« 「魔法にかけられて」 | トップページ | 「クローバーフィールド HAKAISHA」 »

2008年4月 6日 (日)

「Sweet Rain 死神の精度」

Sweetrain_2(2007年・ワーナー/監督:筧 昌也)

一風変わった味わいのミステリー(とも言えないが)で評判の、伊坂幸太郎の同名ベストセラーの映画化。

原作は6編からなる連作短編で、死神が人間界に降り、1人の人物に対し、7日間の間にその人物を死なせる(「実行」と呼ぶ)か、あるいは生かしておく(「見送り」)かを判定するという仕事をこなして行く物語。

映画は、原作から3編を選び、しかも原作とは設定を変え、それぞれのエピソードに登場する人物が別のエピソードとも密接に絡む…という改変を加えている。
これによって、映画は、原作とは少しテイストが異なり、ある人物と、千葉という名の死神(金城武)とが全編を通じて深く関わり、1人の人間の数奇な人生を振り返ると共に、“死神自身もまた、人生観(が死神にあるかは別問題(笑))を変え、自己変革を遂げて行く”、ちょっとユニークなお話になっている。

製作は、ユニークなヒット作を連打し、最近では「ガチ☆ボーイ」という快作を発表した、あのROBOT。山崎貴、小泉徳宏…と、新人監督の育成には定評があるが、今回も自主映画からスタートし、TV「ロス:タイム:ライフ」等で注目された新人、筧昌也を劇場映画デビューさせた。

お話の方は、第1話が、家電メーカーの苦情処理係をしているOL藤木一恵(小西真奈美)に対する実行か見送りかの判定。近しい人間がみな死に、本人も自殺を企てた事があるらしい。従って千葉も当初は「実行」のつもりだったが、彼女に新しい転機が訪れた事を機会に、その判定は変わって行く。

第2話は仲間の復讐を計画しているヤクザ(光石研)。これも死が近いと思われたが、死神たちの協力で、彼の望みを果たした後、別な死に方をする。

1、2話を通じて共通するのは、千葉は単なる傍観者でなく、その人物に深く関わり、心の交流を通して、互いの間に友情のようなものすら生まれて来る。…感情がなかったはずの死神に、次第に不思議な心の揺れ―人間へのいとおしさらしきもの―が徐々に生まれて来たようにも見えるのである。

これが、残る第3話への伏線にもなっているのである。
伏線と言えば、1話で歌手になった藤木一恵のCDが2話にも登場し(しかもナツメロ扱いである)、i-Podを聴いているチンピラ(石田卓也)が、一恵の曲には不快感を示す…という、何やら訳ありの様子が窺える辺りが絶妙の伏線になっている。

そして第3話は、どうやら遥か未来(4半世紀ぶりに日本でワールドカップ開催…とニュースで言っているので2028年と分かる)、理髪店を営む老婦人(富司純子)がターゲット。70歳を超えたと思われるこの老婦人から、千葉は奇妙な願い事を頼まれ、それを実行するうち、彼女の波乱に満ちた人生に、千葉も深く関わっていた事が明らかになって行く。

原作にない、この設定を追加した事によって、映画はまるでO・ヘンリーの短編小説にも似た、人間の運命と人生の機微についての心温まるファンタジー・ドラマとなり、爽やかなエンディングを迎えるのである。

常に雨がつきまとい、晴れた空を見た事がなかった死神・千葉に、ある奇跡が訪れるラスト・シーンは、それ故とても感動的である。

人間の運命を左右して来た死神・千葉が、ここに至って逆に人間から、生きている事の大切さ、命というもののかけがえのなさ…を教わる結果となり、彼自身も人間らしい心を取り戻した事を、このラストは象徴しているのである。

人間という存在は素晴らしい、そして悔いのない人生を送る事はとても素晴らしい…これは、そんな素敵なファンタジーなのである。

伊坂原作とはかなり変わった結末である故、原作ファンには不満の残る出来かも知れないが、映画としては原作を上回った佳作になった…と言えるのではないか。私はとても気に入った。

富司純子の存在感が素晴らしい。彼女自身が、女神のようにすら見える。小西真奈美もいい。役者がみんないい。筧昌也監督、今後も注目である。

 
ただ、第3話に登場するアンドロイド、これはまったく不要である。近未来である事を示したつもりのようであるが、単にそれだけ。ドラマにまったく絡まないどころか、アンドロイドである事すらすっかり忘れられてる展開では、物語をかえって安っぽくするお邪魔虫でしかない。後で資料を読んだら、このアイデアを思いついたのは、筧監督ではなく、脚本の小林弘利だという。小林と言えば、あのワースト駄作「L change the WorLd」を書いた奴ではないか。どうりでヘタで無粋な事を思いつくはずである。総じて、もう少し脚本が練れておればもっと傑作になったかも知れない(例えば、せっかく1話でカセット・ウォークマン、2話でi-Podと、音楽プレイヤーの変遷で時代感を出したのだから、3話では、耳にスッポリ入る超小型音楽プレイヤーあたりの小粋な未来アイテムを出せばニンマリできただろうに)。そこが残念である。死神のトレカにしても、近未来らしく超薄型ディスプレィ方式で、死神の絵をCGで動かす等の細部へのこだわりも見せて欲しかった。

なお、1話の時代は1985年、2話は2007年だそうだが、あえて時代を明示しないのは演出プランかも知れないが、やはり不親切である。3話でワールドカップのニュースを出してるのだから、その時代ごとの代表ニュース(例えば1985年なら日航ジャンボ事故等)を流すべきではないか。あるいはこの物語なら、字幕で年代を表示しても良かったのではないかと思う。

とまあ、いろいろ欠点はあるものの、ROBOT作品らしい心温まるファンタジーの佳作に仕上がっている点は評価したい。筧監督の将来性も加味して採点はやや甘めに…。    (採点=★★★★

   ランキングに投票ください → ブログランキング     にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ

|

« 「魔法にかけられて」 | トップページ | 「クローバーフィールド HAKAISHA」 »

コメント

あ、なるほど、O・ヘンリーか~
言われて納得です!
ヤクザたちの抗争なんて生臭いシーンから一変して温かい第3話に繋げるなんてのも効果がありましたよね。

投稿: kossy | 2008年4月 7日 (月) 18:17

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/174742/40797064

この記事へのトラックバック一覧です: 「Sweet Rain 死神の精度」:

» 『Sweet Rain 死神の精度』 [京の昼寝〜♪]
□作品オフィシャルサイト 「Sweet Rain 死神の精度」□監督 筧 昌也□脚本 小林弘利 □原作 伊坂幸太郎(「死神の精度」文藝春秋社刊)□キャスト 金城 武、小西真奈美、富司純子、光石 研、石田卓也、村上 淳、奥田恵梨華、吹越 満 ■鑑賞日 3月23日(日)■劇場 109CINEMAS川崎■cyazの満足度 ★★★☆(5★満点、☆は0.5)<感想> 人が不慮の死を迎える7日前。 千葉(金城 武)と名乗る死神は、観察期間の後、その対象者を「実行」するか、「見送り」にするかを判断するのが仕事だ... [続きを読む]

受信: 2008年4月 7日 (月) 08:06

» Sweet Rain 死神の精度(映画館) [ひるめし。]
雨男、しかも死神。 [続きを読む]

受信: 2008年4月 7日 (月) 10:20

» Sweet Rain 死神の精度 [ネタバレ映画館]
「死神の精度」より、死神千葉の首振りのリズム精度に注目! [続きを読む]

受信: 2008年4月 7日 (月) 18:15

» Sweet Rain 死神の精度 [5125年映画の旅]
不慮の要因によって命を失う予定にある人物の最後に付き添い、その死が妥当であるかを判定するのが死神の仕事である。下界に降りると必ず雨が降る死神・千葉は多くの死を見てきた女性・藤木一恵を判定するために彼女に接触する。この出会いが後に二人の運命に大きく影響を...... [続きを読む]

受信: 2008年4月 8日 (火) 07:21

» 『Sweet Rain/死神の精度』 [ラムの大通り]
----金城武って、もしかして久しぶりじゃニャい? 「うん。日本映画への出演はね。彼によれば 『原作が素晴らしく、死神という役も特別だと感じたので、 この企画に興味を持ちました』ということらしい。 でも、こういうお話は韓国映画の方に多そう」 ----どんなお話ニャの? 「いわゆるファンタジー。 7日後に不慮の死が予定されている (“不慮”の死で“予定”というのも、よく分からないけど…) 人間を観察し、“実行=死”か“見送り=生かす”かを判定するのが 彼ら、死神の役目」 ----“彼ら”ということは、... [続きを読む]

受信: 2008年4月 8日 (火) 09:17

» 死神の精度 [ケントのたそがれ劇場]
★★★★  原作は今どき最も旬な作家、「伊坂幸太郎」である。先日も『ゴールデンスランバー』という小説で、『2008年本屋大賞」に選ばれたばかりだ。 小説のほうは『死神の精度』、『死神と藤田』、『吹雪に死神』、『恋愛で死神』、『旅路を死神』、『死神対老女』の... [続きを読む]

受信: 2008年4月20日 (日) 20:51

» Sweet Rain 死神の精度 [よしなしごと]
 今までの記録に挑戦!1日4本観るぞ~!と決心した、その2本目は、Sweet Rain 死神の精度を観ることにしました。 [続きを読む]

受信: 2008年4月26日 (土) 23:17

» Sweet Rain 死神の精度 <ネタバレあり> [HAPPYMANIA]
 3回目の鑑賞です...正確に言うと2.5回目の鑑賞な感じ(笑)詳しくは 初日舞台挨拶の日記へ  1回目  2回目伊坂幸太郎さんの原作が60万部突破の売上 内、一冊にワタクシも貢献武ちゃん らぶぅなワタクシですが、そんなワタクシでも 過去、リターナーを...... [続きを読む]

受信: 2008年5月 1日 (木) 07:46

» Sweet Rain 死神の精度 [単館系]
人間の最期をプロデュースする、それが、死神の仕事です。 この男は、ミュージック大好き、な死神 そして雨男。 物語は大きく3つに分かれ... [続きを読む]

受信: 2010年2月 4日 (木) 22:57

« 「魔法にかけられて」 | トップページ | 「クローバーフィールド HAKAISHA」 »