« 「点と線」 | トップページ | 「椿三十郎」(2007) »

2007年11月30日 (金)

「ボルベール<帰郷>」

Bolbel (2006年・スペイン/監督:ペドロ・アルモドバル)

ペドロ・アルモドバル監督の作品はいくつか観ているが、どうも相性が悪いと言うか、感銘を受けた作品がない。「オール・アバウト・マイ・マザー」はそれでも前半はなかなか良かったが、体調が悪い時に観たせいで途中で寝てしまった。

本作もそんな訳で、も一つ気乗りがせず見逃したままになってて、ようやく家の近く、千里セルシーシアターでやってたので観に行った。

観出すと、これが凄く面白い!グイグイ引きこまれた。これまでの作品とは違って(全部観ているわけではないが)、殺人があり、謎があり、ミステリー・タッチで、それでいてトボけたユーモアもあり、楽しく観れた。

これまでのアルモドバル作品と同じで、やはり女たちがたくましい。主人公ライムンダ(ペネロペ・クルス)は、夫が失業すると、即座に仕事を見つけ、テキパキとこなす。夫の方は酒ばかり飲んで仕事にも出ず、あげくに(血は繋がっていない)娘をレイプしようとして包丁で刺し殺されてしまう。なんとも情けない存在である。そして以後、主要人物としては男はほとんど登場しない。すべてにおいて、女たちたくましく、図太く、したたかな生き方が強調される事となる。

ライムンダは夫の死体を、空き家となった隣のレストランの冷凍庫に隠す。ちょうど同じ頃、彼女の昔世話になった伯母が亡くなった事を知る。死体の始末でそれどころではなく、姉のソーレ(ロラ・ドゥエニャス)が葬儀に向かう事になるが、伯母宅でソーレは、3年前に火事で亡くなったはずの母・イレーネ(カルメン・マウラ)の姿を見てしまう。果たして母は幽霊なのか、それとも…。

――と、物語はどんどん意外な方向に展開して行く事となる。やがてライムンダは厚かましくも(笑)、死体を隠したレストランを無断で経営し、周囲の女たちも巻き込んでしたたかに生きて行く。この生き方が爽快で、女という生き物はなんてたくましいのだ…という女性讃歌が盛大に奏でられる事となるのである。

ペネロペ・クルスのたくましさを強調する為か、彼女が調理している時、カメラが真上から、彼女の豊満なバストの谷間を捕えるシーンがある。また監督は、ペネロペのお尻に詰め物をさせ、お尻をデカく見せる工夫もしたとの事である。

Sophialoren アルモドバルは、ライムンダのキャラクターは、ソフィア・ローレンをイメージさせたと言っているが、そう言えば確かに彼女はヴィットリオ・デ・シーカ作品(特に母と娘が強姦される「ふたりの女」)におけるソフィア・ローレンの強烈な存在感を思い起こさせる。彼女も確かにバストとお尻がデカいイメージがある(笑)。

レストランで打ち上げパーティが催されたとき、ライムンダはギターの伴奏で、タンゴの名曲「ボルベール」を歌う。これが映画タイトルの由来なのだが、歌いながら、さまざまな思いがこみ上げ、涙する、このシーンも感動的である。

その後、夫の死体を埋めに行くシーンがあるが、1人では無理なので近所の女たちに手伝わせる。深夜、でっかい冷凍庫を車に乗せるだけでも怪しいのだが、女たちは何も言わない。あげくに穴掘りまで手伝わせるが、その手伝った女が、「どうせ私たち、共犯なんだから」と呟くシーンでアドモバルの意図が分かる。女たちは感づいてて、知って手伝っているのである。出来の悪い男なんか死んで当然、女は女同士、みんなで助け合い、図太く生きよう…という連帯意識がここでも強調されるのである。

そして映画はラストに至って、さまざまな謎(娘の本当の父は誰なのか…も含め)が一気に解き明かされる衝撃と感動のクライマックスを迎える。ここでは書かないが、改めて女の強さ、したたかさを知らされる、見事な脚本にうならされる。

カンヌ映画祭では、主演女優賞になんとこの映画の6人の女優(ペネロペ以下カルメン・マウラ、姉、娘、伯母、その隣人)全員まとめて選ばれたという。この映画の主演は1人ではなく、女たちすべてが主役だ…という事を示している。

ゲイだと言われているアドモバル監督、どうしてこんなに女たちの気持ちが理解できるのだろうか。不思議である。

私と同様に、これまでのアドモバル作品に馴染めなかった人や、一般の映画ファンが観ても十分楽しめ、堪能出来るだろう。個人的にはアドモバル監督作品中の最高傑作ではないかと思う。必見である。      (採点=★★★★★

     ランキングに投票ください → ブログランキング     にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ

|

« 「点と線」 | トップページ | 「椿三十郎」(2007) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/174742/17228934

この記事へのトラックバック一覧です: 「ボルベール<帰郷>」:

» 『ボルベール<帰郷>』 [ラムの大通り]
ボルベール 帰郷 (原題:Volver) ----アルモドバルって女性ばかり撮っている気がするニャあ。 「うん。そのイメージが強いね。 今回も男たちは一様にその生きざまは薄汚く、 反面、女たちは強くたくましい。 しかも男たちは、その行為の罰を女たちから与えられ、 早々と舞台から退いてしまう。 そして映画で語られるのは <母親たちの深い愛>だ」 ----えっ、母親たち? <帰郷>するのはどっち? 「じゃあ。まずは物語から話してみよう。 プレスを要約すると、こうなる。 ------10代の頃、ライムン... [続きを読む]

受信: 2007年11月30日 (金) 10:21

» ボルベール -帰郷- / Volver [我想一個人映画美的女人blog]
ずーっと楽しみにしてた、 ぺドロ・アルモドバル監督/脚本 最新作{/kirakira/} 『オール・アバウト・マイマザー』以来ペネロペは出演3度目となる{/shootingstar/} この二人の相性ばっちりなんだよね。 アルモドバル作品では、『トーク・トゥ・ハー』も面白かったけど 前作、ガエルくん主演の『バッド・エデュケーション』がいちばん{/fuki_suki/} 毎度毎度、女性の心情をうまく捉えてるのには驚かされる。 それと、スペインの情熱を思わせる鮮やかな色彩美{/hikari_pi... [続きを読む]

受信: 2007年11月30日 (金) 11:05

» うちのさんしまい [うちのさんしまい]
うちのさんしまい・うちの3姉妹・うちの三姉妹 [続きを読む]

受信: 2007年12月 1日 (土) 14:08

» ボルベール(帰郷) [パピ子と一緒にケ・セ・ラ・セラ]
ただいま。お帰りなさい。強く、美しく、我がままに。私の、女へのボルベール(帰郷)_スペインの太陽のように情熱的な女性ライムンダ(ペネロペ・クルス)。失業中の夫の分まで働く、気丈で美しいライムンダに、突然、2つの死が降りかかる。 彼女の留守中、夫が15歳に...... [続きを読む]

受信: 2007年12月 6日 (木) 20:46

» ボルベール [ミケランジェロの小部屋]
「ボルベール」 (2006/SPAIN/VOLVER) 失業中の夫の分まで働く、気丈で美しいライムンダ。 だが彼女の留守中、夫が15歳になる娘パウラに関係を迫り、抵抗した娘は勢いあまって父親を殺... [続きを読む]

受信: 2007年12月13日 (木) 14:13

« 「点と線」 | トップページ | 「椿三十郎」(2007) »