« 2008年度・日本インターネット映画大賞外国映画部門 投票 | トップページ | 2009年度 鑑賞作品一覧 »

2009年1月 2日 (金)

2008年度・ベスト30 ワースト10発表

あけまして おめでとうございます。

今年もよろしくお願いいたします。

 

さて、いつも私のベストテンは、私のHPの方に掲載してるのですが、今年からはまずブログに発表して、その後HPに再掲する事にしました。

では、まず邦・洋混成の、私のベスト20

Okuribito 1位 おくりびと
 これはもう文句なし。題材の取り上げ方、脚本のうまさ、緩急自在の演出の確かさ。すべて満点です。
 コメディから人間ドラマまで、多くの秀作を撮って来た滝田洋二郎監督にとっても、これは生涯の最高作でしょう。個人的にも、最近身内を亡くしたばかりで、なおの事泣けて仕方がありませんでした。

2位 ゼア・ウイル・ビー・ブラッド
 重厚な力作。ダニエル・デイ=ルイスの熱演が光ります。詳細は作品評参照。

3位 ザ・ローリング・ストーンズ シャイン・ア・ライト
 60歳を超えても、青春溌剌のストーンズに唸らされました。スコセッシの演出もダイナミックかつスタイリッシュで文句なし。ラストの、満月がトレードマークのベロマークに変わるシーンでは拍手したくなりました。

4位 その土曜日、7時58分
 シドニー・ルメットの復活が嬉しい。強盗犯罪サスペンスで始まり、ギリシア悲劇のような結末に終わる構成の見事さに、ただ声もない。圧倒される秀作。

5位 母べえ
 山田洋次、うまい、としか言いようがない。笑わせ、ホロリとさせ、戦争に突き進むあの時代の庶民像を的確に捕らえ、かつ全体を親子と家族の物語にまとめる構成・演出の見事さ。映画作りのお手本です。

6位 実録・連合赤軍 あさま山荘への道程 (監督:若松孝二)
 実は観た後、何度も原稿を書いては書き直し、しかしどうしても客観的にまとめられず、とうとう作品評を掲載しそびれました。それ程に私にとっては重い作品です。新左翼運動が如何に高揚し、そして瓦解して行ったかを見事に追求した、若松孝二監督にしか作れない、連合赤軍ものの最高傑作でしょう。…さて、何年もの間「連合赤軍」製作に意欲を燃やして来て、いまだ実現出来ていない長谷川和彦監督が、この作品をどう捕らえるのか、聞きたい所です。

7位 ガチ☆ボーイ
 詳細は作品評参照。泣けます。小泉徳宏監督は今後も注目です。

8位 崖の上のポニョ
 ストーリー的には破綻だらけなのですが、手づくりセル・アニメによる、宮崎監督の怒濤のごとき演出パワー、イマジネーションの洪水に圧倒されます。頭の中に巻き起こるイメージを、ここまで勢いのままに具現化出来る作家はそういないでしょう。

9位 ダークナイト
 アメコミ「バットマン」の世界を借りて、人間の内在する善と悪の相克をここまで描ききったクリストファー・ノーラン監督、それをビジュアルとして完璧に演じ切ったヒース・レジャー、共にお見事。…しかし我が国で、「ウルトラマン」や「仮面ライダー」を、こんなハイレベルの芸術にまで高められる脚本家や監督がいるだろうか(笑)。

10位 ノーカントリー
 こちらも、犯罪サスペンスを芸術レベルに押し上げたコーエン兄弟の力量に感服。

以上、ベストテンでした。

11位 WALL・E/ウォーリー
 地球の未来に警告を与え、かつピュアなラブ・ストーリーとしても感動させられる、ピクサー・アニメーションの新たな展開に拍手。

12位 シークレット・サンシャイン (監督:イ・チャンドン)
 不幸のどん底に突き落とされ、人生を迷い続けながらも、最後にささやかな光明を見出すヒロイン、チョン・ドヨンの存在感ある演技が秀逸。その彼女をずっと温かく見守り続けるソン・ガンホは相変わらずうまい。力作です。

13位 ぼくたちと駐在さんの700日戦争
 マンガチックなドタバタ騒動に、ホロリとした感動ドラマを巧妙にブレンドした構成がうまい。一歩間違えればメロメロに成りかねない、ギリギリの所で成功に導いた演出に非凡なものを感じます。塚本連平監督の次回作に注目です。

14位 歩いても 歩いても
 是枝裕和監督の成長ぶりが覗える、味わい深い秀作です。

15位 闇の子供たち
 現代社会の、人間の闇を骨太に描き切った阪本順治監督の演出が光る力作。子供たちの自然な演技が素晴らしい。

16位 ミスト
 さすがフランク・ダラボン監督、ホラーを撮らせても一級です。

17位 K-20 怪人二十面相・伝
 年末ギリギリに飛び込んだ、思わぬ拾い物の冒険活劇エンタティンメントの快作。日本映画でもここまで出来るようになった事に、感慨深いものがあります。

18位 イースタン・プロミス (監督:デヴィッド・クローネンバーグ)
 緊迫した、ヒリヒリする演出のテンションに圧倒されます。クローネンバーグ監督は着実に名匠の域に近づいていると思います。ヴィゴ・モーテンセンの体を張った演技も見どころ。

19位 告発のとき
 イラク戦争告発映画がいくつか登場した年でしたが、これはその代表作。スリリングなミステリーとしても楽しめます。

20位 その日のまえに (監督:大林宣彦)
 重松清の原作を大胆にアレンジ。過去の大林映画の断片に加え、宮沢賢治やくらむぼんまでぶち込んでコラージュした演出は評価の分かれる所ですが、メソメソ泣くよりも、爽やかな訣れにまとめた大林演出の姿勢は評価できます。何より、冒頭に登場する大林映画のトレードマーク“A MOVIE”が、この映画の方向性を示しています。ヒロインの最期のメッセージにはジンと来ました。ただし、夫を演じた南原清隆はやはりミスキャスト。妻を演じた永作博美が良かっただけに余計違和感が残りました。

…さて、以上がベスト20ですが、2008年は20本に収められないくらい秀作が目白押しでした。なのでもう10本、ベスト30まで紹介しておきます(タイトルのみ)。

21位 アキレスと亀
22位 ぐるりのこと。
    (監督:橋口亮輔)
23位 この自由な世界で (監督:ケン・ローチ)
24位 クライマーズ・ハイ (監督:原田眞人)
25位  潜水服は蝶の夢を見る (監督:ジュリアン・シュナーベル)
26位 さよなら。いつかわかること
27位 ホット・ファズ 俺たちスーパーポリスメン!
28位 スカイ・クロラ 
29位 勇者たちの戦場
30位 アクロス・ザ・ユニバース

・・・・・・・・・・・・・・

これでも網羅し切れないので、おマケとして、いわゆる秀作とは言えないけれど、腹を抱えて笑った、楽しいB級映画の快作=名付けて「愛すべきB級映画大賞」ベスト10の発表です。…本当はこちらが好みなのですが(笑)。

1位 ホット・ファズ 俺たちスーパーポリスメン! ベストにも入れてますが、固い事はナシで…
2位 片腕マシンガール
3位 シューテム・アップ  
    「タマを撃ち尽くした」に笑った
4位 
Mr.ビーン カンヌで大迷惑?!
5位 ワイルド・バレット
6位 トロピック・サンダー 史上最低の作戦
7位 
僕らのミライヘ逆回転 
  ホントはベストに入れたい秀作
8位 
ミラクル7号
9位 ギララの逆襲/洞爺湖サミット危機一発  邦画がこれ1本なのが残念
10位
燃えよ!ピンポン

・・・・・・・・・・・・・

最後に、こちらは腹が立つ駄作群「ワーストテン」の発表です。

1位 少林少女           文句なし
2位 L change the WorLd
3位 252 ‐生存者あり‐
4位 D-WARS ディー・ウォーズ
5位 ICHI
6位 僕の彼女はサイボーグ
7位 まぼろしの邪馬台国
8位 ゲット・スマート
9位 紀元前1万年
10位 ウォーター・ホース

上位に日本映画が並びました。毎年のことですが。

 
てことで、今年もよろしくお願いいたします。 m(_ _)m

(参考) 日本インターネット映画大賞 日本映画

     日本インターネット映画大賞 外国映画

 ランキングに投票ください → ブログランキング     にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ

|

« 2008年度・日本インターネット映画大賞外国映画部門 投票 | トップページ | 2009年度 鑑賞作品一覧 »

コメント

明けましておめでとうございます!
自分が選んだ作品と被ると嬉しいものです。
ベスト20で比べたら6本入ってました~
とくに「ガチ・ボーイ」や「駐在さん」が嬉しかったり・・・(笑)

正月に時間が余れば「252」を観ようかと考えてましたけど、一気に覚めちゃいました。
素直に「ワールド・オブ・ライズ」を観てこよっと・・・

投稿: kossy | 2009年1月 3日 (土) 00:49

今年も読ませていただきますよ!

それにしても08年は「この作品がこんな下になっちまった!」って嬉しい悲鳴が出る程傑作だらけでした。あと日本映画は良作とダメ映画がはっきりしていますよね。少林少女は「秘宝」とか「文春」で負の栄誉を独占してほしいです(苦笑)

「母べえ」とか「実録・連合赤軍」なんかは、自分が生まれていない時代の話だったため、同時代を経験した両親(父が若松監督と同年齢で母が吉永小百合と同年齢)なんかと改めて会話が弾んだ作品でもありました。

あとトラックバックは先日コメントいただいた記事にアドレスを加えたのみなので、気にしないでくださいませ。

ではでは!


投稿: タニプロ | 2009年1月 3日 (土) 01:57

>kossyさん コメントありがとうございます。
私もkossyさんのベストテン拝見してて、「ガチ☆ボーイ」と「僕たちと駐在さんの700日戦争」がランクインしてたのに嬉しくなりました。やっぱり、分かる人には分かる(笑)。
「252」は、ツッコミどころをいくつ探せるか…という視点でならおススメです(笑)。


>タニプロさん
>08年は「この作品がこんな下になっちまった!」って嬉しい悲鳴が出る程傑作だらけでした。
同意ですね。私も26位までの作品、どれもベスト20に入れたくて悩みました。

今年もよろしくお願いいたします。

投稿: Kei(管理人) | 2009年1月 3日 (土) 21:08

あけましておめでとうごさいます。
2008年はほとんど映画館へ足を運ぶことができませんでした。予定していた観たい映画は250本ばかり・・・そのうち、88本。ベスト30を読ませていただくと、未見ばかり。2008年はいい秀作が揃った年だったのですね。うーん、残念!今年はもっともっと走って、年末にはベスト10、ワースト10を出したいと思ってます。
 今年もよろしくお願いします。本当に勉強になり、そして楽しく読ませていただいています。

投稿: 冨田弘嗣 | 2009年1月 6日 (火) 23:16

毎年、ブロガーが選んだベスト10を勝手に集計して、どの映画が人気があるか調べてます。
1位はバレバレですけど、まぁなかなか興味深い結果になりました。
よろしければご覧下さ~い。

投稿: aq99 | 2009年1月 9日 (金) 22:29

TBありがとう。

>何度も原稿を書いては書き直し、しかしどうしても客観的にまとめられず、とうとう作品評を掲載しそびれました。

こういうことってありますよね。

僕にとっては、例えばゴダールの「アワーミュージック」(04年)。公開初日に見たのにね。何度か書きかけてはいるのですが・・・。

投稿: kimion20002000 | 2009年1月10日 (土) 22:54

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/174742/43617146

この記事へのトラックバック一覧です: 2008年度・ベスト30 ワースト10発表:

» ダークナイト dvd [本日の知っておくべき情報通ニュース]
ダークナイト 特別版商品価格:3,582円レビュー平均:4.78 ダークナイトって広く言えば1989年公開1作目バットマンのリメイク? ダークナイトって広く言えば1989年公開1作目バットマンのリメイク?ダークナイトってジョーカーとの闘いなんで広く言えば1作目バットマンのリメイクと見ていいんでしょうか?(続きを読む) 映画「ダークナイト」 映画「ダークナイト」なぜ、バットマンシリーズの題名ではなくダークナイトなんですか?敵役のヒースレジャーがメインだったりするんですか?(続きを読む) 『ダ... [続きを読む]

受信: 2009年1月 2日 (金) 23:41

» 決定!2008ベストテン!! [ラムの大通り]
------いよいよ、今年も今日を含めてあと2日。 恒例の『無人島に行くならこの10本』。 あれれ、違うの? 「うん。作品数を絞るためにまずは思いつくまま書き出してみたら、 あっという間に50本近くなっちゃって。 ここは素直にベスト10でいこうかと。 それも外国映画と日本映画に分ければ計20本と、数を稼げるし、 さらにドキュメンタリーまで入れれば、 もっと増やすことができる」 ----ニャンか、ずるいニャあ(笑)。 じゃあ、まずはそのタイトルを聞かせてよ。 ■外国映画ベストテン■ ●1位●... [続きを読む]

受信: 2009年1月 3日 (土) 00:29

» 2008年 kossy映画賞 外国映画 [ネタバレ映画館]
90本ほど鑑賞。 [続きを読む]

受信: 2009年1月 3日 (土) 00:45

» 2008年ひらりんアカデミー賞 ノミネート編 [★☆ひらりん的映画ブログ☆★]
明けおめでございます・・・ 今年の一発目も、恒例の「ひらりんアカデミー賞」のノミネートから。 [続きを読む]

受信: 2009年1月 3日 (土) 01:25

» [映画大決算]2008年映画ベスト30! [タニプロダクション〜音信不通日記〜]
色々ありましてもう今年は残念ながら映画館に観に行けなさそうなんで、キネ旬とか他ブログにアンケート出す時のために僭越ながら今年の個人的ランキング作成しました。今後何かを観に行ってランクインの場合は加筆修正。悩むのも面倒くさいから、ベスト30。何本観たかは数... [続きを読む]

受信: 2009年1月 3日 (土) 01:32

» 2008年映画ベスト15 第1位はブッチギリで「実録・連合赤軍 あさま山荘への道程」 [もっきぃの映画館でみよう(もっきぃの映画館で見よう)]
私が2008年に映画館か飛行機のなかでみた92作品(過去に見たもの、2回見たものも入れると 鑑賞は100回)プラスワンのなかから選んだベスト15の発表です。今日時点での個人的な 堪能度(満足度)評価でオススメ度ではありません。 第1位 実録・連合赤軍 あさま山荘への道程(福知山シネマ) 1,2位は特別で、3位以下を大きく引き離しています。いまだ私のなかでは興奮がさめやらず。 昨年読んだ「あさま山荘1972(坂口弘著)」の上下につづいて昨日「続」を注文しました。 DVDの発売も2009年2月27日... [続きを読む]

受信: 2009年1月 3日 (土) 02:17

» 2008年を振り返って<映画> [はらやんの映画徒然草]
さて恒例の(と言っても2回目ですが)2008年の振り返りをやってみたいと思います [続きを読む]

受信: 2009年1月 3日 (土) 06:26

» 2008年の映画ベストテン [Akira's VOICE]
ベスト&ワースト,and more.  [続きを読む]

受信: 2009年1月 3日 (土) 10:19

» 2008年に劇場鑑賞した映画―★気ままにベスト10★ [★YUKAの気ままな有閑日記★]
去年と同じ書き出しで恐縮ですが、、、ジャジャーン衝動的にブログをはじめてから12月20日で2年が経ちましたぁ〜これも仲良くして下さった皆さんや遊びに来て下さった皆さんのお陰です。   どうもありがとうございました               これからもどうぞヨロシクお願いします さて、今年も『2周年のご挨拶』&『年間ベスト10』をペアでと企みました。いつまでたっても映画の諸事情にとんと疎く、つくづくミーハー路線ですが、今年劇場鑑賞した『77本』の作品の中からチョイスしていきますね〜(K-20とレオは... [続きを読む]

受信: 2009年1月 3日 (土) 10:44

» ダークナイト 続編 [YouTube激徳情報]
ダークナイト 特別版商品価格:3,582円レビュー平均:4.78 ダークナイトって広く言えば1989年公開1作目バットマンのリメイク? ダークナイトって広く言えば1989年公開1作目バットマンのリメイク?ダークナイトってジョーカーとの闘いなんで広く言えば1作目バットマンのリメイクと見ていいんでしょうか?(続きを読む) 映画「ダークナイト」について、観た方教えて下さい。 映画「ダークナイト」について、観た方教えて下さい。映画「ダークナイト」の試写会が当たったのですが、私は前作の「バットマン... [続きを読む]

受信: 2009年1月 3日 (土) 12:44

» 2008年マイトップ5 [映画コンサルタント日記]
今年も昨年以上にあっという間に過ぎてしまいました...マイペースが加速して、週休 [続きを読む]

受信: 2009年1月 3日 (土) 22:15

» 2008年度映画マイベストテン [自主映画制作工房Stud!o Yunfat 映評のページ]
私の2008年度映画感鑑賞作品のマイベストです。外国映画ベスト、日本映画ベスト、ワースト、勝手に個人賞、バカデミー賞 [続きを読む]

受信: 2009年1月 4日 (日) 20:29

» 2008年 マイベスト5 [活動写真放浪家人生]
 2008年、大晦日である。今年で3年目になるマイベスト・・・前年、前々年はマイベスト10だったが、 [続きを読む]

受信: 2009年1月 6日 (火) 23:07

» 2008年 マイベスト5 [活動写真放浪家人生]
 2008年、大晦日である。今年で3年目になるマイベスト・・・前年、前々年はマイベスト10だったが、 [続きを読む]

受信: 2009年1月 6日 (火) 23:09

» 映画、2008年のまとめです [よしなしごと]
 今年の新作映画鑑賞目標は65本。実績は77本(試写会:2本、劇場:75本)です。約4.8日に1本の計算ですね。  昨年より減った理由として仕事が忙しかったからですね~。今年は仕事で始まり仕事で終わった感じ。昨年、研究から製品開発に異動したこともあり、今年は手掛けた製品が2機種発売されました。開発者インタビューと言うことで雑誌にも顔写真入りで掲載されました。大変な年でしたが、自分では入社して一番頑張った年だと思います。にもかかわらずボーナスはだいぶ減りました。もちろんこのご時世、職があっ...... [続きを読む]

受信: 2009年1月 7日 (水) 19:03

» 2008☆ベスト&ワースト映画 /2008 BEST&WORST MOVIE☆ [我想一個人映画美的女人blog]
今年で11年目となりました 独断と好みによりmigが選ぶ、年末の映画ランキング{/hikari_pink/}{/hikari_blue/} 映画の出来の良さではなく、面白く感じたものを重視{/heart2_beat/}  対象となるのは 2008年に公開またはDVD化された作品。 劇場にて104本(試写含む、2回以上観た作品は1本と計算。今年は2回以上観た映画多かったなー) おウチ鑑賞 DVD 約50本(昔観た作品&レビューを書かなかった過去作品含む) 計 150本ちょっと。タイトルクリックでレ... [続きを読む]

受信: 2009年1月 8日 (木) 09:30

» 座布団シネマ2008 お薦め映画発表です! [サーカスな日々]
さて、年末も押し迫ってまいりました。 映画blogの常連のみなさまも、続々と今年度のベスト10なるものを発表されておられて、フムフムなるほどなあ、とか愉しみなのですが、僕はほとんどが劇場観賞ではなく、DVDを寝転びながら怠惰に見ているわけで、製作年度とか、日本での上映年度が2008年とは限りません。 今年は、あらためて黒澤明監督の全DVDを観賞したりもしましたが、そういう過去の名作も今のところこのレヴューにはほとんど取り上げていません。 また、韓国や日本やアメリカのテレビドラマシリーズにも、人様... [続きを読む]

受信: 2009年1月 8日 (木) 23:51

» 2008年、映画61本見ました [犬も歩けばBohにあたる!]
2008年は、1月7日に見た『スウィーニー・トッド フリート街の悪魔の理髪師』 [続きを読む]

受信: 2009年1月 9日 (金) 19:15

» 2008年ベストシネマ15(洋画編) [京の昼寝〜♪]
2008年ベストシネマ15(洋画編)  2008年は年間101本(洋画51本、邦画50本)の映画を劇場で鑑賞しました〜2006年が89本(洋画49本、邦画40本)、2007年が78本(洋画37本、邦画41本)と2年連続で100本を割っていましたが、昨年は目標100本に手が届きました。    大晦日に『ワールド・オブ・ライズ』を観てちょうど100本のつもりだったのですが、実際には101本目でした(笑)  自分の感覚では邦画の方が多く観た記憶があったのですが、実際にはほぼ半々だったようです。   ベス... [続きを読む]

受信: 2009年1月13日 (火) 12:50

» *2008年洋画ベスト* [Cartouche]
★[http://blogs.yahoo.co.jp/cartouche_ak/51677412.html ぜんぶ、フィデルのせい] ★[http://blogs.yahoo.co.jp/cartouche_ak/55536004.html その土曜日、7時58分] ★[http://blogs.yahoo.co.jp/cartouche_ak/55164057.html 12人の怒れる男] ★[http://blogs.yahoo.co.jp/cartouche_ak/55014064...... [続きを読む]

受信: 2009年1月14日 (水) 00:06

» *2008年邦画ベスト* [Cartouche]
[http://blogs.yahoo.co.jp/cartouche_ak/55073386.html おくりびと] [http://blogs.yahoo.co.jp/cartouche_ak/55408717.html 容疑者Xの献身] [http://blogs.yahoo.co.jp/cartouche_ak/55025325.html パコと魔法の絵本] カナダのモントリオール世界映画祭で ”滝田洋二郎監督の「おくりびと」が最高賞のグランプリを受賞”というニュースが 流れた..... [続きを読む]

受信: 2009年1月14日 (水) 00:07

» 「映画もいいかも」、2008年のまとめ! [とんとん・にっき]
「映画もいいかも」の2008年をまとめてみました。観た映画は55本、これはDVDやTV放映も含めてです。去年よりは明らかに多いのですが・・・。 昨年初めて映画のまとめを作成しているときに、単純にベストテンを作成することが難しいことに気が付きました。洋画と邦画、新作と旧... [続きを読む]

受信: 2009年1月14日 (水) 22:41

» 2008年・映画館で観た映画・好きな順 [或る日の出来事]
2008年に映画館で観た映画の順位を考えてみた。 (ということで、順位発表以外は、昨年の文章の流用多数。) [続きを読む]

受信: 2009年1月24日 (土) 19:38

« 2008年度・日本インターネット映画大賞外国映画部門 投票 | トップページ | 2009年度 鑑賞作品一覧 »