« 出張先で見つけたミニシアター・その2 | トップページ | 「天然コケッコー」 »

2007年10月 8日 (月)

「パーフェクト・ストレンジャー」

Perfectstranger (2007年・ソニー・ピクチャーズ/監督:ジェームズ・フォーリー)

キャッチコピーが、「ラスト7分11秒、あなたは絶対騙される」

はっきり言うけど、これは言っちゃいかんでしょう。こんな事を言ってしまうと観客が身構えてしまって、映画を楽しめなくなる。単に、「究極のサスペンス・ミステリー」程度に留めておくべきである。

だいたい、怪しい人物が少なすぎる。もっと一杯容疑者らしき人間を増やしておかないと、消去法でおのずと容疑者は絞られてしまう。

それと、ラストのワン・アイデアに頼り過ぎて、物語そのものに緻密さが欠けている。広告代理店CEOの部屋に簡単に侵入出来たり、パソコンにスパイウェア・ソフトを仕掛けようとしたりなんてありえない。部屋にはIDパスカードを通さないと入れないだろうし、パソコンは電源立ち上げ即パスワードを要求されるはず。ましてやその前にスパイ騒動があったばかりだし…。

この映画の脚本家、最新のセキュリティ事情を知らないか、リサーチ不足。

 

これまでにも、ラストにどんでん返しがあったり、あっと驚くオチが控えていたりする映画はどっさり作られている。

しかし、それらの中で、現在に至るも映画ファンの記憶に残り続けている名作は、ほとんどが、ラストのオチがなくても、それまでの物語だけでも十分見応えのある作品に仕上がっているものばかりである。

人物描写が丁寧でキャラクター設定がしっかりしていたり、物語の筋運びに無理がなく、細部に至るまできめ細かく描写されていたり…。

例を挙げれば、ビリー・ワイルダー監督「情婦」。主人公の弁護士(チャールズ・ロートン)のキャラクターが面白くて彼を見ているだけでも楽しめる。オチの直前まででも十分面白い作品に仕上がっているのに、さらにドンデン返しがある。そして、オチが分かってても観直したくなるくらい面白い。名作たる所以である。

偶然だが、やはりブルース・ウィリスが主演している「シックス・センス」も、あのラストがなくても、そこまでのお話だけでも十分映画として面白いし見応えがある。
だから、あのラストの後も、深い余韻が残り感動出来るのである。

「スティング」「ユージュアル・サスペクツ」も同様。だいたい、宣伝もあまり大げさではなかったはず。

この映画は、そのラスト、7分11秒-に至るまでの物語がつまらない。人物描写の底が浅いのである。そもそも、警察が全くと言っていいほど出て来ないのは不自然。死体が出ない為警察も動きようのない「サイコ」などと違って、こちらは惨殺死体があるのだから。

まあいろいろ言ったけど、それぞれの役者、特にハル・ベリーと、相棒のジョバンニ・リビシはいい味を出していて悪くない。余計な7分11秒の宣伝文句が一番の減点である。配給会社の宣伝部に喝!を入れておこう(どうでもいいけど、コロムビア=ソニー・ピクチャーズ作品なのに配給が何故ブエナビスタ・インターナショナルなの?)。

蛇足だが、アガサ・クリスティのミステリー小説の中にも、ちょっと本作を連想させるとんでもない犯人ものがある(と言ってもクリスティ作品の犯人はどれもとんでもないのばかりだが(笑))。

 (採点=★★☆

    ランキングに投票ください → ブログランキング     にほんブログ村 映画ブログへ

|

« 出張先で見つけたミニシアター・その2 | トップページ | 「天然コケッコー」 »

コメント

コンピュータ関係の描写はお粗末でしたよね~
10年前なら納得できたんだろうけど、これだけパソコンが普及している世の中じゃ・・・
予算を二大俳優に割かれてしまって、足りなかったんだろうけど(笑)

投稿: kossy | 2007年10月 8日 (月) 07:55

 トラックバック、ありがとうございます。まったくKeiさんの書かれているとおりで、あのラストを観るために、延々と平凡で退屈な物語を観なければならないのかと思います。もっと練れば面白くなる材料は用意してあるのに・・・。  冨田弘嗣

投稿: 冨田弘嗣 | 2007年10月29日 (月) 23:01

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/174742/16694196

この記事へのトラックバック一覧です: 「パーフェクト・ストレンジャー」:

» パーフェクト・ストレンジャー [ネタバレ映画館]
ラジー賞女優とラジー賞男優、夢の共演! [続きを読む]

受信: 2007年10月 8日 (月) 07:51

» パーフェクト ストレンジャー / PERFECT STRANGER [我想一個人映画美的女人blog]
                                                                                                                                                                                                ... [続きを読む]

受信: 2007年10月 8日 (月) 09:15

» パーフェクト・ストレンジャー(映画館) [ひるめし。]
愛し合ってる恋人も、信じ合ってる親友も、秘密を剥ぎ取れば、誰もが危険な他人・・・。 [続きを読む]

受信: 2007年10月 8日 (月) 11:58

» パーフェクト・ストレンジャー 18点(100点満点中) [(´-`).。oO(蚊取り線香は蚊を取らないよ)]
折れた煙草の吸い殻で あなたの嘘がわかるのよ 公式サイト 「この中の誰かが嘘をついています」「ラスト7分11秒まで、真犯人は絶対わからない」「あなたは絶対騙される」と、そんな大口叩いて大丈夫かと逆に心配になる宣伝文句で煽りまくっていた本作、監督のジェームズ....... [続きを読む]

受信: 2007年10月 8日 (月) 18:08

» 【2007-138】パーフェクト・ストレンジャー(PERFECT STRANGER) [ダディャーナザン!ナズェミデルンディス!!]
人気ブログランキングの順位は? 誰かが<嘘>をついている 誰もが<秘密>を隠している 全くの別人<パーフェクト・ストレンジャー>は誰だ? ラスト7分11秒まで、真犯人は絶対わからない──。 ... [続きを読む]

受信: 2007年10月 8日 (月) 20:55

» パーフェクト・ストレンジャー [5125年映画の旅]
ジャーナリストのロウィーナは、幼馴染から大富豪ハリソン・ヒルのスキャンダルの情報を入手する。しかしその幼馴染は直後に何者かによって殺害されてしまう。ハリソン・ヒルが犯人だと踏んだロウィーナは、コンピューターに強い同僚の協力を得て、身分を偽りハリソン・ヒ...... [続きを読む]

受信: 2007年10月 9日 (火) 06:54

» 「パーフェクト・ストレンジャー」レビュー [映画レビュー トラックバックセンター]
「パーフェクト・ストレンジャー」についてのレビューをトラックバックで募集しています。 *出演:ハリー・ベリー、ブルース・ウィリス、ジョヴァンニ・リビシ、ゲイリー・ドゥーダン、他 *監督:ジェームズ・フォーリー 感想・評価・批評 等、レビューを含む記事・ブログか..... [続きを読む]

受信: 2007年10月 9日 (火) 17:49

» [映画]パーフェクトストレンジャー [お父さん、すいませんしてるかねえ]
大物を使ったミステリー、ヤバイ匂いがプンプンしますね。 あらすじを簡単に 新聞記者ロウィーナの幼なじみが変死。 最も怪しい容疑者は、幼なじみが死の直前に関係を持った大手広告代理店の社長ハリソン・ヒルだった。 2人を結びつける手がかりはヒルから出されたe−メー... [続きを読む]

受信: 2007年10月 9日 (火) 21:07

» 「パーフェクト・ストレンジャー」観てきました(´Д`) [りんたろうの☆きときと日記☆]
☆「パーフェクト・ストレンジャー」 監督:ジェームズ・フォーリー 出演:ハリー・ベリー、ブルース・ウィリス、ジョヴァンニ・リビシ、ゲイリー・ドゥーダン、クレア・ルイス、リチャード・ポートナウ 議員のスクープを握りつぶされて会社を辞めた元新聞記者のロウィーナ。 彼女はある夜、幼馴染のグレースから広告業界の大物ハリソン・ヒルの不倫スキャンダルの話を聞いく。 その数日後、グレースは変死体となって発見される。 死の真相がハリソンの口封じではないかと疑ったロウィーナは、大スクープを得るべく独自の... [続きを読む]

受信: 2007年10月11日 (木) 17:45

» パーフェクト・ストレンジャー 観てきました。 [よしなしごと]
 この映画は、仕事帰りなど頭が疲れている時は避けた方が良いかな、体調が万全な時ではないと・・・。と思っていたらこんなに遅くなってしまいました。問いわけで今回はパーフェクトストレンジャーです。  今回はいつも映画館ではなくユナイテッドシネマ豊洲のレイトショーで観たのですが、いつも育英が感よりも料金が高くてびっくり。レイトショーって映画館によって値段違うのね。... [続きを読む]

受信: 2007年10月25日 (木) 03:12

» パーフェクト・ストレンジャー [活動写真放浪家人生]
 <TOHOシネマズなんば>  ラストの何分かという宣伝文句だった。そんなことを言われると、意識し [続きを読む]

受信: 2007年10月29日 (月) 22:57

« 出張先で見つけたミニシアター・その2 | トップページ | 「天然コケッコー」 »