« 「スカイ・クロラ」 | トップページ | 「歩いても 歩いても」 »

2008年8月16日 (土)

「ダークナイト」

Darkknight (2008年・ワーナー/監督:クリストファー・ノーラン)

アメコミ映画なのにやたら評判がいい。前作「バットマン・ビギンズ」もまずまず面白かったが傑作という程じゃなかった。ふん、どうせ急逝したヒース・レジャーが鬼気迫る演技とかで点数高いだけじゃないの…と思って半信半疑で観に行ったら、なんとまあ、本当に大傑作だった。これはアメコミを超えて、活劇エンタティンメントを超えて、人間なる存在の意義を問う、本格的な秀作ドラマであった。今年のベスト5には入れたい出来である。
こういう例(アクション映画でありながら各種映画賞も狙える出来映え)は、'89年の「ダイ・ハード」以来ではないだろうか。アレは同年のキネ旬ベストワンになったが、本作もキネ旬ベストテン入りは有望だろう。うーむ、アメコミだとてあなどれない。

「バットマン」を最初に見たのは、テレビドラマだった。「スーパーマン」「スパイダーマン」も、アメコミの多くはテレビで人気が出た。そのほとんどは、日本で例えるなら「仮面ライダー」「七色仮面」(ちょっと古いか(笑))レベルの明るくて、悪役も他愛ない子供向けドラマ。特に「バットマン」の悪役は、ジョーカーもペンギンもリドラー(日本版吹替えでは“ナゾラー”に変えられていた(笑))もコミカルで、「仮面ライダー」のショッカー怪人並みのトホホな存在であった。'66年にはテレビと同じ配役で映画にもなったが、テレビの長時間バージョン程度のどうってことない出来であった。ボディスーツの色も、黒でなくグレーだったと記憶している。

その後、アメコミの大作傾向が強まり、ティム・バートン監督が手掛けた2本は、バートンらしいゴシック・ホラー的なムードを漂わせてはいたが、まあ、いわゆる勧善懲悪ヒーロー・ドラマに留まっていた。ジョエル・シュマッカー監督版は、可もなく不可もない出来。

そういった具合に、リメイクされる度に、対象年齢層が上がって来た「バットマン」だが、本作では完全に大人向けの奥行きの深い、完成度の高い作品に仕上がっている。…しかしド派手なアクションも随所に網羅されているので、誰もが楽しめるエンタティンメントとしても一級品である。これは凄い事なのである。クリストファー・ノーラン、偉い!

 
この映画の主役は、バットマンではない。究極の“悪”を体現する、ジョーカー(ヒース・レジャー)である。頭が良く、警察やバットマンを翻弄し、しかも人間心理の弱点を巧みに突き、大衆の意識まで操る。とことん悪い奴なのだが、その行動原理は、人間という存在そのものの危うさ、矛盾をも容赦なく、痛烈に暴き出している。「バットマンが正体を明かすまで、街を支配する」と脅しをかければ、大衆は簡単にバットマンを非難する。普通の(善良そうな)人間の心の奥底にも、悪意は潜在している事をジョーカーは喝破しているのである。
そうした、ブレないジョーカーに対し、肝心のバットマンは、正義のヒーローとしての存在意義に悩み、心が揺らぎ続ける。とてもカッコいいヒーローには見えないのである。タイトルから“バットマン”が消えているのも、そう考えれば当然なのかも知れない。

そうした2人の正邪の間に、もう一人の主役、地方検事ハービー・デント(アーロン・エッカート)が登場する。彼は自らを“光の騎士”と呼び、正義を遂行しようとする。

字幕では“光の騎士”となっているが、英語では"WHITE KNIGHT" であり、原題の"DARK KNIGHT" の対称語である(この訳語では、その意味が判りにくい)。

“白”は正義の象徴だが、反面、何にでも染まり易い色でもある。その事をも、ジョーカーは見透かしているかのように、巧みに彼を悪へと誘導する。恋人、レイチェルと共に拉致されたデントは、レイチェルを失った失意から憎悪をたぎらせ、顔の左半分を無残に焼かれた“トゥー・フェイス”となり、善悪の二面性を併せ持った怪人に変貌してしまう。

元々は、単に顔半分を別の色でペイントしただけの悪玉だったトゥー・フェイスを、文字通り、反面が正義、反面が邪悪の2重人格のメタファーとした本作の設定は実に秀逸である。

そしてドラマはクライマックス、ジョーカーは、街から脱出するため、群衆が乗った2隻のフェリーに爆弾を仕掛け、それぞれに相手の船を爆破する起爆スイッチを用意して、人々に、どちらか先にスイッチを押した船を助けると告知する。

これは、人間のエゴイズムを試す為のジョーカーの実験である。“人間は、自分が助かる為には平然と他人を犠牲にするはずだ”というのが彼の理念である。スイッチが押されれば、その事を証明する事となる。

結果がどうなったかは映画を見て欲しいが、“人間の心は、本質的には悪ではなく、善である”事を証明するこの顛末は感動的である。この時、ジョーカーの悪の論理は破綻し、彼はこの人間の本質の前に敗北する事となるのである。

そして“光の騎士”の正義を守る為、バットマンはデントの悪を引き受け、自ら“闇の騎士”として生きる事を決意するのである。このラストには泣けた。

まさか、アメコミで感動の涙を流す事になろうとは思ってもみなかった。

本作は、“この世に悪はなぜ存在するのか、正義とは何なのか”を問い、そして“簡単に付和雷同してしまう人間の愚かさ、悲しさと、その向こうに見える未来への希望”をも見据えた、感動のドラマである。

ジョーカーの存在に、さまざまな現代悪の寓意を見る事も出来るが、それは観客の随意である。

だが、怖いのは、ラストのフェリー乗客たちの決断に感動を覚えつつも、“でも甘いな、現代の人間なら、助かりたい為に爆破スイッチを押してしまうのが普通だろうな”と、ふと思ってしまう時がある我々自身の心である。観客もまた、ジョーカーに試されているのかも知れない

バットマンことブルース・ウェインが大企業の社長である…という設定も、今の時代では現代悪の象徴に見えてしまう(米ネオコンや村上ファンド等)のも、実に皮肉である。原作が出た当時では考えもつかなかったであろうが。

2時間32分、ほとんどダレる事もない、テンションの高いノーラン演出も見事だが、それを根底から支えたヒース・レジャーの神がかり的快演が何よりも素晴らしい。急逝したのが惜しまれる。見事な傑作である。必見。     (採点=★★★★☆

  ランキングに投票ください → ブログランキング     にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ

|

« 「スカイ・クロラ」 | トップページ | 「歩いても 歩いても」 »

コメント

こんにちは、ブログにTBありがとうございました。

読み応えのあるレビューをありがとうございます。

>“白”は正義の象徴だが、反面、何にでも染まり易い色でもある。

ここのところがよいですね。
とても気に入りました。

投稿: jamsession123go | 2008年8月16日 (土) 19:17

いつも楽しく拝読させていただいております。

僕も今日観てきました。エンドロール終了後、気付けば手が汗まみれになっていて、目頭が熱くなっていました。振り返る度に、セリフ・シーン・人間描写の中に散りばめられた意味に強く唸らされ、ラストにこの作品の真意に至って胸が熱くなりました。

僕を含め、故ヒース・レジャーにはほとんど誰も否定を入れられないような凄まじいものがありました。

そこで僕は敢えて他のキャストも賞賛したいです。クリスチャン・ベールは前作を素直に踏襲した演技で、彼でこそ故ヒース・レジャーを前にして存在感を保つことができていて、声もいいです。デント役のアーロン・エッカートも抜群でした。マイケル・ケインも意味深い役が見事で、ヒロインも演技派のマギー・ギレンホールにしたのも良かったです。ふと気付くと「ブロークバック・マウンテン」のジェイク・ギレンホールの姉というところに、変に運命めいたものも感じました。

長くなりましたが、今後強い影響力を与え続けそうな傑作でした!


投稿: タニプロ | 2008年8月17日 (日) 03:57

いつも通り、読み応えあるレビュー、勉強になりました。
アーロン・エッカート、いつも暑苦しいくらいなのに(笑)、今回のハービー・デントはなんて爽やかだったのでしょう!
後半のトゥーフェイスとのコントラストを考えてのことなんだろうなあ、なんて深読みしながら見ました。
TB送らせていただきました。

投稿: ナンシー☆チロ | 2008年8月23日 (土) 23:05

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/174742/42184615

この記事へのトラックバック一覧です: 「ダークナイト」:

» ダークナイト [ヒューマン=ブラック・ボックス]
ヒューマン=ブラック・ボックス -映画のご紹介 (366) ダークナイト -悪人なおもて往生をとぐ、いわんや善人をや 「インクレディブル・ハルク」「アイアン・マン」「ハンコック」「ダークナイト」 今年の夏は、この手の映画が例年になく集....... [続きを読む]

受信: 2008年8月16日 (土) 19:18

» 『ダークナイト』 [ラムの大通り]
(原題:The Dark Knight) ----これって『バットマン ビギンズ』の続編と考えていいの? 「うん。いいと思うよ。 バットマンことブルース・ウェイン(クリスチャン・ベイル)は、 レイチェル(マギー・ギレンホール)と一緒になるためにも 早くこの“闇の守護者”役を降りたがっている。 そしてそのことがこの映画の一つのキーワードとなっていくんだ」 ----えっ、バットマンって あんなにカッコいいのに…。 「そう簡単にはいかないところが この映画の持つ複雑さ。 バットマンがやっていることはい... [続きを読む]

受信: 2008年8月16日 (土) 19:34

» ダークナイト [ネタばれせずにCINEるか]
映画の内容よりも、むしろ本作品でジョーカーを演じたヒース・レジャーが薬物中毒で亡くなったことが追い風となり、米国で大ヒットを飛ばしている、クリスチャン・ベイル版バットマンシリーズの第2弾だ。 バットマンをまねた自警団まで現れゴッサム市民に煙たがれはじめたバットマンや、バットマンの後継者として颯爽と登場した“光の騎士”ハービー・デント検事(アーロン・エッカート)を狂気の世界に引きずり込もうとするジョーカー。行き過ぎた正義は悪と紙一重であるという定理は、『ダーティ・ハリー』や『スター・ウォーズ』等でも... [続きを読む]

受信: 2008年8月16日 (土) 20:07

» 「ダークナイト」 悪意の増殖 [はらやんの映画徒然草]
この物語には対立的な概念が繰り返し現れてきます。 善と悪。 光と闇。 表と裏。 [続きを読む]

受信: 2008年8月16日 (土) 21:58

» ダークナイト [江戸っ子風情♪の蹴球二日制に映画道楽]
 アメリカ  アクション&サスペンス&アドベンチャー  監督:クリストファー・ノーラン  出演:クリスチャン・ベイル      ヒース・レジャー      アーロン・エッカート      ゲイリー・オールドマン 【物語】  ゴッサムシティでは、バットマンと....... [続きを読む]

受信: 2008年8月17日 (日) 01:28

» 映画 【ダークナイト】 [ミチの雑記帳]
先行上映にて「ダークナイト」 『バットマン ビギンズ』の続編。監督はクリストファー・ノーランが続投。 おはなし:悪のはびこるゴッサムシティ。ゴードン警部補(ゲイリー・オールドマン)やハービー・デント地方検事(アーロン・エッカート)の協力のもと、バットマン(クリスチャン・ベイル)は街で起こる犯罪撲滅の成果を上げつつあった。だが、ジョーカーと名乗る謎の犯罪者の台頭により、街は再び混乱と狂気に包まれていく。 バットマンシリーズは、ティム・バートン監督による1987年の「バットマン」1992年の... [続きを読む]

受信: 2008年8月17日 (日) 09:13

» ダークナイト [Akira's VOICE]
なんですか,このテンションの高さは!!!   [続きを読む]

受信: 2008年8月17日 (日) 12:30

» 「ダークナイト」 The Dark Knight [俺の明日はどっちだ]
〜 夜明け前の闇が一番暗い… 〜 バットマンシリーズ最新作でありながらバットマンの冠を脱ぎ捨てた『 The Dark Night 』 ならぬ 『 The Dark Knight 』(もちろんダブルミーニングなんだけどね)。 冒頭の『ヒート』、『インサイドマン』、そして『V・フォー・ヴェンデッタ』を彷彿させながらも、遥かに凌駕している銀行襲撃シーンから一気に展開されるシリアスでダークなゴッサムシティ・ワールド。 光と闇、善と悪、正義と犯罪。 あたかも映画「No Country for Old ... [続きを読む]

受信: 2008年8月17日 (日) 14:26

» THE DARK KNIGHT★★ [銅版画制作の日々]
   ヒース・レジャー、これが本当に最後の作品に・・・・・。 8月11日、MOVX京都にて鑑賞。昨日も映画館は多くの人でした。「ダーク・ナイト」もお客さん多いです。いい席はゲットできず・・・・。端っこの前の方でした。まあいいか主役のバットマンは前作に引き続き、クリスチャン・ベールです。なにやら、ベールは事件を引き起こしてちょいと警察ざたになったらしい?その後どうなったのかは知りませんが。 今回はバットマンの宿敵はジョーカーという得体の知れない人物、そのジョーカー役があのヒース・レジャーというこ... [続きを読む]

受信: 2008年8月17日 (日) 21:42

» 『ダークナイト』2008・8月お盆休みに観ました [映画と秋葉原と日記]
『ダークナイト』  公式HPはこちら ←クリック ●あらすじ ゴッサムシティでは、バットマン(クリスチャン・ベイル)とゴードン警部補(ゲイリー・オールドマン)が日々の犯罪に立ち向かっていた。 しかし、白塗りの顔に裂口の“ジョーカー(ヒース・レジャー... [続きを読む]

受信: 2008年8月18日 (月) 16:10

» ダークナイト/THE DARK KNIGHT [我想一個人映画美的女人blog]
          好きなアメコミは?憧れのヒーローは?と聞かれたら 「バットマン{/atten/}」と即答するほど、実は(っていうほどのコトじゃないけど)『バットマン』好き{/heart/} 『バットマンビギンズ』からもう3年、新生バットマン第二弾は、前作同様 クリストファー・ノーラン監督がメガホン。 ヒース・レジャーの遺作としても注目度が高まってる。 18日から全米で公開、初登場No1大ヒット中{/ee_3/} 映画版『バットマン』の1&2作目の監督はティムバートンで バー... [続きを読む]

受信: 2008年8月18日 (月) 22:37

» 「ダークナイト(THE DARK KNIGHT)」映画感想 [Wilderlandwandar]
楽しみにしていた、バットマン新シリーズの第2作「ダークナイト」(原題:THE DARK KNIGHT)先行上映で見てきま [続きを読む]

受信: 2008年8月20日 (水) 18:28

» ダーク・ナイト 2008-45 [観たよ〜ん〜]
「ダーク・ナイト」を観てきました〜♪ 犯罪が蔓延るゴッサムシティ、バットマン(クリスチャン・ベイル)とゴードン警部補(ゲーリー・オールドマン)と地方検事ハーベイ・デント(アーロン・エッカート)との協力により、犯罪組織の壊滅に明るい兆しが見えてきていた。そんな時最強最悪のジョーカー(ヒース・レジャー)となるの犯罪者が現れ、街は再び暗黒の世界に戻っていく・・・ 人気Blogランキング      ↑ 押せば、鬼気迫る演技が観られるかも!? Blog人気ランキングに参加してます... [続きを読む]

受信: 2008年8月20日 (水) 22:42

» ダークナイトシバトラスレイヤーズ [別館ヒガシ日記]
ダークナイトは劇場で12日の10時45分から鑑賞して 結論はの掌に乗せられて時間を過ごした様だね 内容は汚職達がのために殺しを 依頼してが恋人など殺して行く展開だった 汚職が多過ぎるけどゴッサムが凄く酷い状態だし の&衛星でビル内部&盗聴の所は凄いよ... [続きを読む]

受信: 2008年8月21日 (木) 21:10

» ダークナイト [ミケランジェロ広場の午後]
「ダークナイト」 (2008/THE DARK KNIGHT) ゴッサム・シティーに現れた最悪の犯罪者ジョーカー彼は、マフィアたちに成り代わってバットマン... [続きを読む]

受信: 2008年8月23日 (土) 20:27

» ダークナイト [★YUKAの気ままな有閑日記★]
昔のバットマン映画は暗くてあまり好きじゃーなかったけれど、前作の『バットマン ビギンズ』で大好きなクリスチャン・ベールがバットマンになってから、豪華キャストも手伝ってかスッカリ魅せられてしまった。今作は、今年1月に急逝したヒース・レジャーのジョーカーも物凄く気になって・・・楽しみにしていた―【story】悪の蔓延るゴッサムシティを舞台に、ジム・ゴードン警部補(ゲイリー・オールドマン)やハービー・デント地方検事(アーロン・エッカート)の協力のもと、バットマン(クリスチャン・ベール)は街で起こる犯罪撲滅... [続きを読む]

受信: 2008年8月24日 (日) 15:21

» 真相は闇に溶けて [MESCALINE DRIVE]
「ダークナイト」を観たんだな。思ったけど、ジョーカーはドラゴンボール最強伝説の持ち主であるアックマンなんだな。アクマイト光線を浴びると悪心がどんどん膨らんでゆく。パーン!メタボリック!... [続きを読む]

受信: 2008年8月27日 (水) 00:24

» 【2008-185】ダークナイト [ダディャーナザン!ナズェミデルンディス!!]
人気ブログランキングの順位は? 最凶の敵が、来る [続きを読む]

受信: 2008年8月29日 (金) 23:30

» ダークナイト [ネタバレ映画館]
ランボルギーニが地味ですかぁ・・・ [続きを読む]

受信: 2008年8月30日 (土) 08:35

» 「ダーク・ナイト」笑い顔に裂けた口は何を見て笑う [soramove]
「ダーク・ナイト」★★★★オススメ クリスチャン・ベール、ヒース・レジャー主演 クリストファー・ノーラン 監督、アメリカ、2008年、152分 狂気はもしかしたら、誰もが心の奥底に 持っているものかもしれない。 それは実は理由などなく、ただただ目の前の ...... [続きを読む]

受信: 2008年8月30日 (土) 17:51

» ★「ダークナイト」 [★☆ひらりん的映画ブログ☆★]
今週の週末レイトショウは・・・ 「ららぽーと横浜」のTOHOシネマズまで遠征して来ました。 夜中のショッピングモールは、通路の閉鎖が多くて駐車場までたどり着くのが大変・・・でした。 ちょっと考えもの。... [続きを読む]

受信: 2008年9月 1日 (月) 02:32

» 『ダークナイト』 [京の昼寝〜♪]
□作品オフィシャルサイト 「ダークナイト」□監督・原案・脚本 クリストファー・ノーラン □原案 デヴィッド・S・ゴイヤー □キャスト クリスチャン・ベイル、マイケル・ケイン、ヒース・レジャー、マギー・ギレンホール、ゲイリー・オールドマン、モーガン・フリーマン、エリック・ロバーツ、アーロン・エッカート、ネスター・カーボネル■鑑賞日 8月31日(日)■劇場 109CINEMAS川崎■cyazの満足度 ★★★(5★満点、☆は0.5)<感想> アメコミの中でも最メジャーな作品であるバットマン。 『バットマン... [続きを読む]

受信: 2008年9月 3日 (水) 21:40

» ダークナイト−(映画:2008年50本目)− [デコ親父はいつも減量中]
監督:クリストファー・ノーラン 出演:クリスチャン・ベイル、マイケル・ケイン、ヒース・レジャー、ゲイリー・オールドマン、アーロン・エッカート、マギー・ギレンホール、モーガン・フリーマン 評価:96点 恐ろしいまでの完成度。 2時間30分が瞬く間に過ぎて...... [続きを読む]

受信: 2008年9月14日 (日) 00:02

« 「スカイ・クロラ」 | トップページ | 「歩いても 歩いても」 »