« 「私は貝になりたい」 | トップページ | 「ザ・ローリング・ストーンズ シャイン・ア・ライト」 »

2008年12月 7日 (日)

「WALL・E / ウォーリー」

Walle(2008年・ピクサー=ディズニー/監督:アンドリュー・スタントン)

3DCGアニメの草分けである、ピクサー社製作アニメの最新作は、初めてのSF。監督は「ファインディング・ニモ」のアンドリュー・スタントン。

22世紀に、地球はゴミに溢れて住めなくなり、人類は地球を捨てて遥か宇宙に逃れた。
それから700年。ゴミ処理ロボットのWALL.E(ウォーリー)は、たった一人、ゴミの山を整理し続けていた。そんなある日、宇宙船がやって来て、真っ白い、イヴと呼ばれるロボットを残して去った。ウォーリーはイヴと仲良くなろうとするが、再びやって来た宇宙船にイヴは連れ去られる。ウォーリーはイブを取り戻そうと、宇宙船に摑まって…。

前半は、一人黙々とゴミ処理を行うウォーリーの日常を描く。この辺りの描写は、ますます精緻になったCGのおかげで、まるで実写のように見える(昨年の「アイ・アム・レジェンド」の冒頭を思わせる)。
ゴミの中からいろんなお気に入りの小物を見つけてコレクションしたり、「ハロー・ドーリー」のビデオを見たり、たった一匹の生き物であるゴキブリ君を友達にしたり…といった日常を送るうちに、ウォーリーには人間のような感情が生まれて来る。特に「ハロー・ドーリー」の中で、男女が手をつなぎ合って歌うシーンを見て、ウォーリーがいつの日か、手をつなぎ合う相手と出会える事を待ち望んでいる気持ちが観客にも伝わって来る。

後半は、宇宙船に連れ去られたイヴを追っての、ウォーリーの大冒険物語となるのだが、考えればピクサー作品は、「トイ・ストーリー」から「ファインディング・ニモ」に至るまで、“連れ去られた仲間(家族)を捜し求める大冒険の旅”というパターンが多い事に気が付く。

この後半は、いつもながらの追って、逃げて、捕まって、また逃げて…というアクションのつるべ打ちで楽しませてくれるが、今回はいつもの、“友情(または家族愛)と勇気と冒険”だけでなく、“環境汚染が進む地球への警鐘”という、珍しいエコロジー・テーマも含まれており、そういう意味では、大人の観客にも是非観て欲しい作品になっている。700年後の人類が、体がすっかり退化して全員メタボになっているのは痛烈な風刺である。

最初はとっつきにくかったイヴが、次第にウォーリーに好意を寄せて行くプロセスも違和感がない。特に、旧式の消火器を使った、二人の空中ランデブー・シーンは、ディズニー・アニメ「ピーター・パン」のピーターとウェンディの空中遊泳を思い起こさせ、ウットリさせられる。―そう考えれば、消火器の白い飛沫は、ティンカーベルの金粉を連想させてもくれるし…。
アニメ映画史に残る名シーンと言えるのではないか。

全体としては、ウォーリーとイヴとの、男女の純愛物語にもなっている。ピクサー作品としては初のパターンである。今後のピクサー作品の展開が楽しみでもある。

 
で、コアな映画ファンにとっては、いろんなSF映画に対するオマージュを見つける楽しみもある。ウォーリーの造形は「ショート・サーキット」のジョニー・5を思わせるし、ロボットとエコロジーでは、ダグラス・トランブル監督の秀作「サイレント・ランニング」との共通項も見出せる。イヴとウォーリーを乗せた宇宙船が巨大宇宙船の中に吸い込まれるように着陸するくだりは、「スター・ウォーズ」を思わせる。

そして何といっても、赤い目玉のスーパー・コンピュータが人間を制御しようとする展開は「2001年宇宙の旅」。ご丁寧に艦長がコンピュータに立ち向かうシーンではR・シュトラウスの「ツァラトゥストラはかく語りき」が盛大に流れる。

もう一つ、気付いたのは、ニック・パークのアニメ「ウォレスとグルミット」の1編「チーズ・ホリデー」。手製のロケットで月に行ったウォレスたちが月面で出会うのが、たった一人で暮らすロボット。本作で、地球を飛び立った宇宙船が月面すれすれに飛び、アメリカ国旗とアポロ宇宙船の残骸をチラリと見せるのは、あの作品に対するオマージュの意味があるのかも知れない。

 
そんなわけで、これはアニメ・ファンのみならず、映画ファンなら余計楽しい快作である。無論、可愛らしいウォーリーの活躍が楽しいので、子供が観ても十分楽しめるし、家族でゴミ問題や環境汚染についていろいろ話し合ってもいい。万人にお奨め出来る、愛と、勇気と、冒険の、これは素敵な秀作である。必見。     (採点=★★★★☆

(付記) 
ただ、あんまり突っ込んではいけないのだが、科学考証的に見ればおかしな所がいくつかある。(先に知ると面白くないので、未見の方は、以下は読まないように

まず、VHSビデオテープは数十年で劣化するので、800年後に再生出来るはずはない。て言うか、あの環境じゃ酸化してコナゴナになってるはず。

宇宙空間にいる宇宙船内は、「2001年-」のように回転して遠心力をつけない限り無重力のはずで、普通に重力があるのもおかしい。
それを言うと、「スター・ウォーズ」「エイリアン」も、テレビの「スター・トレック」も、無重力空間の宇宙で普通に歩いているのはすべておかしいのだが(笑)…。

まあそのくらいなら許せる範囲だが、クライマックスでのコンピュータとの戦いで宇宙船が傾くと…
なんと人間たちが、「タイタニック」よろしく斜面をゴロゴロとすべり落ちだす…。
まるで地球上まんまである(笑)。いったいこの引力は、どこから発生してるんでしょうか(笑)。

骨が退化して、まともに歩けないはずのメタボ人類が、地球に到着すると、普通に歩いてるし…。

…と、突っ込んじゃ、やっぱりいけないんでしょうね(笑)。SFではなく、冒険ファンタジーと割り切って観るべきでしょう。

 ランキングに投票ください → ブログランキング     にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ

 
(さて、久しぶりに、お楽しみはココからだ)
SF映画へのオマージュ以外に、この作品にはもう一つ、ある作家へのオマージュが見受けられる。

その作家とは、宮崎駿である。

ウォーリーを男の子、イヴを女の子…とみなせば、“はるか未来、人類がいなくなった地上で、たった一人で暮らす男(の子)の元に、ある日女の子が現れる。やがて女の子は宇宙船で連れ去られ、彼女を助けるべく、男は宇宙船に飛び移り…”と言う展開、宇宙船を飛行艇に置き換えれば、宮崎の出世作「未来少年コナン」の出だしとそっくりである(コナンはおじいと暮らしている違いはあるが)。

そもそも、“さらわれた女の子を助ける為の、男の子の大冒険”というシチュエーションは、「ルパン三世/カリオストロの城」、「コナン」、「天空の城ラピュタ」など、宮崎アニメの定番とも言えるのである。

本作では、役に立たず閉じ込められていたロボットたちが脱走し、反乱を起こすくだりがあるが、これも「-コナン」の、地下に閉じ込められていた囚人たちの反乱と呼応している。

もう1作、「風の谷のナウシカ」との類似性がある。ご承知の通り、この作品は未来世界における環境汚染とエコロジーが重要なテーマになっている。

ナウシカは、一人森に入っては、植物や胞子を採取し、自分の部屋に蒐集しているが、ウォーリーも拾った小物をコレクションしており、そのうちの採取した植物が重要なキーとなる。

ディズニーのスタッフには熱狂的な宮崎駿ファンがいるというのは有名な話だが、ピクサーのスタッフにも宮崎ファンがいるのは間違いないだろう。
そう考えるなら、宇宙船外でのウォーリーとイヴとの空中飛行も、宮崎作品「千と千尋の神隠し」におけるラスト間際の、千尋とハクとの幸福そうな空中飛行シーンを想起させる。“少年と少女の空中飛行”もまた、宮崎アニメの定番である(「ラピュタ」など)。

 
ついでに日本アニメ作家つながりで、もう一人の天才、手塚治虫の秀作「火の鳥」に対するオマージュも見受けられる。

「未来編」の話は、遥かな未来、人類が住めなくなった地球で、たった一人生き残った男(山之辺マサト)が、何百年もの間孤独に耐え、黙々と同じ作業を続ける…というもので、本作の展開とそっくりだし、「復活編」の主人公レオナは、ロボットの少女に恋心を抱くという話。なおレオナの記憶はロボット、ロビタに受け継がれる。ロビタもまたたった一人、生き残ってしまうのである。

手塚もまた、地球の未来と環境汚染問題に熱心な作家である。宮崎駿と手塚治虫、両作家の作品が、本作に影響を与えている…と見るのは自然ではないかと思われるが、いかがだろうか。 

 

|

« 「私は貝になりたい」 | トップページ | 「ザ・ローリング・ストーンズ シャイン・ア・ライト」 »

コメント

こんばんは。
いやあ、完璧な分析ですね。
この映画の長所、短所をずばり突いているだけでなく、その引用元を、
宮崎駿、果ては手塚治虫「火の鳥」まで探り当てる。
感服しました。

投稿: えい | 2008年12月 8日 (月) 22:37

いつも楽しく拝読しております。

ネタバレですが

最後も「キスで魔法が解ける」崖の上のポニョなんかを彷彿とさせましたね。

ただファシズムに対する批判なんかまで入れて来たのには驚かされました。

別件ですが色々生活が慌しくなってきたので、観た作品はあるものの本年は打ち止めになりそうです。早くも洋画邦画ともにベストも作ってしまいました。

なので、例のお勧めいただいた往年の名画を観ていこうと思います。ありがとうございました!

投稿: タニプロ | 2008年12月20日 (土) 07:58

追記

>観た作品はあるものの

観たい作品はあるものの

の間違いでした。

投稿: タニプロ | 2008年12月20日 (土) 08:01

はじめまして。検索で回っていて拝見致しました。
ご感想、同感です。

イヴの造形はiMacですね。
ウォーリーの起動音もMacでした。

宮﨑アニメへのオマージュはストーリやテーマだけではなく、キャラクターの動き方にも込められています。
地上でのイヴの飛行シーンなど、一度タメを作ってから一気に飛び、二条の縮流を引きながら飛び回る。
ナウシカのメーヴェです。

投稿: 27 | 2008年12月28日 (日) 10:13

>えいさん、コメントありがとうございます。

手塚治虫「火の鳥」云々は、えいさんもブログで書かれてましたね。実はそちらを読ませていただいて気が付きました(汗)。
いろいろと参考にさせていただいてます。ありがとうございました。


>タニプロさん
空前の不況時代にお仕事探されるのは大変でしょうね。頑張ってください。
「ポニョ」にも似てますね(こちらも少年と少女の冒険譚)。ただ「ウォーリー」は「ポニョ」発表よりずっと以前から製作されてますから、似てるのは偶然でしょう。


>27さん
そうか!、メーヴェの飛翔シーンも取り入れられてますね。
ありがとうございました。
この調子だと、まだまだ宮崎オマージュ、隠されてるかも知れませんね(笑)。

投稿: Kei(管理人) | 2008年12月30日 (火) 19:18

スターウォーズにしろ、スタートレックにしろ、宇宙船の中で普通に歩けるのは、人工重力のテクノロジーがあるという設定でしょう。

投稿: 通りすがり | 2009年1月 1日 (木) 17:10

無重力の描写は手間がかかるのでストーリーに絡まない限り使われないのかもしれません。

投稿: | 2013年3月19日 (火) 00:40

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/174742/43351431

この記事へのトラックバック一覧です: 「WALL・E / ウォーリー」:

» 映画 【WALL・E / ウォーリー】 [ミチの雑記帳]
映画館にて「WALL・E / ウォーリー」 ディズニー/ピクサー製作のファンタジーアニメーション。 おはなし:西暦2700年の地球。宇宙に逃れた人間が残したゴミを、700年もの間片付け続ける“地球型ゴミ処理型ロボット”WALL・E(ウォーリー)。ある日、地球にイヴという名のピカピカのロボットが現れた。 ピクサー製作のアニメにはこれまでほとんど興味がありませんでした(キャラの顔が苦手)。でも、この映画だけは予告を見た時からグッと心をわしづかみにされてしまったのです。 西暦2700年の地球は荒廃... [続きを読む]

受信: 2008年12月 7日 (日) 23:21

» WALL・E/ウォーリーと古代エジプトのスカラベ [佐藤秀の徒然\{?。?}/ワカリマシェン]
公式サイト。アンドリュー・スタントン監督、 フレッド・ウィラード。29世紀、金属廃棄物を立方体に固めて積み上げたスカイスクレーパーが林立している。まるで金属の蟻塚のようだ。その蟻の役割をしているのがたった1台残った廃棄物処理ロボット、ウォーリー。WALL・Eとは、...... [続きを読む]

受信: 2008年12月 7日 (日) 23:40

» WALL・E を観たゾ [ヤジャの奇妙な独り言]
Disney配給・PIXER製作の新作 WALL・Eを観てきました 今作はあえて「日本語吹 [続きを読む]

受信: 2008年12月 8日 (月) 00:05

» 映画レビュー「WALL・E/ウォーリー」 [映画通信シネマッシモ☆プロの映画ライターが贈る映画評]
ウォーリー◆プチレビュー◆独創的なラブ・ストーリーに鋭い現代文明批判を組み合わせた秀作。ロボットのカップルが愛しい。 【85点】  29世紀、人類が去って荒廃した地球。ゴミ処理型ロボットのウォーリーは、700年間ひとりぼっちで作業を続けていた。ある日、そこに真....... [続きを読む]

受信: 2008年12月 8日 (月) 00:07

» WALL・E /ウォーリー [我想一個人映画美的女人blog]
ご存知、ディズニーのピクサー映画最新作{/m_0146/} 前にも言ったけど ピクサー作品では名作『トイ・ストーリー』と『モンスターズ・インク』が好き{/heart_orange/} 【ウォーリー】 ゴミを集めて積み上げていく仕事を700年間続けている最後のロボット。 気に入ったものは宝物としてコレクション。 ゴミの中から見つけたミュージカル映画に憧れ、いつか誰かと手をつなぐのが夢。 【イヴ】 ある指令によって地球に派遣された最新型ロボット(性別女の子)。 ウォーリーの宝物の一つを見せ... [続きを読む]

受信: 2008年12月 8日 (月) 00:48

» WALL・E / ウォーリー [Akira's VOICE]
小さなロボが人類を救う。   [続きを読む]

受信: 2008年12月 8日 (月) 09:55

» いろんな意味で凄い映画。『WALL・E/ウォーリー』 [水曜日のシネマ日記]
西暦2700年の地球に残されたゴミ処理ロボットの物語です。 [続きを読む]

受信: 2008年12月 8日 (月) 10:06

» 『WALL・E /ウォーリー』 [ラムの大通り]
(原題:Wall-E) ----これはフォーンも観たいニャあ。 人間たちが見捨てた地球で、 たったひとり700年間も働き続けてきた ゴミ処理ロボットのお話ニャンでしょ。 「ほほ〜っ。 さすがによく知っているね」 ----あれだけ予告が流れていたらね。 でも、このウォーリーってロボット、 どこかで観たことがあるような……。 あっ、分かった『ショート・サーキット』だ。 「うん。そっくりだよね。 でも、『ファインディング・ニモ』も監督している このアンドリュー・スタントンが最初にイメージしたのは、 ゴ... [続きを読む]

受信: 2008年12月 8日 (月) 22:40

» ★「ウォーリー」 [★☆ひらりん的映画ブログ☆★]
今週の週末レイトショウは・・・ ディズニー・ピクサーの最新作・・・ 噂ではオスカーの長編アニメ部門じゃなくて、作品賞にノミネートされるのでは・・・ と評判の一品。 確かにずーーっと前から予告編流しいてるけど、 映像もキャラもなかなかの出来だし、面白そう・・・... [続きを読む]

受信: 2008年12月 9日 (火) 04:39

» WALL-E/ウォーリー [小部屋日記]
WALL・E(2008/アメリカ)【劇場公開】 監督: アンドリュー・スタントン 名前は、ウォーリー。 700年間、ひとりぼっち・・・。 ディズニーピクサー、待望の新作。 人類が消えた地球で、ひとりぼっちでゴミ処理を続ける小型ロボット“WALL・E”。 そんな彼の愛と冒険のSFファンタジー。 期待どおり質も高いし、地球の未来を考えてしまいました・・ story 西暦2700年の地球。宇宙に逃れた人間が残したゴミを、700年もの間片付け続ける“地球型ゴミ処理型ロボット”WALL・E(ウォーリー... [続きを読む]

受信: 2008年12月 9日 (火) 12:38

» 『WALL・E/ウォーリー』21世紀のチャップリンは鋼鉄の箱形ロボッ... [よろ川長TOMのオススメ座CINEMA]
もうCGアニメという冠は不要。映画はアイデアと脚本とそれを活かす演出次第であって、CGは単なる表現手段に過ぎないという事をこの作品はあらためて見せつけてくれたからです。 [続きを読む]

受信: 2008年12月 9日 (火) 23:46

» 「WALL・E/ウォーリー」ロボット初恋物語! [シネマ親父の“日々是妄言”]
 ピクサー久々の新作。「WALL・E/ウォーリー」(ウォルト ディズニー スタジオ モーション ピクチャーズ ジャパン)。孤独なお掃除ロボットの、とってもカワイイ初恋物語。もお、いじらしくて堪りませんわ!!  人類がゴミに覆われた地球を捨てて宇宙へ旅立った後、地球上のゴミは清掃ロボット達によって集められ、処理されていた。だが人類が戻らぬまま700年の時が経過。ただ1体残ったロボット“ウォーリー”は、誰もいない街のゴミを、来る日も来る日もただただ片付け続けていた。そんな或る日、... [続きを読む]

受信: 2008年12月11日 (木) 10:41

» WALL・E/ウォーリー [★YUKAの気ままな有閑日記★]
子どもと吹き替え版で鑑賞―【story】西暦2700年の地球。宇宙に逃れた人間が残したゴミを、700年もの間片付け続ける“ゴミ処理型ロボット”WALL・E(ウォーリー)。ある日、地球にイヴという名のロボットが現れた。ずっと孤独だったウォーリーはイヴに恋をするが、イヴが宇宙船にさらわれてしまい―     監督 : アンドリュー・スタントン 『ファインディング・ニモ』【comment】健気なウォーリーの姿に、何度も何度も胸が熱くなった―実はあまり期待せずに観に行ったの。「子どもに付き合ってやるかぁ〜」っ... [続きを読む]

受信: 2008年12月11日 (木) 14:40

» WALL.E ウォーリー/吹替版(映画館) [ひるめし。]
それは、700年の孤独が生んだ≪奇跡≫ [続きを読む]

受信: 2008年12月12日 (金) 13:31

» 猟奇的なイヴ(笑)~「WALL・E」~ [ペパーミントの魔術師]
折りしも年末でございます。 モーがほしいです。(爆) ・・・そゆこと言うてると私のポニョ化がすすむので やめときます。(泣) 一本の映画が人生を変えてしまうことがある。 ・・この場合はロボットですけどね。(笑) たくさんの映画に影響をうけて、 自分も映画を作りた..... [続きを読む]

受信: 2008年12月15日 (月) 01:13

» ウォーリー [象のロケット]
29世紀の廃墟と化した地球。 人間はおろか生き物や植物の気配すらない中、一台のゴミ処理ロボットが毎日黙々と作業していた。 彼の名はウォーリー。 700年間たったひとりで働き続けていた彼の前に、天使のように美しい探査ロボット・イヴが現れる。 一目で恋をしたウォーリーだったが…。 SF冒険ファンタジー・CGアニメ。... [続きを読む]

受信: 2008年12月15日 (月) 18:24

» 映画「WALL・E/ウォーリー」 [茸茶の想い ∞ ~祇園精舎の鐘の声 諸行無常の響きあり~]
原題:WALL・E Wall-EとはWaste Allocation Load Lifter-Earth Classのこと、ただのゴミ処理ロボットではない~切なくも微笑ましいウォ~リィーとイ~ヴァの恋の物語~ 地球上のゴミをひたすら集めてはパックして塔に積み上げる、それがゴミ処理ロボットの... [続きを読む]

受信: 2008年12月16日 (火) 12:12

» 「ウォーリー(WALL・E)」映画感想 [Wilderlandwandar]
ツンデレ乙女ロボットは人類を救えるのか? という事でディズニー嫌いのオジサンが始めて劇場でディズニーアニメを見てきました [続きを読む]

受信: 2008年12月16日 (火) 22:15

» WALL・E ウォーリー リベンジです! [銅版画制作の日々]
  WALL・E ウォーリー ウォーリー〜〜!というあのフレーズが忘れられません。 リベンジです。二度も鑑賞しました。実は(^_^;)最初は爆睡状態zzzzz。半分しか観れなくて。情けない話ですが・・・・・。実はアレルギーの薬を服用していたこともあってだと思います。 二度目はばっちり鑑賞しました。過去にPIXARの作品は、「カーズ」、「レミーのおいしいレストラン」を鑑賞しましたが、今回の「WALL・E」は今までとは一味違うものでした。前半はほとんどセリフがなく、ウォーリーの動きだけです。そして... [続きを読む]

受信: 2008年12月20日 (土) 23:19

» 『ウォーリー/WALL・E』 誰かと手をつなぎたい…言葉はいらないSF“ラブストーリー” [ketchup 36oz. on the table ~新作映画レビュー]
ブログネタ:ひとりぼっちのウォーリーって、知ってる? 参加中 『ウォーリー/WALL・E』 監督:アンドリュー・スタントン 製作製作総指揮::ジム・モリス 共同制作:リンゼイ・コリンズ 製作総指揮:ジョン・ラセター 音楽:トーマス・ニューマン 原案:アンド... [続きを読む]

受信: 2008年12月21日 (日) 06:17

» [映画☆☆☆☆☆]ウォーリー(ネタバレ) [タニプロダクション〜数奇な人生〜]
少々加筆 監督アンドリュー・スタントン 主演ベン・バード 序盤から異常なほど細かいギミックと、ウォーリーの細かい表情の変化や哀愁漂う佇まい、抜群のテンポの良さで笑いを交えて楽しませてくれて、ブラックなメッセージを交えて最後は良質なおとぎ話のようなじわりと染... [続きを読む]

受信: 2008年12月27日 (土) 13:23

» WALL・E/ウォーリー [映画 大好きだった]
ツタヤでブルーレイを借り、吹替えで観賞。予告編を観たくらいで、予備知識はほとんどなく観賞したが、前に観た同じディズニーのアニメ「カーズ 」がSD(DVD)でも映像が綺麗だったということがあって、今回HD(ブルーレイ)ということもあり期待して観た。実際見てみると、実写....... [続きを読む]

受信: 2010年3月11日 (木) 20:38

« 「私は貝になりたい」 | トップページ | 「ザ・ローリング・ストーンズ シャイン・ア・ライト」 »