« 「地下鉄に乗って」 | トップページ | 鞴(ふいご)座ライブ AT WILDBUNCH »

2006年11月11日 (土)

「デスノート the Last name」

Deathnote2 (2006年・ワーナー/監督:金子 修介)

前編は評判が良かったが、どうしても都合がつかなくて見逃した作品である。

驚いたのは、10月27日に日本テレビが、6月に公開したばかりの前編をテレビ放映したことだ。ビデオも出ていないのに封切5ヶ月足らずでテレビに流すとは前代未聞である。

しかしこれは結果的に、11月3日に公開される後編の予告編ともなって、私のように前編を見逃している人にも面白い! これなら後編を是非劇場で観たい」と思わせる絶大な宣伝効果を発揮したと言える。
実際、本作は劇場でも大ヒットしているようだ。

考えたな…と思ったのは、放映中、画面の右肩にずっと「金曜ロードショー」のロゴを表示させていた事で、物語の内容は十分理解出来るが録画保存するには邪魔で、結果的に気に入った人はやっぱりDVD買うだろうから、この方法は今後も使えるかも知れない。
もっとも、前編が面白くなかったら逆効果になるというリスクも抱えてはいるが…。

さて、まず前編を観ての感想だが、予想を遥かに超えて面白かった。私は漫画も見ていなくてどんな内容か知らず、てっきりホラー系か「デビルマン」のようなパターンかと思っていた。

ところが、これはむしろ知的ミステリー…とも言えるジャンルの作品であった。簡単に言うなら、
エリートで頭のいい、完全犯罪を企む犯人対、見た目は冴えないが実は頭脳明晰な名探偵の知能対決パズルゲーム―― なのである。

こう言えば、すぐに頭に浮かぶのは「刑事コロンボ」である。「デスノート」は、いわば、“刑事コロンボ、死神バージョン”と言った方が分かり易いだろう。そういう意味では、この手の知的ミステリー大好きな人の方がもっと楽しめる作品なのである。

主人公夜神月(ライト)(藤原竜也)は某帝大の秀才学生で、これまで父の警視庁刑事局長夜神総一郎(鹿賀丈史)の捜査にも協力したことがある。その彼が、名前を書くだけで人を死に至らしめる死神のノートを手に入れた事から、救世主キラとしてこの世の許せぬ悪を滅ぼし、理想の世界を築こうとする。

まあそこまではよくあるパターンだが、この作品がユニークな点は、主人公と対決する探偵役に、L(竜崎)(松山ケンイチ)と呼ばれるちょっと変わったキャラクターを創造した事である。

なにしろ、顔色悪く、猫背で裸足、寝てる時以外はずっと甘い物ばかり食べてる(何で太らないんだろ(笑))人を食ったヘンな男。警察も最初は半信半疑。

しかしすごく頭がいい。ちょっとした手掛かりから、鋭く犯人を割り出して行く。またその正体がずっと謎のまま(収入は、生活拠点は、インターポールとの接点は?)であるのも、コロンボとよく似ている(コロンボも私生活―特にカミさん―など謎だらけ)。

犯人役である夜神月の天才的な知能の冴えも素晴らしい。特に、監視カメラで見張られている中で殺人を実行する、そのアイデアには唸った。

そして前編のクライマックス、監視されている中で、邪魔な人間を抹殺すると同時に、完璧に自分が犯人キラでない…と証明させてしまう、その冷酷な計算には驚嘆させられ、かつゾッとさせられる。まさに“天才は狂気と紙一重”である。

この物語は、さまざまな教訓を孕んでいる。人を守るべき法律が、逆に凶悪犯を守る存在(心神喪失なら無罪等)になっている矛盾。犯罪者の人権は守られるのに、被害者は事件後も心身共に傷つけられる実態。カリスマ的なヒーローを求める大衆心理のコワさ。そしてオウム真理教事件に見られるように、エリートの秀才ほど頭でっかちになって、理想を追うあまりに現実が見えなくなってしまう恐ろしさ……等々。

それらを背景にしつつ、全体は天才的知能犯を追い詰める名探偵の活躍を描くミステリー・エンタティンメントにまとめられている。この物語の面白さはそこにある。

いやはや、こんな知的探偵ものとは想像もしていなかった。前編を劇場で観なかった事が悔やまれる。

そこで後編だが、前編では夜神月にやられっぱなしだったエルが、さまざまな仕掛けて反撃に出る。ひょっとこの面をかぶったり、前編と違ってとぼけた笑いを誘う辺りもますますもってコロンボである。

第2のデスノートが登場したり、アリバイを立証させる為、第3のキラを登場させたり、物語は複雑に絡み合って来るので頭が冴えていないと混乱して来るだろう。

そしてラスト、夜神月を追い詰め動かぬ証拠を突きつけるエルの仰天奇策…これ以上は映画を観てのお楽しみだが、この作戦もいかにもコロンボ的である。ミステリーの醍醐味が味わえる。

とにかく、コロンボや古畑任三郎、そしてアガサ・クリスティや横溝正史などの探偵ミステリーが好きな人にはお奨めの作品である。

エルという名探偵のキャラクターも出色である。松山ケンイチの好演も光る。この作品だけで終わらせるのはもったいない。コロンボも古畑任三郎も終わってしまっただけに、今後はエルを主人公にしたスピンオフ・ドラマを是非見てみたい所である(ラストは死ぬ事になっているようだが、実はまた気まぐれな死神が寿命を延ばしてくれたりして…(笑))。

 (採点=★★★★

ランキングに投票ください → ブログランキング     にほんブログ村 映画ブログへ

|

« 「地下鉄に乗って」 | トップページ | 鞴(ふいご)座ライブ AT WILDBUNCH »

コメント

おじゃまします!アッキーと申します
エル/竜崎!いいですよね、松ケン!
正直、エルの印象が強くて 素顔を見ると あれ?って感じですが
ジョニーデップみたいに 役所によって顔が変わるような俳優かな
って、アタシは思っています!
大好きなんですよね〜アタシ!ああいう分析とか物言い!
感情がない感じもいいし!ライトよりエルの方が好き!!
ぜひぜひ、前後で終わって欲しくないですね
エルの過去の活躍を描いた作品とか
漫画原作とは離れますが ぜひ、お願いしたいです!

投稿: アッキー | 2006年11月11日 (土) 21:21

いつもトラックバックしていただき、ありがとうございます。感謝します。そしていつもながら、楽しく勉強になる文章には、ただ脱帽するばかりです。私にはKeiさんが書かれているようなテーマはまったく頭に浮かびませんでした。ただただ、娯楽映画だと観ていたわけで、これを読むと、なるほどと思わせます。読んでいて、もう一度観たくなりました。初日3日で元が取れる邦画は最近なかなか無いですね。これを機に邦画をもっと盛り上げられたらと思います。今回も楽しくこぎみの良い評論をよませていただき、ありがとうございました。  冨田弘嗣

投稿: 冨田弘嗣 | 2006年11月16日 (木) 03:39

>アッキーさん
ははは、安倍総理夫人と同じお名前ですね。
ついでに、マツケンと言えば昔松平健、今や松山ケンイチですか。今年一番ブレイクしたのはこの人でしょうね。
そうか、スピン・オフは今より以前の話もありですね。
「L・ビギニング」とか…。
これは是非やって欲しいですね。


>冨田さん
いつも丁寧なコメントありがとうございます。お褒めにあずかり光栄です。
日テレの宣伝のうまさもあるのでしょうが、ヘタすると(もとい、うまく行くと)「踊る大捜査線」に匹敵する大ヒットになるかも知れませんね。
日本映画が大ヒットするのは喜ばしい事で、「ダサい、暗い、面白くない」とバカにされ、若い人たちからソッポを向かれれていた忍従の時代を知っている者にとっては、隔世の感ありですね。
また感想をお寄せください。ありがとうございました。

投稿: Kei(管理人) | 2006年11月17日 (金) 01:28

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/174742/12646329

この記事へのトラックバック一覧です: 「デスノート the Last name」:

» 「デスノート the Last name」見てきました [よしなしごと]
  もう少し空いてから見に行こうかと思っていたのですが、犬を散歩していたら小学生が「デスノートのあの砂になっちゃう死に神の子供名前なんだっけ?」って話をしていて、えっ?リュークやもう1人の死神の他に、子供の死神もいるの?えっ?!?!って思って、デスノート the Last nameを見に行くことにしました。... [続きを読む]

受信: 2006年11月12日 (日) 01:51

» デスノート the Last name/藤原竜也、松山ケンイチ、戸田恵梨香 [カノンな日々]
私の好みから言えば別に初日に観なくてもいい作品でした、2週間前までは。私の髪を切ってくれてる美容師さんがコミック全巻持ってるというので読み始めたら見事にハマッてしまい早く映画を観たいぞモードになってしまいました。(笑) それにしても、小中学生がウジャウジ....... [続きを読む]

受信: 2006年11月12日 (日) 10:15

» DEATH NOTE -デスノート- the Last name [Akira's VOICE]
俳優陣の演技と,仕掛けられた巧みなトリックが, 時間の長さを打ち消し,映画として満足の完成度。 [続きを読む]

受信: 2006年11月12日 (日) 10:51

» デスノート the Last name・・・・・評価額1400円 [ノラネコの呑んで観るシネマ]
六月に公開された「デスノート 前編」の続き。 前編は、原作の面白さに頼りきりの展開で、正直あまり芳しい印象ではなかった。 この後編も大して期待はしていなかったが、結論から言うと、前編よりも数段面白い。 野... [続きを読む]

受信: 2006年11月12日 (日) 12:01

» 映画「DEATH NOTE デスノート the Last name」 [いもロックフェスティバル]
映画『DEATH NOTE デスノート the Last name』を観に行っ [続きを読む]

受信: 2006年11月12日 (日) 23:47

» 期待と興奮と 映画『デスノート the Last name』 [海から始まる!?]
 金子修介監督のサイト(http://www.shusuke-kaneko.com/main/)を見ると、『デスノート the Last name』の初日舞台挨拶の興奮が伝わってきますね。観客側の、舞台挨拶する側の、そして、特に松山ケンイチの。 『デスノートthe Last name』に関しては、本編を観終わった時点で、自分の中でもう満足してしまった感もあり、ブログに何か書くまでもないなあと思ったのですが、こういうものを読むと、映画を観る前の期待感や観終わった後の興奮が甦ってきますね。 ...... [続きを読む]

受信: 2006年11月13日 (月) 08:51

» デスノート the Last name/DEATH NOTE the Last name [我想一個人映画美的女人blog]
もともとのストーリーが面白いからね〜{/hearts_red/} 「誰も知らない結末」とは何なのか?? 一体、どう原作と変えているのか?? というのがやっぱり気になって、、、、。 「名前を書かれた人は死ぬ」ノートを巡ってLと月(ライト)、正義はどちらなのか。 コミックは全12巻。 映画版はこの "the Last name"で全て完結するわけだけど、 この複雑で長い話をよく纏めたなぁ☆という印象{/kira... [続きを読む]

受信: 2006年11月13日 (月) 09:09

» 映画「DEATH NOTE 〜the Last name〜」を観に行きました!! [馬球1964]
先日テレビ放映された「DEATH NOTE 前編」の続編、映画「DEATH NOTE 〜the Last name〜」を観に行きました!! [続きを読む]

受信: 2006年11月13日 (月) 19:57

» 藤原竜也 板 [藤原竜也]
おちゃめなんてありふれた言葉では藤原竜也を表現できませんよね。とにかく藤原竜也を表現する言葉はいくらでもありますよね。藤原竜也の出ているテレビ番組は欠かさずチェックします。センスの良さでは誰にも負けないんじゃないかなぁ。新しい藤原竜也のドラマを見ました。男前さの虜になりますよね。チェックしないといけませんよ。とってもナイスな藤原竜也です。雑誌で藤原竜也の写真をみつけました。あっちに�... [続きを読む]

受信: 2006年11月14日 (火) 01:02

» デス・ノート the last neme 2006-62 [観たよ〜ん〜]
「デス・ノート the last neme」を観てきました〜♪ 恋人、詩織の死により、夜神月(藤原竜也)は捜査のメンバーに加わる。捜査内部から、L(松山ケンイチ)の捜査を攪乱しようとする。そんな中、第2のキラと名乗る人物からのメッセージが届く・・・ 人気Blogランキング     ↑ 押せば、デス・ノートが手に入るかも!? ご訪問の際は、是非ワンクリックお願いします。 ... [続きを読む]

受信: 2006年11月14日 (火) 07:22

» ★「DEATH NOTE デスノート the Last name」 [ひらりん的映画ブログ]
2006.11.3の公開初日のナイトショウ(0:30〜)で鑑賞。 今週は金曜が祭日なので、この日が初日が多いね。 そして、祭日にはオールナイトをやってくれるTOHOシネマズ川崎で鑑賞。 [続きを読む]

受信: 2006年11月14日 (火) 13:57

» DEATH NOTE デスノート the Last name [ネタバレ映画館]
 最後に書かれた名前は?!寿限無・・・だったら大変だ。 [続きを読む]

受信: 2006年11月15日 (水) 01:22

» デスノート映画版に隠された謎が明らかに… [デスノート(DEATH NOTEthelastname)の映画・アニメ・DVD・漫画・主題歌などデスノート最新情報付きのデスノート専門特集サイト]
デスノート映画版(the Last name)の隠された謎。そしてあいまいな情報ばかりのDVD化について。 [続きを読む]

受信: 2006年11月16日 (木) 02:08

» デスノート【後篇】 the Last name [活動写真評論家人生]
梅田ピカデリー  早足でJR高槻駅へ。新快速で大阪へ。梅田ピカデリーへ。普通なら早足だと一息つく間 [続きを読む]

受信: 2006年11月16日 (木) 03:34

» DEATH NOTE入荷しました。 [好き好き大好き!]
☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆ デスノート入荷しましたので ご希望の方はコメント欄に フルネームご記入お願いします。 ☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆ [続きを読む]

受信: 2006年11月20日 (月) 15:14

» 刑事コロンボ コンプリートDVD [DVDフリークス]
刑事コロンボ コンプリートDVD-BOXピーター・フォーク おすすめ平均 巧妙さを重ねる展開当時からすればまさに夢全45作をGET!この価格に感謝!素晴らしい!何度でも観れる傑作TVドラマ。Amazonで詳しく見る by G-Tools [続きを読む]

受信: 2006年11月22日 (水) 11:17

» DEATHNOTE 〜theLastname〜<ネタバレあり> [HAPPYMANIA]
前編をこないだ TVで観たばっかりなんで頭に入ってるし直ぐに続きが観れてラッキーなワタクシです前編は大まかなストーリーを知っていたのだが 後編は全くの未知で原作コミックは読んでないし ホンマにドキドキの展開でどうなるんやろ どうなるんやろ って 最後ま...... [続きを読む]

受信: 2006年11月23日 (木) 04:39

» DEAT NOTE the Last name 06年228本目 [猫姫じゃ]
DEAT NOTE デスノート the Last name 2006年   金子修介 監督   藤原竜也 、松山ケンイチ 、戸田恵梨香 、片瀬那奈 、マギー 、上原さくら 、藤村俊二 、鹿賀丈史 、中村獅童、池畑慎之介 日テレの陰謀に、まんまと乗せられてしまいました、、、オープ....... [続きを読む]

受信: 2006年11月28日 (火) 19:02

» デスノート the Last name [獅子の手帳]
デスノート the Last name 監督: 金子修介 出演:夜神月(藤原達也) L/竜崎(松山ケンイチ) 弥海砂(戸田恵梨香) 高田清美(片瀬那奈) 出目川(マギー) 西山冴子(上原さくら) リューク(中村獅童) レム(池畑慎之介) 内容:死亡しているのが犯罪者という共通点があ...... [続きを読む]

受信: 2006年12月 1日 (金) 13:36

» 「DEATH NOTE -the Last name-」 [ANQ Ritzberry Fields]
今回は前編以上に予想を上回る出来だった。原作のヨツバ編と第2部を上手い事、ミックスするなど、あの時間枠でよくまとめたと思うし、最後のサプライズもいい感じで、スーパー仕事人・ジェバンニが一晩でやってくれた神の所業による釈然としない原作よりも納得のいく決着の...... [続きを読む]

受信: 2006年12月 3日 (日) 19:52

» DEATH NOTE(後編) the Last Name [自主映画制作工房Stud!o Yunfat 映評のページ]
竜也の熱すぎる芝居にノックアウトさせられる。とにかく台詞台詞で全部説明して強引にテンポアッブを図る本作は「台詞アクション映画」とでも呼びたい凄まじさを感じるのであった。 [続きを読む]

受信: 2006年12月 4日 (月) 22:42

« 「地下鉄に乗って」 | トップページ | 鞴(ふいご)座ライブ AT WILDBUNCH »