« 「山桜」 | トップページ | 「ミラクル7号」 »

2008年7月 9日 (水)

「告発のとき」

Inthevalleyofera (2007年・米/監督:ポール・ハギス)

「ミリオンダラー・ベイビー」で脚本賞、「クラッシュ」で作品賞と、2度アカデミー賞に輝くポール・ハギス監督の、イラク戦争を題材とした社会派ミステリーの秀作。

ベトナム戦争に従軍し、今は自動車修理業を営むハンク・ディアフィールド(トミー・リー・ジョーンズ)の元に、イラクに派兵されていた息子のマイクが行方不明との連絡が入る。捜索の為ニューメキシコのフォート・ラッドに赴いたハンクは、そこでバラバラに切り刻まれ、無残な姿となったマイクの死体と対面する事となる。いったい、息子を殺した犯人は誰なのか…

2003年に、実際に起きた事件をモデルにしているそうだが、ポール・ハギス自身による脚本は、元軍警察にいた、捜査のプロでもあるハンクによる、警察でも見逃していた、わずかの手がかりや聞き込みによる独自の探索で真犯人を追及して行く、探偵ミステリーの味わいもある。

捜査の過程で、容疑者にはアリバイがあった、とか、新たな容疑者が浮かび上がり、捕まえるが、実は犯人ではなかった…とかの、二転三転する謎解きミステリーのお約束も抜かりなく用意されている。

また、現地警察の刑事で子持ちのエミリー・サンダース刑事(シャーリーズ・セロン)が事件の解明に乗り出し、最初はハンクの強引なやり方に反撥しながらも、彼の父親としての怒りと、軍警察の経験を生かした鮮やかな推理に次第に共鳴し、協力して行くようになるプロセスも面白い。

これは、言ってみれば、全く対照的な2人の捜査官がコンビを組んで事件を解決するバディ・ポリスもののパターンをも踏襲しているのである。

そういう、犯罪捜査ミステリーとしても十分面白いが、背景にあるのは、泥沼のイラク戦争の只中で、次第に人間性を失い、PTSD(精神的外傷)にさいなまれて行く、帰還兵士たちの心の闇である。

かつては、ベトナム戦争時でも、泥沼化し、敗退して行ったアメリカ軍兵士たちの、帰還後の心のトラウマを描いた「帰郷」「ディア・ハンター」(スタローン主演の「ランボー」もその変型バリエーション)や、戦争の空しさを正攻法で描いた「プラトーン」等の秀作が作られたが、ここ数年、イラク戦争に関する同様の作品が次々と作られており(「勇者たちの戦場」「さよなら。いつかわかること」 etc...)、アメリカ映画界の懐の深さに感嘆するが、同時にアメリカという国は、本当にかつての教訓を生かせない、懲りない国だな…とつくづく思う。

 
さすが、優れた脚本家であるハギス、シナリオにもいろいろな工夫が凝らされている。
うまいと思ったのは、マイクが残した携帯に保存されていた動画が、さまざまな真実を解くカギになっている辺り。
戦場に兵士がビデオカメラを持って行く事などはありえないだろうが、携帯くらいなら持って行けるだろうし、それで映像を興味本位で撮りまくるのも今では当たり前。それを巧妙に物語に生かしているのがいかにも今様である。時代も変わったものである。

ハンクが、旧約聖書の、巨人ゴリアテに立ち向かった勇者ダビデの話をエミリーの息子に聞かせるエピソード(原題「エラの谷にて」はそこから取られている)も、さまざまな寓意が読み取れる。ただ、ラストでハンクが、息子が送って来た国旗をわざと逆さに掲揚(SOSのサインだそうだ)するエピソードは、病んだアメリカの現状がSOSを求めるほど深刻である事の寓意なのだろうが、ちょっとわざとらしい感じがしないでもない。

ともあれ、スリリングでサスペンスフルな犯罪捜査ドラマの形を借りて、現代アメリカが抱える問題点を鋭く切り取った、これは見事な秀作である。アカデミー演技賞受賞者であるトミー・リー・ジョーンズ、シャーリーズ・セロン、それに短い出番ながら存在感を示すスーザン・サランドン、いずれも素晴らしい名演。観ておいて損はない。お奨め。   (採点=★★★★☆

  ランキングに投票ください → ブログランキング     にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ

 

(で、お楽しみはココからである)
この映画、よく観ると、黒澤明映画のいくつかの名シーンを巧妙に採り入れているのに気が付く。

野良犬 ハンクに、次第に心を許すようになったエミリーが、ハンクを自宅に招くシーンがあるが、これは黒澤作品「野良犬」において、同じように、コンビを組んで捜査をしているうちに心が打ち解け、ベテラン刑事(志村喬)が相棒の若い刑事(三船敏郎)を自宅に招くシーンの焼き直しである。

ハンクの、執拗で暴走気味の捜査ぶりもまさに“野良犬”さながらである。

また、荒っぽいだけでなく、タバコや酒を勧めて、やんわりと参考人の証言をうながすやり方も、「野良犬」の志村喬が取調室で、参考人にアイスキャンデーをおごってやって証言を促すシーンのバリエーションだろう。

ハンクが、寝る前に自分のズボンに、丁寧に折り目をつけるシーンは、黒澤作品「生きる」で、志村喬扮する主人公が、毎日必ず寝る際に、ズボンを丁寧に寝押しするシーンからの頂きであろう。いずれも、主人公の性格を端的に示す印象的なシーンである。
「生きる」の主人公もまた、信じていたはずの最愛の息子に裏切られる父親であった。

ついでながら、「野良犬」の殺人犯人も三船刑事も、戦争から帰って来た復員兵という設定だが、復員兵=即ち帰還兵である。…この点においても、「野良犬」と本作とはテーマ的にも繋がりがあると言えるだろう。

サスペンスフルでダイナミックなエンタティンメント作品の中に、現代社会や国家に対する怒りといった骨太テーマを盛り込む手法も、黒澤映画ではお馴染みである。

そう言えば、ポール・ハギスが「ミリオンダラー・ベイビー」、「父親たちの星条旗」と立て続けにコンビを組んでいるクリント・イーストウッドも、黒澤「用心棒」の盗作「荒野の用心棒」や、やはり「野良犬」を部分的に取り込んでいる「ダーティ・ハリー」などで、黒澤映画と縁が深い映画人である。

まあ、アメリカの著名な映画作家の多くは、みんな何らかの形でクロサワの影響を受けているとも言えるのだが(笑)。

ノベライズ版

黒澤明監督「野良犬」DVD(普及版)

|

« 「山桜」 | トップページ | 「ミラクル7号」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/174742/41785537

この記事へのトラックバック一覧です: 「告発のとき」:

» 『告発のとき』 [ラムの大通り]
※カンの鋭い人は注意。 ※ 鑑賞ご予定の方は、その後で読んでいただくことをオススメします。 (原題:In the Vally of Elah) 「いやあ、とんでもない映画を観てしまった。 これは、なんにも喋れない」 -----ん?どういうこと。 そういうこと言うの『ミリオンダラー・ベイビー』以来だね。。 おっ。鋭いところ突いてきたね。 この映画は、その脚本家ポール・ハギスの 『クラッシュ』に続く監督作品。 物語のアウトラインはよくあるタイプ。 てっきり、これは政府や軍部批判を 声高に叫ぶタイプ... [続きを読む]

受信: 2008年7月 9日 (水) 23:14

» 映画レビュー「告発のとき」 [映画通信シネマッシモ☆プロの映画ライターが贈る映画評]
◆プチレビュー◆イラクから帰還した息子の死の真相はまさに狂気。重い人間ドラマだが見応えがある。 【75点】  2004年、元軍人警官のハンクは息子のマイクがイラクから帰還後に失踪したとの知らせを受ける。女刑事エミリーの助けを借りてマイクを探すハンクだったが、予...... [続きを読む]

受信: 2008年7月10日 (木) 00:31

» 告発のとき [ネタバレ映画館]
マイクという名の由来を知ってるか?・・・・実は父さんがカラオケ好きだったんだよ・・・ [続きを読む]

受信: 2008年7月10日 (木) 01:50

» 告発のとき [5125年映画の旅]
元・軍警察所属の軍曹だったハンクに、イラクに出兵していた息子が帰還後に失踪したという連絡が入る。自分に連絡も無しに息子が行方を眩ました事に疑問を感じたハンクは、独自に息子の行方を追う。少しずつ息子の情報を掴んでいくハンクだったが、基地近辺で発見されたバ...... [続きを読む]

受信: 2008年7月10日 (木) 07:17

» 告発のとき/In the Valley of Elah [我想一個人映画美的女人blog]
ケビン・ベーコン主演の『告発』という名作もあるし、サンドラ・ブロック主演の『評決のとき』というのもある。 それらを足して割ったような邦題、、、、{/m_0164/} 初監督作品『クラッシュ』でアカデミー作品賞を受賞、『ミリオンダラー・ベイビー』では脚本賞を受賞。 ほかにも、『父親たちの星条旗』、『硫黄島からの手紙』、 『ラストキス』(←リメイクだけど){/fuki_suki/}、『007/カジノロワイヤル』などの脚本を書いているポール・ハギスの新作{/atten/} これ、去年のトロント映... [続きを読む]

受信: 2008年7月10日 (木) 10:34

» 「告発のとき」  In the Valley of Elah [俺の明日はどっちだ]
イラク駐留米軍兵士としてバグダッドから帰還後間もなく行方不明になった息子を捜し求める退役軍人の父親に扮するトミー・リー・ジョーンズの寡黙で端正な演技が胸を打つポール・ハギズの監督第2作。 エンドロールに多くのURLアドレスがクレジットされていたようにこの作品の大きなテーマはイラク帰還兵のPTSD問題。 2003年に起きた実在の事件が映画の原作になったという。 親も息子もと三代に渡って職業軍人である一家の長であるトミー・リー・ジョーンズ扮する主人公の父親はまさしく多くの保守派のアメリカ人の典型... [続きを読む]

受信: 2008年7月11日 (金) 08:43

» 「告発のとき」レビュー [映画レビュー トラックバックセンター]
「告発のとき」についてのレビューをトラックバックで募集しています。 *出演:トミー・リー・ジョーンズ、シャーリーズ・セロン、スーザン・サランドン、ジェームズ・フランコ、ジョシュ・ブローリン、ジョナサン・タッカー、ジェイソン・パトリック、フランシス・フィッシ..... [続きを読む]

受信: 2008年7月11日 (金) 17:04

» 告発のとき・・・・・評価額1550円 [ノラネコの呑んで観るシネマ]
「告発のとき」の原題、「In the valley of elah」とは、旧約聖書でイスラエルの少年ダビデが、宿敵ペリシテ軍の巨人ゴリアテを倒した場所の事。 パ... [続きを読む]

受信: 2008年7月11日 (金) 22:10

» ★「告発のとき」 [★☆ひらりん的映画ブログ☆★]
日本では宇宙人として有名なトミー・リー・ジョーンズ。 今回は時代を憂う退役軍人役だぁ。 [続きを読む]

受信: 2008年7月13日 (日) 03:11

» 「告発のとき」あるいは勇気 [再出発日記]
月一回のお話シネマの会に行ったら「この映画はよかったよ」とお話ししているじゃありませんか。「えっ、気がつかなかった。」というと、どうやら岡山に二軒あるシネマコンプレックスのもう一つのほうでしているらしい。トミー・リー・ジョーンズがオスカーを取り損ねたの...... [続きを読む]

受信: 2008年7月16日 (水) 03:15

» 【2008-158】告発のとき [ダディャーナザン!ナズェミデルンディス!!]
人気ブログランキングの順位は? 帰還後、疾走した息子 息子の消息を追う父親 米プレイボーイ誌に掲載された、実際の事件 いま、息子の声が 父親を衝撃の事実へと導いていく 真実を語る、勇気はあるか? アメリカが目を背けた衝撃作 ... [続きを読む]

受信: 2008年7月18日 (金) 23:11

» 「告発のとき」真実が無意味な深い哀しみを見る [soramove]
「告発のとき」★★★☆ トミー・リー・ジョーンズ、シャーリーズ・セロン主演 ポール・ハギス監督 イラクから戻った息子が焼死体で 発見された。 独自にその理由を探ろうと調査をする父親、 警察や軍の高い壁に阻まれ 真相が分からず、黙々と 小さな事実...... [続きを読む]

受信: 2008年7月20日 (日) 09:44

» 映画感想≪告発のとき≫ [キネマ徒然草]
個人的に大好きなポール・ハギスの作品なので、観てきました。 鑑賞後は、少し複雑な気分になった作品です。 b≪告発のとき≫★★★★/b 監督・脚本:ポール・ハギス 出演:トミー・リー・ジョーンズ、シャーリーズ・セロン、スーザン・サランドン まず言いたいことは、b邦題が悪過ぎます。/bノーカントリー並みですかね。ちなみにb原題は≪IN THE VALLEY OF ELAH≫/b&..... [続きを読む]

受信: 2008年7月21日 (月) 04:51

» 「告発のとき」観てきました♪ [りんたろうの☆きときと日記☆]
☆「告発のとき」 監督:ポール・ハギス 出演:トミー・リー・ジョーンズ、シャーリーズ・セロン、スーザン・サランドン、ジョナサン・タッカー、ジェームズ・フランコ、フランシス・フィッシャー、 ジョシュ・ブローリン、ジェイソン・パトリック、ジェイク・マクラフリン、メカッド・ブルックス、ヴィクター・ウルフ、バリー・コービン 、ウェイン・デュヴァル 2004年11月1日。 退役軍人のハンク・ディアフィールドは、イラクから帰還してくるはずの息子マイクが脱走したという知らせを受ける。 息子の失踪に不振を抱いた... [続きを読む]

受信: 2008年7月23日 (水) 22:33

» 告発のとき 2008-38 [観たよ〜ん〜]
「告発のとき」を観てきました〜♪ 退役軍人のハンク(トミー・リー・ジョーンズ)の元に、息子のマイク(ジョナサン・タッカー)が無断離隊したとの連絡が届く。マイクの性格から、無断離隊の事実が信じられないハンクは、息子を探すためにベースのあるフォート・ラッドへ向かう・・・ 人気Blogランキング      ↑ 押せば、息子の死の真実が明らかにできるかも!? Blog人気ランキングに参加してます。 ご訪問の際は、是非ポチっとワンクリックお願いします〜♪ ... [続きを読む]

受信: 2008年7月29日 (火) 06:01

» 静かな震えと深いため息 『告発のとき』 [夢で、逢いませう]
昨日は暑い一日だった。 夜10時からNHK教育で『ETV特集  マキノ雅弘 ある活動屋の生涯』をねむい眼をこすりこすり観る。マキノ雅弘生誕百年を記念してフィルム・センターで今年の2月から3月に行われた特集上映もまだ記憶に新しい。 そのマキノの生涯と作品を放送時間の1時間半にまとめるのは容易ではないだろう。この番組はその辺は初心者にもわかりやすく、ほぼマキノ雅弘の著書『映画渡世』をベースに上手に構成されていた。出演者も監督陣からは中島貞夫、澤井信一郎、役者からは富司純子、親戚筋からは津川雅彦に... [続きを読む]

受信: 2008年8月 1日 (金) 15:48

« 「山桜」 | トップページ | 「ミラクル7号」 »