« 「トンマッコルへようこそ」 | トップページ | 「椿山課長の七日間」 »

2006年12月14日 (木)

「トゥモロー・ワールド」

Tomorrowworld (2006年・英=米/監督:アルフォンソ・キュアロン)

西暦2027年、人類に子供が生まれなくなって18年後、世界は荒廃し、イギリスのみが鎖国体制によってかろうじて秩序を維持している。ある日、役所に勤めるセオ(クライブ・オーウェン)は別れた妻から、人類の運命を託された一人の少女を国外に脱出させる手助けをして欲しいと頼まれる。否応なく協力されられたセオは、翻弄されるままに少女を守り、戦火の中を逃げ延びて行く…。

突っ込みどころを探せばいくらでもある。
①2027年の18年前って言うと、2009年(あと3年!)じゃないですか。その時で既に地球上に1人しか子供が生存していないという事は、いったいいつから子供が生まれなくなったんだ??
②世界中に子供が1人もいないという事はどうやって確認したのか?例えばインドや中国の奥地で下界との接触を絶っている村(トンマッコルみたいな(笑))まで調べたのか、そこらにはひょっとしたら子供がいるかも知れない(笑)。

そもそも、何故子供が生まれなくなったのか理由は描かれていないし、なぜゲリラ組織が人類最後の綱である赤ん坊を国外組織に送り届けるのを妨害するのかも分からない。また、なぜイギリス国内に赤ん坊を置いとけないのかも不明である。

…と、こんな具合に真面目に考え出すと、この映画はアラだらけである(原作はそれらをきちんと説明しているのかも知れないが…)。

むしろ、これは一つの寓話と見るべきだろう。それは、未来だというのに乗り物や、特に兵器なんかがほとんど第二次世界大戦の頃と変わっていない点にも現れている。砲弾が飛び交う戦場の中を逃げ回る主人公を見ていると、なんだかR・ポランスキー監督の秀作「戦場のピアニスト」を観ている気分になって来る。

だからこの作品は、SFというよりは、今も世界のあちこちで起きている内戦、民族紛争に対する痛烈な風刺と考えるべきなのかも知れない。憎みあい、殺しあってばかりいると、人類はしまいに滅んでしまいますよ…というのがテーマなのだろう。

そう考えると、この物語は旧約聖書における、ノアの方舟、あるいはソドムとゴモラなどの人類滅亡エピソードを連想させる。これらにおいて、神は人類の堕落に愛想をつかし、人類を滅ぼしてしまおうとするが、やはりわずかの善意の人は生かして、またそこからリスタートするチャンスを与えてくれる。黒人の少女が産む赤ん坊は父親が分からないが、これもキリストを産んだマリアの処女受胎を連想させる。ラストに現れ、人類の再出発のとなる船は、まさに現代のノアの方舟なのだろう(黒人少女の名前が“キー”であるのも暗示的である)。

荒廃してしまった地上において、暗闇の中の1本のロウソクのようにちいさな命が誕生した、その光景を見て、兵士たちは戦いを一時的に止め、人々はひざまずく…。そのように命を大切に思う人間的な心がある限り、人類にはまだ希望が残されている―と作者たちは言いたいのかも知れない。相米慎二監督作品を思わせるワンカット超長回し撮影がドキュメンタルな効果を生んでいる。観終わってから、いろいろと考えたくなるこれは不思議な味わいの佳作である。

(採点=★★★★

ランキングに投票ください → ブログランキング     にほんブログ村 映画ブログへ

 

(蛇足)バックに流れる音楽が、ローリング・ストーンズの「ルビー・チューズデイ」とか、ビートルズの「トゥモロー・ネバー・ノウズ」(邦題はこれに引っ掛けてるのかも)などの'70年代ロック・ミュージックのカバー曲であるのが懐かしくてツボにはまった。これで、バリー・マクガイアの「明日なき世界」でも流してくれれば申し分ないのですがねぇ(笑)。

|

« 「トンマッコルへようこそ」 | トップページ | 「椿山課長の七日間」 »

コメント

 トラックバック、感謝します。多くの方は誉めているのですが、私はまったくダメでした。リアリティを追求したSFアクションだと思っていたからで、そういう先入観はいけないのですが、なんのことやら私にはさっぱりでした。これは先進国だけが通じる話だろ?世界には先進国しかないのか?アフリカでは毎日、何百という子供の命が失われているというのに・・・そんな素っ頓狂なことを頭に浮かべつつ観ていました。撮り方にとても凝っていて、私は途中から、カメラの動きばかり気にしていた次第。お恥ずかしいかぎりです。読ませていただきました。やはり、流石の視点ですね。  冨田弘嗣

投稿: 冨田弘嗣 | 2006年12月16日 (土) 03:45

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/174742/13060432

この記事へのトラックバック一覧です: 「トゥモロー・ワールド」:

» ★「トゥモロー・ワールド」 [ひらりん的映画ブログ]
2006.11.18公開初日のナイトショウ(0:00〜)で見てきました。 原題は「CHILDREN OF MEN」=「人類の子供たち」って意味。 [続きを読む]

受信: 2006年12月14日 (木) 03:01

» トゥモロー・ワールド [5125年映画の旅]
西暦2027年。人類には18年間、新生児が誕生していなかった。世界は荒廃し、唯一正常な社会体制を維持しているイギリスには難民が押し寄せていた。ある日、エネルギー省に勤めるセオは、地下組織のリーダーであるかつての妻・ジュリアンと再会する。彼女はセオに、あ...... [続きを読む]

受信: 2006年12月14日 (木) 07:06

» トゥモロー・ワールド [ネタバレ映画館]
トモロヲ・ワールドってどんな所かな〜 [続きを読む]

受信: 2006年12月14日 (木) 09:38

» トゥモロー・ワールド [活動写真評論家人生]
TOHOシネマズ高槻  大阪梅田のカプセルホテル「大東洋」は、普段は10時チェックアウトだが、土日 [続きを読む]

受信: 2006年12月14日 (木) 12:40

» トゥモロー・ワールド [ちわわぱらだいす]
これは少し前に見た映画です。。。 今から20年後のお話。 子供がまったく生まれなくなった世界です。 久しぶりに生まれた赤ちゃんが戦いの道具?になる。。。 最後の戦闘のシーンは圧巻でしたが。。。 最近戦争映画ばっかり見てるような気がする。 最後のお船はねぇ。..... [続きを読む]

受信: 2006年12月15日 (金) 22:52

» こんな音楽ってどうなのよ [こんな 音楽 って どう]
最近の音楽ってどうなのよってことを私自身の見解で 調べた事を載せています。お役に立てば幸いです。 [続きを読む]

受信: 2006年12月17日 (日) 01:02

» トゥモロー・ワールド・・・・・評価額1550円 [ノラネコの呑んで観るシネマ]
メキシコの鬼才、アルフォンソ・キュアロンによる近未来SF大作。 「ハリー・ポッターとアズカバンの囚人」では少々勝手が違ったのか、食い足りない印象が残ったが、こちらは中々の仕上がりだ。 子供が誕生しなくなり、人類が絶... [続きを読む]

受信: 2006年12月17日 (日) 14:14

» 「トゥモロー・ワールド」レビュー [映画レビュー トラックバックセンター]
「トゥモロー・ワールド」についてのレビューをトラックバックで募集しています。 *出演:クライヴ・オーウェン、ジュリアン・ムーア、マイケル・ケイン、キウェテル・イジョフォー、チャーリー・ハナム、クレア=ホープ・アシティ *監督・脚本:アルフォンソ・キュアロン *..... [続きを読む]

受信: 2006年12月19日 (火) 05:01

» トゥモロー・ワールド−(映画:2006年153本目)− [デコ親父はいつも減量中]
監督:アルフォンソ・キュアロン 出演:クライヴ・オーウェン、ジュリアン・ムーア、マイケル・ケイン、キウェテル・イジョフォー、チャーリー・ハナム、クレア=ホープ・アシティー 評価:87点 公式サイト (ネタバレあります) そろそろ何と....... [続きを読む]

受信: 2006年12月30日 (土) 01:45

» トゥモロー・ワールド 07078 [猫姫じゃ]
トゥモロー・ワールド CHILDREN OF MEN 2006年 英  アルフォンソ・キュアロン 監督クライヴ・オーウェン ジュリアン・ムーア マイケル・ケイン キウェテル・イジョフォー クレア=ホープ・アシティ チャーリー・ハナム う〜ん、、、...... [続きを読む]

受信: 2007年4月14日 (土) 21:18

« 「トンマッコルへようこそ」 | トップページ | 「椿山課長の七日間」 »