« 「その木戸を通って」 | トップページ | 「感染列島」 »

2009年1月27日 (火)

「誰も守ってくれない」

Nobodywatchoverme (2008年・東宝/監督:君塚 良一)

「踊る大捜査線」シリーズの脚本を手掛けてきた君塚良一が、監督も手掛けた社会派サスペンス・エンタティンメントの力作。モントリオール世界映画祭最優秀脚本賞受賞。

両親と18歳の兄、15歳の沙織(志田未来)のありふれた船村一家。ある日突然、兄が小学生姉妹殺人事件の容疑者として逮捕され、一家はマスコミと群衆の好奇の目に晒される。刑事の勝浦(佐藤浩市)は、妹・沙織の保護という任務を命じられ、都内を転々と移動する。それでも執拗に追って来るマスコミやネットから逃れる為、勝浦は東京を離れ、海の見えるある場所へと向かう…。

“加害者家族の保護”というテーマが斬新である。現実にこれまでも、マスコミやネットの匿名情報が暴走し、犯罪に巻き込まれた家族(それは加害者、被害者を問わない)を好奇の目に晒し、バッシングするケースが多くある。

この深く、重いテーマに正面から切り込んで問題点を追求し、鋭い社会批判を行うと同時に、緊迫感溢れるサスペンスを盛り上げ、重苦しい中に一縷の希望を見出し、そして最後に爽やかな感動で締めくくった脚本(君塚と鈴木智の共作)が実に見事である。モントリオールで最優秀脚本賞を受賞したのも頷ける。やはり映画は脚本次第である。

手持ちカメラ、オール・ロケーションによる、セミ・ドキュメンタリー・タッチの映像が、未成年者犯罪、ネット・バッシング、マスコミの横暴…と、現実に起きている諸問題を鋭く抉り出す作品のテーマにうまくマッチし、効果的である。

マスコミであるテレビ局が製作したにもかかわらず、執拗に弱い者を追い詰め、晒し者にし、しかし事件が一段落し、次のニュースが登場すると途端にきれいに忘れてしまうマスコミの狡さ、身勝手さを容赦なく描いている点も興味深い。よくまあ局側がゴーサインを出したものだ(笑)。

(ここからややネタバレになります。未見の方はご注意ください)
勝浦が、落ち着き場所として向かった伊豆のペンションのオーナーは、3年前に息子を通り魔事件で亡くした本庄(柳葉敏郎)。おだやかな人物で、犯人を尾行しながらも、ちょっとしたミスで犯行を防止出来なかった勝浦にもやさしく対応してくれる。

だが、沙織が加害者の身内だと知ると、それまで抑えていた感情を迸らせ、激昂して勝浦に食ってかかる。
「加害者の子供たちはいつか町に帰ってくる。私たちの子供はもう帰って来ない!」。

ここに、感情を持つ人間の心の複雑さ、悲しさがある。…被害者の家に、別の事件とは言え、加害者の家族を連れて行くという展開はやや作為的で、少し無理があるのだが、テーマを鮮明にさせる為に、君塚監督はあえてこのシークェンスを入れたのだろう。

やがてこのペンションにまで、ネットで知った野次馬が押しかけるのだが、無表情で携帯を構え、群れをなしてやって来る群衆はまるでゾンビのようで不気味である。

この後も、信じていた人間の裏切りがあったりと、やり切れない重い展開が続くのだが、ある瞬間から、物語は急展開する。

沙織をネットに晒そうとする若者たちに襲われた時、勝浦は抵抗せずに、体を張って沙織の上に覆いかぶさり、若者たちの暴力から彼女を守る。

その姿を見た時、それまで頑なに心を閉ざしていた沙織の中で、何かが大きく変わり出す。“誰も守ってくれなかったはずだったのに、身を挺して自分を守ってくれた人がいる
初めて心を開いた沙織が、勝浦と浜辺で語り合うシーンが素晴らしい。私はここから後、涙が出っぱなしであった。

勝浦は言う。「誰かを守るということは、その人の心の痛みが分かるということだ。人の痛みを感じることはとても辛いことだが、それが生きていくということだ」
「これからは君が家族を守るんだ」。

彼女はこれからも、一生、犯罪人の家族という十字架を背負って生きなければならない。つらい事だが、勝浦に励まされ、生きる勇気を取り戻して行く沙織の姿に、絶望が満ち溢れるこの時代において、人間に対するかすかな希望の光を見ることが出来る

 
素晴らしい脚本は、伏線の張り方や小道具の使い方がうまいものだが、この作品でも素敵な小道具が効果的に使われている(1枚の家族の写真、沙織の携帯など)。

冒頭で、自身の家庭もバラバラになりかけている勝浦は、自分の娘の為に、赤いリボンをかけたプレゼントを買い求めるのだが、そのまま事件に巻き込まれるうち、プレゼントはもみくちゃにされ、踏まれ、傷つき、ボロボロになって行く。しまいには勝浦は、プレゼントの存在すら忘れかける。

それはまるで、事件の渦中で翻弄され、ズタズタになって行く沙織の心のメタファーであるかのようである。

ラストにおいて、東京へ帰る沙織を見送り、勝浦はゆっくりと海岸沿いを歩き始める。…それはまた、勝浦自身の再生へのスタートでもあるのだ。
勝浦をなじった本庄も、穏やかさを取り戻し、妻に新しい命が宿っている事を伝える。

その勝浦を追い抜いた車が停まり、沙織が、車に積まれたままだったあのプレゼントを、勝浦に渡す。

それは、生きる勇気を与えてくれた勝浦への、沙織からのお礼の気持ちを込めたプレゼントでもあるようだ。
しわくちゃになり、ボロボロになったけれども、勝浦の手に戻ったそれは、バラバラになりかけた勝浦家の、再生への希望の光であるに違いないだろう。

 
現実世界には、確かに悪意や身勝手なエゴイズムが満ち溢れている。人間とは、そんなに、愚かで悲しい存在なのである。
それでも、善意を信じる心がどこかに残っている限り、人は人を信じて生きて行くことができるだろう。

 
本作は、社会派ドラマの力作だが、俗に社会派と呼ばれる、今井正監督や、熊井啓監督などの、どちらかと言えば結末に至るも、やりきれなさや悲劇性が残る、過去の作品(「真昼の暗黒」、「日本列島」、「地の群れ」など)に比べて、カーチェイスや、サスペンス、そして最後には一筋の希望が見いだせる感動的な結末を用意するなど、エンタティンメントとしての要素も充分盛り込まれている。その点でも、社会派ドラマに新しい方向性をもたらしたと言える、これは素敵な秀作なのである。お奨めである。     (採点=★★★★☆

(付記)
この映画の、4ヶ月前のエピソードを描いた、前日譚とも言えるテレビドラマ「誰も守れない」が封切日と同じ1月24日に放映されたが、勝浦の右手の震え、カウンセラーの尾上玲子(木村佳乃)と勝浦との関係、同僚の三島(松田龍平)のキャラクター、等がきちんと描かれていて、これを先に見ておく方が、より映画本編を楽しめるだろう。映画だけでは、玲子と勝浦との関係が判り難いし、「シャブ漬けにするぞ」というセリフの意味もピンと来ないからである。
テレビ版に、監督の森田芳光がワンカット出演しているが、これは、テレビ版の監督を務めた杉山泰一が、長年に亙り森田監督の助監督だったからで、そのご祝儀だろう。

 ランキングに投票ください → ブログランキング     にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ

 

(さて、お楽しみはココからだ)
この映画のタイトルをよく見ると、“ Nobody to watch over me”という英題が併記されている。

このタイトルから、ある映画を思い出した人は相当の映画通である。

Someonewatch 「誰かに見られてる」(1987)というサスペンス映画をご存知だろうか。「ブレード・ランナー」等のリドリー・スコット監督作品で、原題が“Someone to watch over me”である。1語違うだけ。

ストーリーも、犯罪を目撃した女性の身辺を守る事になった刑事(トム・ベレンジャー)が、やがて女性に魅かれ、刑事の家庭に亀裂が走りかけるが、最後に家族の絆を取り戻す…という内容で、本作とも似た所がある。

犯罪に巻き込まれた大人の女性の警護を行う刑事…という展開は、むしろテレビドラマ「誰も守れない」の方とそっくりである。

おそらくは君塚良一監督が、あの映画から多少なりともヒントを得たので、その事をファンに目配せする為、この英題を併記したのではないか、と想像する。

なお、"Watch Over" は“守る”という意味であり、この邦題は少しおかしい。「誰かが私を守ってる」が正しい題名だと思うのだが。

|

« 「その木戸を通って」 | トップページ | 「感染列島」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/174742/43878668

この記事へのトラックバック一覧です: 「誰も守ってくれない」:

» 『誰も守ってくれない』(@「シネマのすき間」) [ラムの大通り]
-----最近、凶悪な事件が多いよね。 他の動物たちだったら、ありえないよね。 自分たち同士で殺しあうんだもの。 それも、飢えてどうしようもないからってワケじゃないよ。 フォーンにはよく分からないけど これ、欲望ってヤツらしい。 あっ、『ミーアキャット』も身内同士で縄張り争いはするけど、 あれはネコ科ではなく、食肉目マングース科。 でも悪いことしたからって、 その妹まで追っかけ回されたんじゃ、 ちょっとたまらないよね。 そう、今日ぼくが カタログハウスの「シネマのすき間」で聞いたのは 『誰も守ってく... [続きを読む]

受信: 2009年1月28日 (水) 08:35

» 映画 【誰も守ってくれない】 [ミチの雑記帳]
映画館にて「誰も守ってくれない」 『踊る大捜査線』シリーズの君塚良一が脚本と監督を兼ねる問題作。 おはなし:船村家は平凡な4人家族。ある日、18歳の長男が小学生姉妹殺人事件の容疑者として逮捕されてしまう。東豊島署の刑事・勝浦(佐藤浩市)は容疑者家族の保護を命じられ、保護マニュアルに従って15歳の沙織(志田未来)をマスコミと世間の目から守るため逃避行を始める。 LIBERAの清らかで美しいヘブンリーボイスをバックに、沙織の楽しそうな中学生活と沙織の兄の逮捕劇が交互に描かれるところからドラマが始... [続きを読む]

受信: 2009年1月28日 (水) 08:40

» 誰も守ってくれない [Akira's VOICE]
声を聞こう。人の声を。   [続きを読む]

受信: 2009年1月28日 (水) 09:58

» 誰も守ってくれない [利用価値のない日々の雑学]
邦画が今よりもずっときちんと主張をし、一般に問題提起をしていた時代に映画鑑賞に時間を沢山割けたという点で筆者はとても幸せだったのだと思う。所謂、「社会派」というジャンルには、当時、普通に暮らしている日本人にとっては同じ国、同じ国民の中にもこういう考えやこういう主張、こういう人間が存在するのだということを認識する数限られた情報ツールであった。なぜなら、当時テレビというメディアは、報道という部分をより客観的に伝達しようという、良い意味である種の抑止作用が働いていたからであるが、何時の日からか、この国... [続きを読む]

受信: 2009年1月28日 (水) 10:43

» 誰も守ってくれない [象のロケット]
ごく平凡な四人家族の長男が小学生姉妹殺人事件の容疑者として逮捕され、東豊島署の刑事・勝浦と三島は容疑者家族の保護を命じられる。 彼らの任務は容疑者家族をマスコミの目、そして世間の目から守ることだった。 殺人者の妹となった少女と、彼女と同い年の娘を持つ勝浦の逃避行が始まった…。 社会派ヒューマン・ドラマ。... [続きを読む]

受信: 2009年1月28日 (水) 13:35

» 「誰も守ってくれない」加害者家族を守る刑事のみたマスコミとネット犯人たちの狂気 [オールマイティにコメンテート]
「誰も守ってくれない Nobody to watch over me」は殺人を犯した18歳の少年の加害者家族を守るために任命された警察官がマスコミ、一般市民の迫害から加害者家族を守っていくストーリーである。現在ではインターネットの発達で個人情報を守るのが困難になっているし、世間...... [続きを読む]

受信: 2009年1月28日 (水) 20:35

» 誰も守ってくれない [ネタバレ映画館]
「お茶漬けにしてやってください」「筋子が凍ってるな」 [続きを読む]

受信: 2009年1月29日 (木) 07:46

» 『誰も守ってくれない』 [京の昼寝〜♪]
□作品オフィシャルサイト 「誰も守ってくれない」□監督・脚本 君塚良一 □脚本  鈴木智   □キャスト 佐藤浩市、志田未来、松田龍平、木村佳乃、佐野史郎、佐々木蔵之介、柳葉敏郎、石田ゆり子■鑑賞日 1月24日(土)■劇場 チネチッタ■cyazの満足度 ★★★☆(5★満点、☆は0.5)<感想> 第32回モントリオール世界映画祭では、最優秀脚本賞を受賞したこの作品。 その脚本家君塚良一がメガホンを取る。   ある日突然、殺人犯の妹になってしまった15歳の少女沙織(志... [続きを読む]

受信: 2009年1月29日 (木) 13:32

» 誰も守ってくれない(映画館) [ひるめし。]
俺に、人を守れるのか。あなただけは、信じてる。 [続きを読む]

受信: 2009年1月30日 (金) 10:50

» 『誰も守ってくれない』完成披露試写会@TOHOシネマズ六本木ヒルズ [|あんぱ的日々放談|∇ ̄●)ο]
キャストが来なきゃ映画を見る気がしない(爆)「レッツハンサム!」からあまりインターバルを空けず、またまた舞台挨拶へ行ったのだが、忙しくてUP出来ず2週間が経過・・・ドラマ化まで決まってた(爆)今回の舞台挨拶レポは、11/10に行われた第32回モントリオール世界映...... [続きを読む]

受信: 2009年1月30日 (金) 19:32

» [映画『誰も守ってくれない』を観た] [『甘噛み^^ 天才バカ板!』]
☆いやはや、評判が悪いので、奇を衒った<1アイディア映画>かなと思いきや、とてもよく出来た作品だった。  一ヶ所、どうしても、「やりすぎだろ・・・^^;」と思えるシーンがあり、それで私の心中の評価はガタ落ちするのだが、それ以外は、私にとって、『おくりびと』と同レベルの佳作として観られた。  物語は、凶悪殺人を起こした未成年犯罪容疑者の家族・・・、特に、その妹・・・、その少女と、社会(マスコミ→ネット)の制裁から保護する刑事の話だ。  <デラ・富樫>が刑事をやっていたのだが、まあ、この人が出てく... [続きを読む]

受信: 2009年1月30日 (金) 20:27

» 「誰も守ってくれない」 第4位 [映画コンサルタント日記]
上映スクリーン数: 292オープニング土日興収: 1.09億円■男女比 62:3 [続きを読む]

受信: 2009年1月31日 (土) 13:56

» 誰も守ってくれない [だらだら無気力ブログ]
ある日当然、兄が殺人犯となったことで自身が殺人犯の妹となってしまった 少女と、彼女を保護する刑事の逃避行を通じて日本社会特有の動きを描いた 社会派ドラマ。 両親と兄とで何不自由なく暮らしていた15歳の沙織は、ある日兄が小学生姉妹 殺人事件の容疑者として逮捕さ..... [続きを読む]

受信: 2009年1月31日 (土) 16:12

» 『誰も守ってくれない』試写会鑑賞 [映画な日々。読書な日々。]
幼い姉妹の殺害事件で未成年の容疑者が逮捕される。その瞬間から容疑者の家族は、マスコミや世間の目を避けるため警察の保護下に置かれ、中学生の妹・船村沙織の担当は刑事の勝浦に任される。ホテルや自宅アパート、友人のマンションを転々とするが、マスコミの執拗な追跡に... [続きを読む]

受信: 2009年2月 1日 (日) 16:39

» 何か物足りない。『誰も守ってくれない』 [水曜日のシネマ日記]
殺人犯の妹になった少女と彼女を保護する刑事の様子を描いた作品です。 [続きを読む]

受信: 2009年2月 1日 (日) 19:13

» 誰も守ってくれない (佐藤浩市さん) [yanajunのイラスト・まんが道]
◆佐藤浩市さん(のつもり)佐藤浩市さんは、現在公開中の映画『誰も守ってくれない』に勝浦卓美 役で出演しています。先日、劇場に観に行きました。●導入部のあらすじと感想 [続きを読む]

受信: 2009年2月 4日 (水) 13:49

» 【映画】誰も守ってくれない [新!やさぐれ日記]
▼動機 時間的にこれしか合わなかったっていう話 ▼感想 マスコミの良心を信じようとした私がバカだった ▼満足度 ★☆☆☆☆☆☆ がっかり やっぱり ▼あらすじ ニッポン放送株取引にてライブドアに敗北をしたフジテレビは、インターネットの世界に対して復讐を誓う。三年後、フジテレビは犯罪被害者家族となってしまった娘と、それを守る刑事を描いた映画「誰も守ってくれない」を製作する。マスコミの問題点を明るみにしたというこの映画は、実はフジテレビがネットの世界に向けて放った復讐の矢だった。 ▼... [続きを読む]

受信: 2009年2月 4日 (水) 20:36

» 誰も守ってくれない [お萌えば遠くに来たもんだ!]
観てきました。 <有楽座> 監督:君塚良一 脚本:君塚良一 鈴木智 小学生姉妹殺人事件の容疑者が逮捕された。刑事の勝浦は、同僚の三島と共に、容疑者家族の保護という任務を命じられる。未成年の長男が逮捕された船村家では、両親と15歳の妹・沙織が、無神経なマスコミや周囲の目に追いつめられていく・・・。 しんどい、でもなかなか見応えのあるドラマでした。 ある日突然、「何もしていない」のに犯罪者同然の烙印を押されてしまったら。 マスコミはもとより、ネットの「正義」と言う名を借りた「悪意」が怖すぎて。 ... [続きを読む]

受信: 2009年2月11日 (水) 12:01

» 誰も守ってくれない [活動写真放浪家人生]
 <シネプレックス小倉>  なんだかんだと言われるが・・・「踊る大走査線」シリーズ。私は好きである。 [続きを読む]

受信: 2009年2月14日 (土) 00:57

» 映画:誰も守ってくれない [よしなしごと]
 う~、記事にしていないタイトルが溜まってきてしまった。例によって、観てから記事にするまで1週間近くたってしまいましたが、今回は誰も守ってくれないです。  観ようか迷っていたのですが、製作が亀山千広さん、世界の亀山品質ですからね。とりあえず観ることにしたんです。... [続きを読む]

受信: 2009年2月14日 (土) 22:12

» 誰も守ってくれない <ネタバレあり> [HAPPYMANIA]
試写会に当たったので お友達と観に行ってきましたが重い、実に重い内容ですこの映画は 容疑者の家族側の話になっているので 普段あまり知り得ないことや容疑者の家族が世間からどういう仕打ちを受けるのかというのがよくみえた被害者の家族を保護しないといけないのは...... [続きを読む]

受信: 2009年2月23日 (月) 05:21

» 『誰も守ってくれない』'09・日 [虎党 団塊ジュニア の 日常 グルメ 映画 ブログ]
あらすじごく平凡な四人家族の船村家。ある日突然、その一家の未成年の長男が小学生姉妹殺人事件の容疑者として逮捕される。東豊島署の刑事・勝浦(佐藤浩市)と三島(松田龍平)はその容疑者家族の保護を命じられる・・・。感想加害者家族は守られるべきか?監督作の『容疑者...... [続きを読む]

受信: 2010年4月 7日 (水) 22:47

» 映画『誰も守ってくれない~NobodyToWatchOverMe』... [KINTYRE’SDIARY]
9-6.誰も守ってくれない~NobodyToWatchOverMe■製作:東宝■製作年・国:2009年、日本■上映時間:118分■鑑賞日:1月24日、シネフロント(渋谷)スタッフ・キャスト(役名)□... [続きを読む]

受信: 2011年3月23日 (水) 22:30

« 「その木戸を通って」 | トップページ | 「感染列島」 »