 見たい映画が4本あるのですが、その中でも一番早く終わってしまいそうな映画グエムル 漢江(ハンガン)の怪物を見に行く事にしました。 [続きを読む]

受信: 2006年9月10日 (日) 17:31

» グエムル -漢江の怪物- [空想俳人日記]
缶ビールで ほんとうの怪物に かんぱ~い   おっもしろいなあ、この映画。長女ナムジュのアーチェリー大会のテレビ中継に食い入る長男カンドゥとその娘のヒョンソ。親父は店の売り物の缶ビールを二人で飲もうとする。娘が一口口にして、ビールじゃない、これ、と。すると... [続きを読む]

受信: 2006年9月16日 (土) 13:56

» グエムル 漢江の怪物 2006-49 [観たよ〜ん〜]
「グエムル 漢江の怪物」を観てきました〜♪ ソウルの中央の流れる川、漢江。その川原で売店を営む、パク一家は、突然川の中から現れた怪物(グエムル)に娘ヒョンソ(コ・アソン)を攫われてしまう・・・ヒョンソは、死んだものと思われていたが、携帯電話へヒョンソからの電話が入る・・・ ... [続きを読む]

受信: 2006年9月17日 (日) 07:13

» 「グエムル 漢江の怪物」 小市民VS怪獣! [はらやんの映画徒然草]
公開前から話題になっていた「グエムル 漢江の怪物」を観てきました。 初日初回の有 [続きを読む]

受信: 2006年9月17日 (日) 20:23

» グエムル 漢江(ハンガン)の怪物 [活動写真評論家人生]
動物園前シネフェスタ 韓国映画が素朴さを失い、どんどん垢抜けてくる。日本への輸入は大成功しているし、ハリウッドからはリメイク権を高値で買いにくる。ハリウッドにも日本にもネタがなくなったのだろう。ネタ... [続きを読む]

受信: 2006年9月18日 (月) 00:14

» NO.170「グエムル 漢江の怪物」(韓国/ポン・ジュノ監督) [サーカスな日々]
韓国史上空前の観客動員! しかし、僕は試写会場で、「無感動」に脱力していた。 試写会に足を向けたのは、10年ぶりかもしれない。知人にもらった招待状。あんまり、試写会という空間が好きではない僕は、普段なら「いや、ちょっと」とか言って遠慮するのだが、この映画は、喜んで、好意に預かることにした。 前評判は高い。ニューヨーク・タイムズでは「今年のカンヌ映画祭で、最高の映画だ!」と絶賛していた。韓国では、それまでの�... [続きを読む]

受信: 2006年9月18日 (月) 05:40

» NO.169「グエムル 漢江の怪物」(韓国/ポン・ジュノ監督) [サーカスな日々]
韓国史上空前の観客動員! しかし、僕は試写会場で、「無感動」に脱力していた。 試写会に足を向けたのは、10年ぶりかもしれない。知人にもらった招待状。あんまり、試写会という空間が好きではない僕は、普段なら「いや、ちょっと」とか言って遠慮するのだが、この映画は、喜んで、好意に預かることにした。 前評判は高い。ニューヨーク・タイムズでは「今年のカンヌ映画祭で、最高の映画だ!」と絶賛していた。韓国では、それまでの�... [続きを読む]

受信: 2006年9月18日 (月) 10:13

» ★「グエムル -漢江の怪物-」 [ひらりん的映画ブログ]
久しぶりの韓国映画。 ・・・といっても異色の怪物モノ。 韓国では大ヒットしたらしいけど、怪獣王国ニッポンではどうかなっ? [続きを読む]

受信: 2006年9月19日 (火) 04:34

» 本当は1匹だけではないんじゃないのか? 『グエムル 漢江の怪物』 [海から始まる!?]
 この映画、事前のマスコミ人気が凄かったんですよ。30分前にマスコミ試写に行っても、既に満員で入れなかったという人が続出したんです。それが何度も何度も続いて、記事のデッドラインに間に合わなかったという映画ライターや評論家も多かったはずです。試写室が小さいってこともあるんです(今、同じ試写室で『王の男』のマスコミ試写が催されています)が、マスコミ関係での前評判が異常に高かったんですね。監督のポン・ジュノの前作『殺人の追憶』が面白かったというのと、韓国で大ヒットしているというのがマスコミにさあ...... [続きを読む]

受信: 2006年9月20日 (水) 12:52

» グエムル-漢江の怪物- [いやいやえん]
徐々に姿を見せて恐怖感を煽るんじゃなくて、堂々と最初からその姿を目にすることの出来る迫力ある怪物というのが面白い。漢江の川べりをすばやい動きで走りぬけ、人々を襲って喰らっていく。両生類なのか魚類なのかわからないCGでつくられたその姿は醜い。また、巣に戻ってからは食べた人々の骨を大量に吐き出すなんてシーンもある。 ジャンルはモンスター・パニックだけれど、その実家族ドラマ…娘の救出にソン・ガンホさん演じる父どころか祖父、叔父、叔母がでてくるという血のつながりを意識した作り、その辺は韓国らしい作... [続きを読む]

受信: 2012年6月12日 (火) 09:45

« 「時をかける少女」 | トップページ | 「力道山」 »