« 「パーフェクト・ストレンジャー」 | トップページ | 「デス・プルーフ in グラインドハウス」 »

2007年10月10日 (水)

「天然コケッコー」

Tennnen (2007年・アスミック・エース/監督:山下 敦弘)

なんともトボけたタイトルである。コミックが原作というから、てっきりコメディだと思っていた。

しかし、監督が「リンダ、リンダ、リンダ」などの秀作を発表し、注目を集めている新進の山下敦弘なので、ひょっとしたら…と思って観に行った。

で、映画は、題名から受ける印象とはまるで違って、少年少女たちの成長をヴィヴィッドに切り取った、見事な青春人間ドラマの秀作に仕上がっていた。(脚本は秀作「ジョゼと虎と魚たち」の渡辺あや)

 

とある、ひなびた田舎町が舞台である。

人口が少ない為、生徒が6人しかおらず、小学生と中学生が同じ教室で席を並べているほどで、子供たちはいつも連れ立って登校し、上級生は小学校低学年生を自分の妹のように面倒を見ている。

そういう、なんともおおらかでのんびりとした町(村と言ってもいい)に、都会からイケメンの転校生がやって来る。女の子たちはちょっと心ときめくが、大して大きな事件が起るわけでもなく、子供たちで海水浴に行ったり、修学旅行で東京に行ったり、そうした日常を淡々と描いているだけなのだが、それなのに観終ってとても温かい気分になる。

子供たちの演技がとても自然である。一応主演は転校生に恋をしてしまう少女、右田そよ(夏帆)なのだが、子供たち全員が主演とも言える。

教室でおシッコを漏らしてしまう小学一年生の早知子(宮澤砂耶)など、その表情もとても愛らしくて演技に見えない。そよが学校を休んでいた早知子の家を訪ねた時、早知子がそよにシッカと抱きつくシーンはホロっとしてしまう。

そんな子供たちが、さまざまな体験を通して成長して行く様が、山下監督の的確な演出によって瑞々しく、情感豊かに描かれている。

そよたちが修学旅行で東京に行った時、そよが故郷の空気を感じるシーンでは、その背後を東京の風景がイラスト・タッチで飛び去る…というこれまで使った事のないケレン味ある演出が面白い。

その演出スタイルから思い浮かぶのは、「台風クラブ」「お引越し」「夏の庭-friends-」などで、子供たちの日常と、ささやかな冒険を通して成長して行く姿を瑞々しく、かつ鮮烈に描いた、一連の相米慎二監督作品である。

そう思えば、本作のラストで、そよが中学を卒業し、教室から出て行った後、カメラがゆっくり移動し、やがて教室の外に出るとそこには高校生となったそよがいる…というシーンをワンカットで捉えた映像が、ワンカット長回しを得意とした相米監督の演出タッチを彷彿とさせ、思わず涙腺が緩んでしまった。

 

山下監督は、「どんてん生活」「バカのハコ船」などのほとんど自主制作に近いマイナーな作品からスタートし、当初は何処となくトボけた人間たちがトボけた行動をする、いわゆる“ゆるい”テンポが持ち味であったが、1作ごとにメキメキ力をつけ、「リンダ、リンダ、リンダ」が大好評を博して今や若手を代表する一流監督になったと言える。

前作「松ヶ根乱射事件」では人間観察に鋭い演出の冴えを見せ、そして本作に至って、もはや名匠の風格さえ漂わせるまでに至った。その着実な成長ぶりは目を瞠るものがある。

あの「どんてん生活」の監督が、わずかの間に相米慎二と並び立つほどの一流監督に成長した…と思えば、感慨深いものがある。いつまでも、この瑞々しさを失わないで欲しいと願う。多くの人に見て欲しい、これは本年屈指の傑作である。    (採点=★★★★★

    ランキングに投票ください → ブログランキング     にほんブログ村 映画ブログへ

|

« 「パーフェクト・ストレンジャー」 | トップページ | 「デス・プルーフ in グラインドハウス」 »

コメント

お邪魔します。


相米慎二監督と対比させたあたりは、非常におもしろく拝見いたしました。
なるほどね~。納得です。

ボクも今作のレビューを書いておりますので、トラックバックをさせて下さいませ。
よろしくお願い致します。

投稿: マーク・レスター | 2008年12月28日 (日) 13:17

マーク・レスターさん、ようこそ。
(小さな恋のメロディのファンでしょうか(笑))

TBご遠慮なくどうぞ。
ブログ拝見しましたが、凄く長文の解読をされてますね。またじっくり読ませていただきます。では。

投稿: Kei(管理人) | 2008年12月30日 (火) 18:55

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/174742/16706138

この記事へのトラックバック一覧です: 「天然コケッコー」:

» 天然コケッコー 88点(100点満点中) [(´-`).。oO(蚊取り線香は蚊を取らないよ)]
島根は出雲を中心とした神の国 公式サイト レディコミ作家、くらもちふさこの同名漫画から、中学生編の1〜6巻までを実写映画化。 監督は『松ヶ根乱射事件』に続き田舎を舞台とした作品を手がける事となる山下敦弘だが、田舎のネガティブな面をディフォルメした『松ヶ....... [続きを読む]

受信: 2007年10月10日 (水) 22:18

» 天然コケッコー [ネタバレ映画館]
天然コケッコーというタイトルは、先生オシッコーでもよかったような・・・ [続きを読む]

受信: 2007年10月10日 (水) 22:29

» 感想/天然コケッコー(試写) [EDITOREAL]
夏帆ちゃん、かーいーなー『天然コケッコー』7月28日公開。全校生徒6人の学校に転校生がやってきた。初めて同級生ができた、中3のそよ。彼女たちの周辺にある日常と風景。その時代、その場所だけのきらめき。 映画「天然コケッコー」 田舎の学校に起きる最大の事件は転校生が来た、というもの。あとはなにげない日々が「キラキラ」と描かれていくのみ。思春期の一瞬一瞬を丁寧に切り取ってて、やさしさと希望がたっぷり詰まってます。それもいわゆるロハスな田舎礼賛ではなく、東京さえも「うまくやっていける気がする」とした... [続きを読む]

受信: 2007年10月10日 (水) 23:10

» 天然コケッコー(映画館) [ひるめし。]
もうすぐ消えてなくなるかもしれんと思やぁ、ささいなことが急に輝いて見えてきてしまう [続きを読む]

受信: 2007年10月11日 (木) 10:32

» 【2007-116】天然コケッコー [ダディャーナザン!ナズェミデルンディス!!]
人気ブログランキングの順位は? 全校生徒たった6人の分校 ど田舎の学校に 東京から転校生がやってきた もうすぐ消えてなくなるかもしれんと思やあ、ささいなことが急に輝いて見えてきてしまう ゆったりと時が流れる ... [続きを読む]

受信: 2007年10月14日 (日) 23:24

» 天然コケッコー [活動写真放浪家人生]
 <梅田ガーデンシネマ>  なんでもない物語の佳作「リンダ・リンダ・リンダ」よりも、「ジョゼと虎と [続きを読む]

受信: 2007年10月17日 (水) 03:01

» 「天然コケッコー」 移り変わることを大切に感じたい [はらやんの映画徒然草]
ほんわりして、いい気分になれる映画でした。 先週、仕事で訪れた方のところで麦茶を [続きを読む]

受信: 2007年11月 5日 (月) 22:10

« 「パーフェクト・ストレンジャー」 | トップページ | 「デス・プルーフ in グラインドハウス」 »