« 「ぼくたちと駐在さんの700日戦争」 | トップページ | 「相棒」 TV版第1回 »

2008年4月27日 (日)

「少林少女」

Shourinshoujo (2008年・フジ=東宝/監督:本広 克行)

ポスターが、「少林サッカー」とほとんど同じユニフォームを着た柴咲コウがラクロスのスティックを握り、タイトル・ロゴまで「少林サッカー」とそっくり。エグゼクティブ・プロデューサーがチャウ・シンチー。

これは、どう見ても、「少林サッカー」のラクロス版…しかし、なんだか場当たり的企画の匂いがするなぁ…といやな予感がしたが、映画はその予感を遥かに超える出来損ないの珍作になっていた。なんじゃーこれは…と喚きたくなった。

はっきり言う。今年のワーストワン候補の駄作である。フジテレビ、最近酷い。快作「ガチ☆ボーイ」をまともに売らずにコケさせて、反面、こんな駄作をテレビで派手に宣伝して観客をガッカリさせてる。出来が良いか悪いかのまともな判断も出来なくなってるのか。ちっとは恥を知れと言いたい。

本広克行監督は、前作「UDON」でも感じたが、とにかくあれもこれもと詰め込み過ぎて収拾がつかなくなり、全体のバランスを著しく壊してしまう悪いクセがあるのだが、今回もまた前作と同じ失敗を繰り返している。懲りない人である。

まず冒頭、主人公の桜沢凛(柴咲コウ)が、中国で3,000日の修行をして日本に帰って来る。目的は日本に少林拳を広める為。…が、祖父の道場は廃墟と化し、門弟たちも散り散り。凛は知り合った中国人留学生、ミンミンの助けを借りて、道場再興の為、弟子を集めるべく尽力を開始する。

…とまあ、ここまでは悪くない。    が、そこから、凛が大学のラクロス・チームに参加するところから話はおかしくなる。

凛が、チームプレー無視して勝手に走りまくり、しかしまるでゴールに入らず試合はボロ負け。チーム仲間から総スカンを食らう。

元道場の高弟でもあった岩井(江口洋介)が何故かコーチになり、チームプレーの大事さを説く…のは、最初からスポーツ青春ドラマだったなら分からんでもないが、少林拳の話はどうなった?
この辺りから、作品の方向性が見えなくなって来る。

いったい、道場を再興し、少林拳を広めるのが本筋なのか、大学のラクロス・チームが強くなり、試合に勝つ…というパターン通りのスポーツ青春ドラマが本筋なのか、中途半端ではっきりしない。

で、仲間はずれになった凛とチーム仲間が、いつの間にか仲良くなり、いつの間にかラクロス部全員が少林拳道場に入門し、少林拳を学ぶようになる…???? このプロセスが全然描かれていない。あまりにもイージー。これをちゃんと描かなかったら、主人公たちに感情移入出来ないだろうが。

だいたい、ラクロスの練習だけでも大変なのに、他の武術の鍛錬なんかやってるヒマないだろう。少林拳の技をラクロスに応用する…とするなら、それは邪道。それなら、ポスターから受けるイメージの、「少林サッカー」並みの、おバカ・ナンセンス・コメディに統一し、例えば相手が卑怯な手を使う悪者で、それに対抗する為こちらも奥の手を使う…というのなら話は分かるのだが。

しかし、スタートから40分ほど経過したこの時点でも、おバカ・コメディの要素はほとんど感じられない。どう見ても青春学園スポコン・ドラマ路線のままである。

さらにワケが分からないのが、この学園の学長・大場(仲村トオル)がどうも胡散臭く、ルポライターに何か嗅ぎつけられ、対策を指示するシーンが出て来る(その後ルポライターは抹殺された模様)。ところが、この学園がどういう悪事を働いているのか、いつまで経っても画面に出て来ない。学生たちを洗脳してる様子もない。やっと後半になって、突然脈絡も伏線もなく、黒づくめの集団が登場するが、それでも悪事の正体は不明。ここもやたらシリアスで、前記ともともマッチしない。

つまり、今度は強大な悪の組織の存在と、それに立ち向かうヒーロー…という、また別のドラマの要素が紛れ込み、お話はますます混乱する。

もっと驚くのが、凛には常人にない、“気”を内在しており、その力を“闇の世界(ダークサイド)”に取り込まれる事を岩井が心配している…という話。
???それって、「スター・ウォーズ」の安っぽいパロディじゃないの?で、結局大して物語りに絡まないし…。

とにかく、いろんな要素が場あたり的に継ぎはぎされてるだけで、それらが物語として有機的に繋がっておらず、どれも中途半端でまとまりがない。“少林拳は戦う技ではない”と言っときながら、ラストでは結局戦ってるし…。

で、クライマックスは、もどこかに置き忘れて、「燃えよドラゴン」「死亡遊戯」「キル・ビル」「カンフーハッスル」を適当にゴチャ混ぜにしてるだけ。しかし、CG技術はチャウ・シンチー作品にすら及ばず稚拙、アクションは香港と違ってショボく、柴咲コウは1年間特訓したそうで、よく頑張ってはいるが、基礎が出来てる香港アクション・スターの本格格闘演技には到底及ぶべくもない。

本広演出は、ここに至るも、おバカ・ナンセンスにも徹し切れず、シリアス・本格アクションにも徹し切れず、最後まで中途半端のまま。
いったい、何がやりたかったのか

ラストではまた腹が立った。ここも脈絡なく、ラクロス大会の場となり、しかもユニフォームも、ボールが地面にめり込んだりのナンセンス・ギャグも「少林サッカー」そのまんま。当然対戦相手はかなうわけもなく、大差で勝ってしまう。…おいおい、相手はフツーのチームじゃないの。完全に反則である。そんな勝ち方したって、観客のカタルシスには繋がらないだろう。…結局、ここでも場あたり的に元ネタの物真似をやってるだけに過ぎない。おマケに、彼女たちチームは、国際星館大学とかいう、悪の巣窟の看板を背負って戦うわけだから、ますます気分が悪い(その悪の親玉だった仲村トオルが、江口洋介と談笑してるラストには口アングリ)。
しかも、それらのシーンをエンド・クレジットのバックでやってるのには唖然とした。

エンド・クレジットというのは、出演者、スタッフの紹介であり、私なんかはこれを楽しみにしている。映像を流すなら、ジャッキー・チェン作品のようにNG集とか、後日譚とか、メインのハイライト・シーンとか…要するに物語が終わった後で、本筋とは離れていなければならない。そうでないと、落ち着いてスタッフの名前を確認できない。ポスターに大きく描かれていて、見る前は本筋だと観客が期待していたシークェンスが、エンドロールのバックにしか登場しない、かつ反則技とは…。これでは詐欺である。

 
馬鹿馬鹿しいシーンがあるのは構わない。私もおバカな映画は大好きである。…しかし、バカバカしくとも、それらを真摯に作り上げて欲しい。…少なくともチャウ・シンチーの「少林サッカー」「カンフーハッスル」や、前回取り上げた「ぼくたちと駐在さんの700日戦争」等は、馬鹿馬鹿しい話を、観客の共感を得るべく、心を込めて真剣に作っている。

本作には、残念ながら、おバカに真摯に向かい合う心が欠落している。ただ、こういう要素を適当に盛り込めばヒットするだろう…というスケベ心が見え透いている。…それでは観客の心を掴むことは出来ない
特に、制作に名を連ねているROBOTの代表・阿部秀司さん、…こんな映画を作ってしまって恥ずかしくないですか。数々の名作・良心作を送り出して来た、ROBOTの名を汚す、こんな駄作は2度と作って欲しくない。フジテレビ、本木監督ともども、猛反省を促したい。  (採点=

  ランキングに投票ください → ブログランキング     にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ

(おマケ)
柴咲コウ主演作と言えば、1昨年の「映画秘宝」誌ワーストワン「日本沈没」があり、昨年はこれも「映画秘宝」に新設された、第1回はくさい映画賞(トホホ映画賞)の最低作品賞に「どろろ」が選ばれるなど、ワースト賞づいている。もし本作が今年のワーストワンになれば(その可能性大)3年連続ワースト作品賞受賞…という、珍記録を作る事になる(笑)。彼女のせいではないんですがねぇ。

 

チャウ・シンチーの笑える傑作DVD。お口直しにどうぞ。

|

« 「ぼくたちと駐在さんの700日戦争」 | トップページ | 「相棒」 TV版第1回 »

コメント

多分今年のワースト作品は決定でしょう・・・
しかしまぁ、柴咲コウが悪いわけじゃないのに可哀そうすぎますね~
徹底的に叩かれて製作側には猛省していただきたいですw

投稿: kossy | 2008年4月27日 (日) 23:29

コメントありがとうございました。
もう同感過ぎて付け加えることがないくらいです。フジテレビは『銀色のシーズン』が酷かったので腹が立ちましたが、『ガチ☆ボーイ』が良かったのでかなり見直したのに、本作がこれじゃ…。もう当分フジの映画は観ないでおこうと思いました。

投稿: 丹下段平 | 2008年4月28日 (月) 01:56

こんばんは
それにしてもひどい映画でしたね。近年まれに見るほどの不出来な作品でした。
脚本と演出が悪いのですかね。
江口洋介と仲村トオルのあの言葉は、本編と全く繋がらなかったけれど、なんか別の映画を作っていて間違えてくっつけちゃったという感じかな。
「こんな駄作は2度と作って欲しくない。フジテレビ、本木監督ともども、猛反省を促したい。」おっしゃる通り全く同感であります。

投稿: ケント | 2008年5月24日 (土) 21:06

始めまして。実は結構前から貴殿サイト及びブログを拝見しております。かなり気に入っておりまして、勝手ながらブックマークにも入れさせていただいてます。20代男性です。現役の映画監督で敬愛しているのは、ポール・ヴァーホーヴェン等です。

学生時代に映画サークルにいたこともあり、そこそこ映画好きでしたが、体調を壊していたこともあり二年ほど劇場映画鑑賞からやや足が遠のいていましたが、いくつか観に行ったら、「やっぱり映画大好き!」と再認識し、去年中旬あたりから再び積極的に足を運ぶように
しています。

mixiで映画感想を書いてたのですが、退会しヤフーに映ったのですが、この作品「デビルマン」並の評価を受けていて、チャウシンチー好きなのですが、何故だろうと不思議に思ってます。割引券もらったから自爆覚悟で行こうと思ってます。

柴咲コウは、「GO」とか「メゾンドヒミコ」とか、良かったんですけどね。人気者の宿命でしょうか。まあ、楽しみにして観に行きます。

ところでまだ公開してるかわかりませんが、仲村トオルといえば小池栄子と豊川悦司と共演した「接吻」という隠れ名作に出演しております。初日に行ったのですが、地味ですが、重いテーマに挑戦し、怖いですが残酷な描写もないし、有名俳優で出てるし新聞に論評されるくらいなんだからもう少し多くの劇場でやってよ、と思いました。

投稿: タニプロ | 2008年5月26日 (月) 00:47

>kossyさん
みなさんワースト決定のようですね。柴咲さんはいい女優なのに、なぜいつもこうなってしまうのでしょうか。ひょっとして、“CG”が鬼門なのか?(笑)

>丹下さん
>もう当分フジの映画は観ないでおこうと思いました。

「山のあなた」は見てください。(5/25書込み参照)
「ガチ☆ボーイ」といい、フジの映画は当たらない場合は秀作になる…というジンクスが出来つつある?(笑)

>ケントさん
酷評が出揃ってるのに、観るのは勇気いりますね(笑)。まあ精々叩きましょう。


>タニプロさん、ようこそ
ブックマークされてるのですか。ありがとうございます。これからもご贔屓に。
「接吻」は、当地では5月31日から公開です。評判がいいようなので、楽しみにしています。
しかし、仲村トオルが出てくると、笑いが起きそうですね(笑)。

投稿: Kei(管理人) | 2008年5月28日 (水) 01:22

楽しんでる人もいるんだから
こういう
気分を害することを
書かないでほしいです。

投稿: うみ | 2009年1月25日 (日) 10:10

うみさん、こんばんは。

>気分を害することを書かないでほしいです。

気分を害されたなら、お気の毒とは思いますが、いろんな人が、自分の思った事を書くのがブログですから、批判するのも、誉めるのも書いた人の責任において自由だと思います。

「少林少女」に関しては、TBしてくれてるブログを見に行けば分かりますが、ほぼ全員一致で酷評の嵐です。私の所だけが酷評してるわけじゃないですよ。もっとひどい言葉で書いてるブログもいっぱいあります。
最近発売された「映画秘宝」誌では、選者も読者も共にワーストワンだったうえに、最低映画賞まで与えています。

それほどひどい出来だったという事です。
それこそ、楽しみに映画館に入ったのに、この映画を見てガッカリして、気分を害してしまった人が、楽しめた人より何千倍も多くいる…という事も、いろんな記事や、ここのコメントを見ればあきらかだと思いますよ。残念ですが。

それと、私の場合は、酷評する場合でも、どこがいけないのか、何故ダメなのかをきちんと分析するよう心がけています。読んでいただければ分かります。
また、この映画の製作者の阿部秀司さんは、私が昔から尊敬している人で、岩井俊二監督「Love Letter」を皮切りに、山崎貴監督「ジュブナイル」「三丁目の夕日」、小泉徳宏監督「タイヨウのうた」等の若手監督の秀作をプロデュースして来た方ですし、監督の本広克行は私と同郷でやはり昔から応援しており、「サマータイムマシン・ブルース」は大好きな作品です。そんな、尊敬する製作者、愛する監督だけに、こんなひどい作品を作ってしまっては、これまでの功績が台無しになってしまう、その事を危惧するが故の厳しい意見なのです。

大好きな作品が、ボロクソにけなされる、て事は、私も何度も経験済です。昨年の作品では、「崖の上のポニョ」がワースト映画としてかなり叩かれてます。
しかし、誰がなんと言おうと、自分にとっては感動した名作だった。…それでいいんじゃないでしょうか。
言いたい人には言わせておけばいいのですよ。

あなたがこの映画を楽しんだなら、感動したなら、その気持ちをブログなり、掲示板なりに書き込めばいいのですよ。けなす人の所より、自分と同じ意見の人の所に立ち寄ればいいのですよ。

長々とすみませんね。私の気持ちはそういう事ですので、ご理解いただきたいと思います。

投稿: Kei(管理人) | 2009年1月27日 (火) 00:39

終わってしまったものに再度書き込むのも気が引けますが・・・。私の知り合いがこの映画に関わっていたので。チャウ・シンチーは早々にこの映画から引き上げてしまったこと。途中から制作費がかなり削られたらしいこと。このようなことも重なり、皆さんご指摘なような史上稀に見るような駄作愚作が出来上がったのでしょう。本広監督は決して嫌いな監督ではありません。もう少し中国武術を分かっている人(カンフー愛と言い換えてよい)が関わっていればあんな悲しい結果には成らなかったと思うのです。あくまでカンフーを軸としていればもっと違ったものができたはず。柴咲コウは力があったので演出(武術指導も含めて)と脚本がそこにあればと思います。チャウシンチーに撮り直させたいです。

投稿: woos | 2010年1月 9日 (土) 12:42

◆woosさん、ようこそ。

いろいろ製作事情はあったとは思いますが、
基本的には元の脚本が酷過ぎるのが最大の原因でしょう。
例え制作費が充分足りてても、この脚本を大幅に手直ししない事にはどうにもならなかったんじゃないかと思います。
いい脚本だったなら、あるいは演出家の工夫と頑張りがあったなら、制作費が削られようが、そんなに酷い出来にはならなかったでしょう。本広監督は私も期待している監督だけに残念です。それより、クレジットされてるチャウ・シンチーがどう思っているか知りたい所ですね。

投稿: Kei(管理人) | 2010年1月12日 (火) 15:20

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/174742/41011128

この記事へのトラックバック一覧です: 「少林少女」:

» 少林少女 [C'est Joli]
少林少女’08:日本・香港 ◆監督:本広克行「UDON」◆出演:柴咲コウ、仲村トオル、キティ・チャン、岡村隆史、江口洋介◆STORY◆祖父の少林寺道場を継ぐために中国の「少林拳武術学校」に修行に出ていた凛。3000日の厳しい修行に耐え、帰ってきた凛を待ち受けていたのは...... [続きを読む]

受信: 2008年4月27日 (日) 23:06

» 少林少女 [ネタバレ映画館]
『燃えよ!ピンポン』では見られなかった鏡の間が・・・あぁ。 [続きを読む]

受信: 2008年4月27日 (日) 23:26

» 「少林少女」 [古今東西座]
チャウ・シンチーが好きで、『少林サッカー』もお気に入りの映画だったのでこの映画を観ることにた。と書いてしまうと実にあっさりしてしまうのだが、「好き」と「観ることにした」の間に、チャウ・シンチーは名前を貸しただけじゃないのか、とか、監督が本広克行なら大した映画にならないだろう、とか予測できるのはマイナスなことばかりで不安感いっぱいであった。残念ながらこの予測はズバリ的中、いや的中どころではない 酷過ぎる 映画であった。ある程度の酷さは覚悟していたのだが、想像を遥かに超えている代物で、観終わって頭に... [続きを読む]

受信: 2008年4月28日 (月) 01:58

» 「少林少女」 「量産」の弊害 [はらやんの映画徒然草]
「少林サッカー」のチャウ・シンチーがエグゼクティブ・プロデューサーということで公 [続きを読む]

受信: 2008年4月28日 (月) 06:31

» 少林少女 [Akira's VOICE]
少林拳宗教の勧誘?   [続きを読む]

受信: 2008年4月28日 (月) 10:06

» 「少林少女」 第2位 [映画コンサルタント日記]
上映スクリーン数: 312オープニング土日興収: 1.9億円本広克行監督「UDO [続きを読む]

受信: 2008年4月29日 (火) 15:56

» 少林少女 [そーれりぽーと]
製作陣にチャウ・シンチーの名前も並ぶ『少林少女』を観てきました。 ★★ 酷い。 チャウ・シンチー映画に敬意を込めてを“酷い”と形容する事もあるけど、この映画はストレートに酷い。 チャウ・シンチー自信は一切タッチしてないんだろうと思う程、コメディーパートに彼のテイストを意識した中途半端な演出が見受けられる。 そのどれもがしっくり来ず、偽モノ感たっぷりで寒い。 『少林サッカー』や、『カンフーハッスル』を彷彿とする演出、ストーリー展開、そしてそれらの映画にも出ていたチャウ・シンチー組からの二人のゲス... [続きを読む]

受信: 2008年4月30日 (水) 19:51

» 少林少女・・・・・評価額650円 [ノラネコの呑んで観るシネマ]
今年はカンフーが来ているのだそうな。 言われてみれば「カンフーくん」やら「カンフーパンダ」やら「カンフーダンク」やら、その手の映画が... [続きを読む]

受信: 2008年5月 1日 (木) 01:13

» 少林少女 2008-22 [観たよ〜ん〜]
「少林少女」を観てきました〜♪ 中国の少林拳武術学校で3000日の修行を積んだ凛(柴咲コウ)は、帰国し祖父の道場に向かう。しかし、そこにあったのは荒れ果てた道場の姿だった。そんな凛を??(キティ・チャン)がラクロスへ誘う・・・ 人気Blogランキング      ↑ 押せば、少林拳の奥義が習得できるかも!? Blog人気ランキングに参加してます。 ご訪問の際は、是非ポチっとワンクリックお願いします〜♪ ... [続きを読む]

受信: 2008年5月 2日 (金) 06:54

» 「少林少女(SHAOLIN GIRL)」映画感想 [Wilderlandwandar]
柴咲コウ主演のカンフー&スポ根アクション「少林少女」を見てきましたよ。 武侠好きとしては外せないカンフー系映画かな?と思 [続きを読む]

受信: 2008年5月 2日 (金) 14:26

» 【劇場映画】 少林少女 [ナマケモノの穴]
≪ストーリー≫ 中国での修行を終え、日本に少林拳を広めるために帰郷した桜沢凛。しかしかつて学んだ祖父の道場は廃墟と化し、先生と慕った岩井は町外れの中華料理屋の店長に収まっていた。凛は岩井に反発して朽ちた道場に1人寝泊りすることを選ぶが、ひょんなことから大学でラクロスをやることに。少林拳仕込みのパワーでラクロス部員たちのド肝を抜く凛。そしてそんな彼女の近くには、その力に目を細める怪しげな影があった……。(goo映画より) チャウ・シンチーが製作に関わっているということで、「少林サッカー」的なも... [続きを読む]

受信: 2008年5月 5日 (月) 20:03

» 映画「少林少女」 [FREE TIME]
GW4連休中に映画「少林少女」を鑑賞しました。 [続きを読む]

受信: 2008年5月 7日 (水) 00:12

» ★「少林少女」 [ひらりん的映画ブログ]
ゴールデン・ウィークでもヒマヒマなひらりん・・・ 3日連続でナイトショウ鑑賞でしょ!!! しかも、一ヶ月無料パスをゲットの為目指せ6000マイル・・・の「TOHOシネマズ」通い。 ... [続きを読む]

受信: 2008年5月10日 (土) 02:06

» 少林少女 評価:★ [20XX年問題]
レビューを更新しました。 当HP↓からどうぞ。 Review→映画レビュー、から見れます [続きを読む]

受信: 2008年5月12日 (月) 19:23

» 映画感想≪少林少女≫ [キネマ徒然草]
いや〜何か凄いものを観てしまったような気がしますよ、ホント。。 b≪少林少女≫★/b 監督:本広克行 脚本:十川誠志 十川梨香 出演:柴咲コウ、仲村トオル、キティ・チャン、岡村隆史、江口洋介 いやー、もうbfont color=red size=3なんか痛々しい作品/font/bでしたよ。。 うーん、間違い無く駄作でしょう。いやもう言葉を失うぐらい..... [続きを読む]

受信: 2008年5月21日 (水) 23:53

» 少林少女&CHANGE&BLEACH&欧州CL [別館ヒガシ日記]
少林少女は先週の15日(木)に10時45分から観客15人ほどで鑑賞したが 少林とカンフーハッスルを合体させた感じも全体的に微妙だった 内容は少林拳をラクロスを通して広めようとするも学長に邪魔させる感じで 前半から中盤はダラダラで後半はアクションだが最後だけ良か... [続きを読む]

受信: 2008年5月22日 (木) 20:23

» 少林少女 [ケントのたそがれ劇場]
★☆  一体この映画は、いくつの作品をパクっているのだろうか。『燃えよドラゴン』、『マトリックス』、『少林サッカー』、『トム・ヤム・クン』、『ドラゴンボール』、『カンフーハッスル』ときりがない。 まあどのみち荒唐無稽な映画だから、パクリであろうとパロディー... [続きを読む]

受信: 2008年5月24日 (土) 21:07

» 「少林少女」観てきました(´Д`) [りんたろうの☆きときと日記☆]
☆「少林少女」 監督:本広克行 出演:柴咲コウ、仲村トオル、キティ・チャン、ティン・カイマン、ラム・ジーチョン、岡村隆史、江口洋介 中国、少林寺で三千日の修業を終えた少女がいた。 彼女の名は桜沢凛。 日本へと戻ってきた凛は、少林拳を世に広めるという自分の夢のために、祖父が開いた懐かしの少林拳練功道場へと向かう。 しかし、道場はすでに廃虚と化し、門下生も道場の閉鎖と共に散り散りに。 道場がなぜ閉められることになったのか知りたい凛は兄弟子のところを訪ね歩き、 自分の先生である岩井拳児が町外れで中華食... [続きを読む]

受信: 2008年5月26日 (月) 00:35

« 「ぼくたちと駐在さんの700日戦争」 | トップページ | 「相棒」 TV版第1回 »