« 「悲しき天使」 | トップページ | 「007/カジノ・ロワイヤル」 »

2006年12月28日 (木)

「犬神家の一族」

(2006年・角川ヘラルド=東宝/監督:市川 崑)

Inugamike 懐かしや石坂浩二の金田一耕助。まさか21世紀になって石坂金田一に再見出来るとは思っても見なかった。もうそれだけで、30年前のオリジナル作品をリアルタイムで観た私などは大感激である。

実際、冒頭に道の向こうから金田一耕助がトランクを下げてやって来るシーンを見たら、本当に涙が出て来た。ああ、変わっていない、石坂浩二も、そして巨匠、市川崑監督のスタイリッシュな演出もそのまんま変わらない。お二人とも、永遠の青年である。もう映画の出来などどうでもいい心境になって来た。

…て、それじゃ批評にならないので(笑)、冷静に気分を落ち着かせて書く事とする。

最初に、市川崑監督、石坂浩二主演という、オリジナルそのままのコンビで「犬神家の一族」をリメイクすると聞いた時は、首をかしげた。そんな事になんの意味があるのだろうかと思った。

セルフリメイクというのは、市川監督自身も「ビルマの竪琴」でやっているが、あの場合は、初作がモノクロでしかもビルマ・ロケが出来なかった…という無念の思いがあってのリメイクと聞いている。それなら意味があるのだが、本作はオリジナルで十分完成されていると思う。あれ以上のものが出来るとは思えない。

ところが、本作は市川崑監督が思い立ったのではなく、「帝都物語」、「リング」などのヒット作をプロデュースしてきた一瀬隆重プロデューサーが企画したものだという。確かに、当時あの映画を観て感激したという一瀬氏としては、どうしても自分の手で、あの感動を次の世代に伝えたい…と言う思いがあったのだろう。

多分今まで、世界の映画史上でも誰もやった事のない、“30年前の作品を、同じ監督同じ俳優で、同じ脚本を使ってそっくりそのまま作り直す”(しかもテーマ曲も同じ)というプロジェクトを実行するという作業は、それだけでプロデューサーとしては楽しくて仕方がなかった事だろう。…もっともこれは、監督の腕が落ちておらず、俳優もそれほど老けていない…という極めて稀な条件をクリアしなければならない。市川崑、石坂浩二といった、いつまでも若さを失っていない人たちが係っていた事はまことに幸運であった(無論、加藤武、大滝秀治が健在であった事も)。

 
30年前に前作が登場した時に、圧倒的な支持を受けたのは(キネマ旬報読者のベストテン第1位)、大手映画会社が活力を失い、日本映画全体がマンネリ化し、衰退モードにあった時に、大手映画会社以外から彗星のように角川春樹が登場し、かつ社会派ミステリーに押されて本格ミステリーがほとんど読まれなくなり、半ば忘れられた存在だった横溝正史にスポットライトを当てる…という斬新なメディアミックス戦略に多くの映画観客が時代の変革を感じたからである。

だから私も含めて当時の観客は、作品の出来以上に、この映画にとてもフレッシュな感銘を受けたのである。
市川崑監督のスタイリッシュな演出も相乗効果となった。

そういう時代から比べると、今本作を観ても当時の感銘には及ばない。前作を知ってる観客には、ストーリーも、ラストの結末も分かってるだけに余計インパクトは弱い。

一方、前作を知らない観客にとっては、前作のいくつかのシーンが削除されていたり、セリフだけの説明になっていたり(前作における、冒頭の犬神財閥の歴史をスチール写真で手際よく紹介するくだりは残しておいて欲しかった)と、やや解り辛い作りになっているうえ、物語の内容も今の時代には古めかしく見えてしまうかも知れない。なにしろ、“復員”という言葉すら、若い人には理解できないだろうから。

そんなわけで、総体的には作品評価は厳しいものにならざるを得ないだろう。

 
しかし、冒頭にも書いたように、この作品は30年前の俳優・スタッフが、年月を経て再度集まって、今も元気な姿を見せてくれる…という点こそがポイントであり、私にとっては、新作映画を鑑賞していると言うよりは、懐かしい同窓会に出席しているような気分であった。分かり易く言えば、野球のマスターズ・リーグを観戦している気分なのである。

そういうつもりでこの映画を鑑賞すれば、とても感動に浸ることが出来る。多少ヨタヨタするのも、足がもつれるのもご愛嬌。例えを変えれば、落語界の長老(人間国宝の桂米朝のような)の得意ネタを数十年ぶりに聞くようなもので、噺の調子はスローになってもやはり独特の味わいがあり、じっくり堪能出来るのと同じである。加藤武のお約束の、「ヨーシ、分かった」が、そら来るぞ…と思った頃にきっちり登場してくれるのも、まさに古典落語を聞いている気分であった。
 

 
で、お楽しみはまだある。
冒頭のメイン・タイトルに続くスタッフ・キャストのクレジット部分も楽しい。例のバカでかい明朝体のタイトルも崑さんのトレードマークとして楽しめる(前作よりはちょっとだけ小ぶり)が、そのクレジットの合間に金田一の動きをストップ・モーションで止めるカットが、かつて市川崑演出で人気を博したテレビ「木枯し紋次郎」のクレジット・タイトルを思い起こさせ、ちょっと懐かしかった。

で、よく考えれば、その紋次郎役を演じたのが中村敦夫。…そう、本作で古舘弁護士を演じているあの人である(凝ったメイクなので最初は誰だか分からなかった)。
なるほど、ここにも配役のお遊びがあったのか…と私は一人ニンマリしたのであった。これだけ楽しませてくれれば、採点もぐっと甘くなるのもむべなるかな…である。        (採点=★★★★

    ランキングに投票ください → ブログランキング     にほんブログ村 映画ブログへ

|

« 「悲しき天使」 | トップページ | 「007/カジノ・ロワイヤル」 »

コメント

 トラックバックとコメント、ありがとうございました。リメイクの経緯は、そういうことだったんですね。しかし、オープニングのこと、Keiさんが書かれているのを読ませてもらい、私と同じ事を思いながらご覧になったのだとウキウキしてしまいました。木枯らし紋次郎・・・どうしても思い出しますよね。そのままですもんね。ニンマリするところが多くあったのですが、30年前のあの作品を知っていたからこそというものでしょう。私は30年前の本作がやっぱり好きです。読ませてもらい、ありがとうございました。  冨田弘嗣

投稿: 冨田弘嗣 | 2007年1月17日 (水) 20:42

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/174742/13157544

この記事へのトラックバック一覧です: 「犬神家の一族」:

» 犬神家の一族 [ネタバレ映画館]
ストーリーを理解するためには「よく、聞く、事」だ!  [続きを読む]

受信: 2006年12月28日 (木) 03:45

» 犬神家の一族 [5125年映画の旅]
昭和22年、那須湖畔。大富豪犬神佐兵衛が莫大な遺産を残してこの世を去った。残された遺書には血縁関係の無い珠世と、彼女と結婚した佐兵衛の三人のいずれかの孫に全財産を相続させると記されていた。そして、遺産を巡って遂に殺人が起こる。事前に呼び出されていた名探...... [続きを読む]

受信: 2006年12月28日 (木) 06:39

» 「犬神家の一族」遺言状に秘められた意図を読めず間違った愛情に走ったミステリー事件 [オールマイティにコメンテート]
「犬神家の一族」は30年前に角川映画第1弾として公開された「犬神家の一族」のリメークした作品で日本最大のミステリーとして豪華キャストが話題である。90歳を越えてなおメガホンを取った市川崑監督も凄いが、30年前の作品をリアルタイムで知らない世代には日本映画...... [続きを読む]

受信: 2006年12月28日 (木) 07:21

» 犬神家の一族 [Akira's VOICE]
驚きと新鮮味は弱まったものの, 演技派の俳優たちによるドラマが, さらりとしながらも味わいのある印象を残す。 [続きを読む]

受信: 2006年12月28日 (木) 11:11

» 「犬神家の一族」試写会レビュー レビューじゃなしに [長江将史〜てれすどん2号 まだ見ぬ未来へ]
完璧でしょ。原作や旧作を観ていない勉強不足のエセ芸大生にとってもそう感じられました。さて公開後の反響や興業はどうなるでしょうか。日本映画の信念を貫いた上での成功を期待しています。 [続きを読む]

受信: 2006年12月28日 (木) 13:00

» 東京国際映画祭クロージング作品・ワールドプレミア『犬神家の一族』舞台挨拶@オーチャードホール [|あんぱ的日々放談|∇ ̄●)ο]
意味はないが、過去最長(たぶん)のタイトルにしてみた(爆)市川崑監督が自らメガホンを取り、30年ぶりにセルフリメイクした、横溝正史・原作『犬神家の一族』が12/16の公開に先駆けて、第19回東京国際映画祭のクロ...... [続きを読む]

受信: 2006年12月29日 (金) 16:40

» 「犬神家の一族」(2006年版) 贅沢なリメイク版・・・ (追記)  [取手物語~取手より愛をこめて]
「犬神家の一族」のリメイク、しかも市川+石坂コンビで。これは金田一耕助ファンの私には非常に嬉しいと同時に、やってほしくなかったという気持ちと半々で非常に複雑なところでした。... [続きを読む]

受信: 2006年12月30日 (土) 01:07

» 市川崑の金田一耕助 ~「犬神家の一族」(2006) 天使のような風来坊 [取手物語~取手より愛をこめて]
「犬神家の一族」を鑑賞して1週間経つ。ここへきてやっと映画プログラムの表紙をめくった。 [続きを読む]

受信: 2006年12月30日 (土) 01:34

» 「犬神家の一族」見てきました。 [よしなしごと]
 1976年の同名映画のリメイク、犬神家の一族見てきました。金田一耕助の映画やドラマって断片的には見たことあっても、きちんと見たことないので、楽しみにしていました。 [続きを読む]

受信: 2006年12月31日 (日) 13:40

» 「犬神家の一族」試写会&舞台挨拶 [Thanksgiving Day]
イイノホールで行われた、映画「犬神家の一族」の試写会に行ってきました!! 「犬神家の一族」といえば、横溝正史原作で何度も映像化されてる有名作品ですよね・・・とは言ってもぼくは内容をよく知らなかったんですけどね(-_-;) 『昭和23年、信州諏訪の犬神財閥の当主....... [続きを読む]

受信: 2007年1月 3日 (水) 11:04

» 犬神家の一族(2006年公開版) [映画、言いたい放題!]
あれから30年も経ったのか。。。 私がいくつになったかということはおいといて、 観て来ましたよ。 お正月にふさわしい豪華キャスト! あらすじは1976年公開の「犬神家の一族 」と全く一緒。 ということで、前回のレビューから。 信州・犬神財閥の創始者、犬神佐兵衛が不... [続きを読む]

受信: 2007年1月 3日 (水) 22:19

» 【劇場鑑賞139】犬神家の一族 [ダディャーナザン!ナズェミデルンディス!!]
莫大な遺産を巡って血塗られた惨劇がついに幕を開ける 絢爛な一族に起こる骨肉の争い 名探偵金田一耕助登場! [続きを読む]

受信: 2007年1月14日 (日) 16:10

» 犬神家の一族 (2006) [k.onoderaの日記]
たしか市川崑監督は、以前にも『ビルマの竪琴』をセルフリメイクしている。が、これはそれとはだいぶ趣を異にしているようである。 『ビルマの竪琴』はモ... [続きを読む]

受信: 2007年1月15日 (月) 12:52

» 犬神家の一族(2006) [活動写真評論家人生]
TOHOシネマズなんば  成人の日だという。1月の第2月曜日だという。3連休の為に無理にそんなこと [続きを読む]

受信: 2007年1月17日 (水) 20:38

« 「悲しき天使」 | トップページ | 「007/カジノ・ロワイヤル」 »