« 「252 -生存者あり-」 | トップページ | 2008年度・日本インターネット映画大賞日本映画部門 投票 »

2008年12月21日 (日)

「K-20 怪人二十面相・伝」

K20(2008年・ROBOT=日テレ=東宝/監督:佐藤 嗣麻子)

おなじみ、江戸川乱歩原作の、怪人二十面相VS名探偵・明智小五郎の物語を下敷に、北村想がまったく新しい発想で書いた「怪人二十面相・伝」を原作とし、さらに映画として別のお話に仕立て上げた、奇想天外冒険ファンタジーの快作(うーん、ややこしい(笑))。

時は1949年、舞台は第二次世界大戦が起きなかったもう一つの世界における架空都市「帝都」。19世紀から続く華族制度により、極端な格差社会となっていたこの都市で、富裕層の美術品や骨董品を巧妙に盗む怪盗・二十面相が世間を騒がせていた。そんな時、サーカスの曲芸師・遠藤平吉(金城武)は二十面相の罠に落ち、投獄されてしまうが…

まず冒頭から描かれる、帝都のビジュアルが素晴らしい。巨大飛行船の腹から小型ヘリコプターが飛び出し(「スター・ウォーズ」の冒頭を思い起こさせる)、街の上空を飛行しながら、レトロさと、富裕さと貧困スラムが歪に共存した帝都の様子をワンショットで紹介するのだが、「ALWAYS 三丁目の夕日」(本作と同じROBOT製作)の白組が担当したVFX(山崎貴も脚本とVFXに協力)がやはり見事。
この掴みは、「ALWAYS-」の冒頭で、模型プロペラ飛行機の移動と共に、半完成の東京タワーがそびえ立つ東京の町並みをワンショットで紹介したサプライズ・ショットのおさらいである(従って、東京タワーに少し似た巨大テレビ塔がそびえ立ち、ラストにはオート三輪もさりげなく登場するのである)。

この、独特の世界観をドン!と描いた事によって、観客は一気に架空のパラレル・ワールドに引き込まれるのである。従って、後はどんな奇想天外、ありえない物語が展開しようとノープロブレム、気楽に華麗なアクション、ミステリアスで幻想的な異世界の冒険大活劇を堪能すれば良いのである。

洋画の世界ではこれまでにもあったスケール感溢れる展開だが、日本映画では珍しい。いや、少なくとも実写映画では初めてではないか(これについては後述)。

 
実は、観る前には、製作が「少林少女」でミソをつけたROBOT(悪い事にあれの仲村トオルも出ている(笑))、監督が女性の佐藤嗣麻子という事で、不安感が一杯だった。佐藤監督は「エコエコアザラク」(95)がちょっと面白かった程度で、脚本を担当した「アンフェア The Movie」もつまらなかった上に、娯楽活劇は未知数だったし…。

ところが、映画は観てみないと分からない。これは予想外の拾い物である。「少林少女」の汚名を少しは挽回したか。佐藤監督、お見逸れしました。

物語は、前半はやや物足りないが、後半、平吉が脱走し、本職は泥棒でからくり師の源治(國村隼)と組んで逆襲を開始する辺りから映画は俄然面白くなる。源治の存在は、007における新兵器調達係Qみたいなもので、そう考えれば空中を自在に飛び回れるワイヤ・マシンはP・ブロズナン主演の“007シリーズ”のどれかに登場してた気もする。

羽柴財閥の令嬢・葉子(松たか子)が二十面相に追われている所を平吉が助け、そこから、世間知らずだった葉子が、貧困が蔓延する社会の底辺の状況を知り、ラストにおいてこの世界を変えて行く意思を示す、彼女の成長物語にもなっている展開も悪くない。

この羽柴財閥が作り上げた、世界を支配する事も出来る、リモート電磁波発信装置(で合ってるかな?)を二十面相が狙い、ラストは超高層ビル屋上での大決闘、ビル崩壊、平吉の転落と間一髪の空中救出劇…と、お約束ながら手に汗握る矢継ぎ早のアクションと、平吉と葉子のストイックなラブ・シーンまで、上質のハリウッド製アメコミ・アクション映画(バットマン、スパイダーマン等)を観たような満足感を覚えた。

ネタバレになるので書かないが、ラストのサプライズもアッと驚いた。これから観る方は、なるべく情報を仕入れず、白紙の状態で観る事をお奨めする。

一部の乱歩ファンから、二十面相や明智小五郎のキャラクターが、乱歩の原作と異なる点について批判が出ているようだが、これはお門違いである。
キャラクターこそ借りてはいるが、舞台はパラレル・ワールドの異世界である。北村想の原作を元にした、乱歩が書いたのとは違う世界の物語である。日本という国が、まったく違う様相を呈している以上、二十面相も明智も、元の世界と同一キャラではあり得ないのである。むしろ、乱歩の原作で観客が二十面相や明智のキャラを熟知しているからこそ、ラストの種明かしがサプライズとなって楽しめるのである。

(以下、ネタバレにつき隠します。未見の方は要注意)
平吉が、貧しい人を救う為に、(警察から見れば悪人である)二十面相を襲名しようと決意するくだりは、「ダークナイト」におけるブルース・ウェインの決意を彷彿とさせるし、明智が本当は悪人だった事を知らない小林少年が、明智の敵討ちの為、二十面相に復讐心を燃やす辺りは「スパイダーマン」シリーズとよく似ている。
ちなみに、北村想の原作はパート2もあり、こちらでは二十面相を明智の仇とする小林少年が2代目明智小五郎を襲名し、二十面相を襲名した平吉と対決する。本作もヒットしたなら、是非このパート2に基づき、続編を作って欲しい。

↑ ネタバレここまで

 
この映画と似た作品を探すなら、それはジャパニメーション(日本製アニメ)の世界である。例を挙げれば、宮崎駿の「天空の城ラピュタ」と、大友克洋の「スチーム・ボーイ」だろう。レトロさと近代が融合した独特の世界観、世界を滅ぼす驚異の科学兵器の争奪戦…など、本作との共通点が幾つか見つけられる。

…そう考えれば、本作には他にもいくつか、宮崎アニメとの共通点を発見する事が出来る(またか、と言わないでください(笑)。詳細は例によって末尾の“お楽しみ”コーナーを参照)。

宮崎駿や大友克洋の傑作アニメ群が登場した20数年前、私は、“こうしたファンタスティックな冒険活劇が、実写映画として日本に登場するのはいつの日だろうか”ずっと思っていた。だが、“金がかかり過ぎる”,“貧乏くさい陰々滅々とした映画しか作れない日本では到底無理”などと言われ続け、私も半ばあきらめていた。

それだけに、本作の登場は事のほか嬉しい。ようやく、日本的な、ジメジメ、ベタベタした世界から脱却した、カラッと明るい、壮大なスケールと世界観を持った陽性の純エンタティメントが生まれるようになったわけである。脚本も担当した、佐藤監督の大健闘も大いに称えたい。アッパレである。

この正月は、奇しくも数字対決となった、旧来のウェットでかったるいベタベタ人情劇「252-生存者あり-」よりは、是非明るいエンタティンメントの快作「K-20」を観る事を強くお奨めする。…これがヒットしなかったら、大げさかも知れないが、また日本の冒険ファンタジーの発展が遅れる事にもなりかねないからである。ヒットを祈りたい。    (採点=★★★★☆

(付記)
世界観や、帝都のビジュアルがなんとなく、「帝都物語」(監督:実相寺昭雄)と似てるなあ、と思ったら、その「帝都物語」で、怪人・加藤保憲を怪演した嶋田久作がワンカット、ゲスト出演していたのにはニンマリした。こういうお遊びも洋画ではよくあるが、日本映画では珍しい。やってくれますねぇ。

 ランキングに投票ください → ブログランキング     にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ

 
(さて、お楽しみはココからだ)
多少ネタバレになるかも知れないので、未見の方は読まないでください

この映画、多分宮崎駿の傑作大活劇「ルパン三世/カリオストロの城」からかなり頂いているのは間違いない。

まず、白無垢衣装のお嬢様が二十面相に追われ、逃げている所を平吉に助けられるくだり。「ルパン-」の冒頭、クラリスが花嫁衣裳で逃げている所をルパンに助けられるシーンからのいただきである。

ご丁寧にも、その後追っ手から逃れる為、ワイヤーで葉子を抱いてぶら下がったが、ワイヤーがはずれ、二人とも「ありゃー」と転落するシーン、「ルパン-」でも崖にぶら下がった後でそっくり同じシーンが登場する。

葉子が持つ、秘密のキーボックスをはめ込むと、からくり仕掛けの塔が動いて秘密のメカニズムが顔を覗かせるくだりも、「ルパン-」のクライマックス、クラリスの持つ指輪をはめ込むと時計塔のからくり仕掛けが動くシークェンスに呼応しているし、その後塔が崩壊するのも同じ。

「ルパン-」のラスト、ルパンがクラリスを抱こうと、手を背中に回そうとしてグッと思い止まる有名なシーン、本作のラストでは、それを裏返したパターンが登場しているのも楽しい。

そもそも、“お宝を盗む大泥棒で変装の名人”という二十面相のキャラクター自体が、「ルパン三世」のキャラとそっくりかぶっているのである。

また、塔屋に現れる巨大なエネルギー発射装置は、宮崎の「未来少年コナン」の、インダストリアの太陽塔塔屋に現れる、太陽エネルギー発射装置にヒントを得ているのかも知れないし、葉子が小型ヘリコプターで間一髪平吉を救助するクライマックスは、「天空の城ラピュタ」における、パズーがフラップターでシータを救出するシークェンスへのオマージュのようでもある。

…といった具合に、宮崎アニメとの類似点がいくつか散見されるのは、究極のところ、宮崎駿が、我が国における、壮大なイマジネーションに満ち、独自の世界観が構築された冒険大活劇の元祖である、という点にまとめられるからに他ならない。だからこそ、海外でも多くの冒険活劇に、宮崎作品へのオマージュが見られるわけなのである。

しかし、そろそろ、宮崎駿を乗り越えて、実写作品に、オリジナリティ溢れる冒険活劇を作れる作家が登場しないものだろうか。いつまで経っても宮崎オマージュでは、活劇ファンとしては困るのである。
佐藤監督には、本作をステップとして、さらなる飛躍を、オリジナリティに満ちた冒険活劇の秀作を期待したい。

ノベライズ
サントラCD
 
原作(北村想)
 
原作・パートⅡ

|

« 「252 -生存者あり-」 | トップページ | 2008年度・日本インターネット映画大賞日本映画部門 投票 »

コメント

凄く楽しみになりました。是非観たいです!

投稿: 怪人K | 2008年12月21日 (日) 22:29

チャップリンの『キッド』を意識したようなワンカットがあったのですが、どうなんでしょう?気になってきた・・・

投稿: kossy | 2008年12月28日 (日) 23:14

私も途中から「ルパン3世・カリオストロの城」が頭に浮かんで離れませんでした。観終わった後真っ先に思ったのは、これならカリオストロの城、実写で行けるじゃん!ということ。いつか日本映画でアニメでなく(無理ならアメリカ映画ででも)そのまま実写化してくれないかな(もちろん宮崎駿さんが許可しなきゃ無理ですが・・・)と思っていたのですが、この映画を見て初めて出来るじゃん!と思えました。ただし、松たか子のクラリスはなしですが、この映画の松たか子はすごくいい。金城武もいかにもという感じ。ひょっとしてルパン役も適役ではないか。作品に協力している山崎貴は、ナウシカを実写化したいと公言しているし、実際現在別のアニメの実写化手がけている(大期待!)ので、ぜひロボット+佐藤監督、もしくは山崎貴+金城でカリオストロ実写化実現しないかな、と真剣に思わせてくれた「K-20 怪人二十面相・伝」でした。

投稿: オサムシ | 2008年12月31日 (水) 04:00

反対と思います。確かにルパンからの発想もありなんでしょうが元々宮崎さん世代が江戸川乱歩等に影響を受けてるのではないですかいったら元祖だと。その意味ぬきでも実写化は素晴らしい面白さでした。アクションシーンがもっとあっても良かったな。

投稿: パコ | 2009年1月 1日 (木) 23:43

>kossyさん
えーっと、「キッド」を意識したようなシーン、どこでしょうか。ちょっと思い当たらないのですが。
民生局に連れてゆかれた子供を追いかけ、屋根伝いに追いかけるシーン辺りでしょうか。
私も気になって夜も寝られません(笑)。いや冗談です。

>オサムシさん、ようこそ。
実写版「カリオストロの城」是非観たいですね。佐藤監督だと、あまりに「K-20」の二番煎じになってしまうので、山崎貴監督で是非。期待してます。

投稿: Kei(管理人) | 2009年1月 5日 (月) 01:46

>パコさん、ようこそ。
>元々宮崎さん世代が江戸川乱歩等に影響を受けてるのではないですか…

その乱歩の「二十面相」自体、M・ルブランの「怪盗ルパン」(1904~)からモロに影響を受けてますからね。シルクハットに黒づくめという扮装も似てます。

ちなみに、カリオストロの名は、ルブラン「ルパン」シリーズの『カリオストロ伯爵夫人』(1924)からの拝借で、この作品には“クラリス”も登場しています。
故に、「二十面相」も宮崎「カリ城」も、原典は共に「怪盗ルパン」という事になるので、似ているのは当然なのかも知れませんね。

投稿: Kei(管理人) | 2009年1月 5日 (月) 02:04

私、正直、全く期待しないで観たんです。唯一、昨年映画観た時の予告編の知識のみでした。
いやー、面白かった。一気にラストまで引き込まれましたね。
最後の、あの場面は私的に少し予想がつきましたが、見終わってスッキリした気分で楽しかったです。
私、結構年輩で、リアルタイムの怪人20面相の本を読んでましたが、これは良いと思いますよ。
これ観て、金城さん、松さん、仲村さんのこと、もっと好きになりました。
あっ、國村さんも高島さんも良いですね。
久し振りに、不完全燃焼しない邦画に逢えました。

投稿: アコP | 2009年1月 6日 (火) 08:18

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/174742/43486751

この記事へのトラックバック一覧です: 「K-20 怪人二十面相・伝」:

» 劇場鑑賞「K−20怪人二十面相・伝」 [日々“是”精進!]
江戸川乱歩の小説でおなじみ、怪人二十面相を巡る痛快サスペンス・アクション。二十面相と彼に人生を狂わされた男の対決が描かれる。監督は「アンフェア」シリーズの脚本を手掛けた佐藤嗣麻子。ストーリーは・・・第二次世界大戦が起こらず、華族制度によって貧富の差が広...... [続きを読む]

受信: 2008年12月21日 (日) 20:32

» 『K−20 怪人二十面相・伝』 [ラムの大通り]
-----これって、最近よく聞くけど どういうお話ニャの? 「フォーンは、怪人二十面相は知っているよね」 ----うん。明智小五郎の宿敵でしょ? 江戸川乱歩の原作で 助手に小林少年がいるんじゃなかったっけ。 「そう。 でもこの映画は、劇作家として知られる北村想の原作を基にしたもの。 舞台を、第二次世界大戦が回避された日本に設定。 19世紀から続いている華族制度によって 極端な格差社会が生まれた、 いわば、もう一つの日本で 富裕層のみをターゲットとした“義賊”怪人二十面相の暗躍と、 それを覆う明智小五... [続きを読む]

受信: 2008年12月21日 (日) 21:33

» 怪人二十面相vs怪人二十面相【K-20怪人二十面相・伝】 [犬も歩けばBohにあたる!]
今年ノリに乗っている金城武主演最新作 「K-20怪人二十面相・伝」を見てきました [続きを読む]

受信: 2008年12月21日 (日) 21:47

» K-20 怪人二十面相・伝 [充実した毎日を送るための独り言]
・K-20 怪人二十面相・伝(金城武・松たか子・仲村トオル出演 12月20日より公開) 昭和の大怪盗である「怪人二十面相」をモチーフとした作品。罠にはめられ二十面相にされてしまったサーカス団員の平吉が無実を晴らすべく、名探偵明智小五郎やその婚約者とともに本物の怪人二十面相を追いかける。怪人二十面相の正体は誰なのか? 1949年、第2次世界大戦が回避され戦火に巻き込まれていないが、昔からの極端な格差社会が残っている「帝都」という仮想世界で怪人二十面相が暗躍している。はたしてその目的は? 147分の上映... [続きを読む]

受信: 2008年12月21日 (日) 21:54

» 映画「K−20 怪人二十面相・伝」試写会@東京厚生年金会館 [masalaの辛口映画館]
 映画の話 極端な格差社会の架空の都市“帝都”では、富裕層のみを狙い、美術品や骨董品を鮮やかに盗み出す“K-20”こと怪人二十面相が世間を騒がせていた。ある日、サーカスの曲芸師・遠藤平吉(金城武)は、財閥令嬢・葉子(松たか子)と名探偵・明智小五郎(仲村トオ...... [続きを読む]

受信: 2008年12月21日 (日) 23:46

» K-20 怪人二十面相・伝 (金城武さん) [yanajunのイラスト・まんが道]
◆金城武さん(のつもり)金城武さんは、12月20日公開の映画『K-20 怪人二十面相・伝』に遠藤平吉 役で出演しています。先週、東京厚生年金会館にて開催された試写会で観てきました。●導入部のあらすじと感想... [続きを読む]

受信: 2008年12月21日 (日) 23:52

» ★「K-20(TWENTY) 怪人二十面相・伝」 [★☆ひらりん的映画ブログ☆★]
今週の週末レイトショウ第二弾は、 「チネチッタ川崎」で初日の22:20の回。 レイトショウにしてはまあまあの入りで50人くらいかなぁ。 [続きを読む]

受信: 2008年12月22日 (月) 03:47

» K-20 怪人二十面相・伝 [象のロケット]
第二次世界大戦を経験せず、現在とは異なる発展を遂げた架空都市≪帝都≫。 華族制度が存続し、富の9割が一部の特権階級に集中する中、富裕層のみをターゲットにする怪盗≪怪人二十面相≫=K-20 が世間を騒がせていた。 サーカスの曲芸師・遠藤平吉はK-20に騙され、K-20に仕立て上げられてしまう…。 レトロ・フューチャー・アクション。... [続きを読む]

受信: 2008年12月22日 (月) 11:49

» 「K-20 怪人二十面相・伝」 懐かしの冒険活劇 [はらやんの映画徒然草]
江戸川乱歩の「少年探偵団」シリーズ、ご多分に漏れず僕も小学生の頃、学校の図書館に [続きを読む]

受信: 2008年12月23日 (火) 08:19

» 仲村トオル [????????]
「K-20 怪人二十面相・伝」 はないか(これについては後述)。実は、観る前には... [続きを読む]

受信: 2008年12月23日 (火) 09:40

» 明るいダークナイト。『K-20(TWENTY) 怪人二十面相・伝』 [水曜日のシネマ日記]
江戸川乱歩の小説に登場するダークヒーロー、怪人二十面相の真相に迫るアクション映画です。 [続きを読む]

受信: 2008年12月23日 (火) 23:26

» 『K-20 怪人二十面相・伝』 試写会鑑賞 [映画な日々。読書な日々。]
1949年、帝都。社会は、19世紀から連綿と続く華族制度によって富める者と貧しき者の二極化がなされていた。曲芸手妻師・遠藤平吉は、小さなサーカス小屋で人気を博していた。サーカス団のメンバーは、皆貧民街で暮らす人々だ。羽柴財閥の跡取り・羽柴葉子は、名探偵・明智小... [続きを読む]

受信: 2008年12月25日 (木) 19:54

» K-20 怪人二十面相・伝 [せるふぉん☆こだわりの日記 ]
金城武主演「K-20 怪人二十面相・伝」を観てきました~。 かなり長い事楽しみに [続きを読む]

受信: 2008年12月26日 (金) 00:22

» K-20(TWENTY)怪人二十面相・伝(映画館) [ひるめし。]
違う!オレは二十面相じゃない! [続きを読む]

受信: 2008年12月26日 (金) 11:19

» K-20 (TWENTY) 怪人二十面相・伝 [江戸っ子風情♪の蹴球二日制に映画道楽]
 日本  アクション&アドベンチャー&ミステリー  監督:佐藤嗣麻子  出演:金城武      松たか子      仲村トオル      國村隼 【物語】  1949年、第二次世界大戦を回避した日本の都市、帝都。そこは、19世 紀から続く華族制度により極端な貧富....... [続きを読む]

受信: 2008年12月28日 (日) 00:00

» 『K-20(TWENTY) 怪人二十面相・伝』2008・12・27に観ました [映画と秋葉原と日記]
『K-20(TWENTY) 怪人二十面相・伝』  公式HPはこちら ←クリック ●あらすじ 1949年、第二次世界大戦を回避した日本の首都帝都の物語。そこは、ごく一部の特権階級が富を独占する社会となっていてそんな富裕層だけを狙い、鮮やかな手口で窃盗を繰り返す怪... [続きを読む]

受信: 2008年12月28日 (日) 11:29

» 映画「K-20 怪人二十面相・伝」  リアルを捨てればかなり楽しめる [   朕竹林  ~映画とネットとモバイル機器な日々~]
観ました。期待3割不安7割で。 結果を言えば、突っ込みどころはあるものの、割り切ってみればかなり楽しめました。 今日は初日なんですが、名古屋のとある映画館では、大きな劇場の割りに客がまばらでした。まあ、他にも上映初日の作品は多くありましたし、元ネタが不明で危険牌と見る人も多かったと思います。 この映画は、ちょっとひとくせあります。物理法則や役者の演技など…。でもこのリアルとの違和感を捨てれば、結構面白くなってきます。そう、だんだん面白くなってきます。 この映画を楽しめるかどうかの... [続きを読む]

受信: 2008年12月28日 (日) 13:25

» K-20(TWENTY) 怪人二十面相・伝 [★YUKAの気ままな有閑日記★]
近頃とっても気になる金城さんを目当てに鑑賞(笑)いそいそ【story】1949年、格差社会の架空の都市“帝都”では、富裕層のみを狙い、美術品や骨董品を鮮やかに盗み出す“K-20”こと怪人二十面相が世間を騒がせていた。ある日、サーカスの曲芸師・遠藤平吉(金城武)は、財閥令嬢・葉子(松たか子)と名探偵・明智小五郎(仲村トオル)との結納の儀に潜入して写真を撮ってくる依頼を引き受けるが、それは怪人20面相が仕掛けた罠だった―     監督・脚本 : 佐藤嗣麻子【comment】&nb... [続きを読む]

受信: 2008年12月28日 (日) 22:29

» K-20 怪人二十面相・伝 [ネタバレ映画館]
ロケは北九州が中心?こ、こ、小倉は少年探偵団・・・ [続きを読む]

受信: 2008年12月28日 (日) 23:09

» K−20 怪人二十面相・伝 [5125年映画の旅]
世界大戦が起こらなかった架空の時代。帝都では、様々な美術品や貴重品を狙う怪人二十面相が暗躍していた。サーカスの花形・遠藤平吉は、名探偵明智小五郎の披露宴の様子を写真に撮るという依頼を受ける。しかしそれは二十面相の罠であり、平吉は二十面相として警察に拘束...... [続きを読む]

受信: 2008年12月29日 (月) 08:24

» K-20(TWENTY) 怪人二十面相・伝 [華待月]
1945年の架空都市<帝都>。第二次大戦を回避し、財閥と軍部の力が世の中を支配している近代日本の架空都市“帝都(東京)” 19世紀から続く華族制度により、極端な格差社会が生じる日本で、世間を脅かしている強盗がいた。“怪人20面相”と呼ばれるその強盗は、富裕層だけをターゲットとし、美術品や骨董品を魔法のようなテクニックで、次々と盗み出すというのだ。頭脳明晰でこれまでも数々の事件を解決してきた探偵、明智小五郎は、サーカスの人気曲芸師、平吉が謎の怪人20面相<K-20>だと疑い、捜査を始め... [続きを読む]

受信: 2008年12月30日 (火) 16:52

» 『 K-20怪人二十面相・伝』 [京の昼寝〜♪]
□作品オフィシャルサイト 「K-20怪人二十面相・伝」□監督・脚本 佐藤嗣麻子 □原作 北村 想(「怪人二十面相・伝」小学館刊)□キャスト 金城 武、松たか子、仲村トオル、國村 隼、高島礼子、本郷奏多、今井悠貴、益岡 徹、鹿賀丈史■鑑賞日 12月21日(日)■劇場 チネチッタ■cyazの満足度 ★★★★(5★満点、☆は0.5)<感想> いやいや期待していなかったこともあるけど、肩の力を抜いて楽しめる、なんだかあちこちのアクション映画をパクッて来て、それでいてなんか懐かしいアクション且つサスペンス且つ... [続きを読む]

受信: 2009年1月 8日 (木) 12:17

» K-20 怪人二十面相 お勧めです [TAHARACHI こだわり MONO   ]
今回 金城武に惹かれて行きました[E:happy01] 面白かったです[E:si [続きを読む]

受信: 2009年1月 8日 (木) 17:56

» [映画『K-20(TWENTY) 怪人二十面相・伝』を観た^^] [『甘噛み^^ 天才バカ板!』]
☆・・・感服つかまつった^^    ◇ あんまり乗り気じゃなかったのだが、姪が「これが観たい」と言うので、いつものMOVIX昭島に向かった。  ハリウッドが、アメコミヒーローを昨今の特殊撮影の進歩によって重厚に再生させたように、邦画も「怪人二十面相」を復活させようとしたのが透けて見えた。  これまでも、ティム・バートン版の『バットマン』がヒットした頃、邦画でも懐かしのヒーロー物が新たに撮られたが、『8マン・すべての寂しい夜のために』を筆頭に、質的にも興行的にも「すべての寂しい夜のために」てな... [続きを読む]

受信: 2009年1月11日 (日) 10:22

» 映画『K-20 怪人二十面相・伝』 [闘争と逃走の道程]
 江戸川乱歩が生み出した不朽の人気キャラクター、怪人二十面相。本作は、乱歩の小説にインスピレーションされて生まれた、まったく新しいヒーロー物語です。 K‐20―怪人二十面相・伝 (小学館文庫)百瀬 しの...... [続きを読む]

受信: 2011年4月 2日 (土) 21:05

« 「252 -生存者あり-」 | トップページ | 2008年度・日本インターネット映画大賞日本映画部門 投票 »