« 「ワイルド・バレット」 | トップページ | 「私は貝になりたい」 »

2008年11月26日 (水)

「ハッピーフライト」

Happyflight (2008年・アルタミラ・ピクチャーズ/監督:矢口 史靖)

「ウォーターボーイズ」「スウィングガールズ」で、我が国ウェルメイド・コメディ映画の第一人者となった矢口史靖監督の新作。

今回は、航空会社に勤務する、裏方も含めたプロフェッショナルたちの群像劇。

前2作が、高校が舞台の、しかも“男子がシンクロ?”、“女の子がジャズバンド?”というミスマッチの意外性と、目標に向かって突き進む、青春まっしぐら・コメディだったのに比べて、今回は、仕事にプライドを持つエキスパートたちが、次々起こるアクシデントやトラブルにどう対処し、困難を乗り切ったか…というお話で、これまでとは少々趣が異なっている。

登場人物も多彩で、誰が主人公という訳でもない。どちらかと言うと、上に挙げたのと同じ構図を持つ、「ラヂオの時間」「THE 有頂天ホテル」といった、三谷幸喜作品に近い雰囲気がある。普段は目につかない裏方の仕事にスポットを当ててる所も、「THE 有頂天ホテル」に似ている。

空港業務を徹底リサーチしたようで、パイロットやCA(キャビン・アテンダント)、整備士、管制官くらいまでは分かるが、ディスパッチャー、グランドスタッフ、バードパトロールなどは初耳で、面白い所に目をつけたものだと思う。さすがは、周防正行映画を手掛けるアルタミラ・ピクチャーズ作品だけのことはある。

ANAが全面協力している事もあって、本物の飛行機を使ったロケはかなりリアル感があり、コミカルな描写も多少はあるが、全体としては、仕事に賭けるプロフェッショナルたちの心意気を活写した、ごく真面目な作品になっている。

まだ新米のCAである斉藤悦子(綾瀬はるか)が、失敗しながらも成長して行く姿を中心に、機長昇格訓練に緊張する副操縦士・鈴木(田辺誠一)、凛としたプロの仕事ぶりを見せるチーフパーサーの山崎麗子(寺島しのぶ)、トボけた雰囲気ながら、危機において適切な判断力を発揮するオペレーション・ディレクター高橋(岸部一徳)、親身に対応した乗客から名刺をもらい、ときめきを覚えるグランドスタッフ木村菜採(田畑智子)などの人物配置もうまい。脚本がかなりよく書き込まれている。

その点においては、矢口監督の映画作家としての成長ぶりが覗える、力作であると言える。

 
…が、観終わって、何となく物足りない。ある1日における、それぞれのプロの仕事ぶりを描いただけに留まり、矢口監督の前2作にあった、“ある目標に向かって全員が努力を重ね、クライマックスにおいて大成功を収める”といった、エンタティンメントとしての高揚感と感動が希薄なせいである。

ホノルルへ向かう途中にアクシデントが発生し、羽田へ引き返す…という展開も、着陸が成功するかどうか、という緊迫したサスペンスはあるものの、目的地に到達できなかった点で、題名から連想される、“ハッピーエンディング”感はいささか弱い。

そもそも、あと少しでホノルルだというのに、何故距離が遠い羽田まで引き返すのかがよく分からない(専門的には理由はあるのだろうが)。
どうせ着陸するのだから、機器の故障で、ホノルルに無事着陸出来るかどうか…という展開にしたなら、成功すれば感動のハッピーエンドになった事だろう。
…もっとも、そうなれば羽田におけるディスパッチャーやグランドスタッフたちの奮闘ぶりは描けない事になる。難しいものである。

ともあれ、外国では、「予期せぬ出来事」「大空港」(及びそこから派生した「エアポート」シリーズ)、「ダイ・ハード2」「狂っちゃいないぜ」「フライトプラン」「スネーク・フライト」など、いろんなバリエーションがある“空港もの”を、我が国ではおそらくは初めて本格的に開拓した…という点では、本作は大いに評価できると言えるだろう。

しかし、「ひみつの花園」以来、我が国では数少ない、ハチャメチャ・ドタバタ・コメディが撮れる監督として私が評価している矢口史靖には、三谷幸喜の二番煎じ的題材よりも、彼にしか撮れないノンストップ・コメディ路線(例えば、同じ空港ものなら、「スネーク・フライト」のような作品)をこそ目指して欲しい…と願うのは、無理な相談なのだろうか。―もっとも、そうなればANAの全面協力は望めそうもないだろうが…。     (採点=★★★☆

 ランキングに投票ください → ブログランキング     にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ

|

« 「ワイルド・バレット」 | トップページ | 「私は貝になりたい」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/174742/43227359

この記事へのトラックバック一覧です: 「ハッピーフライト」:

» 映画「ハッピーフライト」 [茸茶の想い ∞ ~祇園精舎の鐘の声 諸行無常の響きあり~]
いきなり「ユナイテッド93」を思わせる地上への激突シーン、シュミレータだったから良かったけど~ドキドキの緊張感が十分に伝わるし、可愛さもある映画~ オールニッポンエアウェイ1980便B747-400は無事に飛び立ったけど、目的地のホノルルに到達することはできない、... [続きを読む]

受信: 2008年11月26日 (水) 01:26

» 映画 【ハッピーフライト】 [ミチの雑記帳]
映画館にて「ハッピーフライト」 『スウィングガールズ』の矢口史靖監督の最新作。 おはなし: 副操縦士の鈴木(田辺誠一)は、機長昇格の最終訓練である乗客を乗せて飛ぶ実地試験でホノルルに向けて飛び立つことになる。彼は試験教官として同乗する機長の原田(時任三郎)を前に緊張感を募らせていた。 今回の矢口監督作品は飛行機&空港が題材。この題材ではいくらなんでも『ウォーターボーイズ』や『スウィングガールズ』みたいに音楽でノリノリなクライマックスやカタルシスは得られないだろうと予想はついていました。 一... [続きを読む]

受信: 2008年11月26日 (水) 08:02

» ハッピーフライト [ネタバレ映画館]
ナイスランディングゥ〜と、どうしてもエドはるみの顔がチラついてしまう・・・ [続きを読む]

受信: 2008年11月26日 (水) 08:35

» ハッピーフライト [Akira's VOICE]
オタクを大事にしよう!   [続きを読む]

受信: 2008年11月26日 (水) 10:05

» 『ハッピーフライト』 [ラムの大通り]
----これって『ウォーターボーイズ』で ブレイクした矢口史靖監督の新作だよね。 『スウィングガールズ』以来、 4年ぶりの長編だって? どうしてそんなに撮らなかったの? 「どうやらこの映画の準備に丸2年費やしていたらしいよ。 その間、国内外の航空関係者100人以上に取材を敢行したらしい」 ----飛行機の映画というと、 パニック映画か あるいはテレビの『スチュワーデス物語』みたいなのを 連想しちゃうけど…。 「普通はそうだよね。 でもこの映画は、 航空に携わる、 もっと多くの人たちにスポットを当てて... [続きを読む]

受信: 2008年11月26日 (水) 10:18

» ハッピーフライト [5125年映画の旅]
副操縦士の鈴木は、機長昇格テストの締め括りとして、1980便の実務試験に挑む。しかし試験教官が急遽、堅物の原田に変更になったことで、鈴木はパニックなる。同じく1980便に乗り込んだCAの斎藤は、今回が初めての国際線だったが、CAのチーフ・山崎から、CA...... [続きを読む]

受信: 2008年11月26日 (水) 21:19

» ハッピーフライト [映画通信シネマッシモ☆プロの映画ライターが贈る映画評]
矢口流にデフォルメした人物像がにぎやかな飛行機狂想曲。副操縦士やCA、整備士など飛行機にかかわる多くの人の力でホノルル便が出発するが、離陸後トラブルが発生する。ドジな綾瀬はるかは可愛いがあまりに誇張しすぎ。この演出ではまるで学生アルバイトだ。一方、お疲れ....... [続きを読む]

受信: 2008年11月26日 (水) 23:20

» 「ハッピーフライト」これで飛んじゃうのか~? [シネマ親父の“日々是妄言”]
[ハッピーフライト] ブログ村キーワード   「ウォーターボーイズ」「スウィングガールズ」の矢口史靖 監督最新作。「ハッピーフライト」(東宝)。航空機業界の裏側を、“矢口監督流”に描いているのですが、コレちょっと軽すぎやしませんか~?  CAの悦子(綾瀬はるか)は、初めての国際線デビューの日に、ブリーフィングに遅刻。チーフパーサーの麗子(寺島しのぶ)から早速叱られる。その悦子が搭乗するホノルル行きのフライトは、副操縦士・鈴木(田辺誠一)の機長昇格への最終試験でもあった。フライト直前、最終... [続きを読む]

受信: 2008年11月27日 (木) 21:05

» 「ハッピーフライト」 次は安心して乗れそうです [はらやんの映画徒然草]
「フライング☆ラビッツ」は東映&JALでしたが、こちら「ハッピーフライト」は東宝 [続きを読む]

受信: 2008年11月29日 (土) 18:38

» 『ハッピーフライト』 @日劇 [映画な日々。読書な日々。]
(C)2008フジテレビジョン・アルタミラピクチャーズ・東宝・電通 機長昇格への最終訓練である、乗客を乗せた実機での操縦に臨む副操縦士。その試験教官として同乗する威圧感バリバリの機長。初の国際線フライトに戦々恐々の新人CA。CA泣かせの鬼チーフパーサー。乗客のクレー... [続きを読む]

受信: 2008年11月30日 (日) 23:30

» ハッピーフライト (田辺誠一さん) [yanajunのイラスト・まんが道]
◆田辺誠一さん(のつもり)田辺誠一さんは、現在公開中の映画『ハッピーフライト』に鈴木和博 役で出演しています。一昨日、ようやく劇場に観に行くことができました。●導入部のあらすじと感想... [続きを読む]

受信: 2008年12月 3日 (水) 23:33

» ハッピーフライト [Sweetパラダイス]
私の好きな田辺さんが出てるので観てきましたえへへへへへ田辺さん新人CAに基調見習いが乗ったホノルル行きの飛行機に起こる数々のトラブル大騒ぎの連続ANA全面協力手に汗握る航空サスペンスも素晴らしいキャストが豪華でしたねコメディの田辺さんいいですよね〜スピ...... [続きを読む]

受信: 2008年12月 4日 (木) 18:16

» ★「ハッピーフライト」 [★☆ひらりん的映画ブログ☆★]
今週の平日休みは・・・ ボート免許の更新に行って船長気分を楽しんだ後、 飛行機ものの映画で機長気分を味わっちゃいました、ひらりん。 今月は何気にホラー映画の鑑賞が多いんだけど、今日はホラー無し。 ... [続きを読む]

受信: 2008年12月16日 (火) 00:14

» 映画:ハッピーフライト [よしなしごと]
 今年も残すところあとわずか。そんな中、今年70本目は、ハッピーフライトでした。 [続きを読む]

受信: 2008年12月18日 (木) 04:14

« 「ワイルド・バレット」 | トップページ | 「私は貝になりたい」 »