« 「さよなら。いつかわかること」 | トップページ | 「ゼア・ウイル・ビー・ブラッド」 »

2008年5月15日 (木)

「隠し砦の三悪人 THE LAST PRINCESS」

Kakusitoride (2008年・東宝/監督:樋口 真嗣)

「椿三十郎」に次ぐ、黒澤明監督作品の再映画化。但し、リメイクではなくリボーン(再生?)だそうな。

森田芳光監督「椿三十郎」公開の際には、私はかなり厳しく批判をした(作品評はこちら)。…しかし、黒澤作品のリメイクは絶対ダメ、と言ってるわけではない。早い話、「姿三四郎」や「赤ひげ」、「野良犬」なんかはテレビも含め何度かリメイクされており、それぞれ出来映えも悪くはなかった。

問題なのは、「椿三十郎」リメイクに際しては、簡単に述べると3つの大きな過ちを犯しているからである。
①「三十郎」のキャラクターは、三船敏郎という豪快なチャンバラ・スター自体をイメージして創造された、日本映画史に残るスーパー・ヒーローであり、三船の存在なくしては産み出されなかった。分かりやすく言うなら、渥美清のキャラから生まれたフーテンの寅のような存在である。寅さんが、渥美清以外の誰が演じてもサマにならないのと同様、三船に匹敵するサムライ・スターが登場でもしない限り、リメイクには向いていないのである。即ち、まず題材の取り上げ時点で間違っているのである。
②それなのに、よりによって織田裕二に三十郎を演じさせた。…三船とはまるで容貌もキャラも違い、そこらの兄ちゃんにしか見えず、豪快な太刀回りすらもやった事もない役者を選んだ時点で、これも失敗である。
③さらに、本来三船敏郎のキャラに合わせて書かれたシナリオを、ほとんど一字一句元のままで使用したのも間違い。…せめて、織田のキャラクターに合わせてシナリオを大幅に改定しておればまだしも…。よって映画は、織田が三船の物真似を必死で演じるという珍妙な出来になってしまったのである。

 
そこで今回の「隠し砦の三悪人」であるが、
①「三十郎」とは違ってこちらは、昔からよくある、“戦さで敗退し、落ち延びた残党が軍資金と世継ぎを守り、お家再興を果たす”という、典型的な講談調・波乱万丈冒険大活劇(中村錦之助主演の「笛吹童子」はその種の代表作)であり、主演のキャラで持つ作品ではない。
②三船が演じた真壁六郎太は、これまでにも痛快チャンバラ活劇の主役を勤め、サムライ・スターの風格もある阿部寛が演じており、これも悪くない。
③さらに、元のシナリオを劇団☆新感線の座付き作者・中島かずきが大胆に脚色、なんと!六郎太と雪姫以外の主要人物を、役名も含め、ガラッと入れ替えている。六郎太は、主役ですらなくなっている。基本設定だけを拝借し、ほとんどオリジナルと言っていいくらいにまで改変してしまっているのである。まさに、RE-BORNである。

こんな具合に、同じ黒澤リメイクでも、こちらは「椿三十郎」における3つの問題点をことごとくクリアしていると言える。出来はともかくとして、戦略としてはこれは正解である。…森田も、せめてこれくらいのチャレンジはして欲しかった。

 
さらに、オリジナルはその面白さゆえ、ジョージ・ルーカスが「スター・ウォーズ/EP4」(77)として巧妙に焼き直しているのは周知の通りだが、本作はその「スター・ウォーズ」からいくつかの要素を逆輸入しており、どちらかと言えば本作は、“「スター・ウォーズ」のリメイク”と言った方が正解のような出来なのである。

「スター・ウォーズ」では、「隠し砦-」のキャラクターについて、真壁六郎太→オビワン、雪姫→レイア、太平→R2D2、又七→C3PO…という具合に巧妙に移行されているが、ルーク・スカイウォーカーに当たる人物はオリジナルにはない。

本作では、そのルークを彷彿とさせる、松本潤扮するイケメンのヒーローを主役に据え、クライマックスで大活躍をさせている。さらに、黒澤作品では不在であった、敵対する悪玉・鷹山刑部(椎名桔平)を新たに創造し、ダース・ベイダーそっくりの扮装をさせている。

これによって、本作は黒澤作品よりもさらにエンタメ性を増し、SFXもフルに駆使して、ラストは敵の要塞(=デス・スターに匹敵する)の大爆破→ハッピー・エンドに至る娯楽大活劇に仕上がっている。

樋口真嗣演出は、これまでの監督作(「ローレライ」「日本沈没」)においてもいろんな娯楽活劇へのオマージュが散見されているが、本作でもさまざまなオマージュ、パロディがふんだんに盛り込まれ、楽しませてくれる。

敵の砦の造形は、「スター・ウォーズ」の要素もあるが、同じジョージ・ルーカス製作の「インディー・ジョーンズ/魔宮の伝説」の悪の巣窟も連想させる。武蔵(松本潤)と雪姫(長澤まさみ)の手と手を取っての逃避行は、ちょっぴり深作欣二監督「里見八犬伝」の要素も入っている。…そしてラストは言うまでもなく「ローマの休日」である。

本家、黒澤「隠し砦-」における名シーンについても、そのまま再現されているものもあれば、巧妙に捻っているものもあり、そういう意味では、これは本家、黒澤版を先に観ていると、思わずニンマリ出来て余計楽しめるようになっている(鷹山刑部の顔の疵が、黒澤版の田所兵衛(藤田進)のそれとソックリである所も注目)。普通はリメイク作品の場合、旧作は見ない方が良いのだが、本作に関してはDVDで予習しておくのも悪くはないと思う。

 
そんなわけで、もともと期待していなかっただけに、思っていたよりは上出来であった。何より、あの痛快な黒澤作品を、オリジナルのイメージを損なわない範囲で大胆な改変を行い、旧作を知らない若い観客は無論のこと、旧作を知っている人が観ても、十分楽しめる娯楽活劇に仕上げている点は大いに評価したい(その功績の多くは、冒険活劇のツボを心得た、中島かずきの脚本によるところが大きい)。

少なくとも、「椿三十郎」よりはかなりマシである(しつこいかな(笑))。
リメイクするなら、せめてこのくらい、いろんな工夫をすべきである。

 
しかし、手ばなしで褒めるわけには行かない。まだまだ難点や突っ込みどころが多い。もう一押し、脚本を練り直せば、もっと面白くなるだけに惜しい所である。
多分、指摘する人も多いであろう、あのラストの大爆発からどうやって逃げられた?しかも馬まで用意出来るか…くらいはご愛嬌で、この程度なら笑ってすませられる。

困るのは、女衒に売られる所を助けた女が、姫をかばって死んで行くシーン、敵が斬りかかって六郎太がピンチなのに、メソメソ泣いてる場合じゃないだろう。著しくテンポがそがれるこんなシーンは不要である。

それと、あの名セリフ「裏切り御免!」の使い方はないだろう。無理があってシラける(しかも何回も出すぎ)。本来このセリフは、味方から敵に、又は敵から味方に寝返った場合に使うものである。オマージュにしても、これは不要。

さらに、エンドロールに流れる主題歌、まったく不要(だから、「裏切り御免」の使い方、間違ってるだろうが!)。

逆に、オリジナルにはなくて、考えたな…と思わせるのが、“雪姫と、名もなき民衆との信頼関係”を強調した部分で、助けた民衆から恨みがましい視線を受けてたじろいだり、後半の大きなポイント=金塊輸送方法にまつわるくだりなどは、“国の統治は、国民との信頼関係なくしては成り立たない”というテーマを際立たせ、現在の、支持率低迷にあえぐ政治状況への痛烈な皮肉になっている。

…ただ、樋口演出が一本調子の為か、本来なら感動が盛り上がるはずの100人の民衆との対面が、全然そうなっていないのは大いに反省の余地あり。それと、命の恩人である武蔵に、(オリジナルにあったように)姫から賞金を与えるシーンは入れるべきだった。

ともあれ、いろいろアラはあろうとも、予想以上に楽しませてくれた、その努力には敬意を表したい。従って、採点も大マケしておく。     (採点=★★★

  ランキングに投票ください → ブログランキング     にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ

 
(さて、お楽しみはココからだ)

黒澤作品では太平又七だった2人の下層庶民の名前が、新作では武蔵(タケゾウ)と新八に変更されている点に着目したい。

これはそのネーミングからして、あの吉川英治原作「宮本武蔵」武蔵(本作と同じく、最初の頃は“タケゾウ”と読む)と又八のコンビを意識したものだろう。
やはり戦乱の世、出世を夢見て関ヶ原の戦いに赴き、負け戦さでホウホウの体で戦場を彷徨う武蔵との姿は、まさに本作の武蔵との姿にダブる。

―そう考えれば、本家黒澤作品の方の冒頭、太平(千秋実)と又七(藤原釜足)が負け戦さでボロボロになり、グチりながら歩くシーンもまた、吉川版宮本武蔵のプロローグからインスパイアされたのかも知れない。相方の名前がと、1字違いなのも偶然ではないだろう。

Kakusitoride2 もう一つ、本作のイラスト・ポスターの原画を描いたのが、井上雄彦。…即ち、吉川英治原作「宮本武蔵」のコミック版「バガボンド」の作者である。絵の方も、驚くほど「バガボンド」の武蔵に似ている。

この起用からしても、樋口監督が「宮本武蔵」を意識している事は明らかだろう。

悪玉、鷹山刑部が、決闘シーンでなぜか二刀流で六郎太と対峙していたが、あるいはこれも、宮本武蔵を意識してのこと?(笑)

|

« 「さよなら。いつかわかること」 | トップページ | 「ゼア・ウイル・ビー・ブラッド」 »

コメント

ご無沙汰しています。トラックバック、コメント、ありがとうございます。私はいつものように、稚拙な文章になってしまいましたが、ついているところが同じでびっくりしました。あらーっ!と楽しく読ませてもらいました。優れた脚本家が集まって議論しながら書くなんて・・・あの時代は夢のような仕事をしていたのですね。昔の映画がリバイバルされ、どれを観ても面白いはずです。椿三十郎のときも思いましたが、本作の黒澤版もリバイバルされないかな?と・・・。封切が終わって上映したら、集客できるはずですが・・・。リメイクした監督が嫌がるかなとは思いますが。  冨田弘嗣

投稿: 冨田弘嗣 | 2008年6月 4日 (水) 01:31

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/174742/41201582

この記事へのトラックバック一覧です: 「隠し砦の三悪人 THE LAST PRINCESS」:

» 『隠し砦の三悪人 THE LAST PRINCESS』 [ラムの大通り]
---- 『椿三十郎』(森田芳光・織田裕二)に続く 黒澤明映画のリメイクだね。 どうだった? 「う〜ん。これが困ったことに、 意外とオモシロい」 ----困ったことに? 「うん。この樋口真嗣という監督、 正直言って苦手で、 『ローレライ』にしろ『日本沈没』にしろ、 ぼくはまったくあわなかったんだ。 でも、今回は素直に入ってくる。 どこが違うんだろうと思ったら、 余計なメッセージがないんだね。 黒澤明はこのオリジナル『隠し砦の三悪人』を作ったとき 『理屈抜きで面白い映画を作ろうじゃないか!』と言ったら... [続きを読む]

受信: 2008年5月16日 (金) 05:52

» 「隠し砦の三悪人 THE LAST PRINCESS」映画感想 [Wilderlandwandar]
最近流行りなのか、故黒澤明監督作のリメイク「隠し砦の三悪人 THE LAST PRINCESS」を見てきました。「隠し砦 [続きを読む]

受信: 2008年5月16日 (金) 07:51

» 隠し砦の三悪人 THE LAST PRINCESS [5125年映画の旅]
山名との戦に敗れた秋月。しかし秋月の血筋の生き残り雪姫と秋月の軍資金は山名の手を逃れていた。山堀りの武蔵と木こりの新八は、山の奥地で薪に仕込まれた金を見つける。これこそ秋月の軍資金だった。二人は金を盗もうと画策するが、謎の野武せり・六郎太に捕まってしま....... [続きを読む]

受信: 2008年5月16日 (金) 07:58

» 隠し砦の三悪人 THE LAST PRINCESS [映画通信シネマッシモ☆プロの映画ライターが贈る映画評]
この映画の唯一の見所は、オリジナルをトレースするだけでなく現代風にアレンジしたところ。侍と2人の若者が、金塊と姫君を守りながら冒険を繰り広げる娯楽活劇だ。何をやっても文句が出る黒澤映画リメイクには、これくらいの気概を持ちたいもの。ロマンスを盛り込むなど不....... [続きを読む]

受信: 2008年5月16日 (金) 09:27

» 『隠し砦の三悪人 THE LAST PRINCESS』2008・5・11に観ました  [映画と秋葉原と日記]
『隠し砦の三悪人 THE LAST PRINCESS』  公式HPはこちら ←クリック ●あらすじ 時は戦国。山名の軍勢は攻め落とした秋月の城に隠された軍資金“黄金百貫”を見つけようと躍起になっていた。その強制労働をさせられていた武蔵(松本潤)と新八(宮川大輔)は... [続きを読む]

受信: 2008年5月16日 (金) 10:55

» 隠し砦の三悪人 THE LAST PRINCESS [江戸っ子風情♪の蹴球二日制に映画道楽]
 日本  時代劇&サスペンス&アクション  監督:樋口真嗣  出演:松本潤      長澤まさみ      椎名桔平      宮川大輔 【物語】 時は戦国時代、とある地方に秋月、早川、山名という互いに隣接した3つの 小国があった。ところがある日、秋月が突然...... [続きを読む]

受信: 2008年5月16日 (金) 15:33

» 隠し砦の三悪人 THE LAST PRINCESS(映画館) [ひるめし。]
あきらめるな。 [続きを読む]

受信: 2008年5月16日 (金) 15:49

» 隠し砦の三悪人/THE LAST PRINCESS [Akira's VOICE]
「裏切り御免」言い過ぎ。 [続きを読む]

受信: 2008年5月16日 (金) 16:16

» [映画『隠し砦の三悪人 THE LAST PRINCESS』を観た] [『甘噛み^^ 天才バカ板!』]
☆この作品だが、黒澤作品のリメイク故に、多くの厳しい批評家の目にさらされている。 だが、私は素直に楽しめた。 昨年の黒澤リメイクの『椿三十郎』のほうが、オリジナルまんまで、けれど、クライマックスの「血しぶき」がなかったので、非常に物足りなかった。 新『隠し砦の三悪人』では、オリジナルからの大幅なアレンジが為されていて、私は、別物作品として見た。 物語上、酷評するに足る破綻もなく、楽しんで観た。 大きな「破綻」と言えるとしたら、派手なアクションシーンに隠されて、大テーマであろう「君主と民の関... [続きを読む]

受信: 2008年5月16日 (金) 20:14

» 隠し砦の三悪人 / The Last Princess・・・・・評価額1600円 [ノラネコの呑んで観るシネマ]
このところ映画にテレビドラマにとリメイクが続く黒澤映画だが、遂に娯楽時代劇の代表作とも言える「隠し砦の三悪人」がリメイクされた。 正... [続きを読む]

受信: 2008年5月17日 (土) 22:42

» 隠し砦の三悪人 [ネタバレ映画館]
『スターウォーズ』に影響を与えた黒澤オリジナル。今リメイク作は『スターウォーズ』のダースベーダーに影響された? [続きを読む]

受信: 2008年5月18日 (日) 01:50

» 「隠し砦の三悪人 THE LAST PRINCESS」レビュー [映画レビュー トラックバックセンター]
映画「隠し砦の三悪人 THE LAST PRINCESS」についてのレビューをトラックバックで募集しています。 *出演:松本潤、長澤まさみ、阿部寛、宮川大輔、椎名桔平、他 *監督:樋口真嗣 感想・評価・批評 等、レビューを含む記事・ブログからのトラックバックをお待ちしています。..... [続きを読む]

受信: 2008年5月19日 (月) 06:56

» 映画感想≪隠し砦の三悪人 THE LAST PRINCESS≫ [キネマ徒然草]
うーん思っていたよりは悪くなかったです、この作品。 娯楽作品としては良く出来ていたと思います。 がしかしどうにも気になる点があって、評価は辛くなります。。 b≪隠し砦の三悪人 THE LAST PRINCESS≫★★★☆/b 監督:樋口真嗣 脚色:中島かずき 出演:松本潤、長澤まさみ、椎名桔平、宮川大輔、阿部寛 鑑賞前から凄い悪評が聞こえてきていたので、全く期待しないで観に行ったんですけれど、それほど悪くない出来です。b>..... [続きを読む]

受信: 2008年5月19日 (月) 22:42

» 隠し砦の三悪人 THE LAST PRINCESS [象のロケット]
戦国時代、山名の侵攻で秋月城は陥落し、山名の軍勢は秋月の軍資金「黄金百貫」を血眼に探し始める。 一方、秋月の侍大将・真壁六郎太と姫君・雪姫は、同盟国・早川に軍資金を持って逃げて秋月再興の時を探る密命を受けていた。 出くわした山の民、武蔵と新八を道案内に早川へ向かうのだが…。 痛快冒険時代劇。 ... [続きを読む]

受信: 2008年5月22日 (木) 21:55

» 映画『隠し砦の三悪人』 [ブルー・カフェ]
やっと観て参りました→隠し砦の三悪人! いや〜ネット上では賛否両論って感じだったんで、ちょっと不安だったんですが・・・ワタシ的には全然OKでした!普通に楽しく観ることが出来ましたよ? また明日は松本潤×長澤まさみの出演映画「隠し砦の三悪人」特番が日テレで放送されるようなので映画をご覧になった方も、まだの方もご覧になると良いかもしれませんね。 【逆輸入映画】 オリジナル脚本は黒澤明監督の「隠し砦の三悪人」なワケですが、これがアメリカに渡り、ベースとなった映画がジョージ・ルーカスの「スターウォーズ」だ... [続きを読む]

受信: 2008年5月22日 (木) 23:15

» ジョージ・リークツ監督 [自閉世界]
 ▲ HWシリーズの生みの親、ジョージ・リークツ監督 どちらかというと、スピルバ [続きを読む]

受信: 2008年5月23日 (金) 22:18

» 映画『隠し砦の三悪人 THE LAST PRINCESS』 [オタマ・レベルアップ]
映画『隠し砦の三悪人 THE LAST PRINCESS』を見たよぉ~ メディア 映画 上映時間 118分 製作国 日本 公開情報 劇場公開(東宝) 初公開年月 2008/05/10 ジャンル 時代劇/サスペンス/アクション 解説・・・ ジョージ・ルーカスなど世界中の...... [続きを読む]

受信: 2008年5月25日 (日) 01:03

» TOKIOの国分太一 年下美女と半同棲 [国分太一 新恋人と半同棲]
人気グループ、TOKIOの国分太一(33)の“新たな恋”を、29日発売の「週刊文春」が伝えている。 [続きを読む]

受信: 2008年5月30日 (金) 16:21

» 隠し砦の三悪人 THE LAST PRINCESS [活動写真放浪家人生]
 <シネプレックス小倉>  2008.05.17鑑賞  遠く歴史をふりかえってみると、時を変えた多く [続きを読む]

受信: 2008年6月 4日 (水) 01:18

» ★「隠し砦の三悪人 THE LAST PRINCESS」 [★☆ひらりん的映画ブログ☆★]
今週の平日休みは、川崎チネチッタで2本。 その1本目。 これって、黒澤明監督作品のリメイクだよねーーー。 でも、主人公が変わってたりして、昔のイメージとは違うみたい。 もちろんひらりんは、オリジナルは未見ですが。... [続きを読む]

受信: 2008年6月13日 (金) 02:25

» 『隠し砦の三悪人』 [京の昼寝〜♪]
□作品オフィシャルサイト 「隠し砦の三悪人」□監督 樋口真嗣 □脚本 中島かずき □キャスト 松本潤、長澤まさみ、椎名桔平、宮川大輔、阿部寛、甲本雅裕、生瀬勝久、古田新太、上川隆也、高嶋政宏、國村隼■鑑賞日 6月7日(土)■劇場 チネチッタ■cyazの満足度 ★★★☆(5★満点、☆は0.5)<感想>    “裏切り御免!” これって『アフタースクール』のコピーでもいいような(爆)  昨年公開された『椿三十郎』(森田芳光監督)に続き、黒澤監督作品のリメーク第二弾。 ま、『椿... [続きを読む]

受信: 2008年6月13日 (金) 17:24

« 「さよなら。いつかわかること」 | トップページ | 「ゼア・ウイル・ビー・ブラッド」 »