« 「インディ・ジョーンズ/クリスタル・スカルの王国」 | トップページ | 「告発のとき」 »

2008年6月30日 (月)

「山桜」

Ymazakura

(2008年・東京テアトル/監督:篠原 哲雄)

藤沢周平の同名短編小説(「時雨みち」所収)の映画化。

藤沢作品の映画化は、山田洋次監督による3部作や、黒土三男監督「蝉しぐれ」などがあるが、いずれもが男性側からの視点で描かれていたのに対し、本作は“女性側からの視点”で描かれている点が目新しい。

舞台はいつもの海坂藩。主人公・野江(田中麗奈)は、最初の夫に死に別れ、2度目の夫は舅共々金貸しの蓄財にしか興味がない下衆な男。姑(永島瑛子)からも「出戻り」と蔑まれながらも健気に耐えている。が、叔母の墓参の帰り、山道で見つけた美しい山桜に心惹かれ、取ろうとした枝に手が届かない野江の背中に「手折ってしんぜよう」と声をかけた侍がいた。彼こそ、密かに野江に思いを寄せていた手塚弥一郎(東山紀之)だった。…

原作は、すごく短い作品で、立ち読みしてもすぐ読める(私は10分で読んだ(笑))。これを99分の映画にする為には、いかにサブエピソードを追加創案して物語を膨らませるかが脚本家の腕の見せ所となる。

脚色は飯田健三郎と長谷川康夫。この2人は「ホワイトアウト」「亡国のイージス」「ミッドナイト・イーグル」と、スケールでっかいポリティカル・サスペンスを手掛け、いずれも原作よりずっとつまらない出来でガッカリさせてばかり。
しかし一方で飯田は田中麗奈主演の「EKIDEN/駅伝」の原案、長谷川は篠原哲雄監督の「深呼吸の必要」と、いずれも青春ものの佳作があり、資質としてはこうした青春ものの方が向いているのでは…という気がする。

篠原哲雄監督も、作品の出来にムラが多い人だが、田中麗奈主演「はつ恋」(2000年)という傑作を作った実績があり、久しぶりの田中麗奈とのコンビに期待する所があった。

出来映えとしては、名匠・山田洋次作品には及ぶべくもないとしても、脚本・演出ともなかなか健闘している。

傑作と言えるほどの出来ではないが、“佳作”と呼ぶのがピッタリの、ウエルメイドな作品である。

 

野江の実家の人たちとのさりげない会話で、この家族がいずれも心やさしくつつましく、それによって、婚家先のイジメにも、不幸な運命にもじっと耐える野江の芯の強さが十分納得出来るよう配慮されている。さまざまなエピソードを積み重ね、野江の、弥一郎への思いがゆっくりと醸成されて行く展開にも無理がない。

弥一郎に扮する東山紀之が、凛とした侍の立居振舞いを絶妙に演じている。農民に同情を寄せ、その農民たちを苦しめる藩の重臣に怒りを感じ、とうとうこの重臣を斬り倒す。―しかし無益な殺生はしない。取り巻きたちには峰打ちを食らわすのみである辺りに、弥一郎の下級侍なりの信念と潔さとが示されている。

春から始まり、四季の移り変わりをロケで丁寧に描き、そしてまた春が訪れる。
野江が、1年前に弥一郎が折ってくれた、あの山桜をたずさえて弥一郎の母を訪ねるラストシーン。ほんのわずかの登場であるが、その母を演じる富司純子の気品溢れるたたずまいが絶品である。

それらに重ねて、藩主が江戸から戻って来る、土手の大名行列(いい絵である)と、獄中の弥一郎の姿とを交互に描き、あるいは弥一郎への沙汰も軽いのではないかと暗示させてはいるが、結末の判断は観客に委ねられている。

野江と、弥一郎の母との幸せそうな触れ合い。…弥一郎の沙汰がどうあろうとも、野江にも、ようやく遅い春が訪れた事を示すラストショットにふと涙が溢れ、物語を爽やかに締めくくる。

野江の母を演じる壇ふみも、娘の行く末を温かく見守る慈愛に溢れた母親像を好演。父親役の篠田三郎も短い出番ながら印象的。

惜しいのは、弥一郎に関するエピソードがやや物足りなく、死罪になるのを承知の上で(野江に抱いているであろう、密かな思いを断ち切ってまでも)彼が重臣に手をかけた、その心の葛藤がきちんと描かれていない。また、獄中の弥一郎が髭も頭の月代も全然伸びていない…という手抜きは問題(山田洋次はその点はオーバーな程徹底している(笑))。
――まあここは、牢屋番役人も弥一郎に同情的で、剃髪も自由にさせていたと善意に解釈出来なくもないが…。

もう一つ、一青窈の主題歌の使い方がまるで場違い。物語の雰囲気が台無しである。使うならエンドロールだけにして欲しい。

 
そういった難点はあるものの、全体としては、短いながらも珠玉の好編である原作の香りを損なう事なく、丁寧な作りで、観終わって爽やかな余韻を残す佳作に仕上がっており、いい気分で映画館を後にした。

篠原監督としても、「はつ恋」に次ぐ出来栄えで、田中麗奈とのコンビはウマが合うのではないか。
奇しくも、「はつ恋」と同じく、“桜の木”が重要なアイテムになっているのは、偶然なのかどうか…。    (採点=★★★★☆

  ランキングに投票ください → ブログランキング     にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ

|

« 「インディ・ジョーンズ/クリスタル・スカルの王国」 | トップページ | 「告発のとき」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/174742/41688955

この記事へのトラックバック一覧です: 「山桜」:

» 『山桜』 [京の昼寝〜♪]
□作品オフィシャルサイト 「山桜」□監督 篠原哲雄 □原作 藤沢周平(「時雨みち」) □脚本 飯田健三郎、長谷川康夫 □キャスト 田中麗奈、東山紀之、篠田三郎、檀ふみ、村井国夫、富司純子■鑑賞日 6月8日(日)■劇場 109CINEMAS川崎■cyazの満足度 ★★★★(5★満点、☆は0.5)<感想> 久しぶりに、鼻の奥が熱くなり、どめどなく涙が頬を伝う映画だった 深い感動というのではなく、清々しさが感じられる涙だった。 こういう映画を観るとつくづく日本人だなぁと実感する。 それは単に時... [続きを読む]

受信: 2008年6月30日 (月) 22:51

» 『山桜』 [ラムの大通り]
----「本のページをめくるように 父の原作の映画を観たのは初めての経験でした」。 これって藤沢周平の長女・遠藤展子さんの言葉だよね。 「うん。 最高の宣伝惹句だね。 ぼくは藤沢周平の原作を読んでいるわけではないけど、 映画を観た限りでは、 約20ページの短編を大切に丁寧に作っている感じは受けたな」 -----どういうところにそれを感じたの? 「まずはキャスティングかな。 今の若手(?)の中で 東山紀之ほど、 侍姿がこれほど凛々しく似合う俳優はいない。 いままでなぜ彼を起用しなかったんだろうと思った... [続きを読む]

受信: 2008年7月 1日 (火) 00:06

» 山桜 [パピ子と一緒にケ・セ・ラ・セラ]
幸せへのまわり道__。風雪に耐えて咲く山桜の下、男はひたむきに正義を貫き、女は熱い想いを胸に秘めた。 物語:江戸後期、北の小国、庄内の海坂藩で、野江は不幸な結婚生活に耐えていた。春先にひさしぶりに実家を訪れて叔母の墓参りの帰り、山道に咲く可憐な山桜を見...... [続きを読む]

受信: 2008年7月 1日 (火) 15:25

» 山桜 [ケントのたそがれ劇場]
★★★★  原作は藤沢周平の短編集『時雨みち』に収録されているという。監督は『メトロに乗って」の篠原哲雄であり、一連の山田洋次監督の作品とは一味違っている。山田作品はラストに悪者退治のアクションシーンを配しているが、本作では中盤であっさリと悪者を片付けてし... [続きを読む]

受信: 2008年7月 2日 (水) 14:29

» 「山桜」 「はつ恋」の桜 [『パパ、だ〜いスキ』と言われたパパの映画日記]
毎年のように作られる藤沢周平原作物の非山田洋次監督物ということは、庄内弁が聞けないのか・・・。 監督は篠原哲雄にチェンジ。 この監督は、『がんばっていきまっしょい』で鮮烈デビューを飾ったものの、まだ方向性の決まってない田中麗奈が、アイドル“映画女優”として苦難な道を歩むことになったきっかけの『はつ恋』の監督やが、今回も田中麗奈のアップが多くて、小池栄子は「スマスマ」でキムタクに「キン肉マンに似てるよね〜」と言われたけど、田中麗奈はウルトラの母に似てるな〜と思ったり、ヅラ姿似合わないけど基本的に田中麗... [続きを読む]

受信: 2008年7月 2日 (水) 21:19

» 『山桜』 [cinema!cinema!~ミーハー映画・DVDレビュー]
テアトル映画のメンバーズカード「CLUB C」に入っていて、メンバー限定のプレゼントで当選した田中麗奈と児玉清のトークショー付の上映回を無料鑑賞するために、新宿のテアトルタイムズスクエアに行ってきました。 やっぱり関係者以外は撮影禁止とのことで、2人の話を静かに... [続きを読む]

受信: 2008年7月 5日 (土) 23:11

» 「山桜」 [再出発日記]
監督 篠原哲雄原作 藤沢周平(「時雨みち」)脚本 飯田健三郎、長谷川康夫キャスト 田中麗奈、東山紀之、篠田三郎、檀ふみ、村井国夫、富司純子うーむ、悪くはないんだけどなあ。少し冗長に撮りすぎという感じがする。藤沢周平ファンにとっては、おなじみの展開。たと...... [続きを読む]

受信: 2008年7月18日 (金) 15:32

« 「インディ・ジョーンズ/クリスタル・スカルの王国」 | トップページ | 「告発のとき」 »