« 「サラエボの花」 | トップページ | 「アース」 »

2008年1月23日 (水)

「ペルセポリス」

Persepolis1 (2007年・フランス/監督:マルジャン・サトラピ&バンサン・パロノー)

イラン出身の女流監督であり、グラフィック・アーチストであるマルジャン・サトラピが、自作の自伝的グラフィック・ノベル(イラストによるコミックのようなもの)を元にアニメ映画化。

イラン映画と言えば、アッバス・キアロスタミ監督の「友だちのうちはどこ?」「オリーブの林をぬけて」や、マジッド・マジディ監督「運動靴と赤い金魚」、バフマン・ゴバディ監督の「酔っぱらった馬の時間」などの秀作が輸入・公開されており、イスラム圏の中では映画レベルは高い。

しかし、それらの多くは、当時のイランにおける貧しい庶民の姿を描いたものばかりである(イランは検閲が厳しくて政治的なものは通らないとも聞く)。

それに対して、本作は、1978年の王制崩壊から始まり、当時小学生だった女の子・マルジを主人公に、彼女の成長と並行して、当時から現代に至る、イランの近代史を、ユーモアと皮肉を交えて描いている(これは、監督がフランス在住で、製作国もフランスだからこそ可能だったのだろう)。

共和制への移行から、厳しい弾圧、統制、イラクとの戦争…等の激動の歴史は、話には聞いていたが、それをアニメで見ると、とても分かり易いし、国民が政情にどう反応し、どう生きたかも分かって興味深い。

マルジは名前からも分かる通り、監督自身であり、ほとんどは彼女の自伝である。しかも、少女時代はブルース・リーやアメリカのロックに夢中になり、服装に対する厳しい規制にも反撥し抵抗する等、その自由奔放な生き方が面白い。

ただ一面では裕福な家に生まれ、自己中心的な性格であり、留学先のウィーンでは学校をサボり、マリファナを吸い、生活が荒み、ホームレスにまでなる。

そんな彼女のデスペレートな面もある人生には、共感し難いとの批判もある。
しかし、そうした弱さもまた人間の一面であり、それらを乗り越え、フランスでアーチストとして成功した現在、自己の弱かった部分をもさらけ出した勇気は称えていいだろう(自伝で自分を美化する人も結構多い)。

笑えるのは、マルジと祖母(この祖母のパンクな人生観が面白い)が劇場で「ゴジラ」(ちゃんと東宝の許可済)を鑑賞する場面で、「日本映画って切腹とゴジラばかり」という祖母のセリフには大笑い。テレビで、いかにもアメリカ的なバイオレンス・アクション「ターミネーター」が放映されているシーンも皮肉っぽい。

そうしたユーモアやカリカチュアも交えて、一人の女性の激動の半生を描いた本作は、実写では陰惨になりがちな歴史の暗い断面も、ユーモラスにさまざまな角度から捕え、これまでのイラン映画ではうかがい知れなかった、イランという国の実態を知るには格好のテキストであり、さらには国家と人間についても考えさせてくれる力作である。アニメでありながら、アカデミー賞、ゴールデン・グローブ賞各外国語映画賞にノミネートされたのも納得の出来である。

Persepolis2 昔ながらの手書きによるセルアニメの映像は、3DCGアニメに慣れた目には新鮮に写る。またモノクロで描かれた過去部分のシンプルな絵柄が、わが国の藤城清治の切り絵アニメか、棟方志功の版画を連想させ、不思議なムードをかもし出す。
子供から大人へと成長する姿も、実写では別の役者を使わざるを得ない為全然顔かたちが違い、違和感を感じるケースが多いが、アニメだとその点違和感はない(体が大きくなり、顔が変わったり胸がせり出す経過を極端にデフォルメした描写も、アニメの利点を生かした秀逸な表現である)。

こういうのを見ると、アニメがデジタル化され、CGによる、立体感はあるけど無機質な映像の氾濫は、正しい方向を向いているのだろうかと考えさせられる。手書きで1枚ごとに描かれ、ギクシャクと動くアナログ的セルアニメの方が、人間的な温もりがあるように感じるのは私だけだろうか。

声の出演もカトリーヌ・ドヌーブ(マルジの母)、キアラ・マストロヤンニ(マルジ)の実の親子共演、祖母の声がフランスの往年の名女優、ダニエル・ダリューと豪華顔合わせ。これも聴き物である。アニメ・ファンでなくても、観ておいて損はない佳作である。   (採点=★★★★☆

  ランキングに投票ください → ブログランキング     にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ

|

« 「サラエボの花」 | トップページ | 「アース」 »

コメント

TBありがとうございました。

「ったく、切腹と怪獣」というおばあさんが語る
日本人感は可笑しかったですね。

ともあれ、確かに人間的ぬくもりを感じる作品でした。

投稿: nikidasu | 2008年1月24日 (木) 23:51

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/174742/17789945

この記事へのトラックバック一覧です: 「ペルセポリス」:

» 感想/ペルセポリス(試写) [EDITOREAL]
マンガで学ぶイラン近代史。『ベルセポリス』12月22日公開。イラン革命とイランイラク戦争で混乱を極めた近代イラン。マルジはその時代に幼少期を過ごし、戦渦を避けウィーン留学する中で、自らのアイデンティティーやルーツと向き合っていく。カンヌで賞賛されたアニメーション映画。 映画『ペルセポリス:PERSSEPOLIS』公式サイト ほぼモノクロで、クラシカルなちょいさくらももこ風の2Dアニメーション。アニメらしい自由さで平面の中で巧みな表現を見せてくれる。マルジは9歳で革命を経験し、その後の厳しい統... [続きを読む]

受信: 2008年1月23日 (水) 00:38

» アニメ[ ペルセポリス ]3代の母娘の絆が、未来を切り拓く [アロハ坊主の日がな一日]
アニメ[ ペルセポリス ]を渋谷シネマライズで鑑賞。 本作は、世界中を飛び回ってお宝探しをするアドベンチャーアクション映画でもなく、地球上の生命の神秘に迫るスケール感のあるドキュメンタリー映画でもないが、それらにも負けぬほどの見応えがある。実写ドラマでも、ドキュメンタリーでもできなかった。アニメーションだからこそ、ここまでのインパクトと、豊かな表現が実現できた、奇跡の一作かもしれません。原作は、本作の監督でもあるマルジャン・サトラピ監督の自伝的グラフィック・ノベル。 1970〜90年代の... [続きを読む]

受信: 2008年1月23日 (水) 08:32

» 「ペルセポリス」 PERSEPOLIS [俺の明日はどっちだ]
イラン出身でパリ在住のマルジャン・サトラピなる女性の半自伝的グラフィック・ノベルを、彼女自身自ら監督・脚本で映画化した長編アニメ。 予告編を観たときから、日本のアニメやハリウッドのそれとは一味も二味も違ったその独特の映像に心惹かれていたけれど、実際に1本の映画として観て、その簡略されながらもストレートに伝わってくる味わい深い映像表現の素晴しさに心躍ってしまった。 特に前半、とびっきりキュートな少女時代の主人公マルジャンの奔放な言動や表現が、あたかも当事者ではない他国で見ている観客の心を代弁し... [続きを読む]

受信: 2008年1月24日 (木) 23:45

» ペルセポリス [Art- Mill  あーとみる]
ペルセポリスHP http://persepolis-movie.jp/ 最高に美しいモノクロデッサンである。 今まで知らなかった事が恥ずかしいくらいであり、出会えたことがうれしくてたまらない。まちがいなく [続きを読む]

受信: 2008年1月31日 (木) 23:23

» 『ペルセポリス』 [京の昼寝〜♪]
□作品オフィシャルサイト 「ペルセポリス」□監督・脚本 マルジャン・サトラピ&ヴァンサン・パロノー □原作 マルジャン・サトラピ□キャスト(声の出演) キアラ・マストロヤンニ、カトリーヌ・ドヌーヴ、ダニエル・ダリュー、サイモン・アブカリアン、ガブリエル・ロペス、フランソワ・ジェローム■鑑賞日 1月21日(月)■劇場 チネチッタ■cyazの満足度 ★★★(5★満点、☆は0.5)<感想> イランの社会状況をもっと理解していれば、彼女が訴えようとしているものは見えて来たのかも知れない。 アカデミー賞長編ア... [続きを読む]

受信: 2008年2月 2日 (土) 21:10

« 「サラエボの花」 | トップページ | 「アース」 »