« 「俺は、君のためにこそ死ににいく」 | トップページ | 「監督・ばんざい!」 »

2007年6月 3日 (日)

「パッチギ! LOVE&PEACE」

Pattigi2 (2007年・シネカノン/監督:井筒 和幸)

2年前に、各種映画賞をほぼ独占した青春映画の秀作「パッチギ!」の続編。

今回は、あれから6年後の1974年、舞台も東京に移り、前作のラストで生まれたアンソン(井坂俊哉)の息子・チャンスの難病・筋ジストロフィーの治療の為に一家が奮闘する姿を描く。

前回、「俺は、君のためにこそ死ににいく」批評で、カメラワークがなっていない事について厳しく批判したが、そんな事もあって、本作は特にカメラワークに注意した。本作でもカメラワークやアングルがなってなかったらカッコがつかないからである。

で、結果は杞憂だった。会話シーンではきちんとバスト・ショットのカットバック、心理的な動揺を窺わせるシーンでは顔のアップ、登場人物たちの位置関係を示す場面はミディアム・ショット、さらには不安そうに振り返るチャンスを遠景に手前に人物を配置する奥行きのある構図…などなど、実に的確でバランスの取れたカメラ・アングルに感心した。まさにカメラワークのお手本―とでも言いたくなるほどの正攻法できっちりした演出は安心して見ていられる。これがプロの仕事である。

…しかし、別に井筒監督がすごいのでもなんでもなく、これが当たり前なのであって、多くの映画を撮って来た監督なら誰でも自然に身に付く技術なのである(特にB級映画を数多くこなして来た人ほど)。そんな当たり前の事を指摘したくなるくらい、観客に分かり易く物語を伝える演出技術が未熟な監督が目立つのは嘆かわしい事である。あえて言っておきたい。

さて、そうやって誉めた所で、肝心の映画の出来はと言うと、これが残念ながら前作よりは落ちる。何より、前作ではフォークルの名曲「イムジン河」が全編にフィーチャーされ、この曲が民族分断の悲劇を象徴すると同時に、若者たちの出会いや恋のさまざまな局面で効果的に使われるなど、実にうまい構成に感心したのである。
本作では、それに匹敵するアイテムがないのも弱い。

キョンジャ(中村ゆり)が芸能界に入るというエピソードが、一家がつつましくささやかに生きていた前作のトーンとマッチしていないし(その動機もも一つあいまい)、最近の映画界にやたら流行っている(また韓国映画に多い)難病を題材にしているのにもゲンナリしてしまう。病院で、日本では治せないと聞いたキョンジャが、「どうして私たち朝鮮人は、こんな目に会わなければならないの」と嘆くシーンではシラけた。朝鮮人のせいで難病になった訳じゃないだろうに。

前作の、冒頭とラストに盛大な喧嘩の乱闘アクションを持って来るという構成を、お約束として本作にも用意しているのだが、冒頭はともかく、ラストのは場所といい持って行き方といい、ちょっと無理があって感心できない。

とにかく、全体的に、あれもこれもと、言いたい事を詰め込み過ぎて物語構成が著しく破綻しているのである。

 
…とまあ、いろいろ難点は多い作品である。

 
だが、ラストの、キョンジャが出演した戦争映画「太平洋のサムライ」の完成披露試写会の舞台挨拶で、キョンジャが、「自分の父は済洲島出身で、父が徴兵を逃れ、必死で生き延びてくれたからこそ自分が今生きているのだ」と語り出すシーンでは、不覚にも涙が溢れた

そうか!これが言いたかったからこそ、井筒監督はこの映画を作ったのかと、やっと納得した。途中から挿入される、アンソンたちの父親が南方の島で地獄の戦場を体験するエピソードの意味もやっとここで判ってくる。チャンスの難病もそう考えると、“どんなつらい事があっても、生きる希望を失ってはならない”というテーマに繋がって来る(ポスターにあるキャッチコピー、「生き抜くんだ、どんなことがあっても」は、まさにそのことを訴えている)。

バラバラの時は何だか分からないジグソーパズルで、最後の1ピースを嵌める事によってすべてが見えて来るようなものである(もっとも、力まかせに嵌め込んだ為、食い違ってるピースもあるが(笑))。

何より、「太平洋のサムライ」という映画と、そのプロデューサー(ラサール石井)の描き方は、まさに石原慎太郎が作った「俺は、君のためにこそ死ににいく」という映画に対する痛烈な批判になっているのが痛快である。国の為に死ぬ事を美化した、あの映画に対して、そして憲法改正だの靖国参拝だのとキナ臭くなりつつある時代の風潮に対して、正面からパッチギをかましているのである。

 
いつの時代であっても、理不尽な事には怒り、告発する知識人がおり、そうした映画も作られて来た。先ごろ亡くなられた熊井啓監督(謹んで哀悼)を筆頭に、山本薩夫監督(「金環食」「不毛地帯」他)、今井正監督(「真昼の暗黒」他)、松山善三監督(「われ一粒の麦なれど」)、深作欣二監督(「軍旗はためく下に」)など多士済々、黒澤明監督も、お役所仕事(「生きる」)、原爆実験(「生きものの記録」)、役人の汚職(「悪い奴ほどよく眠る」)、医療と政治の貧困(「赤ひげ」)等に対し、常に怒り続けて来た作家なのである(映画ではないが、手塚治虫も医療や政治の貧困を鋭く告発する漫画を数多く描いている)。
今のアメリカでも、「華氏911」のマイケル・ムーア監督がいる。

そうした、怒り、告発する映画を作る映画人が最近では非常に少なくなって来た。熊井啓監督が亡くなられた今では、ほとんど絶滅した…と言ってもいい。

この映画は前述のように、映画としては破綻や難点が多い。
しかし、井筒監督は激しく怒っている。怒りのあまりに迷走し、暴走過ぎた感もある。それで不快感を示す観客もいるだろう。

それでも、私は井筒監督の、どこかおかしくなりつつある現状に激しく怒り狂うこの姿勢を評価したい。怒る映画人が皆無となった今の映画界では、こうした存在は貴重だからである。どんなに批判が来ようとも「俺はこれだけは言いたいんや!」という姿勢を貫く井筒監督の意気込みは、高く評価すべきだと思うのである。

なお、井筒監督は、決して在日韓国人を一方的に擁護しているわけではない。魚や鮑を無断で採って、注意する漁民に食ってかかったり、ゴミ捨て場から使えそうな道具類を拾ったり、その行為を咎めた警官にキレたりと傍若無人、アンソンは医療費捻出とはいえ密輸をやったりする。

在日団体から抗議を受けないかと余計な心配をする人がいるが、そういう人は梁石日の小説を映画化した「夜を賭けて」(金守珍監督。これもシネカノン配給)を観て欲しい。大阪の旧陸軍兵器工廠跡地に大量に埋まっている鉄屑を堂々と盗み出し、警察と攻防戦を繰り広げた在日朝鮮人たち(通称アパッチ族)の実話である。…つまりは、在日朝鮮人たちは昔から結構したたかに生きて来ているのである。本作で描かれたような事も、案外実際にあった事なのも知れない。…そういう意味では、むしろ公平でリアリティある描き方をしてると言えるだろう。

黒澤明監督「七人の侍」でも、虐げられて来たはずの百姓が、実は落武者狩りで鎧、弓などをこっそり隠していた…という描写がある。人間とは、そうした具合に悲惨な境遇にあっても、図太く、こすっからく、たくましく生きて来た存在なのだ―という事であろう。
こうした描写があるからこそこの作品は、人間の強い面も弱い面も描ききった秀作たりえているのである。偉大な黒澤監督とは比較すべくもないが、井筒監督の人間の描き方とはどこか共通しているのかも知れない(「生きものの記録」のように、怒りのあまり作品に乱れが生じている所まで似ている(笑))。

ともかくも、破綻はあるとは言え、パワフルでストレートにテーマに迫っている点で、やはり観ておくべき力作であると言えよう。石原作品との勝負?こちらの圧勝ですな(笑)。

そんなわけで、作品としての採点は★★★といった所だが、ラストのキョンジャの涙(中村ゆり好演)と、今の映画界には貴重な怒りのパワー分をおマケして…    (採点=★★★★☆

   ランキングに投票ください → ブログランキング     にほんブログ村 映画ブログへ

|

« 「俺は、君のためにこそ死ににいく」 | トップページ | 「監督・ばんざい!」 »

コメント

戦争を考えるために、小林よしのり著『戦争論』を読んでみてほしい。
ここが考えるスタートだと思う。

投稿: 田中 | 2007年6月 7日 (木) 01:41

 トラックバック、コメント、いつもありがとうございます。ご無沙汰しています。
 昔はそうでもなかったのですが、井筒監督は怒っていますよね。そのはけ口を映画化して、私たちに訴えてくる。こういう監督、今は少ないような気がします。以前から井筒監督のカメラは、きっちり構図をとっていて、丁寧で、これには気づいていました。カメラの基本は、まげてない。渡辺典子主演のあの頃から、とても丁寧な撮り方です。切り返しのタイミングもうまい。編集技術に任せようとする現場の姿勢もあるような気がします。
 沢尻エリカに断られる前のシナリオは、どうだったのでしょうか。それが気になって気になって。舞台は関西だったのでしょうか。
 とても熱のこもった評論を読ませていただきました。ありがとうございます。  冨田弘嗣

投稿: 冨田弘嗣 | 2007年6月12日 (火) 03:07

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/174742/15274197

この記事へのトラックバック一覧です: 「パッチギ! LOVE&PEACE」:

» 『パッチギ! LOVE&PEACE』 [ラムの大通り]
----前作が高い評価を受けた『パッチギ!』の続編だね。 えいも、大感激していて2回も喋っていたっけ。 で、今回はフォーンも一緒に観ることに。 あれっ、思ったほど泣いてないニャあ。 「う〜ん。だって微妙なんだもん」 ----えっ?これまた意外。 主人公アンソンの父親の話も出てきたし、 日本映画とは思えない大スペクタクル・シーンもある。 どういうところが微妙だったの? 「いや。悪くはないんだよ。 ただ、詰め込みすぎって感じがしたんだ。 そのため、前作に観られたような ディテールへのこだわりが少し後ろに... [続きを読む]

受信: 2007年6月 3日 (日) 23:28

» パッチギ! LOVE&PEACE [ネタバレ映画館]
アル・パチーノは朝鮮人だった!! [続きを読む]

受信: 2007年6月 4日 (月) 07:03

» 「パッチギ! LOVE&PEACE 」 [俺の明日はどっちだ]
日本人の男の子と在日朝鮮人の女の子との恋を中心に見事な青春群像劇に仕上がっていた前作「パッチギ!」の続編であるというこの作品、舞台は1968年の京都から1974年の東京へと移され、前作の朝鮮人家族が東京に出てきたっていう設定。 息子の病気治療の費用を捻出するため危ない橋を渡る主人公アンソンと、芸能界に入って自分を見つけようとする妹のキョンジャという二つの物語を主軸に、彼らの前の世代である日本軍への徴兵忌避を貫く親たちの姿をも平行して描きながら、朝鮮の人たちの視点で当時の、そして過去の日本人の「不都... [続きを読む]

受信: 2007年6月 4日 (月) 12:24

» パッチギ! LOVE&PEACE/井坂俊哉、中村ゆり [カノンな日々]
前作が素晴らしかっただけに井筒監督のプレッシャーもかなりのものだったんじゃないのかな?でも日頃、人の作品を辛口トークでぶった斬ってる方だけにきっと何かやってくれるんじゃないかとても楽しみにしてました。前作は日本人の高校生の目線で在日朝鮮人の社会を描いてい....... [続きを読む]

受信: 2007年6月 4日 (月) 12:27

» 映画「パッチギ!LOVE&PEACE」 [茸茶の想い ∞ ~祇園精舎の鐘の声 諸行無常の響きあり~]
LOVE&PEACEになっても、結局始まりは暴力シーンなんだよねぇ・・アリランもいいけど、前作でのイムジン河がとっても良かっただけに熱唱なくて残念・・ 舞台は1968年の京都から、1974年の東京に移る。アンソン(井坂俊哉)は息子チャンス(今井悠貴)の筋ジスト... [続きを読む]

受信: 2007年6月 5日 (火) 01:20

» パッチギ! LOVE&PEACE [八ちゃんの日常空間]
ちょっと微妙だなぁ〜。まぁ、面白かったけど… [続きを読む]

受信: 2007年6月 5日 (火) 15:21

» パッチギ!LOVE&PEACE [シネマ・ダグアウト -cinema dugout-]
 評価/★☆☆☆☆ (ユナイテッド・シネマにて鑑賞)  監督:井筒和幸  "LOVE&PEACE"というタイトルに偽りはないが、 今期一番つまらん!!  演者は決してハズレてないのに演出がまったく ノッてこない。  筋ジストロフィーに関しては詳しくは知らないの で間違っているかもしれませんが、病状が一貫 性がなく説得力がまったくない。もうとにかく全て がキツかった。。  ※ネタバレありの雑記  凧を落とすくらいまで進行した病状でなんでチャ リンコ乗れるんだよ。難病に打ち勝とうすれば涙 流... [続きを読む]

受信: 2007年6月 7日 (木) 21:35

» クォンサンウクォンに無我夢中のクォンサンウ ブログクォンサンウの最新情報・NEWSをお届け [クォンサンウ ブログ 韓国俳優クォン・サンウ最新情報]
クォンサンウクォンに無我夢中のクォンサンウ ブログ 韓国俳優クォンサンウの最新情報・NEWSをお届けします [続きを読む]

受信: 2007年6月 8日 (金) 11:31

» 「パッチギ!LOVE & PEACE」またパッチギですか! [soramove]
「パッチギ!LOVE & PEACE」★★★ 井坂俊哉 西島秀俊 中村ゆり 藤井隆 出演 井筒和幸 監督、127分 前作「パッチギ」は在日という重いテーマながら 全体に「生きる」という前のめりな情熱に溢れた作品で 「GO」と同様、かなり好きな映画だった。 さて、今...... [続きを読む]

受信: 2007年6月 9日 (土) 22:45

» 「パッチギ!LOVEPEACE」 [やまたくの音吐朗々Diary]
公開中の映画「パッチギ!LOVEPEACE」を観賞。井筒和幸監督作品。2004年に公開された「パッチギ!」の第2弾。出演は井坂俊哉、西島秀俊、中村ゆり、藤井隆、今井悠貴、風間杜夫、手塚理美、キムラ緑子ほか。1974年。前作で京都にいた在日朝鮮人のアンソン(井坂俊哉)とキョ... [続きを読む]

受信: 2007年6月10日 (日) 12:28

» 【パッチギ!LOVE & PEACE】 [じゅずじの旦那]
いやぁ、いきなりのぶちかましでしたねぇ [:パンチ:] やっぱり、期待どおりでした [:イヒヒ:] 監督・脚本:井筒和幸 エグゼクティブ・プロデューサー:李鳳宇 音楽:加藤和彦 出演:井坂俊哉、西島秀俊、中村ゆり、藤井隆、風間杜夫、キムラ緑子、手塚理美… その他、いっぱい知ってる方達。 《あれから6年。アンソンは、病気にかかった息子を救うため、京都から東京にやって来た。宿敵との出会いで、新たな騒動の予感? アンソンの新しい友人は、まじめで気のいい国鉄職員。一方、アンソンの妹、キョ... [続きを読む]

受信: 2007年6月11日 (月) 14:54

» パッチギ! LOVE [活動写真評論家人生]
 <TOHOシネマズなんば>  井筒監督作品で大好きなのは「さすらいのトラブルバスター」という、男 [続きを読む]

受信: 2007年6月12日 (火) 02:57

« 「俺は、君のためにこそ死ににいく」 | トップページ | 「監督・ばんざい!」 »