« 2006年度・日本インターネット映画大賞外国映画部門 投票 | トップページ | 「あるいは裏切りという名の犬」 »

2007年1月 8日 (月)

「ホステル」

Hostel (2006年・ソニー・ピクチャーズ/監督:イーライ・ロス)

最初に断っておくが、この映画はかなりエグい。気の弱い人は吐気を催すかも知れない。実際、東京の上映館では公開初日に看護師が待機していたそうだし、「最初の拷問シーンが終わるまでの46分間に退場した場合、料金を全額返金」するキャンペーンも実施したという(名付けて“嘔吐(オート)バック・キャンペーン”。これには大笑いした。こういうジョークは好きですねぇ)

私もグロい映画は好きではない。観る気になったのは、“製作総指揮”がクエンティン・タランティーノ-というクレジットに惹かれてである。おまけに、わが三池崇史監督が俳優として出演しているという話も聞いたからである。こういう、クセのある作家が協力しているなら、並みのホラーではないだろう。

お話は、ヨーロッパをナンパ旅行するアメリカ人大学生のパクストンとジョシュ、途中から仲間になったアイルランド人のオリーの3人の若者が旅先で、スロバキアのホステル行けば最高の女と楽しめると聞き、スロバキアに向かう。しばらく女遊びを楽しむが、やがでオリー、ジョッシュとも行方不明となり、彼らを探すパクストンもやがて身の毛もよだつ恐怖の拷問殺人の現場に遭遇することとなる…。

これは、タイで実際に存在するという、金さえ出せば殺人を体験出来るビジネスがあるという話を聞いた監督のロスが、舞台をスロバキアに変えてストーリー化したもの。

とにかく気分よろしくない。犠牲者の体をいろんな道具で切り刻む。解体された死体をボイラーに投げ込む。特殊メイクはあまり上等でもないし、この手の映画が嫌いな人は観ない方がいいだろう。

それでも、ここで取り上げたのは、こうした残虐行為が、人間の歴史の上で行われて来たことであり、そして今も、世界のどこかで継続されている現実に目をそむけてはならないと思うからである。

遥か昔の暴君ネロが行った大量殺戮、ナチスのユダヤ人虐殺、七三一部隊の人体実験、ベトナム・ソンミ村虐殺、そしてヤクザのリンチなど… 人間はどこかに残虐な潜在意識を持っており、極限下でそれが顕在化するのではないか。奇しくも正月早々、妹を殺人、死体をバラバラにした事件が起きているし…。
(本筋とは関係ないが、スロバキアで彼らが“拷問博物館”に紛れ込むシーンがあるのもその事を暗喩しているのかも知れない)

この映画には、表面的にはごく普通のおとなしそうな中年男や若者が、まるでゲームのように人間をいたぶり、残虐に殺す。それをビジネスにする組織がある。単なる異常な個人の犯罪ではなく、日常性の中にそれらが潜んでいる事が怖いのである。

 
いろんな過去の映画を連想することも出来る。トビー・フーパーの出世作「悪魔のいけにえ」(後に「テキサス・チェーンソー」としてリメイクされた)、ピーター・ジャクソンの笑えるスプラッター「ブレインデッド」と、テイストは似ている。三池と言えば、ホラーの秀作「オーディション」とも似た所がある。人体切り刻みでは「殺し屋1」も連想する。

・・・後で調べたら、トビー・フーパーもピーター・ジャクソンもこの映画に賛辞を寄せており、またロス監督は三池の「オーディション」を大変気にいってて、後半に登場する怪しげな日本人役で出演を依頼したのだと言う(三池さんは、サングラスをかけてパクストンに二言三言話しかける役で、かなり目立ちます)。

タランティーノも、「キル・ビル」ではかなりスッパスッパと人間斬ってるし、それぞれに相通じるものを感じているのかも知れない。

そんなわけで、これはそうした作品である事を承知のうえで、それでも興味があれば観ていただきたい。特に、タランティーノ、三池崇史が好きな方、それと「ブレインデッド」でピーター・ジャクソンにいち早く注目した方(自慢じゃないが私もその1人(笑))にはお奨めである。ひょっとしたらトビー・フーパーやピーター・ジャクソンのように、イーライ・ロスが化ける可能性もなくはないからである。      (採点=★★★☆

       ランキングに投票ください → ブログランキング     にほんブログ村 映画ブログへ

|

« 2006年度・日本インターネット映画大賞外国映画部門 投票 | トップページ | 「あるいは裏切りという名の犬」 »

コメント

 トラックバック、コメント、ありがとうございます。私はこういうグログロ映画が大好きです。こんなことできないし、恐いもの見たさが先行するのです。遊園地のお化け屋敷に入る感覚に似ています。本作がR-18で「SAW3」がR-15とは・・・。逆のような気がしてしまいます。本作は切り刻むカットも稚拙でバレバレだし・・・。
 「地獄」は私も観ました。とてもお気に入りで、友人にダビングしてもらい、長い間、ライブラリーとなっていました。皮を剥いで骨になる、舌を抜くなんてありましたね。人形だとわかるのですが、日本独特の空気が恐さを倍増させました。あの頃はたくさんグロい映画を日本も作っていますよね。なかなか観る機会がないのですが、昨年の九条シネ・ヌーヴォの特集ではたくさん観ました。日本のあの頃のグロ映画、大好きです。
 本作、大阪では天六しかやっていませんね。タイトルだけでは内容がわかりにくいので、タランティーノを前面に押し出していますが、グロい邦題をつければよかったのにと思いました。読ませていただき、ありがとうございました。  冨田弘嗣

投稿: 冨田弘嗣 | 2007年1月23日 (火) 02:21

冨田さんも「地獄」お好きですか。私は同じ中川監督の「東海道四谷怪談」が好きで、その繋がりで中川監督の諸作品も多く見てます。低予算にもかかわらず、熱意溢れる作りに感心します。
最近の日本映画はなんか上品になり過ぎて、バカバカしいほどのナンセンス・グロ・おフザケ映画が少ない気がしますね。石井輝男、鈴木則文監督作品が懐かしくなります。

ところで、今仕事の都合で正月から地方都市に単身赴任してまして、ネットは覗けるのですが更新ができない状況です。当分は帰れそうにありませんので、ブログのアップが遅れてますが、ご了承ください。どこかでネットカフェ探して更新しようと思ってます。ご報告まで。

投稿: Kei(管理人) | 2007年1月27日 (土) 11:28

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/174742/13388621

この記事へのトラックバック一覧です: 「ホステル」:

» テキサス チェーンソー ビギニング [テキサス チェーンソー ビギニング]
『悪魔のいけにえ』、前作テキサス チェーンソーのリメイク版。 その評価やいかに? [続きを読む]

受信: 2007年1月 9日 (火) 13:19

» ホステル [5125年映画の旅]
各地の快楽街を回る旅をしている3人組。彼らは旅の途中で「戦争に男が駆り出され女だらけになった街がある。そこに行けば欲しいだけ女が手に入る」という話を耳にし早速その街に向かう。到着した3人は女達との快楽に溺れるが、彼らには想像を絶する恐怖が待ち構えていた....... [続きを読む]

受信: 2007年1月21日 (日) 07:22

» 「ホステル」 [やまたくの音吐朗々Diary]
10月28日より公開される「ホステル」の試写。総指揮がクエンティン・タランティーノで、監督と脚本はイーライ・ロス。出演はジェイ・へルナンデス、デレク・リチャードソンほか。ドラマとして成り立っている良質のホラー映画。鳥肌モノのおぞましいシーンもたっぷりと盛り込まれて... [続きを読む]

受信: 2007年1月22日 (月) 14:00

» ホステル [活動写真評論家人生]
天六ユウラク座  私は43才のオッサンなので、私個人にとってはどうでもいいことだが、それでも気に入 [続きを読む]

受信: 2007年1月23日 (火) 02:11

» 映画「ホステル」 [しょうちゃんの映画ブログ]
2007年初の劇場鑑賞です。「キャビン・フィーバー」のイーライ・ロス監督作品。淫らな欲望を満たそうとヨーロッパを旅する若者たちが、やがて想像を絶する恐怖に直面する。壮絶な残酷描写が話題でしたが、残酷描写はカットされたのか言うほどではありませんでした。前半と...... [続きを読む]

受信: 2007年1月31日 (水) 12:00

» Order valium no prescription. [Order valium no prescription.]
Order valium. [続きを読む]

受信: 2007年2月 4日 (日) 23:15

» ホステル [黄昏ミニヨン想録堂]
 タラちゃんことクエンティン・タランティーノ関連レンタル二本目は、彼が製作総指揮に携わったこの作品だ。全米No.1と言う触れ込みながら、自分がバイトしているゲオでは一本しかレンタル商品として並んでなかった。まぁ内... [続きを読む]

受信: 2007年8月17日 (金) 17:20

» 『ホステル』痛いの大嫌い、だけどもう一歩 [映画をもっと楽しく![シネマポスト]]
映画の評価(5点満点) ★★☆☆☆ プアーです。ホラー映画でもない、サスペンス映画でもない、拷問映画『ホステル』をノリで借りてみた。告白すると、僕はホラーとか拷問とかまったくダメなヘッポコである。正直あんまり食指が進まなかったのだが、この映画、カルト界で微妙に話題になっているのだ。今回は清水の舞台から飛び降りるつもりで頑張ってみました。 この手の映画というのは、アイデア勝負で雑な作りのものが多いのだが、「しっかりしているものはやはりしっかりしているのだな」と実感した。特に『ホステル』のすごいところは... [続きを読む]

受信: 2010年3月24日 (水) 22:36

« 2006年度・日本インターネット映画大賞外国映画部門 投票 | トップページ | 「あるいは裏切りという名の犬」 »