« 「容疑者Xの献身」 | トップページ | 「ICHI」 »

2008年10月30日 (木)

「僕らのミライへ逆回転」

Bekindrewind(2008年・FOCUS-FEATURES/監督:ミシェル・ゴンドリー)

「エターナル・サンシャイン」のミシェル・ゴンドリー監督による、下町を舞台にしたハートウォーミング・コメディの佳作。

いまだにVHSしか置いてない街角のおんぼろレンタルビデオ店“Be Kind Rewind”(これが原題)。アルバイト店員マイク(モス・デフ)は、店長が視察旅行に出かけた留守の店番をまかされる。ところが、彼の友人、ジェリー(ジャック・ブラック)がうっかり発電所で電磁波を浴びた為、ビデオの中味がすべて消えてしまう。困ったマイクとジェリーは、家庭用ビデオカメラを使い、即席で名作映画をリメイクするが、それが意外な評判を呼び…。

舞台となる、まもまく都市開発で取り壊される運命にある、ひなびた町の風景がまずノスタルジックでいい(ちょっとウェイン・ワン監督の秀作「スモーク」の舞台を思わせる)。

ジャック・ブラックが例によっておバカなキャラでハタ迷惑な騒動を繰り広げるので、他愛ないハチャメチャ・コメディかと思ってしまう。リメイクの方法も、ゴミ捨場のガラクタやアルミホイル、ダンボール等のありあわせ素材を衣装や小道具にしてるので、チープこの上ない。子供の学芸会レベルである。

これが意外にもウケてしまったのは、おそらく下町の人たちが、ジェリーたちのチープだけど、アナログな手づくり作品に、人間的な温かみを感じたという事なのだろう。
CD(デジタル録音)が全盛の現代でも、いまだに針で聞くアナログ・レコードが根強い人気があるのも、同じ理由だろう。

裏を返せば、大規模予算、デジタルCGで派手にはなったが、中味は空疎なハリウッド娯楽作へのアンチテーゼにもなっていると言えるだろう。
デジタル画像のDVDが主流の時代に、アナログ録画のVHSテープしか置いていないレンタルビデオ店が舞台であるのも象徴的である)

実際我々観客も、最初はあまりのダサさとチープさにうんざりするものの、次々とリメイクされる過去の名作を見ているうちに、少しづつそれらに愛着を感じ、自然と頬が緩んで来るのである。

(参考までに、リメイクした作品名を挙げると…「ゴーストバスターズ」、「ラッシュアワー2」、「ロボコップ」、「ライオン・キング」(アニメ!)、「キングコング」、「2001年宇宙の旅」、「ドライビング・Missデイジー」…順番に並べると、派手なハリウッド大作から、次第に古典的な名作にシフトしているのが分かる)

ちょっとした思い付きから始まったジェリーたちの手作りリメイク・ビデオが評判になり、やがて行列が出来、はるばるニューヨークからもうわさを聞きつけ、レンタル客が押し寄せるまでになる。この辺り、やはりノスタルジックな味わいの秀作「フィールド・オブ・ドリームス」のラストシーンを連想させる。

物語は後半、著作権違反で無断リメイクが出来なくなると、映画作りの楽しさ、素晴らしさを覚えたジェリーたちは、オリジナルの本格的ドラマを作ろうとし、遂に、この店が生家だという伝説のジャズ・ピアニスト、ファッツ・ウォーラーの伝記映画を製作する事になる。

そしてラストシーン、あえてここでは書かないが、あの、映画を愛する人が感動の涙を流した名作「ニュー・シネマ・パラダイス」を思わせる、素敵なエンディングが待っている。

真面目に考えたら、あんな安物のインチキ・ビデオに人気が出るなんてありえないお話なんだけど、温かい人の心が奇跡を呼び起こす、フランク・キャプラの名作「素晴らしき哉、人生!」のようなファンタジーと考えれば納得出来るはず。

 
さすがは、おバカな「ヒューマンネイチュアー」の監督であると同時に、切なく悲しいラブ・ストーリー「エターナル・サンシャイン」の監督でもあるミシェル・ゴンドリー監督だけの事はある。

低予算のマイナー映画にもかかわらず、シガニー・ウィーバーやミア・ファローやダニー・グローヴァー(そしてジャック・ブラック)といった大物スターが顔を出しているのも、映画の主旨に賛同しての事かも知れない。素敵な事である。

多くの映画を観て来た映画ファンであるほど感動し、ラストに泣けるだろう(特に、上に茶色の太字で挙げた映画が大好きな映画ファンならなおの事)。

ただ、多分多くの人が指摘するだろうが、題名のヒドさはなんとかならなかったのか。原題のRewindから“逆回転”を連想したのかも知れないが、映画のテーマと全然関係ない。原題は Be KindRewind を引っかけ、韻を踏んでいるシャレた題名なのに…。

(“ミライへ逆回転”って、まさか「バック・トゥ・ザ・フューチャー」に引っかけた…    てワケないか(笑))       (採点=★★★★

 ランキングに投票ください → ブログランキング     にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ

|

« 「容疑者Xの献身」 | トップページ | 「ICHI」 »

コメント

これトホホな邦題がついてますが、
「原題そのまま+一言」
(最近の例でいうと、リダクテッド 真実の価値)みたいな感じにすれば良かったんではないかと思います。

でもいい映画でした~♪大好きな「ロボコップ」ネタが出てきたのも嬉しいです。ラストはちょい泣きそうになりました。

投稿: タニプロ | 2008年11月 3日 (月) 02:57

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/174742/42949452

この記事へのトラックバック一覧です: 「僕らのミライへ逆回転」:

» 僕らのミライへ逆回転 [5125年映画の旅]
VHSしか置いていないさびれたレンタルビデオ店に勤務するマイク。ある日、親友のジェリーが体に磁気を帯びた事で、店中のVHSが駄目になってしまった。二人は何とか誤魔化すために自分達で名作を勝手にリメイクしてお客に渡してしまう。ところがそのビデオが意外な反...... [続きを読む]

受信: 2008年10月30日 (木) 06:51

» 「僕らのミライへ逆回転(BE KIND REWIND)」映画感想 [Wilderlandwandar]
これまた、ちょっと微妙な邦題で、チケット買うとき言いにくいし、良く考えると別に未来でも逆回転でもないんじゃないかな?と思 [続きを読む]

受信: 2008年10月30日 (木) 18:51

» 『僕らのミライヘ逆回転』 [ラムの大通り]
(原題:Be Kind Rewind) ----ジャック・ブラックって、最近よく出るよね。 『テネイシャスD 運命のピックをさがせ!』も、 そうじゃなかった? 「うん。あっちはロックがモチーフになっているけど、 こちらは映画。 それも過去の有名な映画の名シーンがいっぱい登場。 ストーリーはアホみたいなもので、 ジャック・ブラック扮するジェリーが 発電所で感電し、 超強力な電磁波を浴びてしまい、 仲間のマイクが店員をしている ビデオショップのビデオの中身を全部ダメにしてしまう。 そこで慌てた二人は... [続きを読む]

受信: 2008年10月30日 (木) 19:59

» ★「僕らのミライへ逆回転」 [★☆ひらりん的映画ブログ☆★]
今週は3連休なので二日連続ナイトショウ鑑賞。 昨日に続いて「フラットパック」なジャック・ブラック主演。 変わった作風で、ちょっと気になるミシェル・ゴンドリー監督作品。 [続きを読む]

受信: 2008年10月31日 (金) 03:40

» 「僕らのミライへ逆回転」 [クマの巣]
「僕らのミライへ逆回転」、観ました。 堅実に生きたいビデオレンタルショップで働くマイクに、クレイジーな親友ジェリーは迷惑を掛けて... [続きを読む]

受信: 2008年10月31日 (金) 07:56

» [映画☆☆☆☆★]僕らのミライへ逆回転 [タニプロ道草日記帳〜濃厚編〜]
監督ミシェル・ゴンドリー 出演ジャック・ブラック モス・デフ どうでもいいことに気付いたんですが、いったい僕は映画館で何回「少年メリケンサック」の予告編を観ているんだろう・・・だいぶ前から流れている気がするし、公開は確か来年二月だから、一体何回観るんだろう... [続きを読む]

受信: 2008年11月 3日 (月) 02:24

» 『僕らのミライへ逆回転』 [cinema-days 映画な日々]
僕らのミライへ逆回転 立ち退きを迫られたレンタルビデオ店で 商品の画像が全消失。苦肉の策で、 リメイクして貸し出すと評判に... 【個人評価:★★ (2.0P)】 (自宅鑑賞) 原題:Be Kind Rewind(巻き戻してご返却下さい)... [続きを読む]

受信: 2015年4月22日 (水) 02:42

« 「容疑者Xの献身」 | トップページ | 「ICHI」 »