« 「WALL・E / ウォーリー」 | トップページ | 「252 -生存者あり-」 »

2008年12月14日 (日)

「ザ・ローリング・ストーンズ シャイン・ア・ライト」

Shinealight3 (2008年・パラマウント・クラシックス/監督:マーティン・スコセッシ)

平均年齢64歳!になるロックの王者、ザ・ローリング・ストーンズのライブ・コンサートの模様を、名匠マーティン・スコセッシが監督したドキュメンタリーの快作。

ローリング・ストーンズは、ビートルズとほぼ同じ頃デビューした、イギリスのロック・グループ。ビートルズの大ヒットのおかげで雨後のタケノコのように登場したイギリス・ロック・グループの中でも息の長いキャリアを持ち、実力・人気ともビートルズと並び称される伝説的なグループである。

だがその後の歩みは、ビートルズとはいろんな点で対照的である。

ビートルズは、最初の頃は甘いメロディ、美しいハーモニーで、若いファンの熱狂的支持を集めた、いわゆるアイドル・グループである。ファッションもカラフルで、時代の尖端をリードした。

それに対してローリング・ストーンズは、ファッションにこだわらず、服装も髪型もいつもラフな格好(ジーンズなど)、失礼だが顔もブサイク(笑)、そして音楽は黒人R&Bをベースに、荒削りでワイルドである。

ビートルズが、アルバムを発表する度に音楽レベルを格段に向上させ、今では教科書に載るくらいの名曲「イエスタデイ」や、芸術的とも言える「サージェント・ペパーズ・ロンリーハート・クラブ・バンド」などのアルバムを発表し、やがてメンバーそれぞれの個性が衝突して軋轢を生み、グループを解散せざるを得なくなった…のに対し、
ローリング・ストーンズは、何年経っても、音楽的にほとんど変わらない。悪く言えば進歩がない(褒めてるつもり)。永遠のロック・バカである。

デビューして、もう45年!にもなるのに、いまだに現役で、昔のままのスタイルで精力的にコンサートを行っている。

変わらない…からこそ、'60~70年代に活躍した多くのバンドが解散した中で、おそらくはただ1グループだけ、解散せずに現在まで生き残って来れたのだろう。

 
本作を見れば分かるが、驚くなかれ、リード・ボーカルのミック・ジャガーは、顔のシワこそ増えてはいるが、体型も、歌唱力も、パフォーマンスも、まったく昔と変わっていない。他のメンバーも同じだ。

パワフルに歌い、飛び跳ね、舞台狭しと動き回る姿は、遠くから見れば若い時そのまま。とても63歳(撮影当時)には見えない。
それどころか、Tシャツにジーンズ、時たまヘソまで見せながら歌う姿は若い人よりもセクシーだ(笑)。

Shinealight2 親子ほど歳が違う、若いクリスティーナ・アギレラとのセッションでは、ピッタリ寄り添った腰の動きもセクシー。歳の差を感じさせない、ギンギンのパワーに満ち溢れている。

 
私は、正直に言うと根っからのビートルズ・ファン。なのでローリング・ストーンズは、も一つ熱心には聴いて来なかった(アルバムは数枚持ってはいるが)。

しかし、本作を観て考えが変わった。感動した!特にミック・ジャガー、見直した。あんたは凄い。

ドラムのチャーリー・ワッツが、演奏が終わると、フウとため息をついたり、キース・リチャーズに至っては、最後の曲が終わると床にへたり込んだり、さすがに歳を感じさせたが、ミックなんか、あれだけ激しく動き回り、メンバーで一番体力を消耗してるはずなのに、まるで疲れを見せていない。日頃から鍛錬して体を鍛えているのだろうが、なかなか出来ない事である。いつまでも、その意欲を持続させ、腰が立たなくなるまで、歌い続けて欲しい。

 
マーティン・スコセッシの演出は、18台のカメラを使い、いろんな角度から彼らのパワフルな熱演ぶりを余すところなく捕らえる事に成功している。また合間には過去の、若い頃のインタビュー映像を挟み、長い年月、歌い続けて来た事を観客に改めて認識させている。

冒頭、ストーンズがセット・リストをなかなかスコセッシに渡さず、スコセッシが苛立つシーンもさりげなく挟み、少しでもカメラに邪魔されず、最高の舞台を見せようとするストーンズ側と、こちらは少しでもいい映像を捉えようとするスコセッシ側との、まさに芸術家同士の火花を散らす格闘ぶりも感じさせ、出だしから俄然テンションの高まりを見せる辺りも面白い。

Shinealight1_2 だが、なんと言っても素敵なのは、“60歳を超えようが、自分がやりたい事を真摯にやり遂げようとする意欲があれば、年齢など関係ないのだ”という事実を、身をもって示してくれた“永遠の不良少年”ストーンズたちの姿である。

これには感動した。目頭が熱くなった。“年金が貰えるようになったらノンビリしよう”などと思っている人(私も含めて)は、大いに反省すべきだろう。

ローリング・ストーンズ・ファンは無論のこと、ビートルズ世代、ロック・ファンの方も必見。いや、音楽ファンのみならず、厳しい社会環境に元気を失いかけている中高年の方や、還暦を越えて、何をしていいか分からなくなっている世代の方々にもお奨めである。きっと、もう少し頑張ってみようという勇気が沸いて来る事だろう。DVDが出たら、宝物にしたい、そして元気を失いかけた時に観直せば、元気を取り戻す妙薬にもなるであろう、これはそんな素敵な作品なのである。      (採点=★★★★★

 ランキングに投票ください → ブログランキング     にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ

サウンド・トラックCD

|

« 「WALL・E / ウォーリー」 | トップページ | 「252 -生存者あり-」 »

コメント

はじめまして。
TBをありがとうございました。
驚くべきパフォーマンスでしたね。
史上最強のバンドといわれる理由がよくわかりました。
目頭が熱くなる――私もスクリーンがにじんでしまいました。
DVDのリリースが楽しみです。

投稿: masktopia | 2008年12月15日 (月) 14:09

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/174742/43419159

この記事へのトラックバック一覧です: 「ザ・ローリング・ストーンズ シャイン・ア・ライト」:

» 『ザ・ローリング・ストーンズ シャイン・ア・ライト』 [ラムの大通り]
(原題:Shine a Light) ----へぇ〜っ。これってマーティン・スコセッシが監督したんだ。 「うん。彼は音楽にも強く『ウッドストック/愛と平和と音楽の三日間』では 助監督と編集を兼任。 ザ・バンドの『ラスト・ワルツ』や 『ボブ・ディラン ノー・ディレクション・ホーム』などを監督している。 でも、そんな彼でもこの映画は大変だったようだ。 なにせ、ステージが始まる直前まで セット・リストが決まらず、 カメラ・ポジションもままならなかったようだ。 映画の中でも、 『順番までとは言わないから何... [続きを読む]

受信: 2008年12月14日 (日) 21:10

» 『ザ・ローリング・ストーンズシャイン・ア・ライト』(2008)/アメ... [NiceOne!!]
原題:SHINEALIGHT監督:マーティン・スコセッシ出演:ザ・ローリング・ストーンズ、クリスティーナ・アギレラ、バディ・ガイ、ジャック・ホワイト試写会場 :よみうりホール公式サイトはこちら。<Story>ザ・ローリング・ストーンズのライブを映画として撮り上げ...... [続きを読む]

受信: 2008年12月14日 (日) 22:35

» 映画「ザ・ローリング・ストーンズ シャイン・ア・ライト」マス... [masalaの辛口映画館]
 映画の話 ザ・ローリング・ストーンズの熱狂的ファンであるマーティン・スコセッシ監督は、彼らのみなぎるエネルギーをとらえるべく世界一の撮影チームを率いてライブ撮影へと挑む。舞台となるのは、2006年秋にニューヨークのビーコン・シアターで行なわれたライブ。18...... [続きを読む]

受信: 2008年12月14日 (日) 22:44

» ザ・ローリング・ストーンズ シャイン・ア・ライト◆いまひと度の伝説 [好きな映画だけ見ていたい]
   画像:「シャイン・ア・ライト」オリジナル・サウンドトラック   「ザ・ローリング・ストーンズ シャイン・ア・ライト」 (2008年・アメリカ) このレビューをどう書き出せばいいか、ずっと悩んでいた。もしあなたがローリング・ストーンズなんて興味の対象外だったら、このレビューもスルーするだろうし、劇場に足を運ぶこともないだろう。だったら、これはストーンズ・ファンとこの映画のすばらしさを分かち合うレビューにすればいいのだろうか? でも、その“すばらしさ”を言葉でなんかうまく表現できるだろうか?... [続きを読む]

受信: 2008年12月15日 (月) 14:02

» オヤジパワー炸裂!【ザ・ローリング・ストーンズ シャイン・ア・ライト】 [犬も歩けばBohにあたる!]
平均年齢64.5歳。 バリバリ現役ロックンロールの王様は健在でした。 2006年 [続きを読む]

受信: 2008年12月16日 (火) 00:00

» ザ・ローリング・ストーンズ シャイン・ア・ライト■ストーンズ... [映画と出会う・世界が変わる]
ニューヨークのビーコンシアターにおけるザ・ローリング・ストーンズのライヴの一夜をフィルムに凝縮したのが、この作品。圧倒的なエネルギーに満ちたスペクタクルである。冒頭から、スコセッシのこの作品にかける思いと現場でキャメラをどこに配置するかの検討が映しださ...... [続きを読む]

受信: 2009年3月10日 (火) 08:33

» 「ザ・ローリング・ストーンズ シャイン・ア・ライト」(SHINE A LIGHT) [シネマ・ワンダーランド]
名作「タクシードライバー」や、米ロック・グループ、ザ・バンドのドキュメンタリー「ラスト・ワルツ」、サスペンス「シャッター・アイランド」などで知られる米映画界の鬼才、マーティン・スコセッシがメガホンを執ったローリング・ストーンズのライブ・ドキュメンタリー「ザ・ローリングストーンズ シャイン・ア・ライト」(2008年、米、122分、パラマウント映画配給)。この映画は、平均年齢64歳という英国の伝説的ロック・バンド、ストーンズが08年にニューヨークのビーコン・シアターで行ったコンサートの模様を、...... [続きを読む]

受信: 2011年1月14日 (金) 22:43

» 映画『ザ・ローリング・ストーンズ シャイ... [KINTYRE’SDIARY]
9-9.ザ・ローリング・ストーンズ シャイン・ア・ライト■原題:ShineALight■製作年・国:2008年、アメリカ■上映時間:122分■鑑賞日:2月1日、新宿武蔵野館(新宿)■公式HP... [続きを読む]

受信: 2011年4月 1日 (金) 23:44

« 「WALL・E / ウォーリー」 | トップページ | 「252 -生存者あり-」 »