« さよなら、緒形拳さん、峰岸徹さん | トップページ | 「容疑者Xの献身」 »

2008年10月21日 (火)

「イーグル・アイ」

Eagleeye (2008年・ドリームワークス/監督:D・J・カルーソー)

スティーヴン・スピルバーグが10年間温めて来たと言われる構想に基づき、「ディスタービア」のD・J・カルーソー監督、シャイア・ラブーフ主演…のコンビが再結集して作られた、ハイパー・テクノロジー・サスペンスの佳作。

コピーショップで働く青年ジェリー(シャイア・ラブーフ)はある日突然、口座に大金が振り込まれ、そして自宅にはテロ用の武器や物資が山と送られて来る。直後に、携帯電話に謎の女の声で「30秒後にFBIが来るから今すぐ逃げろ」との指示が届き、以後、なにが起こったのか訳がわからないまま、ジェリーはこちらも子供を人質に取られた、法律事務所に勤めるシングルマザーのレイチェル(ミシェル・モナハン)と共に、FBIに追われつつ、アリアと呼ばれる謎の女の命ずるままに逃げ回る事となる。

 
出だしから派手に建物はぶっ壊す、カーチェイスあり、走る、逃げる、飛び降りる…、列車、船、自動車と乗り物もフルに使った目まぐるしい追っかけの連続で息つく間もなくノンストップ・アクションが展開する。

次第に明らかになる真相は、ネタバレになるので後述するが、この映画を観て気づくのは、前作「ディスタービア」にも巧みに盛り込まれていた、ヒッチコック映画へのオマージュである。

なにしろ前作は、まるごとヒッチの「裏窓」の焼き直しであったが(盗作だと訴えられているらしい)、それ以外にも「サイコ」ネタも散りばめられ(詳しくは作品評参照)、ヒッチ大好きな私はニンマリしっ放しであったが、本作はさらにいろんな作品が取り入れられている。

普通の暮らしをしていた人物が、事件に巻き込まれ、犯人と間違われて捜査当局に追われ、逃げながら真相を探る為に行動する…という、いわゆる“巻き込まれ型サスペンス”はヒッチコック映画の典型パターンである。古くはサイレント時代の「下宿人」から「第3逃亡者」「逃走迷路」など多数あり、そして極め付けが「北北西に進路を取れ」である。

本作では、正体が分からない美女と連れ添っての逃避行だだっ広い平原での待ち合わせ、飛行機にしつこく追いかけられる…等、「北北西に進路を取れ」との共通項もいくつかある。

もう一つ、子供を人質に取られ、仕方なくテロの片棒を担がざるを得なくなるレイチェルの行動や、クライマックスの、演奏会における、特定の音符が暗殺の引き金になる…という設定は、明らかに「知りすぎていた男」からのいただき。

これらの、ヒッチコック・オマージュは、監督のD・J・カルーソーよりも、おそらくは原案・製作総指揮のS・スピルバーグの意向ではないかと思う。なにしろスピルバーグは大のヒッチコキアン。出世作「ジョーズ JAWS」では、「鳥」のショック演出(目をくり貫かれた死体がいきなり現れる)やら、「めまい」のトラックバック・ズームイン・カメラワークやらのヒッチ・テクニックを巧妙に取り入れていたぐらいなのだから(「ディスタービア」もドリームワークス提供)。

そんなわけで、前半はあれよあれよのジェットコースター的展開で楽しめたが、後半になり、アリアの正体が判明すると、途端にSF的展開となり、しかも、「そんなに遠回りする必要ないんじゃないの?」と思えるくらい、もって回った思わせぶりで少々ガッカリする(時限タイマー付のアタッシェケースに何が入っているのかハラハラさせて、結局肩透かしてのはどんなものか)。

(以下、ネタバレにつき隠します。読みたい方はドラッグ反転してください)
結局、彼らを操っていたのは、あらゆる監視システムの統括をまかされた人工知能コンピューターの、人類に対する反逆…という、今や古典の部類に属する「2001年宇宙の旅」のHALコンピュータの2番煎じだったとはね。あまりに瞬時に電光掲示メッセージが届くので人間技ではないと思ってはいたが…。ラストで、ベレズ捜査官がアリア中枢部に侵入し、アリアの解体を図るくだりも「2001年-」と同工異曲。もう少し斬新なアイデアが欲しいところである。
↑ネタバレここまで

…とは言え、アフガン情勢、アメリカ国家のテロ殲滅対策、ハイテク化が進む監視社会の恐ろしさ、…等のタイムリーな時事テーマを巧妙に盛り込みつつ、スピーディかつサスペンスフルな一級の娯楽アクション映画に仕上げた点は評価していい。多少のアラはこの際目をつぶり、楽しめばいいのではないかと思う。

特に、ヒッチコック作品やいろんなSF映画へのオマージュ部分は、古くからの映画ファンであるほど、なお楽しめるだろう。
欲を言えば、「北北西に-」におけるケーリー・グラントとエバ・マリー・セイントのような、エレガントで小粋な大人のラブ・ロマンスも盛り込んでくれればなお良かったのだが、それは映画(特にヒッチ作品)ファンの無いものねだりという事で…。     (採点=★★★★

ランキングに投票ください → ブログランキング     にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ

 
(さて、お楽しみはココからだ)
後半のSF展開のシークェンスを観ていて、思い出した作品がある。

1970年製作のアメリカ映画「地球爆破作戦」(監督:ジョセフ・サージェント)である。

B級っぽいタイトルだが、なかなか骨のあるSF映画の傑作で、確か石上三登志氏と森卓也氏が絶賛していたはず。

お話は、米政府が開発した、あらゆるシステムを統括管理する巨大コンピュータ・コロッサスが、ソ連の同型コンピュータと仲良くなる事を望み、やがて両者は猛烈な勢いで情報交換を行った結果、自我を持ち始め、人類に反逆し、最後に全地球を支配下に治めてしまう…というコワい話。

「2001年-」のわずか2年後に、こういう作品が作られた事も凄いが、コンピュータにあらゆるシステムを任せてしまう事(なにせミサイル発射権限すらコロッサスに任せてしまってるのである)の怖さを既に指摘している点で、21世紀に対する警鐘にもなっており、今の時代こそ、この作品を再評価すべきだと思う。

で、コンピュータの扱いが本作と似ている点だけでなく、この作品の面白い点は、コロッサスが人間にメッセージを伝える道具として、“電光掲示板”のようなボードを使用している所である。

本作で、アリアがジェリーたちに指令を伝えるのに、街なかの電光掲示板を利用しているのを見て、ひょっとしたら本作の作者たちは、この「地球爆破作戦」を観ていて、密かにオマージュを捧げているのではないだろうか…とふと思った次第。

「地球爆破作戦」は一部で評価されながらも、永年ビデオ・DVDが出ていなかったのだが、ようやく本年、DVD(↓)が発売されたようである。SF映画ファンには必見の、隠れた秀作としてお奨めしておきたい。

|

« さよなら、緒形拳さん、峰岸徹さん | トップページ | 「容疑者Xの献身」 »

コメント

こんにちは。

ジョセフ・サージェントがそんなオモシロそうな作品を作っていたとは!?
製作が1970年ということで、
アメリカ映画としてはニューシネマの陰に隠れてしまったのかな。
さっそく探してみます。ほんとうに観てみたいです。

投稿: えい | 2008年10月22日 (水) 09:06

>えいさん
コメントありがとうございます。

>ニューシネマの陰に隠れてしまったのかな。
それもありますが、主演がエリック・ブレードン、スーザン・クラークと地味だったのも原因のようで、ほとんど話題にならず、多分2本立てでひっそり公開されてたように思います。

当時の映画雑誌をひっくり返してみたのですが、キネ旬では見事に誰もベストテンに投票してません(つまり0点!)
それに対し、「映画評論」誌では石上、森両氏がベストワン(!)に挙げてたおかげで見事6位に入選してます。
こういう事があるから、キネ旬ベストテンなんて信用出来ないんですね(笑)。
個人的見解ですが、石上氏、森氏お二人がそろって褒める映画にハズレはない…と私は確信してます(笑)。

投稿: Kei(管理人) | 2008年10月23日 (木) 01:24

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/174742/42865449

この記事へのトラックバック一覧です: 「イーグル・アイ」:

» イーグル・アイ・・・・・評価額1450円 [ノラネコの呑んで観るシネマ]
謎が謎を呼ぶサスペンス・アクション大作。 平凡な主人公が、突然掛かってきた一本の電話によって、訳も判らない間に巨大な陰謀に加担させら... [続きを読む]

受信: 2008年10月22日 (水) 00:33

» イーグル・アイ [5125年映画の旅]
コピー店の店員ジェリーは、事故死した兄の葬儀の後、自分の口座に多額の振込みがあったことを発見する。さらに自宅には大量の火器が送られていた。困惑するジェリーに「30秒後にFBIが来る。今すぐ逃げろ」と警告する電話が。謎の命令に翻弄されながら、ジェリーは大...... [続きを読む]

受信: 2008年10月22日 (水) 07:12

» イーグル・アイ を観たゾ [ヤジャの奇妙な独り言]
イーグル・アイを早速観てきました イーグル・アイを和訳すると「鷲の目」 調べてみると鷲(鷹 [続きを読む]

受信: 2008年10月22日 (水) 07:23

» 映画 【イーグル・アイ】 [ミチの雑記帳]
映画館にて「イーグル・アイ」 『ディスタービア』のD・J・カルーソー監督がスティーヴン・スピルバーグの原案を映像化。 おはなし: コピーショップで働く青年ジェリー(シャイア・ラブーフ)の元に謎の女アリアから突然電話が入る。 “30秒後にFBIが来るから逃げろ”と言うが、全く訳のわからないジェリー。時を同じくして、法律事務所に勤めるレイチェル(ミシェル・モナハン)も同じ謎の女性からの電話を受けていた。 携帯にかかってきたナゾの電話をきっかけに平凡な青年と平凡な母親がどんどん事件に巻き込まれてい... [続きを読む]

受信: 2008年10月22日 (水) 07:48

» 『イーグル・アイ』 [ラムの大通り]
(原題:Eagle Eye) ----これって、先週の土曜日に公開されたんだよね? 「うん。確か試写会が一回しかなくって、 それに行った人の話だと 『どこかで観たような話ばかり…』と。 どういう意味かと思ったら、 なるほどね。 これは『2001年宇宙の旅』のHALを 全米規模に広げた話だ。 いわゆるマザーコンピュータの暴走というヤツ」 ----あらら、いきなり核心だね。 「もう公開されてるんだから、 それくらい許してよ。 で、アクション・シーンとかも 『ダイ・ハード4.0』などと似ている。 いわゆ... [続きを読む]

受信: 2008年10月22日 (水) 09:08

» イーグル・アイ [Akira's VOICE]
卑怯なアリア   [続きを読む]

受信: 2008年10月22日 (水) 10:20

» 『イーグル・アイ』 [京の昼寝〜♪]
□作品オフィシャルサイト 「イーグル・アイ」□監督 D・J・カルーソ □製作総指揮・原案 スティーヴン・スピルバーグ □キャスト シャイア・ラブーフ、ミシェル・モナハン、ロザリオ・ドーソン、ビリー・ボブ・ソーントン、イーサン・エンブリー、アンソニー・アジジ ■鑑賞日 10月19日(日)■劇場 チネチッタ■cyazの満足度 ★★★☆(5★満点、☆は0.5)<感想>  何だかわけもわからずどこの誰かも知らない携帯電話の女の声に従い、予測不能のアップテンポの展開に冒頭から引き込まれる。 こういう展開にな... [続きを読む]

受信: 2008年10月23日 (木) 08:06

» イーグル・アイ [★YUKAの気ままな有閑日記★]
観たい映画がたまっちゃったよぉ〜とりあえず今回はコチラです♪【story】互いに面識のないコピーショップ店員のジェリー(シャイア・ラブーフ)と法律事務所で働くレイチェル(ミシェル・モナハン)は、謎の女性からかかってきた電話により引き合わされた。その声の主は、彼らの命と愛する者の命を盾に取り、指示通りに行動するよう脅迫する。2人は全てが謎のまま命令に従って行動するが、やがてFBIのモーガン(ビリー・ボブ・ソーントン)や空軍のベレス捜査官(ロザリオ・ドーソン)らに、国家の安全を脅かす最重要指名手配として... [続きを読む]

受信: 2008年10月23日 (木) 09:48

» イーグル・アイ [象のロケット]
謎の女からの「30秒でFBIが到着する。今すぐ逃げなさい」という電話後、すぐに連行されてしまった青年ジェリーは、次の電話の指示ですぐ脱走。 そして息子を人質に取られたレイチェルと共に、ただ逃走し、危険な仕事をせざるを得なくなってしまう。 何かの間違いなのか? いつでも2人を見ていて指示を出す、姿を見せない女の正体とは? ハイテク・サスペンス・アクション。... [続きを読む]

受信: 2008年10月23日 (木) 23:50

» 「イーグル・アイ」 [クマの巣]
「イーグル・アイ」、観ました。 平凡な青年ジェリーにある日見知らぬ女性から電話が掛かってくる。電話から指示を実行することを強要さ... [続きを読む]

受信: 2008年10月25日 (土) 10:30

» 「イーグル・アイ」 敵役の魅力 [はらやんの映画徒然草]
「ディスタービア」のD・J・カルーソ監督とシャイア・ラブーフが再びタッグを組んだ [続きを読む]

受信: 2008年10月25日 (土) 18:39

» イーグル・アイ [江戸っ子風情♪の蹴球二日制に映画道楽]
 アメリカ  アクション&ドラマ  監督:D・J・カルーソー  出演:シャイア・ラブーフ      ミシェル・モナハン      ビリー・ボブ・ソーントン      ロザリオ・ドーソン      【物語】   シカゴのコピーショップで働く青年ジェリーはある日、...... [続きを読む]

受信: 2008年10月25日 (土) 23:35

» 『イーグル・アイ』2008・10・19に観ました [映画と秋葉原と日記]
『イーグル・アイ』  公式HPはこちら ←クリック ●あらすじ コピーショップ店員の青年ジェリー(シャイア・ラブーフ)は、或る日米軍に所属する双子の兄弟の急死で実家へ帰り。自宅への帰途ATMに立ち寄ると、何故か口座に75万ドルもの大金が振り込まれ、帰宅... [続きを読む]

受信: 2008年10月26日 (日) 10:55

» イーグル・アイ [象のロケット]
謎の女からの「30秒でFBIが到着する。今すぐ逃げなさい」という電話後、すぐに連行されてしまった青年ジェリーは、次の電話の指示ですぐ脱走。 そして息子を人質に取られたレイチェルと共に、ただ逃走し、危険な仕事をせざるを得なくなってしまう。 何かの間違いなのか? いつでも2人を見ていて指示を出す、姿を見せない女の正体とは? ハイテク・サスペンス・アクション。... [続きを読む]

受信: 2008年10月27日 (月) 07:46

» 「イーグル・アイ」“オチ”はイマイチ…。 [シネマ親父の“日々是妄言”]
 スティーブン・スピルバーグ製作総指揮。予告編はとっても面白かった(まあ、意地の悪いこと(^^;)、「イーグル・アイ」(角川映画/角川エンタテインメント)。聞くところによるとスピ様は、10年前からこの企画を温めていたとのこと。う~ん、その気になればもっと早くに映画化出来たでしょうに…。  コピーショップの店員ジェリー(シャイア・ラブーフ)は、満たされない思いを抱きながら、日々を過ごしていた。或る日ジェリーの許に、双子の兄・イーサンの訃報が届く。空軍のエリートだったイーサンは、交通事故で突然... [続きを読む]

受信: 2008年10月28日 (火) 19:20

» 『イーグル・アイ』を観たぞ〜! [おきらく楽天 映画生活]
『イーグル・アイ』を観ましたまったく面識のない男女が、謎の女の脅迫で絶体絶命の状況に追い詰められる恐怖を描くアクション・スリラーです>>『イーグル・アイ』関連原題: EAGLEEYEジャンル: アクション/ドラマ製作年・製作国: 2006年・アメリカ/カナダ上映時間...... [続きを読む]

受信: 2008年10月29日 (水) 23:50

» イーグル・アイ [ネタバレ映画館]
グーグル・アイ! [続きを読む]

受信: 2008年11月 3日 (月) 04:20

» おじさんシネマ(イーグル・アイ) [おじさん(Age.52)日記By宙虫]
10月31日。 手元に一枚のチケット。 映画館の1,000円のチケット。 10月31日が期限。 あ、今日が最終日。 別に使わなくてもかまわないけれど。 いつも夫婦50割引で見ているんだから・・・・。 でも、なんかもったいない。 そんな気持ちから結局1,000円を払って映画を観た。 これって・・・・。 得したわけでもないかも。 まあ、あとは映画が面白いかどうかということになるのだが。... [続きを読む]

受信: 2008年11月15日 (土) 11:16

» 話題のイーグルアイを観てきました! [マリリンブログ]
映画「イーグル・アイ 」のジャパンプレミア試写会に行って来ました。 上映前にゲストのトークショーがあり、 監督のD・J・カルーソー氏、高橋ジョージ 三船美佳夫妻が 映画にまつわる色々な話をしていました。 肝心の映画についてお話しますが、 この映画、と... [続きを読む]

受信: 2008年11月15日 (土) 23:19

» イーグル・アイ 2008-59 [観たよ〜ん〜]
「イーグル・アイ」を観てきました〜♪ 或る日、コピーショップで働くジェリー(シャイア・ラブーフ)の元に1本の電話がかかってくる。その電話の主は、ジェリーにFBIがやってくるから逃げろ!って告げる。同じ頃、法律事務所で働くレイチェル(ミシェル・モナハン)の元にも同じ電話が・・・全く面識の無い二人が、謎の電話に振り回され逃亡生活を送る事に・・・ 人気Blogランキング      ↑ 押せば、知らない女性から電話がかかってくるかも!? Blog人気ランキングに参加してます。 ご... [続きを読む]

受信: 2008年11月18日 (火) 21:30

» イーグル・アイ(@_@)期待はずれでした。 [銅版画制作の日々]
 それは全てを見ている。               しかし、その姿は決して見えない。 11月11日、MOVX京都にて鑑賞。スティーブン・スピルバーグが10年前から構想していた題材を元に製作されたそうですが・・・・。今ひとつのような感じがします。ハリウッド映画お得意のアクションシーン、この作品にもちろんあります。カーチェイスのアクション場面や爆破シーンなど、たくさん盛り込まれており、ガンガンと来るんですが、何なのでしょうか。こういうのに慢性化していると、よほど何かこれは違うな!という驚きや意表を... [続きを読む]

受信: 2008年11月19日 (水) 00:20

» イーグル・アイ(Eagle Eye)/シャイア・ラブーフがひたすら走ります [映画感想 * FRAGILE]
イーグル・アイEagle Eye/監督:D・J・カルーソー/2008年/アメリカ スティーブン・スピルバーグ製作総指揮、シャイア・ラブーフ主演で 「あの映画」っぽいの、やってみました。 あらすじ:コピーショップ店員のジェリー(シャイア・ラブーフ)。双子の兄イーサン(シャイア・ラブーフ)の葬儀から帰宅すると、アパートに大量の武器が届けられていた。そして見知らぬ女から電話がかかってくる。 「FBIがあなたを逮捕する。30秒以内に逃げなさい」 ジェリーと同じく見知らぬ女からの電話でワ... [続きを読む]

受信: 2011年6月 9日 (木) 11:12

« さよなら、緒形拳さん、峰岸徹さん | トップページ | 「容疑者Xの献身」 »