« 「46億年の恋」 | トップページ | 「フラガール」 »

2006年10月 1日 (日)

「レディ・イン・ザ・ウォーター」

Ladyinthewater (2006年・米/監督:M・ナイト・シャマラン)

「シックス・センス」が大ヒットしたおかげで、以後のシャマラン監督作品、どれもかなりの期待を持って多くの人が観てくれているが(かく言う私もその一人)、
毎回その期待を裏切る作品ばかり。

「アンブレイカブル」「サイン」「ヴィレッジ」・・・と、1作ごとにスケールダウンしているような気がする。

どれも、散々気を持たせといて、「そんなオチかよ~」と言いたくなる結末ばっかりである(そのオチの意外性も1作ごとに薄れて来ているが)。

そう言えば主演スターも、ブルース・ウィリス→メル・ギブソン→エイドリアン・ブロディ…と、どんどん小粒化してて、本作ではぐっとギャラも少ない(多分)ポール・ジアマッティ(「サイドウェイ」「シンデレラマン」)である。予算も減って来てるのかな。

(そう言いながらも毎回封切られる度にイソイソ観に行ってしまう私(笑))

で、本作では、(あ、これもネタバレになるかな?)とうとう意外なオチが無くなった

まあ、いつまでもワンパターンというわけには行かないだろうし、新境地開拓…という事ならそれも歓迎である。

が、
これから観る方の為にあんまり詳しく書くことは控えたいが、
ざっくばらんに言うなら、これはファンタジーである。

それも、話としては、“邪悪なパワーと対決してこの世に平和をもたらす”・・・という童話ファンタジーである。

もともとは、シャマランが自分の子供たちに聞かせていたお伽話(ベッド・タイム・ストーリー)なんだそうで、それなら舞台も架空の国にでもすればよさそうなものを、何故かフィラデルフィア(シャマランのホームグラウンド)の小さなアパートの中だけが舞台で、悪と立ち向かう正義の戦士たちもすべてアパートの住民ばかり。

なんだか、アパートの祭りの余興で上演される素人芝居みたいな感じである(これも予算がなかったのかなぁ(笑))。

そんなわけで、ツッ込み所満載。(以下ネタバレなので伏せます。読みたい方はドラッグして反転してください)

おとぎ話の詳細については、アパートに住む韓国人の女性のお婆ちゃんが語ってくれるのだが、てことはこれは韓国に伝わる民話ってこと?
それがなんでアメリカのフィラデルフィアで現実に起きるのか謎である。

なんで都合よく、「守護者」「治癒者」「職人」といった正義の戦士がみんなアパートに住んでたのか? まるで世界はこのアパートしか存在しないかのようである。
こういうのをご都合主義と言う。

こういう、まともな人ならほとんど信じられない話を、物証もないうちから何故住人たちが簡単に信じてしまうのか?疑り深い人も何人かはいるはず。

あのプールの底の住み家は、いつの間に誰が作ったのか?

水の精なら、ラストでなんで空から鷲が迎えに来るのか。水に帰るのが普通では?

↑ネタバレここまで。

まあ、はっきり言ってこれはホラ話である。もっとも、これまでのシャマラン作品も、そういう意味では全部ホラ話なのだが…。

おそらくは賛否分かれるだろう。シャマラン作品を割り切って楽しんで来た人にはそれなりに楽しめるだろうが、「サイン」あたりからガッカリして来た人(私もそう)には、やっぱりガッカリする事請け合いである。

一番いけないのは、登場人物の内面描写が浅く薄っぺらい事である。

「シックス・センス」では、ブルース・ウィリス演じる主人公の医者の心の痛み、幽霊が見える少年のナイーブな心の動きを丁寧に描いていた。その為、あのオチがなくても十分感動出来る物語として完成していた。それ故傑作になったのである。

本作でも、主人公のクリーブランド(ジアマッティ)は妻と娘を亡くして心に空洞を抱えているはずである。

その心の痛み、悲しみが上っ面しか描かれていないし、物語とも絡んでいない。ただのエピソードに終わってしまっている。あれなら入れないほうがマシであった。

 

Tubasanonaitensi_1  ところで、シャマラン監督が「シックス・センス」でブレイクする前に監督した作品に「翼のない天使」(1998)というのがある。
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/B00005FXNZ

我が国では劇場未公開で、ビデオのみ出ている。

私はこれを観ている。物語は、大好きだったおじいさんを亡くし、すっかり無気力になった10歳の少年が、おじいさんが天国で無事なのかを知る為、神様を探そうとする…というものだが、少年がやがて初恋をし、周囲の人々と心を通わせて行くプロセスがとても丁寧に描かれていて感動した(この少年のキャラクターが「シックス・センス」の原型となったのであろう)。

最近のシャマランの迷走ぶりを見るにつけ、「シックス・センス」の大成功が逆に足枷となって、初期のナイーブな心を見失ってしまったのではないかと思う。

シャマラン監督よ、もう一度、不遇だったかも知れないがひた向きに頑張っていたあの頃に戻って自分自身を見つめ直すべきではないか。ファンから見捨てられないうちに…。

 (採点=★★

ランキングに投票ください → ブログランキング     にほんブログ村 映画ブログへ

|

« 「46億年の恋」 | トップページ | 「フラガール」 »

コメント

初めまして。
TBありがとうございました。
シャマラン好き~とか言っておきながら、
実は「翼のない天使」は未見です。

シャマランさんを応援する気持ちを
さらに養う為にも、観ておかなくてはいけませんね。

ではまた!

投稿: kenko | 2006年10月 2日 (月) 11:21

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/174742/12119311

この記事へのトラックバック一覧です: 「レディ・イン・ザ・ウォーター」:

» レディ・イン・ザ・ウォーター [江戸っ子風情♪の蹴球二日制に映画道楽]
 アメリカ  ファンタジー&ドラマ&ミステリー  監督:M・ナイト・シャマラン  出演:ポール・ジアマッティ      ブライス・ダラス・ハワード      フレディ・ロドリゲス      M・ナイト・シャマラン ごく普通のアパート「コーブ・アパート」の管...... [続きを読む]

受信: 2006年10月 2日 (月) 10:13

» レディ・イン・ザ・ウォーター [パピ子と一緒にケ・セ・ラ・セラ]
『シックス・センス』の1作で、ハリウッドの寵児となったM.ナイト・シャマラン最新作は、監督が2人の娘を寝かしつけるため、即興で語っていた物語から生まれた。これまでも自作に顔を出していた監督が、初めてメイン・キャラクター(作家のタマゴ役)で登場。退屈な日常....... [続きを読む]

受信: 2006年10月 2日 (月) 11:06

» レディ・イン・ザ・ウォーター [C note]
”新しいM・ナイト・シャマランの世界へようこそ”って言われても。新しいの?別に新 [続きを読む]

受信: 2006年10月 2日 (月) 11:15

» 「 レディ・イン・ザ・ウォーター 」 [MoonDreamWorks★Fc2]
監督・脚本 : M・ナイト・シャマラン 出演 :ポール・ジアマッティ /ブライス・ダラス・ハワード /      ジェフリー・ライト   公式HP :http://wwws.warnerbros.co.jp/ladyinthewater/  「Lady ... [続きを読む]

受信: 2006年10月 2日 (月) 21:15

» レディ・イン・ザ・ウォーター [It's a Wonderful Life]
M・ナイト・シャマラン監督ってほんとに個性的な監督だと思います。 多分この作品、監督名伏せられて観たとしても、シャマラン? って判るような気が。 それくらい内容に一貫した特長があるんじゃないかなぁ。 ヘンな例えですけど、「シャマラン映画=見世物小...... [続きを読む]

受信: 2006年10月 2日 (月) 21:32

» レディ・イン・ザ・ウォーター/LADY IN THE WATER [我想一個人映画美的女人blog]
"新生M.ナイト.シャマラン"と謳われた、長編ではこれが7作目! は これまた不思議(ヘン?)なお話で...{/kaminari/} 『シックスセンス』は好き 『サイン』はmig的ラズベリー賞★と、わたしの中では評価にはバラつきがあるけど 何だかんだいって毎度注目のひと! この「レディ・イン・ザ・ウォーター」も、公開が決まった時点からかなり楽しみにしてたのだけど、、、、 予告編を観てからは、ちょっとやばいかも、、、... [続きを読む]

受信: 2006年10月 3日 (火) 13:14

» 『レディ・イン・ザ・ウォーター』★★★☆・ [ヘーゼル☆ナッツ・シネマカフェ]
『レディ・イン・ザ・ウォーター』公式サイト原題;LadyintheWater 制作データ;2006米/WB ジャンル;ファンタジー上映時間;110分監督;Mナイト・シャマラン出演;ポール・ジアマッティ/ブライス・ダラス/ハワード/ボブ・バラバン/ジェフリー・ライト試写会場:10/4(水)サ...... [続きを読む]

受信: 2006年10月 6日 (金) 12:08

» レディ・イン・ザ・ウォーター [eclipse的な独り言 ]
 この映画、大コケしてしまいました。多分次回作がシャマランの正念場になりそうで [続きを読む]

受信: 2006年10月 8日 (日) 15:21

» レディ・イン・ザ・ウォーター [Diarydiary! ]
《レディ・イン・ザ・ウォーター》 2006年 アメリカ映画 - 原題 - LA [続きを読む]

受信: 2006年10月16日 (月) 22:09

» 「レディ・イン・ザ・ウォーター」 ナイト・シャマランのおとぎ話世界にひたれるかどうか? [はらやんの映画徒然草]
「シックス・センス」を観た時に度肝を抜かれ、若いのに侮れない監督してM.ナイト・ [続きを読む]

受信: 2006年10月17日 (火) 22:25

» レディ・イン・ザ・ウォーター 07045 [猫姫じゃ]
レディ・イン・ザ・ウォーター Lady in the Water 2006年   M.ナイト・シャマラン 監督ポール・ジアマッティ ブライス・ダラス・ハワード ボブ・バラバン ジェフリー・ライト サリター・チョウドリー シンディー・チュン フレディ....... [続きを読む]

受信: 2007年3月12日 (月) 16:38

« 「46億年の恋」 | トップページ | 「フラガール」 »