« 「ザ・マジックアワー」 | トップページ | 映画の本「冬のつらさを -加藤泰の世界」 »

2008年6月15日 (日)

「僕の彼女はサイボーグ」

Sybogue (2008年・ギャガ/監督:クァク・ジェヨン)

「猟奇的な彼女」「僕の彼女を紹介します」の韓国監督・クァク・ジェヨンが脚本・監督を手掛けた、タイムトリップ・ラブストーリー。

今回は舞台も、登場人物もすべて日本であり日本人。しかし登場人物のキャラクターや展開はほとんど前2作と同工異曲。そのシチュエーションに、タイムトリップとアンドロイド・ネタをまぶしただけ(て言うか、ほとんど「ターミネーター」+「猟奇的な彼女」であるが)。

設定は面白い。ことによったら、感情を持たないアンドロイド(タイトルやセリフに“サイボーグ”とあるが、どう見てもサイボーグじゃない。こういうデタラメなタイトルはやめて欲しい)が次第に学習し、人間の感情を学んで人間の主人公ジロー(小出恵介)との間に愛が生まれる…という感動の物語が誕生するかと期待した(「ターミネーター2」も、シュワ扮するT-800が人間の感情を学習する感動的な物語であった)。

ところが…タイムトリップの設定がムチャクチャであるうえに、アンドロイドの彼女(綾瀬はるか)が学習するプロセスも全然描かれてない。行き当たりバッタリの辻褄が合ってない展開に強引なオチ…と、突っ込みどころ満載。脚本がひど過ぎる

て言うか、この監督、タイムトリップ・パラドックスについて不勉強過ぎる。もっとロバート・A・ハインラインの「夏への扉」とか「輪廻の蛇」、広瀬正「マイナス・ゼロ」、藤子・F・不二雄「ドラえもん」、手塚治虫「キャプテン・ケン」等のタイムトラベルものの秀作を読んで勉強して欲しい。

(以下、ネタバレがあるが、予告編にも出て来るから隠すほどのものでもない。読みたくない人はパスしてください)
一番説得力のない展開…東京に大地震が発生し、彼女のおかげで危機一髪、助かるのだが、彼女が未来から来て、ジローに起こる災難を前もって知ってるなら、なんで地震発生の前にジローを田舎にでも疎開させない?

それどころか、ジローが、自身が体験した、他人に起きる事故や災厄に心を痛めているのであれば、地震が起きる事を知らせて、少しでも多くの都民を東京から脱出させておくべきではないか。たかだか自動車事故や立て篭もり事件で人助けするより、遥かに多くの人命を救えるではないか

機銃乱射事件で半身不随となるところを彼女のおかげで助かり、歴史が変わったが、いわゆるタイムパラドックスで言う、揺り戻し現象別の事故が起きる…という事はとりあえず説明されてるけど、それは通常、歴史上でほとんど目立たない程度のものであって、ジローが助かった程度であんな未曾有の大地震が新たに発生したりはしない。地震が発生した事は、未来においては歴史上の周知の事実であるはずなのだ。…で、結局半身不随にはならなかったのだから、以前に言ってる事とまた矛盾してる。支離滅裂である。

結局は彼女が地震で潰されてしまい、ジローが号泣する…という泣かせの展開にもって行く為の無理矢理な設定でしかない。
ついでに突っ込んでおくが、瓦礫に埋まった彼女を、ブルドーザーも使わず、素手で掘り起こして見つけてしまったのには唖然呆然。ジローもアンドロイドかいっ!

その後の展開も辻褄が合わない。壊れた彼女を数十年後まで保管して修復した…というのはいいが、2008年の過去に送ったアンドロイドの彼女はどうした?
修復した彼女は未来まで存在するのだから、それとは別に同じ顔したアンドロイドを作ったうえ、彼女を過去にタイムスリップさせなければ、ジローは半身不随か、大地震で命を失ってるはずなのだ。この大事な設定を未来においてまったく描いていないのもいいかげんである。

さらに、100年後において、自分と同じ顔したアンドロイドを見つけた生身の彼女が、2007年にタイムスリップしてジローに会う…という展開も、取ってつけたようで強引。

まあこれは許すとしても、その彼女が目撃した、荒っぽい誕生祝い(ケーキに顔を埋める、シャンパンをぶっかける)を、2008年に現れたアンドロイドの彼女がなんで知ってるのか?アンドロイドの記憶が生身の彼女に転送された事は描かれているが、その逆は絶対にあり得ない。

こういうズサンな脚本を、大勢の日本人スタッフが付いてて、誰も気付かなかったのか?

ジローが彼女に連れられ、10年前の自分に出会うシーンはそれなりにノスタルジックで感動的だが、田舎とは言え、1998年のはずなのに、まるで昭和30年代にしか見えない(ジローが隠していた宝物だってレトロ過ぎる)。

クァク・ジェヨンの演出は、とにかく荒っぽい。もう少しきめ細かく脚本を練り、二人の感情の変化を丁寧に描くべきである。

だが、本作で一番許せない点。それは、冒頭に現れた彼女が、いとも罪悪感なしに、窃盗したり、無銭飲食したり、人の家に石を投げ込んだりするシークェンスで、しかもそれを咎めるどころか、一緒になって犯罪行為に加担するジローの無自覚な行動には呆れる。これでは到底主人公たちに感情移入出来ないではないか。

うまく逃げおおせたけれど、もし警察に捕まったら、ジローの人生が台無しになるではないか。善悪が判断出来ないアンドロイドならともかく、普通の常識ある人間である彼女がなんでそんな無茶をするのか、まったく理解不能である。

ただでさえ、罪悪感なしに万引きをするバカな若者が多い現在、こういう行為をカッコいいかのように描くクァク監督の無神経さは耐え難い。これだけでも本作は大減点である。

クライマックスの大地震のシークェンスが終わった後、ダラダラと余計なエピソードを足したり、冒頭と同じシーンをこれまたダラダラとタレ流す等、とにかく脚本のグチャグチャぶりにはうんざりする。本年度のワースト脚本賞ものである。

まあ見どころを挙げるなら、迫力ある大地震のVFXと、綾瀬はるかのチャーミングなロボット演技くらいであろう。この2点でなんとか救われているが、全体的には今年のワーストを競う駄作である。プロデューサーの責任も重大だが、クレジットを見ればプロデューサーはなんとあの山本又一朗サンである。

かつて、長谷川和彦監督の傑作「太陽を盗んだ男」を手掛け、日本映画界期待の星だったのだが、その後はパッとせず、最近では「あずみ」シリーズを手掛けている程度。私は今でも期待してるのだから、もっと脚本に目を光らせ、ダメな所は徹底して直させ、ちゃんとした映画にしておくれよ。頼むから。      (採点=

  ランキングに投票ください → ブログランキング     にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ

|

« 「ザ・マジックアワー」 | トップページ | 映画の本「冬のつらさを -加藤泰の世界」 »

コメント

タイムパラドクス・・・いい加減でしたね~
結局は蛇足とも思えるタイムトラベルのために仕組んだ脚本だったと思えるのですが、時すでに遅し。俺は宝くじ云々のところでガッカリしてしまいました~

投稿: kossy | 2008年6月15日 (日) 22:44

揺り戻し現象で『通常こうなる』みたいな表現をしているのにウケました。
タイムパラドックスなんて実証されてないのに何が通常なのか気になりました。
他の小説の中の話を引き合いに出してるのなら

投稿: | 2010年1月 4日 (月) 01:19

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/174742/41543471

この記事へのトラックバック一覧です: 「僕の彼女はサイボーグ」:

» 『僕の彼女はサイボーグ』 [ラムの大通り]
----『猟奇的な彼女』『僕の彼女を紹介します』のクァク・ジェヨンが監督? でも出ているのはれっきとした日本人だよね。 「そう、小出恵介に綾瀬はるか」 ----タイトルからするとSFチックな感じだけど…。 「主人公は大学生ジロー。 毎年、自分で自分の誕生日を祝う悲しい彼だが、 その年だけは様子が違った。 なんと、突然キュートな“彼女”(綾瀬はるか)が現れ、 一緒に誕生日を祝ってくれる。 だが、なぜか彼女は姿を消してしまう。 そして一年後、再びその女性が姿を現す。 だが、どこか雰囲気が違う。 なんと“... [続きを読む]

受信: 2008年6月15日 (日) 21:38

» 僕の彼女はサイボーグ [ネタバレ映画館]
あんた、バカぁ? [続きを読む]

受信: 2008年6月15日 (日) 22:40

» 僕の彼女はサイボーグ・・・・・評価額950円 [ノラネコの呑んで観るシネマ]
「猟奇的な彼女」、「僕の彼女を紹介します」のクァク・ジェヨン監督による日本映画。 遠い未来からやってきたサイボーグの彼女と、ダメ男の... [続きを読む]

受信: 2008年6月15日 (日) 23:21

» 「僕の彼女はサイボーグ」理想のプログラムを描いた先にみた理想のサイボーグ彼女 [オールマイティにコメンテート]
31日公開の映画「僕の彼女はサイボーグ」鑑賞した。この映画は1人で誕生日を迎えた青年の前に突如現れた美人の彼女と付き合う事になるが、その彼女は未来から来たサイボーグである使命を果たすために青年の前に現れて色々な危機を救うストーリーである。猟奇的な彼女のク...... [続きを読む]

受信: 2008年6月15日 (日) 23:45

» ★「僕の彼女はサイボーグ」 [★☆ひらりん的映画ブログ☆★]
今週の平日休みは試写会の予定が入ってるけど、その前にシネコンで1本。 チョン・ジヒョン主演の「猟奇的〜」「僕カノ」を作ったクァク・ジェヨン監督作。 主演は綾瀬はるか、小出恵介。... [続きを読む]

受信: 2008年6月16日 (月) 00:22

» 僕の彼女はサイボーグ [Akira's VOICE]
ラブストーリーなの?   [続きを読む]

受信: 2008年6月16日 (月) 10:40

» 僕の彼女はサイボーグ [Sweetパラダイス]
未来から訪れたサイボーグの彼女と僕のラブストーリー【猟奇的な彼女】のクァク・ジェヨン監督が日本を舞台に描く可憐だけどパワフルなサイボーグの彼女とちょっと頼りない青年のビュアなラブストーリー。20歳の誕生日を一人寂しく過ごす大学生・ジローの人生の中で最も...... [続きを読む]

受信: 2008年6月26日 (木) 21:19

« 「ザ・マジックアワー」 | トップページ | 映画の本「冬のつらさを -加藤泰の世界」 »