« 「あるいは裏切りという名の犬」 | トップページ | 「どろろ」 »

2007年1月28日 (日)

「それでもボクはやってない」

Soredemo (2007年・アルタミラ・ピクチャーズ/監督;周防正行)

「Shall We ダンス?」以来11年ぶりの周防監督作品。大ヒットして映画賞も独占したのだからもっと次々映画を撮ってくれると思っていたのだが。…撮りたい企画に巡り会うまでは粘る作家のようである。

その周防監督が採り上げたのが、“痴漢冤罪裁判”。これまでのコメディ路線とはガラッと傾向が違うようにも見えるが、実はこれも従来の周防作品のパターンを踏襲しているのである。

周防作品と言えば、毎回、主人公が、成り行きで突然違う環境に置かれてしまい、そこで悪戦苦闘しながらも人との触れあいの中で人間的にも成長する…というパターンが多い(但し前作は自分で飛び込むわけだが)。コメディの形をとってはいるが、基本的には人間がどう変わって行くかを観察する作家なのである。従って、本作もタッチは違えどやはり周防ワールド作品なのである。

社会派ドラマ作りではあるが、立派なサスペンス・タッチのエンタティンメントとしても楽しめる作品になっている。脚本作りに3年もかけただけあって、緻密な調査に基づき、ディテールまで手抜きがない。数多く登場する人物の描き分け、キャラクター設定もうまい。

冤罪裁判ものと言うと、どうしても重苦しく、息が詰まりそうな堅苦しさが先入観としてあるが、とことどころにユーモアも交え、2時間23分という長さにもかかわらず、少しもダレる所なく、一気に最後の判決シーンまで緊迫感が持続する。脚本、演出とも申し分ない。

日本の裁判制度の欠陥を痛烈に批判し、その先に、三権分立とは建前だけで、実は検察も裁判所も国家権力の馴れ合いであるという現実にまで切り込み、なおかつエンタティンメントとしても成立させるという離れ業をやってのけている。お見事である。

早くも、本年度のベストワン候補が登場した(まだ早過ぎるか?)。必見である。

 

さて、そういう所までは他の方も書くだろうから、私はちょっと視点を変えてみたい。

映画は最初から、主人公徹平(加瀬亮)の視点で進んでおり、彼の側から見れば、明らかに徹平は無罪であり、裁判は間違っていると言える。

しかし、物事を一面からだけ見ては真実は見えない。なぜ冤罪が生まれるのか。・・・・・・それは、神様でもない限り、人間は自分を中心に置いてしか見ない(見えない)存在だからである。そして、人間は決して完璧でもなく、根っからの善人でもない。…ここが周防監督のシニカルな視点なのである。

例えば、徹平を、フリーターに近く正社員として働いてもいず、やっと面接を受けようとしている、やや落ちこぼれ人間に近い存在というキャラクターを与えている。また彼の部屋からは、アダルトビデオやエロ雑誌が見つかっている。うっかりもあるだろうが、多少はこっそりエロビデオを鑑賞しているのではないかと匂わせている。

そして加瀬のキャスティングである。今の若手でもっとも期待される実力派ではあるが、妻夫木でもなく玉山鉄二でもなく、そういう根アカタイプでなく、やや三白眼で、なんとなくネクラでオタクっぽい若者を連想させる加瀬を主役に持って来たのも周防監督の狙いではないかと私は思う。

そういう見かけの若者が痴漢の疑いで捕まったのなら、刑事も、検事も、裁判官も、「こいつなら痴漢をやりかねない」という先入観を持っても当然ではないだろうか。そこにエロビデオ、雑誌である。あるいは、突然キレたりする態度である。もう彼らにとっては、後から証人が出ようと、先入観は絶対に覆らないのである。

実際に痴漢をやった者でも、最初は必ずしらばっくれる。否認してればしまいに無罪釈放されると思っている・・・現実はそんなに甘くないぞ…というのが彼らのスタンスなのである。だから一旦疑われたら無罪を勝ち取るのは至難の業なのである。

そういう国家、司法を、悪いと決めつけるのは簡単である。だが、毎日毎日何百人という犯罪者を扱う彼らにすれば、いちいち、こいつは無実ではないか…と考えだしたらとても数をこなせないのである(大森南朋扮する刑事が「無実かなと思ったら落ちねえぞ」と言うシーンがある)。

別に彼らの肩を持つ気はない。だが、仕事に熱心な刑事や検事でも、この映画で描かれるように無実の人間を刑務所に送って来た事は一度ならずあったかも知れない。――そこが、人間が人間を裁く裁判の難しい問題でもあるのである。

このドラマを、編集し直して、大森刑事の視点から描いたらどうなるか、あるいは小日向文世扮する裁判官の視点から描いたらどうなるか…。あの徹平の態度や不利な証拠物件を見たら、恐らく観客の多くは徹平を憎むべき痴漢の犯人として有罪を支持するのではないか…。

周防監督は、そうした人間というものの不思議さ、傲慢さ、哀しさまでも描いたのではないか。徹平のキャラクターをあえて前述のように設定したのは、そういう狙いもあったのではないだろうか。
―そこまで考えたら、この映画はとても奥が深い作品なのである。いかがだろうか。

(採点=★★★★★

            ランキングに投票ください → ブログランキング     にほんブログ村 映画ブログへ

|

« 「あるいは裏切りという名の犬」 | トップページ | 「どろろ」 »

コメント

トラックバック、ありがとうございます。刑事側から描けば有罪ですね。刑事は無罪とわかっても絶対に自らの非を認めないですから。裁判官から描いても有罪です。観客は電車の実験ビデオに目を瞑らねばなりません。有罪の証拠を集めていくわけですから、観客も有罪だと思ってしまうでしょう。何となく見えてきます。
 もう今年のベスト1は決まったかもしれません。一年を通してもっとも観客の少ない正月第二弾にかける映画が受賞する・・・私は長い間、そういう意識で映画を観ていた時期があります。伊丹十三は敢えて正月第二弾でかけていました。本当に決まったかもしれない。もう一度、観に行ってみようと思っています。  冨田弘嗣

投稿: 冨田弘嗣 | 2007年1月28日 (日) 20:07

こんばんは、TBありがとうございました。
おっしゃるとおり、人が人を裁く難しさ、限界を観た映画でした。
そこまで言及してる感想記事は多くないので、強く共感しました。

東野圭吾に、裁判ネタで1本小説を描いて欲しい気分です。笑

投稿: april_foop | 2007年2月10日 (土) 21:33

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/174742/13679778

この記事へのトラックバック一覧です: 「それでもボクはやってない」:

» それでもボクはやってない [活動写真評論家人生]
 TOHOシネマズ高槻  私は、周防正行監督はもう引退したのかと思っていた。自体験の映画化、「Sh [続きを読む]

受信: 2007年1月28日 (日) 19:56

» それでもボクはやってない [Akira's VOICE]
シンプルな作りなのに,素晴らしく奥深い見応え。 [続きを読む]

受信: 2007年2月 4日 (日) 15:47

» 「それでもボクはやってない」 もう裁判が人ごとではいられないのかも・・・ [はらやんの映画徒然草]
周防正行監督の久しぶりの新作です。 今までもユニークな題材を選んできた周防監督で [続きを読む]

受信: 2007年2月10日 (土) 19:59

» 感想/それでもボクはやってない(試写) [APRIL FOOLS]
周防監督最新作は加瀬亮主演の裁判エンタ! 『それでもボクはやってない』1月20日公開。フリーターの徹平は満員電車で痴漢の容疑をかけられ現行犯逮捕される。一貫して容疑を否認するも、自白を強要され、拘置され、ついには起訴されることに。裁判を身近に起こりうるネタとして魅せ切ります! 周防正行監督最新作『それでもボクはやってない』公式サイト めちゃくちゃ引き込まれまくって2時間半弱があっという間。裁判てこんなにコワイんじゃい!と言わんばかりに日本の裁判というものの基本性質、素朴な疑問と問題点、そして... [続きを読む]

受信: 2007年2月10日 (土) 21:34

» それでもボクはやってない [我想一個人映画美的女人blog]
最近、電車に乗って何か後ろに手がある!って思って振り返るとそれは女性。 男性はすごく気を遣って、なるべく女性の体に密着しないようにしてるんだな。 ってこの頃感じてた。 車中でも、「痴漢行為があった場合は、、、、」などのアナウンスも流れるし そういう痴漢行為の卑劣さはちゃんと認識してて、痴漢に間違われたくない という男性の意志の現れ?も感じるような。。。 「シコふんじゃった」「Shall we ダンス?�... [続きを読む]

受信: 2007年2月11日 (日) 10:46

» それでもボクはやってない(映画館) [ひるめし。]
これが、裁判。 [続きを読む]

受信: 2007年2月11日 (日) 17:04

» 「それでもボクはやってない」  I JUST DIDN'T DO IT [俺の明日はどっちだ]
  リチャード・キンブル、職業医師、   正しかるべき正義も、時として盲しいる事がある。   彼は身に覚えのない妻殺しの罪で死刑を宣告される。   護送の途中、列車事故にあって辛くも脱走した。   孤独と絶望の逃亡生活が始まる・・・冤罪を扱ったエンターテイメントな作品として思い出すのは、やはり昔々テレビでやっていた『逃亡者』。 ネットをブラブラしていたら、たまたま久しぶりに矢島正明さんのナレーションを聞くこ... [続きを読む]

受信: 2007年2月11日 (日) 17:57

» 『それでもボクはやってない』 [京の昼寝〜♪]
明日裁かれるのはあなたかもしれない・・・ ■監督・脚本 周防正行  ■キャスト 加瀬亮、役所広司、瀬戸朝香、山本耕史、光石研、尾美としのり、田口浩正、高橋長英、本田博太郎、竹中直人      □オフィシャルサイト  『それでもボクはやってない』 就職活動中の金子徹平(加瀬亮)は、会社面接へ向かう満員電車で痴漢に間違えられて、現行犯逮捕されてしまった。 警察署での取調べで容疑を否認し無�... [続きを読む]

受信: 2007年2月13日 (火) 18:00

» 映画「それでもボクはやってない」は日本の裁判制度、冤罪問題をさりげなく抉る傑作。植草事件を想起させる [株で儲けて温泉だ]
昨日見て来た映画の一つが「Shall We ダンス?」以来11年ぶり になるとか [続きを読む]

受信: 2007年2月15日 (木) 00:35

» それでもボクはやってない(1/27公開) [第八芸術鑑賞日記]
 1/31、アミューズCQNにて鑑賞。8.0点。 満員電車で痴漢をしたとして現行犯逮捕された青年。冤罪だとして裁判に臨むが、それはあまりにも厳しい戦いだった…… ほとんどの観客にとって未知の世界である痴漢の裁判をめぐるアレコレを手際よく説明してゆくのは、『シコふんじゃった。』や『Shall we ダンス?』の周防正行監督にとってはお手の物。11年ぶりの新作であるが、丹念な取材をしたのだなということが感じられて好印象だ。 ... [続きを読む]

受信: 2007年2月24日 (土) 03:16

« 「あるいは裏切りという名の犬」 | トップページ | 「どろろ」 »