« 「007/慰めの報酬」 | トップページ | 快挙!「おくりびと」アカデミー賞受賞 »

2009年2月21日 (土)

「ベンジャミン・バトン -数奇な人生-」

Benjaminbutton (2008年・WB=Par/監督:デヴィッド・フィンチャー)

80歳の肉体を持って生まれ、年齢を経るごとに若返って行く、数奇な生涯を歩んだ男の一生を描いた感動の物語。

小説家のマーク・トウェインが「もし80歳で生まれて、ゆっくりと18歳に近づいていければどんなに幸せだろう」と語った事にインスパイアされ、F・スコット・フィッツジェラルドが書いた短編小説を元に、「フォレスト・ガンプ」でアカデミー脚本賞を受賞したエリック・ロスが脚色、「セブン」「ゾディアック」のデヴィッド・フィンチャーが演出を担当した。

普通では、体が若返って行くなんて事はありえない。だからこれはファンタジーであり、“人の一生とは、生きるという事は何なのだろうか”という壮大なテーマについて深く考えさせてくれる、大人の寓話である。

 
物語は、死の床にある一人の女性、デイジー(ケイト・ブランシェット)が、彼女が深く愛した主人公ベンジャミン・バトン(ブラッド・ピット)の一生を回想する形式で描かれる。

彼女はその前に、第一次大戦で息子を失った盲目の時計技師が、“もし時間が逆に流れたら、戦争で死んだ息子が帰って来るかも知れない”…という思いで、逆周りに針が回転する大時計を作った話を語る。

このエピソードは、本筋とは関係はないものの、80歳で生まれ、若返るベンジャミンの一生もまた逆回転の人生であり、逆に回る時計がそれを象徴しているわけだが、同時にもう一つの大事なテーマ、“時の流れの無常”をも浮かび上がらせていると見る事が出来る。

おそらくは、マーク・トゥエインが上記のような言葉を語った理由には、“老いて行く事への悲しみ”があったのではないかと思う。

人間は、歳を取るにつれて、老いを意識するにつれて、“若さを取り戻せたら”、“人生をもう一度やり直せたら”、“過去の自分に戻れたら”、等を考える。
年齢を経ても創作意欲が旺盛な作家であれば、自らの願望として、そうした物語を創案するケースも多々ある。
“不老不死”
をテーマとした作品が度々作られるのは、その為である。

若返る秘薬をめぐるコメディ「永遠に美しく」(92・ロバート・ゼメキス監督)という映画もあったし、手塚治虫は「火の鳥」で何度か、永遠の命(未来編)、若返る男(宇宙編)をテーマとした作品を発表している。

手塚と言えば、「ふしぎなメルモ」でも若返りの薬が登場するし、「鉄腕アトム」にも“若返りガス”で赤ん坊になってしまうエピソードが登場している。どうやら若返りは、手塚の永遠の願望であるようだ(笑)。

マーク・トゥエインも、「トム・ソーヤの冒険」や「ハックルベリー・フィンの冒険」など、子供たちの冒険物語を多く書いているが、これも若さへの、少年時代への憧憬なのかも知れない。
“まだ人間として未熟な子供時代は、どんな体だろうと関係ないが、60歳を過ぎても、まだまだこれから人生を謳歌したい、エネルギッシュに創作に励みたいと思うその年代こそ、若い肉体が欲しい”…そうした思いが、冒頭の言葉には込められているのかも知れない。

 
さて本題に戻るが、80歳の肉体を持って生まれたベンジャミンは、その醜い体にショックを受けた父親に捨てられ、老人介護施設で働く黒人女性のクィニー(タラジ・P・ヘンソン)に拾われ、育てられる事となる。

やがてベンジャミンは成長するにつれて、彼と同じ容貌の、施設で暮らす老人たちが次々と亡くなって行くさまを目撃する。…人生の終焉を迎えた老人たちと対照的に、ベンジャミンは、まるでそれら老人たちの命を吸収するかのように、若返って行くのである。

ベンジャミンは、やがて施設を出て、さまざまな人たちと出会い、別れ、恋を知り、人生とは何かを学んで行く。
しかしその人生は、「フォレスト・ガンプ」のように波乱万丈でもなく、歴史上の人物と出会う事もなく、ごく普通の、平凡な人生である。肉体の変化以外は…。

そうした、我々と同じ普通の一生であるがゆえに、“人生とは、人の生涯とは何なのだろうか”というテーマが、よりリアリティをもって我々の心に迫って来るのである。

そうした人生の中で、彼はデイジー(ケイト・ブランシェット)という女性と出会う。後に彼女はベンジャミンの生涯の伴侶となるのだが、幼い時の二人の付き合いは、単なる、孤独な老人と子供の交流のようにしか見えない。デイジーも子供の頃は、ベンジャミンの肉体の秘密を知らず、彼を本物の老人、としか思っていなかったはずである。

ベンジャミンが若返り、デイジーが大人へと成長して、両者の容貌が近づくにつれて、ようやく二人は本当の恋を知る事となる。

そして、ベンジャミンがどんどん若くなり、デイジーが老人になるにつれ、再び両者に微妙なズレが発生し、二人は離れ離れとなる。
ベンジャミンにとっては、老いさらばえて行くデイジーに比べ、若い肉体を獲得して行く自分の姿を見せ続けるのは忍びない…という思いがあったのかも知れない。

これが、幼い時から二人とも同じように子供→大人→老人…という普通の肉体の変化を辿っていたなら、二人は幼馴染みからの付き合い、ごくありふれた結婚生活を経て、やがて老いて死ぬまで共に寄り添い、普通の生涯を送ったかも知れない。

ここで、トゥエインが語った、“ゆっくりと18歳に近づいていければどんなに幸せだろう”という言葉が、実は誤りである事が鮮明となる。

やはり人間は、普通に成長し、若い青春時代に同世代の異性と恋をし、共に老いて行くのが幸せなのである。

では、ベンジャミンの人生は不幸だったのか…それも違う。

ベンジャミンとデイジーが、ほぼ同時代の容貌と肉体を持っていた、40歳代に、二人は燃えるような恋をする。…それは、同じ肉体でいられる時間が短いがゆえに、その限られた、かけがえのない時を真摯に生き、愛し合えた事を示している。少なくとも、その短い時間の間、二人は至福の時を過ごしたはずなのである。

人生は短い。その中でも数奇な運命を持った二人のそれは、さらに短い、それゆえ凝縮された人生を歩んだと言えるのである。

時は残酷である。至福の時間はあっという間に過ぎて行き、そして決して戻っては来ないのである。

それでも人は生きて行く。人は限りある時間を、かけがえのない人生を、精一杯に生きて行かなければならないのである。

ついでだが、デイジーが事故でバレリーナの夢を断たれるエピソードにおいて、“もしもあの時…だったら”という言葉が繰り返し出てくるが、これもまた、前掲のテーマ“過ぎ去った時は決して戻って来ない―時の流れの無常観をより際立たせて、印象的である。

 
いつものケレンを封印し、デヴィッド・フィンチャーは、ベンジャミンの不思議な人生を、落ち着いた、風格をさえ感じさせる見事な演出で描いて見せる。格段に進歩した特殊メイクとCG技術が、奇想天外な物語にリアリティを持たせ、人生について考えさせる、素晴らしい映画を誕生させた。これはフィンチャーの、これまでの最高傑作であろう。まだ早いが、今年のベスト3に入れたい秀作である。     (採点=★★★★★

(付記1)
アカデミー賞が2日後に発表されるが、個人的には作品賞、監督賞、脚色賞、そして視覚効果賞,メイクアップ賞は当確である。助演女優賞も育ての母クィニー役を好演したタラジ・P・ヘンソンに個人的にはあげたいが、強敵が多いので無理かな。ブラピは特殊メイクとCGのおかげが大きいので主演賞とは言えないだろう。蛇足になるが、撮影賞、美術・装置賞はイーストウッドの「チェンジリング」が取りそうな気がするが…。

(付記2)
ブラピは、デビュー当時“ロバート・レッドフォードの再来”と騒がれたが、本作の後半で見せる、CGによる20歳代のブラピの顔は、本当に若い頃のレッドフォードによく似ている。
で、本作の原作者、F・スコット・フィッツジェラルドの映画化作品「華麗なるギャツビー」の主演が、そのR・レッドフォードである。これもまた、数奇な因縁ではある。

 ランキングに投票ください →      にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ

|

« 「007/慰めの報酬」 | トップページ | 快挙!「おくりびと」アカデミー賞受賞 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/174742/44126486

この記事へのトラックバック一覧です: 「ベンジャミン・バトン -数奇な人生-」:

» 『ベンジャミン・バトン/数奇な人生』(@「シネマのすき間」) [ラムの大通り]
-----さて、今日はカタログハウスの「シネマのすき間」へお出かけの日。 そこで聞いたんだけど、 この映画 『ベンジャミン・バトン/数奇な人生』は 2008年アカデミー賞最多の13部門にノミネート。 でも、えいは9部門10ノミネートの『スラムドッグ$ミリオネア』の方が好きなんだって。 ついでに聞いちゃったんだけど、 アカデミー賞作品賞ノミネート作品の中でのお気に入り、 続いて 『フロスト×ニクソン』『ベンジャミン・バトン/数奇な人生』 『愛を読むひと』『ミルク』の順なのだとか。 あれっ。でもまだ『ミ... [続きを読む]

受信: 2009年2月21日 (土) 14:40

» ベンジャミン・バトン 数奇な人生 [Akira's VOICE]
人生という名のロードムービー。   [続きを読む]

受信: 2009年2月21日 (土) 15:22

» ベンジャミン・バトン 数奇な人生 [ネタバレ映画館]
デイジーにヒナギクの花束を・・・ [続きを読む]

受信: 2009年2月21日 (土) 15:55

» 『ベンジャミン・バトン 数奇な人生 』 [音次郎の夏炉冬扇]
昔、「じじい」とか「せんぱい」なんてあだ名で呼ばれていたクラスメートが、中年になって同窓会に出たら、あまりにそのまんまなので吃驚されるということがあります。老け顔の人って、年くっても意外と変わらないものなんですが、かように「相対的に若返る」というのはありえると思います。 ... [続きを読む]

受信: 2009年2月21日 (土) 18:45

» [映画『ベンジャミン・バトン』を観た^^;] [『甘噛み^^ 天才バカ板!』]
☆非常に面白かった^^v  観ている3時間、思ったより劇的な展開は抑えられていたのだが、味わい深い展開が、私の目を逸らさせなかった。  この作品は、ブラッド・ピット演じるベンジャミンが、末期の老人の身体で生まれ、そこから年を経るに従って、(これは当然だが)彼を取り巻く世界は通常に流れていく中で、ベンジャミン自身だけが身体の成長の逆行現象を起こし、若返っていく、というところが物語の特別な前提となっている。  故に、「数奇な人生」という副題がついている。  しかし、観終えてわかるのが、ベンジャミ... [続きを読む]

受信: 2009年2月21日 (土) 19:25

» 映画 【ベンジャミン・バトン 数奇な人生】 [ミチの雑記帳]
映画館にて「ベンジャミン・バトン 数奇な人生」 F・スコット・フィッツジェラルドの短編小説をデヴィッド・フィンチャー監督が映画化。 おはなし:1918年、ニューオーリンズ。老人施設で働く黒人女性のクィニーは捨てられた赤ん坊を拾う。その赤ん坊は生まれながらにして80歳のようだったら、クィニーに愛情を注がれて成長していった。 ワーナー・ブラザーズとパラマウントのロゴがボタンだらけ〜と思ったら、バトン=BUTTONだったんですね。 老人として生まれた子供がだんだん若返り、死ぬ時は赤ん坊。こんな... [続きを読む]

受信: 2009年2月21日 (土) 19:32

» ベンジャミン・バトン-数奇な人生-/TheCURIOUS CASEofBENJAMIN BUTTON [我想一個人映画美的女人blog]
『セブン』『ファイトクラブ』に続き、デヴィッド・フィンチャー監督×ブラッド・ピットのコンビ 3作目は 今年ももうすぐ発表になるアカデミー賞で 最多13部門ノミネート{/atten/} 作品賞/監督賞/主演男優賞/助演女優賞/脚色賞/ 撮影賞/編集賞/美術賞/衣装デザイン賞/メイクアップ賞/視覚効果賞/録音賞/作曲賞 老人として生まれ、歳をとるごとに若返ってくという不思議な運命に生きた男の話 ということでそれだけで興味深くて今月公開で1番楽しみにしてた作品♪ この映画、とにかくCG効果が... [続きを読む]

受信: 2009年2月21日 (土) 21:25

» ベンジャミン・バトン 数奇な人生 [佐藤秀の徒然\{?。?}/ワカリマシェン]
公式サイト。F・スコット・フィッツジェラルド原作、原題:The Curious Case of Benjamin Button。デヴィッド・フィンチャー監督、ブラッド・ピット、ケイト・ブランシェット、ティルダ・スウィントン、タラジ・ヘンソン、エリアス・コーティアス、ジェイソン・フレミング。Ro...... [続きを読む]

受信: 2009年2月21日 (土) 22:52

» 映画レビュー「ベンジャミン・バトン 数奇な人生」 [映画通信シネマッシモ☆プロの映画ライターが贈る映画評]
The Curious Case of Benjamin Button [Original Motion Picture Soundtrack]◆プチレビュー◆時を縦糸に愛を横糸にして人生の哀切を紡ぐ秀作。特殊メイクで七変化するブラピは必見だ。 【85点】  ベンジャミン・バトンは、80歳で生まれ徐々に若返っていく不思議な運命の...... [続きを読む]

受信: 2009年2月22日 (日) 00:01

» [映画☆☆☆☆]ベンジャミン・バトン 数奇な人生 [タニプロダクション〜酒浸り日記〜]
監督デヴィッド・フィンチャー 出演ブラッド・ピット ケイト・ブランシェット 「ベンジャミン・バトン 数奇な人生」新宿バルト9。 デヴィッド・フィンチャーの大ファンなのですが、正直言うと「フィンチャーがこの作品をねえ」という本音が出てしまったのですが、あまり... [続きを読む]

受信: 2009年2月22日 (日) 00:28

» ★「ベンジャミン・バトン 数奇な人生」 [★☆ひらりん的映画ブログ☆★]
今週の週末ナイトショウは・・・ ミュージカル好きなひらりんとしては 「ハイスクールミュージカル・ザ・ムービー」も観たかったけど、 やはり「ケイト・ブランシェット特集」継続中なので本作を鑑賞。 この特集は「エリザベス」「あるスキャンダルの覚え書き」「アイム・ノット・ゼア」に続く第4弾ね。 でもでも注目はなんてったって主演のプラピ。... [続きを読む]

受信: 2009年2月22日 (日) 01:50

» ベンジャミン・バトン 数奇な人生 [5125年映画の旅]
1918年。ニューオーリンズの老人ホームに、一人の赤ん坊が捨てられていた。その子は、生まれたばかりにも関わらず、80歳の老人の身体をしていた。ベンジャミンと名付けられた彼は、数年の命と言われながらもすくすくと成長していった。さらに彼は、歳を重ねるごとに...... [続きを読む]

受信: 2009年2月22日 (日) 07:13

» 『ベンジャミン・バトン 数奇な運命』 [京の昼寝〜♪]
□作品オフィシャルサイト 「ベンジャミン・バトン 数奇な運命」□監督 デヴィッド・フィンチャー □脚本 エリック・ロス □原作 F・スコット・フィッツジェラルド□キャスト ブラッド・ピット、ケイト・ブランシェット、ティルダ・スウィントン、タラジ・P・ヘンソン、イライアス・コティーズ、ジェイソン・フレミング、ジュリア・オーモンド、エル・ファニング、ジャレッド・ハリス■鑑賞日 2月14日(土)■劇場 109CINEMAS川崎■cyazの満足度 ★★★★(5★満点、☆は... [続きを読む]

受信: 2009年2月22日 (日) 10:18

» 「ベンジャミン・バトン 数奇な人生」 自分の人生の肯定 [はらやんの映画徒然草]
時間というものは不可逆性の流れを持っています。 今のところ物語の中でしかタイムト [続きを読む]

受信: 2009年2月22日 (日) 17:15

» ベンジャミン・バトン★数奇な人生  [銅版画制作の日々]
 原題:The Curious Case of Benjamin Button 80歳で生まれ、若返っていく男の物語 公開前から予告での宣伝もじゃんじゃん流されていたので、観ないわけにはいかないなあと思っていました。2月9日夕方、鑑賞してきました。ところが長い!3時間まではいかなかったが。後で調べたら167分=2時間47分・・・・・・。いやあここまで長いとやはり疲れますね。 F・スコット・フィッツジェラルドの短編小説をもとに、デヴィッド・フィンチャーが映画化。なお、フィンチャーと主演のブラッド... [続きを読む]

受信: 2009年2月22日 (日) 23:15

» 『ベンジャミン・バトン~数奇な人生~』 [・*・ etoile ・*・]
'09.01.19 『ベンジャミン・バトン ~数奇な人生~』(試写会)@よみうりホール yaplogで当選。ブラピ舞台挨拶つき試写会も応募したけど、こっちが当たってことはハズレだな(涙)しかも家に帰ったらシネトレからも試写状が届いてた。その日は旅行中で日本にいない。ということで、そちらは代わりにMッスに行ってもらうことにした。シネトレさんすみません 「高齢となり死の床にあるデイジーは、付き添いに来ている娘のキャロラインにある人の日記を読んで欲しいと頼む。日記の主はベンジャミン・バトン。老... [続きを読む]

受信: 2009年2月23日 (月) 01:30

» 「ベンジャミン・バトン 数奇な人生」 [クマの巣]
「ベンジャミン・バトン 数奇な人生」、観ました。 フィッツジェラルドの短編小説を映画化、老人の姿で生れてきた男の数奇な運命を描く... [続きを読む]

受信: 2009年3月 1日 (日) 20:22

» ベンジャミン・バトン 数奇な人生 [活動写真放浪家人生]
 <丸の内ピカデリー1>  大学受験で東京に泊まった時、私は旧丸の内ピカデリーで観たのだろうか。今の [続きを読む]

受信: 2009年3月 1日 (日) 22:08

» ベンジャミン・バトン 数奇な人生 [ケントのたそがれ劇場]
★★★☆  第81回アカデミー賞作品賞に本命としてノミネートされていたが、残念ながら対抗馬の『スラムドッグ$ミリオネア』に負けてしまい、アカデミー賞関連の受賞は「メイクアップ賞」「美術賞」「視覚効果賞」等の特別賞のみの受賞に終わってしまった。       ... [続きを読む]

受信: 2009年3月 4日 (水) 10:52

» 「ベンジャミン・バトン 数奇な人生」観てきました♪ [りんたろうの☆きときと日記☆]
☆「ベンジャミン・バトン 数奇な人生」 監督:デヴィッド・フィンチャー 出演:ブラッド・ピット、ケイト・ブランシェット、ティルダ・スウィントン、ジェイソン・フレミング、イライアス・コティーズ、ジュリア・オーモンド、エル・ファニング デイジー、タラジ・P・ヘンソン、フォーン・A・チェンバーズ、ジョーアンナ・セイラー、マハーシャラルハズバズ・アリ、ジャレッド・ハリス、デヴィッド・ジェンセン、テッド・マンソン、トム・エヴェレット 1918年、ニューオーリンズ。 第一次世界大戦も終わりお祭りムードに包... [続きを読む]

受信: 2009年3月13日 (金) 00:48

» ベンジャミン・バトン 数奇な人生 [のほほん便り]
なんと、デヴィッド・フィンチャー監督作品、だったのですね。 ネット評的には、厳しい声も少なくなかったですが、天下の美形、ブラッド・ピットとケイト・ブランシェットが映画ファンタジーで、色々な年齢を経て、関係性を変えていく距離感が興味深かったです。 見た目、老人と少女として出会い、ある年齢で愛しあい、最期は看取ってるのですから、ある意味では見事なヒューマン・ファンタジーといえそう。 男女逆だと、ありそうな物語だけど、あえて、こういう形にしたのが、フィンチャー流だったのかな? ある... [続きを読む]

受信: 2016年2月 9日 (火) 15:25

« 「007/慰めの報酬」 | トップページ | 快挙!「おくりびと」アカデミー賞受賞 »