« 「ハッピーフライト」 | トップページ | 「WALL・E / ウォーリー」 »

2008年12月 2日 (火)

「私は貝になりたい」

Watasihakaini (2008年・東宝=TBS/監督:福澤 克雄)

1958年、テレビ黎明期の同名秀作ドラマ(演出:岡本愛彦)の、2度目の劇場版リメイク。同作の脚本を手掛けた橋本忍が、50年ぶりに自らリライトを行った。

橋本忍と言えば、私たちの世代にとっては畏敬の念を禁じ得ない、雲の上の人のような存在である。

デビュー作がいきなり、ヴェネチア映画祭グランプリを獲得した「羅生門」。以後、黒澤明のよき片腕として「生きる」「七人の侍」「蜘蛛巣城」、「隠し砦の三悪人」等のメイン脚本家として活躍し、その他では、「真昼の暗黒」「白い巨塔」「上意討ち-拝領妻始末」がいずれもキネマ旬報ベストワンを獲得。「生きる」を含めればベストワン4回!さらに「切腹」「日本のいちばん長い日」「風林火山」「日本沈没」「八甲田山」、松本清張原作「黒い画集-あるサラリーマンの証言」「張込み」「影の車」「砂の器」…とまあ、どれも映画史に残る傑作揃い。

ある意味、戦後の日本映画史そのものといった存在で、しかも90歳になる今も現役で、本作の脚本も手掛けているのがまた凄い。

(それにしても、96歳で健在の新藤兼人、106歳まで長生きした「座頭市物語」等の犬塚稔といい、シナリオ・ライターは監督よりうんと長命であるようだ(笑)。現に、上記に挙げた作品の監督は全員、今はこの世にいない)。

さて、岡本愛彦演出のテレビ版は、当時大変な反響を呼び、その勢いで翌'59年には、橋本忍自身の監督第1回作品として映画化もされた。

そんな思い入れの深い作品のリメイクにあたって、自作を直さないという橋本が、今回は大幅な書き直しを行い、いくつかのエピソードが追加され、岡本版(90分)よりもなんと50分も時間が長くなっている。

オリジナルは昔見て、うろ覚えだが、本作に追加されているのは、
①主人公豊松(中居正広)が妻房枝(仲間由紀恵)と出会い、旅の末に高知の今の町で理髪店を開業するまでの回想
②面会に来た妻子との金網越の触れ合い(赤ん坊の指にキスするシーンが印象的)
③房江が除名嘆願書の署名を集める為、赤ん坊を背負い、方々を歩き回るシーン  …あたりではないか。
その他、矢野中将が、処刑の際に言い残す言葉も長くなっているようだ。

特に①と③にはかなりの時間が割かれている。

この2つのシークェンスについては、いずれも日本各地でロケされ、中でも①では海を望む岬の風景、③では紅葉の山々や、雪深い村などの大自然の風景…が丹念に描かれ、私などはつい、橋本プロ作品(橋本忍脚本)「砂の器」「八甲田山」等を連想してしまった。そう言えば、監督の福澤克雄はテレビ版「砂の器」の演出(なんと主演も中居正広)を手掛けていたのも奇しき因縁か。

観る前は、主演の二人がどうも軽い印象で、少々心配だったのだが、思った以上に良い出来で、特に中居が鬼気迫る迫真の演技。仲間由紀恵も夫を愛する妻役を好演。ロケが効果的で、雄大な自然の中における、人間というちっぽけな存在の悲しさがよく表現されていた。

豊松の、妻や、我が子に対する深い愛、妻の献身的な愛情…もよく描かれている。

その、家族の幸福を無残にも奪い去ってしまう、戦争の理不尽さが浮かび上がる。福澤克雄の演出も、これが劇場第1作とは思えないくらい、堂々たる“映画”になっている。

その点では、よく出来た作品になっている…と言えるだろう。

 

…だが、観終わって、引っ掛かりを感じた事がある。

それは、題名の持つ意味である。

黒澤明は、橋本が監督した劇場版の脚本について、「橋本よ、これじゃあ貝にはなれねぇんじゃないかな」と批判したそうだ。

橋本は、この言葉がずっと心に残っていたと言い、それが前述のような、大幅なリライトに繋がった事はよく分かる。

だが、それが、黒澤の批判に対する答えになっていただろうか。

豊松は処刑に際し、次の遺書を残した。「今度生まれ変わるなら、人間になんかなりたくない。牛か馬か。いやそれでも人間にひどい目にあわされる。いっそ、深い海の底の貝にでも…。貝だったら、兵隊にとられることもない。戦争もない。房江や、健一や直子の事を心配することもない。どうしても生まれ代わらなければならないのなら、私は貝になりたい……」

この遺書から感じられるのは、深い人間不信である。すべての人間が信じられない、人間とは付き合いたくない…という底知れぬ絶望を感じたとしか思えない。「房江や、健一や直子の事を心配することもない」に至っては、家族の絆すら放棄したいと言っているのである。

これほどの思いに至るなら、豊松は、信用していた、あらゆる人間から裏切られたか、冷たい仕打ちを受けたか、いずれにせよ、人間嫌いに陥った事になる。

だが、ドラマでは豊松は、軍隊では痛めつけられ、裁判では死刑宣告されたものの、同房者には親切にされ、矢野中将(石坂浩二)とも心が打ち解けあい、看守のアメリカ兵にも優しくされ、そして何より、200人の助命嘆願書を集めてくれた妻・房江には感謝しても感謝しきれないほどの思いを感じた事だろう。
彼の事を心配してくれる村の人々も含め、この映画には、何だか善意の人ばかりが登場している。

私の受け止め方としては、裁判では理不尽な結果が出たであろうが、彼を支えてくれた多くの人々の善意や誠意を受け入れ、死に際しての遺書は、「房江や、健一や直子を愛している。お前たちの事は忘れない。自分を支えてくれた多くの人、とりわけ妻・房江の献身には深く感謝する」くらいの事を書いても良かったのではないか。「人間になりたくない、海の底の貝になりたい」という、人間不信に満ちた遺書とはどうしても繋がらないのである。

 
生きて行く事は厳しい。戦争はもっと過酷である。豊松は、内地での戦闘訓練だけで終戦を迎え、戦地には赴いていない。戦地に行けば、そこは地獄である。「野火」「軍旗はためく下に」等の作品に見るように、兵士は爆撃に怯え、飢餓に苛まれ、やがては手足をもがれ、のたうち、苦しみながら、家族を思い、死んで行ったのである。遺骨は今も遥か南方に残されたままの兵士も数多くいる。

…そうした地獄の中で死んで行った兵士たちに比べれば、とりあえずは戦後の数年間を家族と共に平和に生き、飢える事もなく、生き地獄を味わう事もなく、周囲の善意に包まれ、死んで行った豊松は、まだ幸福な方ではないか。
全ての人間を恨むのは、筋が違っているのではないだろうか。

黒澤明が、「これじゃあ貝にはなれない」と言ったのは、そうした、戦争の愚かしさに対する怒り、人間が歴史の上で犯した過ちに対する深い絶望感―が描けていない…という事ではなかったか、と思えるのである。
(思えば、黒澤は自作の「羅生門」「生きものの記録」「悪い奴ほどよく眠る」等で、人間不信、人間に対する絶望と怒り―を一貫して描いて来た作家である。奇しくも、すべて橋本忍との共作である)

橋本忍は、おそらくは優しすぎる作家なのだろう。「砂の器」では、原作では冷酷な殺人犯である和賀英良を、原作とはガラッと変えて、同情すべき人物にしてしまった事からもその事が覗える。

黒澤の指摘に答えるべく、追加した部分は、人の善意と、妻の献身ぶりがより強調された、やや甘い内容となり、結果として余計黒澤の指摘から遠ざかった「貝になれない」作品になってしまったのだとしたら、皮肉な結果と言わざるを得ない(もっともこれらは私の独断で、黒澤の意図がどこにあったかは誰も判らない)。

と、やや厳しい意見になってしまったが、橋本忍が日本映画界に残した偉大な功績が色あせるわけでは、決してない事は強調しておきたい。    (採点=★★★★

 ランキングに投票ください → ブログランキング     にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ

|

« 「ハッピーフライト」 | トップページ | 「WALL・E / ウォーリー」 »

コメント

私も同じ事を感じました。
良く出来た映画ではあるのですが、タイトルの遺書、つまりは豊松の最期の心情が、どうしても物語に合致しない。
オリジナルとは細かい点は結構変わっているのですが、この根本的な部分には手は付けられなかった様ですね。
まあここをいじると「私は貝になりたい」じゃなくなってしまうのですけど。

投稿: ノラネコ | 2008年12月 2日 (火) 23:44

こんにちは。

>黒澤の指摘に答えるべく、追加した部分は、人の善意と、妻の献身ぶりがより強調された、やや甘い内容となり、結果として余計黒澤の指摘から遠ざかった、「貝になれない」作品になってしまったのだとしたら、皮肉な結果と言わざるを得ない

まさにここに尽きるでしょうね。
厭戦、絶望を描くのに、
普通の反戦、ヒューマニズムの罠に陥ってしまった。

今の時代、イノセンスな反戦映画やヒューマニズム映画を作るのは、
とても難しくなっている気がします。
とはいえ、それでも
この映画が世間に広く受け入れられ、
大ヒットしているとしたら、
それはそれで喜ばしいことなのかもしれませんが……。

投稿: えい | 2008年12月 6日 (土) 14:23

>ノラネコさん
>まあここをいじると「私は貝になりたい」じゃなくなってしまうのですけど。

そういう事ですね。オリジナルの根本をいじると、元の作品とは別の作品になってしまう。結局元の作品に、今風の泣ける要素を追加して膨らませただけに終わった…と言えるでしょう。
演出も、俳優もみんな凄く頑張ってるのにね。

>えいさん
>それでも、この映画が世間に広く受け入れられ、大ヒットしているとしたら、
それはそれで喜ばしいことなのかもしれませんが……。

中居正広が出演してて、番宣に出まくっているおかげかも知れません(笑)。
良くも悪くも、スター映画で、中居君が予想以上の熱演で頑張った成果が現れていると言えましょう。
オリジナルは、作品のテーマが反響を呼んで話題になったのですが、今は、テーマだけで客を呼ぶのは、難しい時代になったとは言えるでしょう。
中居君目当てで見に来て、それで見た後、作品のテーマを考えてくれるようなら有難いのですが…。

投稿: Kei(管理人) | 2008年12月 8日 (月) 01:26

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/174742/43303945

この記事へのトラックバック一覧です: 「私は貝になりたい」:

» 私は貝になりたい・・・・・評価額1550円 [ノラネコの呑んで観るシネマ]
捕虜を殺した容疑で逮捕された元兵士が、戦犯として処刑されるまでの日々を描いた「私は貝になりたい」のリメイク。 伝説的な脚本家、橋本忍... [続きを読む]

受信: 2008年12月 2日 (火) 23:41

» 私は貝になりたい [映画通信シネマッシモ☆プロの映画ライターが贈る映画評]
伝説的TVドラマを名脚本家・橋本忍が自ら改訂して再映画化したのが本作。理髪店を営む清水豊松は、突如、戦犯として逮捕される。軍隊の非情な実態や、弱者に犠牲を強いるB・C級戦犯裁判の不公正に、誰もが怒りを覚えるだろう。この物語がTV草創期の1958年に生まれたこ....... [続きを読む]

受信: 2008年12月 3日 (水) 00:06

» 私は貝になりたい [ネタバレ映画館]
貝になりたい〜♪と歌ったのは前川清 [続きを読む]

受信: 2008年12月 3日 (水) 07:30

» 私は貝になりたい [Akira's VOICE]
軽くはないが,重くも無い・・・。   [続きを読む]

受信: 2008年12月 3日 (水) 10:06

» 私は貝になりたい [映画鑑賞★日記・・・]
2008/11/22公開(11/22鑑賞)製作国:日本監督:福澤克雄出演:中居正広、仲間由紀恵、笑福亭鶴瓶、上川隆也、石坂浩二家族へ、帰りたい。 [続きを読む]

受信: 2008年12月 3日 (水) 11:28

» 砂の器は [美海のこれが熱い]
... 千住 明作曲で、日曜劇場『砂の器』のテーマ曲でしたが、華麗なピアノを弾か... [続きを読む]

受信: 2008年12月 3日 (水) 14:09

» 「私は貝になりたい」のかを検証する [再出発日記]
監督:福澤克雄原作:加藤哲太郎脚本:橋本忍出演:中居正広、仲間由紀恵、笑福亭鶴瓶、草なぎ剛、上川隆也、石坂浩二予告を見る限りでは、スルーするはずの映画だった。膨大な宣伝費にイヤになっただけではなく、中居の演技が、いかにも大仰で、大根演技を見たくなかった...... [続きを読む]

受信: 2008年12月 5日 (金) 23:31

» 映画「私は貝になりたい」 [茸茶の想い ∞ ~祇園精舎の鐘の声 諸行無常の響きあり~]
私は貝になりたい、と言えば昔観たフランキー堺の最後の語りの部分を強烈な印象を持って思い出す~悲劇な物語のなかにも家族の愛に光をあてている~ 豊松(中居正広)は幼い頃から理髪店での丁稚奉公、うだつの上がらないまま恋人にできちゃった子供、親方にとがめられ追... [続きを読む]

受信: 2008年12月 6日 (土) 02:15

» 『私は貝になりたい』 @日劇 [映画な日々。読書な日々。]
高知の港町で細々と理髪店を営む清水豊松は昭和19年に招集されるが、終戦後、無事に家族のもとへ帰ってくる。しかし、平和な暮らしを取り戻したかに見えた矢先、MPに戦犯として逮捕される。従軍中、上官に捕虜処刑を命ぜられたのだった。拒めば自分の命がないことを占領軍に... [続きを読む]

受信: 2008年12月11日 (木) 17:13

» ★「私は貝になりたい」 [★☆ひらりん的映画ブログ☆★]
今週の平日休みは「109シネマズ川崎」で2本。 年末あたりになると、シネマ会員の付与ポイントが倍になるって特典があったので、 ちょっとラッキーな気分。 [続きを読む]

受信: 2008年12月12日 (金) 03:55

» 『私は貝になりたい』 @日劇 [映画な日々。読書な日々。]
高知の港町で細々と理髪店を営む清水豊松は昭和19年に招集されるが、終戦後、無事に家族のもとへ帰ってくる。しかし、平和な暮らしを取り戻したかに見えた矢先、MPに戦犯として逮捕される。従軍中、上官に捕虜処刑を命ぜられたのだった。拒めば自分の命がないことを占領軍に... [続きを読む]

受信: 2008年12月15日 (月) 17:47

» 『私は貝になりたい』 [私の研究日記(映画編)]
監督  福澤克雄 原作者 加藤哲太郎 脚本  橋本忍 出演  中居正広     仲間由紀恵     加藤翼     柴本幸     西村雅彦     平田満     マギーほか 製作年 2008年 製作国 日本 時間  139分 公開日 2008年11月22日  京成ローザにて鑑賞(2008年11月22日)。  物語の舞台は、1944年、第二次大戦中の日本。南国高知は足摺岬のとある港町である。主人公はその一角で理髪店を営む青年 清水豊松(中居正広)。駆け落ち同然で結婚した妻 房江(仲間由紀恵)... [続きを読む]

受信: 2008年12月17日 (水) 01:18

» 私は貝になりたい [Sweetパラダイス]
お客さんの層が幅広かったです。戦後なのに幸せな家庭が崩壊していくもう見てて辛かったですよ〜中居くん、この映画のために9キロ痩せられたとかゲッソリしてましたもんね迫真の演技が素晴らしい仲間さんは健気な妻でいい感じでした絞首刑は免れるのかと思いましたが最後...... [続きを読む]

受信: 2008年12月20日 (土) 19:17

» 【映画】私は貝になりたい [新!やさぐれ日記]
▼動機 ジャニーズリメイクプロジェクト2008最終章 ▼感想 Mr.Childrenの主題歌さえなきゃいい映画だったのに ▼満足度 ★★★★☆☆☆ それなり ▼あらすじ 本土防衛のために従軍していた清水豊松(中居正広)は、終戦を迎え家族の元へと帰ってきた。平凡でも幸せな家族との日々を営もうとしていた矢先、アメリカ兵捕虜処刑の疑惑でB・C級戦犯として逮捕されてしまう。そしてその裁判で下されたのは死刑の宣告だった。 ▼コメント 松本潤による「ラストプリンセス」、草彅剛による「山のあ... [続きを読む]

受信: 2008年12月23日 (火) 10:41

« 「ハッピーフライト」 | トップページ | 「WALL・E / ウォーリー」 »