« 「犬神家の一族」 | トップページ | 「暗いところで待ち合わせ Waiting in the Dark」 »

2006年12月30日 (土)

「007/カジノ・ロワイヤル」

(2006年・ソニー・ピクチャーズ/監督:マーティン・キャンベル)

Casinoroyale 最近の007シリーズは、アクションがどんどん派手になり、「M:Ⅰ」シリーズとかスティーブン・セガール主演アクションものとほとんど似たり寄ったり、最近作の“透明になるボンドカー”に至ってはあきれて、次に悲しくなった。初期の頃の、スパイの非情な世界、それでいてオシャレで、エレガントな味わいは影も形もない。ここ数作なんて、どの題名がどんな作品だったかほとんど覚えていない。まあ初期の頃は東西冷戦構造という当時の時代背景もプラスしていたせいもあるが…。

そんな中、ボンド役者がぐっとクールで若くなった本作。

当初は、ダニエル・クレイグの風貌が、ボンドというよりは敵の悪役が似合ってるようでちょっと危惧したのだが、なんとなんと、初期の味わいにかなり戻った素敵な佳作になっていた。これは、特に初期の作品が好きな人にはおススめである。

本作は、シリーズをずっと手掛けているイオン・プロダクション作品としては唯一原作を映画化していなかったもの(別の会社で過去に、ウディ・アレンなどが出演するドタバタ・パロディ作品として作られている)で、原作の第1作でもある。

そういう事もあって、本作はこれまでの作品を一度リセットし、“00”の番号を初めて手に入れた頃の若き日のボンドの活躍を描いている。言わば、新しいシリーズの1作目-と言ってもいいだろう。

新ボンドはとにかくよく動く。冒頭の追っかけアクションなど、走る、走る、まるでターミネーターT-1000並みだ(笑)。新兵器もあまり登場せず、ひたすら体を使う。裸になった時の筋肉が引き締まったボディも初期のショーン・コネリーを思い出させる。

かと思うと、中盤のカジノにおけるポーカー勝負は一転緊迫感に満ちて息を飲む。緩急自在の演出がいい。

そして、初期の作品を知っている者にとっては、いろいろ初期作品へのオマージュも感じられて余計楽しむことが出来る。

冒頭、モノクロ映像で、敵の部屋に居座り、敵と対峙する緊迫シーンは、第1作「ドクター・ノオ」にも似たシーンがあった。で、オチはやっぱり座ったまま顔色も変えずに相手を射殺する。
1作目でボンドが注文する「ドライウォッカ・マティーニをステアせずにシェイクで」というカクテルは流行になったものだが、本作でも(より詳しいレシピ付で)登場している。

舞台も、バハマジャマイカと、1作目、4作目(サンダーボール作戦)の舞台と同じ。ベニスは2作目「ロシアより愛をこめて」のラストシーンに登場する。そして、3作目「ゴールドフィンガー」で颯爽と登場した名車、64年型アストン・マーティンもしっかり登場するのだから、それだけでも初期のファンはニンマリしっぱなしだろう。

「ドクター・ノオ」で、初めてボンドが登場するシーンも忘れ難い。カジノのシーンで、ずっと手元のみをカメラが写し、美女の「お名前は?」との問いかけに、やっとカメラがアップしてショーン・コネリーの顔、そこにあのセリフ "My Name Is Bond, James Bond" …もうこれだけでシビレましたね。

だから、本作は、逆に最後の最後で、その決めセリフが登場し、ジ・エンド。

そして、あの、モンティー・ノーマン作曲の名曲「ジェームズ・ボンドのテーマ」がエンド・クレジットで高らかに鳴り響くのである。

これはまさに、ショーン・コネリーが活躍する初期の、とりわけ1作目「ドクター・ノオ」に対する素敵なリスペクトであり、オマージュでもあるのである。もうこれだけで私の目はウルウル、初期ファンは何はともあれ必見だろう。

ただ、どうしても初期作品にあって本作にないもの…それは、ショーン・コネリーがかもし出す、“粋(いき)-である。表現が難しいが、エレガントさとダンディズム、男の色っぽさ…等が絶妙にミックスされた雰囲気…とでも言おうか。まあ、現代の俳優にそれを求めるのは無いものねだりかも知れないが。

ともあれ、この作品の空気は是非次作以降にも引き継いで行って欲しいものである。間違っても、初期の5作目以降ほとんど荒唐無稽なマンガと化した、その轍だけは踏んで欲しくないと切に願う。     (採点=★★★★☆

   ランキングに投票ください → ブログランキング     にほんブログ村 映画ブログへ

|

« 「犬神家の一族」 | トップページ | 「暗いところで待ち合わせ Waiting in the Dark」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/174742/13222213

この記事へのトラックバック一覧です: 「007/カジノ・ロワイヤル」:

» 007/カジノ・ロワイヤル [ネタバレ映画館]
原点に戻った007シリーズ。新ボンドは人妻好きだった・・・ [続きを読む]

受信: 2006年12月30日 (土) 14:52

» 007 カジノ・ロワイヤル [ケントのたそがれ劇場]
★★★★☆ 観客は中高年ばかりだ。たぶんこの作品が、シリーズ初期の頃に立ち戻って、オーソドックスな味に仕上げられたので、懐かしくなったのかもしれない。実はかく言う私も、その一人だからである。 007シリーズは、ご存知ショーン・コネリーを初代ボンドとして、1... [続きを読む]

受信: 2006年12月30日 (土) 15:23

» 「007/カジノ・ロワイヤル」  Casino Royale [俺の明日はどっちだ]
適度にアナログしているタイトルバックからどことなく手作り感を感じさせたけれど、なんたってそれに続くショートシークエンスの後のボンドが延々としつこいくらいテロリスト追いかけるアクションシーンが ----- CG を極力使わないその生身加減が絶妙で ------ とにかく見ごたえ充分で秀逸。 走って走って、飛んで飛んで、殴って殴ってと、その小気味良い演出に胸ワクワク。 そしてそうした荒唐無稽�... [続きを読む]

受信: 2006年12月30日 (土) 15:24

» 007 カジノロワイヤル [取手物語~取手より愛をこめて]
暗殺の仕事を2度成功させたジェームズ・ボンドは“00(ダブルオー)”の地位に昇格する。 [続きを読む]

受信: 2006年12月30日 (土) 21:47

» 007 カジノ・ロワイヤル (2006) [シネマテーク]
【コメント】★★★★★★★★☆☆ 「遂に明かされる、007への危険で過酷な道の... [続きを読む]

受信: 2006年12月31日 (日) 12:21

» 「007カジノ・ロワイヤル」ジャパン・プレミア [Thanksgiving Day]
東京国際フォーラムで行われた、映画「007カジノロワイヤル」のジャパン・プレミアに行ってきました!! 007シリーズといえば、ジェームズ・ボンドが活躍する、超有名な映画ですけど、ちゃんと観るのは実はこれが初めてだったりするんですよ。テレビでやってるのをちょっと....... [続きを読む]

受信: 2007年1月 2日 (火) 10:35

» 「007 カジノ・ロワイヤル」ボンドの心に迫る傑作!肉体駆使のア... [soramove]
「007 カジノ・ロワイヤル」★★★★オススメ ダニエル・クレイグ 、 エヴァ・グリーン 、 マッツ・ミケルセン 、 ジュディ・デンチ出演 マーティン・キャンベル 監督、2006年、アメリカ イギリス プロだって、なりたてのアマちゃんだった時はあるもの、 今回のボ...... [続きを読む]

受信: 2007年1月 5日 (金) 22:29

» スパイの七つ道具っ!?オイルライタータイプのデジタルカメラっ!! [ネットで気になるグッズ]
スパイの七つ道具っ!?オイルライタータイプのデジタルカメラっ!! [続きを読む]

受信: 2007年1月14日 (日) 13:31

» 007 カジノ・ロワイヤル [欧風]
帰省中109シネマズ富谷での映画観まくり計画、第1弾は「鉄コン筋クリート」、第2弾は [続きを読む]

受信: 2007年1月14日 (日) 14:56

» 007/カジノ・ロワイヤル [It's a Wonderful Life]
67年の旧「カジノロワイヤル」を予習して観に行きましたが、 やっぱり全然違ってました・・・あれは何だったんだ!(笑) 共通点といったら「ルシッフル」という敵とカジノで カード対決するシーンがあるってくらい・・。 4年振りの007シリーズで新たにジ...... [続きを読む]

受信: 2007年1月14日 (日) 17:45

» 007 カジノ・ロワイヤル [いろいろと]
はじまったばかりはこれはあまりおもしろくないかな  と思ってみていたら、予想を裏 [続きを読む]

受信: 2007年1月21日 (日) 11:22

» 007 カジノ・ロワイヤル [いろいろと]
はじまったばかりはこれはあまりおもしろくないかな  と思ってみていたら、予想を裏 [続きを読む]

受信: 2007年1月21日 (日) 11:23

« 「犬神家の一族」 | トップページ | 「暗いところで待ち合わせ Waiting in the Dark」 »