« 「感染列島」 | トップページ | 「007/慰めの報酬」 »

2009年2月 8日 (日)

「マンマ・ミーア!」

Mammamia (2008年・ユニヴァーサル/監督:フィリダ・ロイド)

1999年にロンドンで初演されて以来世界170都市で上演され、3,000万人以上を動員した大ヒット・ミュージカルの映画化作品。イギリスでは「タイタニック」の興行記録を追い抜いて歴代興収トップに躍り出たという。監督は舞台演出も手掛けたフィリダ・ロイド。

「ダンシング・クィーン」等で知られる、ABBAのヒット曲をミュージカル・ナンバーとして用いており、構成としては昨年の、やはりビートルズのヒット・ナンバーを散りばめた「アクロス・ザ・ユニバース」に近い。
但し、あの作品が60年代末期の混沌とした世相を背景に、やや暗いムードの作品であったのに対し、こちらは徹底してノー天気で明るくて他愛ない、ハッピーな作品に仕上がっている。

エーゲ海に浮かぶギリシャの小島で、20歳のソフィ(アマンダ・セイフライド)は結婚式を間近に控えていた。父のいない家庭で育ったソフィの願いは父親とバージンロードを歩くこと。母親ドナ(メリル・ストリープ)の日記を内緒で読んだソフィは、父親の可能性があるドナの昔の恋人3人に、ドナに内緒で招待状を送るが…

…というストーリーはあるけれど、要するに基本はミュージカル・コメディ。軽快なABBAのヒット・ナンバーに乗せてメリル・ストリープ始め、出演者が歌い、踊る楽しいミュージカル・シーンに心浮き浮き、のめり込んでしまえばこっちのもの、あっという間に1時間48分が過ぎてしまう。

ポップで明るい曲調に加え、美しいギリシャ・エーゲ海を背景にしている事もあって、ダンス・ナンバーが始まると、一緒に踊り出したくなるほどの高揚感に包まれる。
特にストリープ、もう60歳になろうとしているのに、歌い、踊り、飛び跳ね、歳を感じさせないパワフルなパフォーマンスぶりには恐れ入る。役の上でも、若い頃に産んだ20歳の娘がいる(つまり40歳頃)という役柄で、その事を突っ込む人もいるようだが、役になり切って楽しそうに演じ、歌い踊る姿を見ているうち、そんな事は気にならなくなる。さすがは名女優である。

お話は前述の如く、単純で他愛なく、最後はハッピー・エンドで終わるから安心して観ていられる。ABBAのファンは無論のこと、ミュージカル映画ファンなら十分堪能出来る、まさに王道を行くミュージカル映画の快作である。

 
―ただ、この映画を楽しめなかった人が意外に多いようで、それはお気の毒というか、残念である。
そこで以下は、この映画をどう楽しむか、という点について語りたいと思う。

まず、この映画はミュージカルである。出演者が突然陽気に歌い、踊り出し、回りの人たちも一緒になって踊る…という展開に違和感を感じてしまう人は、ハナから蚊帳の外である。「ラリってんじゃないか」とのたまう方に至っては論外で、そういう人はもう二度とミュージカルについて語らない方がいいと思う。

ミュージカルは、元々は舞台におけるレビュー(タップなどを踊りながら歌う)・ショーから始まって、単純な男女の恋愛等のお話が適当に繋ぎ合わされ、やがてストーリー性のあるものに発展して行ったもので、お話よりは歌と踊りがメインなのである。つまりはショー・ビジネスの世界である。観客はお気に入りのスターの歌と華麗なダンスだけを堪能して、ストーリーなんかは見終わればきれいに忘れているのである。日本で言えば宝塚歌劇を思い浮かべれば分かり易いだろう。

そういう、舞台ミュージカルに慣れ親しんでいれば、まず抵抗はないだろうが、舞台に馴染みがない映画ファンであれば、1940~50年代に一世を風靡したMGMミュージカルを是非観ていただきたい。

私も、ミュージカル大好きになったのは、MGMミュージカルのおかげである。入門としては、MGMミュージカルのアンソロジー集「ザッツ・エンタティンメント」シリーズが最適である。未見の方は、騙されたと思ってPart1から順に観てください。豪華なレビュー、フレッド・アステアやジーン・ケリーの優雅なダンス、シド・チャリシーの妖艶な踊り、エスター・ウイリアムスの呆れるほど豪華で贅を尽くした水中レビューの数々…ハマること請け合いである。これで「つまんない」と思う人は「マンマ・ミーア!」は観ない方がいいでしょう。

これにハマった人は、次に「ザッツ・-」にも一部が出て来るジーン・ケリー監督(S・ドーネンと共同)・主演の「雨に唄えば」、アステア主演の「イースター・パレード」「バンド・ワゴン」を観る事をお奨めする。もう完全にMGMミュージカルにノックアウトされるはずである。

これらの作品も、いずれも単純で他愛ない、陽気で楽しいお話ばかりである。観終わっても、覚えているのはアステアやケリーのウットリするダンス・ナンバーばかり。「雨に唄えば」ではラスト間際、本筋とはまったく関係ないレビューだけを繋げた“ブロードウエイ・バレー”が延々1713分も続く。極端に言えば、物語部分を全部カットして、ミュージカル・シーンだけの映画に編集し直しても十分楽しい(それじゃまんま「ザッツ・エンタティンメント」ですが(笑))。

ただ、立川志らく師匠のようにMGMミュージカル大大ファンになると、逆にストリープがいくら熱演しても、アステアやジャンジャー・ロジャースやシド・チャリシーなどの優雅で華麗なダンスと歌に比べれば見劣りしてしまい、辛い点数になってしまうようである。なかなか難しいものである(笑)。今の時代、アステアもJ・ケリーも存在しないのだから無いものねだりなのだが…。そう言えばシド・チャリシーの訃報を聞いたのは昨年だった。

ついでに言うなら、ミュージカルはその後、「ウエスト・サイド物語」が登場し、ストーリーを重視した、社会派的なものが時代を席巻するようになり、陽気でノー天気なMGMミュージカルは衰退してしまう。それはあたかも、リアルな黒澤時代劇の大ヒットによって、陽気で明るい東映時代劇が息の根を止められたのと呼応しているかのようでもある(時代も、共に1961年頃とまさに一致している)。

現在のミュージカルも、「オペラ座の怪人」とか「シカゴ」「レント/RENT」のように、やや暗めのものや社会派的なものが幅を利かせており、かろうじて「ヘアスプレー」が、かつての陽気でノー天気なミュージカルを思い起こさせる作りになっているだけである。

「マンマ・ミーア!」は、そんな、古き良き時代のミュージカルの伝統を引き継ぐ作品であり、特に9.11以降、なんとなく殺伐とした時代の空気の中で落ち込んでいた人たちを元気付けるパワーに満ち溢れている。元々舞台ミュージカルに慣れ親しんでいるイギリス、アメリカの人たちが熱狂するのも当然で、何度でも観たくなるリピーターも沢山いるのだろう。そうでなければ「タイタニック」を上回る観客が詰め掛けるはずもないのである。ロンドンでの上演では、劇場内がディスコ状態になってしまったというから驚きである。

私が観た劇場内では、歌に合わせて拍子を取って体を揺らせたり、小声で口ずさんでいる人が結構いた。ABBAのファンなのかも知れない。観客がみんなそんな調子で踊りだしたら、相乗効果でもっと楽しくなるかも知れない。

ともかく、映画は、自分から映画の世界に入り込んで楽しまなければ損である。ABBAのポップで快活なリズムに乗って、風光明媚なエーゲ海の島にいる気分に浸れば、ストリープの歳も、ピアース・ブロスナンの歌のヘタさも全然気にならなくなる。

物語が終わった後のエンド・ロールでも、カーテンコールよろしく、ストリープ中心のオバさんトリオが歌い、踊るシーンもまた楽しい。歳を取ろうが、若々しい気持ちさえ失わなければ、心はいつまでも歳を取らないのである。―そう、お楽しみはまだまだココからなのである。   (採点=★★★★

 ランキングに投票ください → ブログランキング     にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ

|

« 「感染列島」 | トップページ | 「007/慰めの報酬」 »

コメント

こんばんは。

>古き良き時代のミュージカルの伝統を引き継ぐ作品

なるほど。
そう考えると、楽しみ方も全く違ってきますね。
ぼくはMGMミュージカル、
決して嫌いではないです。

ジーン・ケリーもフレッド・アステアも
好きなんだけどなあ。

投稿: えい | 2009年2月 9日 (月) 22:24

>私も、ミュージカル大好きになったのは、MGMミュージカルのおかげである。

私がミュージカルというジャンルに対して強い愛着を抱くのは、
子供の頃、親が見せてくれたディズニーアニメのおかげである。

>出演者が突然陽気に歌い、踊り出し、回りの人たちも一緒になって踊る
>…という展開に違和感を感じてしまう人は、ハナから蚊帳の外である。
>「ラリってんじゃないか」とのたまう方に至っては論外で、
>そういう人はもう二度とミュージカルについて語らない方がいいと思う。

こういう事を書くとミュージカル嫌いが増えるから止めた方がいい。
実際、
私が本格的に実写のミュージカルを見始めた時、
作品や場面によっては展開に強い違和感を感じてしまったので、
原因を探って、ミュージカル映画に関する多くの文章を読んで、
こういうパフォーマンス派の独り善がりな批難に対して、
数年間ミュージカル嫌いになるほどの強い怒りを感じた。
だからと言って、
貴方の「ミュージカル映画の楽しみ方」に対して、
あんな感情的に知識を利用したコメントは間違いだった。
ただ私としては、
違和感を感じるからと言ってミュージカル嫌いだと
決めつけられるのだけは決して受け入れられない。

(もし貴方の気分を害さなければ、「」における
名前をダブルイレブンに直してもらえますか?)

投稿: ダブルイレブン | 2010年8月 6日 (金) 17:26

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/174742/44001617

この記事へのトラックバック一覧です: 「マンマ・ミーア!」:

» 映画 【マンマ・ミーア!】 [ミチの雑記帳]
映画館にて「マンマ・ミーア!」 大ヒットの同名ミュージカルの映画化。 おはなし:エーゲ海に浮かぶギリシャの小島で、母ドナ(メリル・ストリープ)に育てられたソフィ(アマンダ・セイフライド)。結婚式を控え、父親探しをすることに決めたソフィは、内緒で母親の日記を読み、父親の可能性のある昔の恋人3人に招待状を出す。 最初にドナとその友人ターニャとロージーの3人が桟橋に集結するところでは、イイ年したオバサン(失礼!)のハイテンションがあまりにイタくて、この映画の先が思いやられました。 けれど、涙が出る... [続きを読む]

受信: 2009年2月 8日 (日) 22:54

» マンマ・ミーア! [佐藤秀の徒然\{?。?}/ワカリマシェン]
公式サイト。フィリダ・ロイド監督、メリル・ストリープ、アマンダ・セイフライド、ジュリー・ウォルターズ、ステラン・スカルスガルド、コリン・ファース、ドミニク・クーパー、ピアース・ブロスナン、、クリスティーン・バランスキー。ABBAサウンドの人気ジュークボックス....... [続きを読む]

受信: 2009年2月 8日 (日) 23:13

» 「マンマ・ミーア!」 [てんびんthe LIFE]
「マンマ・ミーア!」マスコミ完成披露試写会 日劇1で鑑賞 たぶん3年前、劇団四季の「マンマ・ミーア!」をみて恐ろしく感激し、ノリノリだった自分をしっかり再現できました。 ストーリーは奔放なママの過去を振り返るお話でしたが、とにかくABBAのナンバーが最高。 すんなりと体の中に入りこんでくるメロディーに酔いしれてきました。 この作品、オリジナルでないにしてもアレンジがかなりオリジナルに忠実に思えましたがどうなんでしょう。 「アクロス・ザ・ユニバース」のビートルズのナンバーも心地よかったけ... [続きを読む]

受信: 2009年2月 8日 (日) 23:23

» 『マンマ・ミーア!』 [ラムの大通り]
(原題:Mamma Mia!) 「なるほど、そういう映画だったんだ。 なるほどね」 ----ニャに、そんなに感心してるの? 「いや、その昔好きだった ABBAの曲を全編に散りばめたミュージカルが 向こうのステージでヒットしていると、 しかもそれが娘の結婚をめぐる話だと聞いてはいたけど、 どうもイメージが湧かなかったんだ。 やっと納得。でもなあ……」 ----でも? 「この映画、実を言うと 一言で言えるほど簡単なお話。 ドナ(メリル・ストリープ)が女手一つで育てた 娘ソフィ(アマンダ・セイフライド... [続きを読む]

受信: 2009年2月 9日 (月) 00:50

» マンマ・ミーア! [ネタバレ映画館]
バグパイプは日本の逆さ箒の意味があるの? [続きを読む]

受信: 2009年2月 9日 (月) 01:51

» マンマ・ミーア/MAMMA MIA! [我想一個人映画美的女人blog]
全世界170都市以上で公演され、 3000万人以上が観た超ロングランヒット・ミュージカル「マンマ・ミーア!」がついに映画化{/ee_2/} 1月公開を前に、試写でちょっと早く観て来た♪ ABBAの曲を全編にちりばめたミュージカル。映画版でも22曲使用{/onpu/}  実は本場のも劇団四季のミュージカルも未見だったので内容全く知らなかった。 NYの劇場で予告篇観たのが最初。 映画化すると知ってずーっと楽しみだった1本!! なんたって大好きなメリル・ストリープが主演{/m_0150/} +ミ... [続きを読む]

受信: 2009年2月 9日 (月) 11:50

» 「マンマ・ミーア!」中高年男女狂喜乱舞演芸動画! [シネマ親父の“日々是妄言”]
[マンマミーア] ブログ村キーワード ~全世界170都市以上で上演、観客動員数3,000万人以上-今も世界中を総立ちにさせ、すべての人をハッピーにしつづける大ヒット・ミュージカル、待望の映画化!~←チラシに書かれた何とも大そうなキャッチ(^^;!「マンマ・ミーア!」(東宝東和)。全編懐かしのABBAのヒット・ナンバーで綴られる、大ヒット・ミュージカルの映画化。それにしても、何ヶ月前から予告編を見せられ続けたことか…。ようやく公開!  ドナ(メリル・ストリープ)は、ギリシャの小島で小さなホ... [続きを読む]

受信: 2009年2月 9日 (月) 19:18

» マンマ・ミーア! [ヒューマン=ブラック・ボックス]
ヒューマン=ブラック・ボックス - 映画のご紹介 (419) マンマ・ミーア!<ネタバレ編> -不易と流行 動物や植物の学名にラテン語が使われているのは、ラテン語が死語であり、既に日常的には誰も使われなくなった言葉であるゆえであるという。...... [続きを読む]

受信: 2009年2月 9日 (月) 21:55

» 映画:マンマ・ミーア! [よしなしごと]
 平日3本観た、その3本目はマンマ・ミーア!を観てきました。  公開の初日に映画を観るなんて、1年以上ぶりのような気がします。 [続きを読む]

受信: 2009年2月 9日 (月) 23:01

» 「マンマ・ミーア」メリル・ストリープ踊ってます [soramove]
「マンマ・ミーア」★★★☆ メリル・ストリープ、アマンダ・セイフライド主演 フィリーダ・ロイド 監督、2008年、アメリカ 「ギリシャの島で小さなホテルを経営する 母と娘が主人公、 娘の結婚を明日に控え 娘はあるサプライズを用意していた」 耳になじんだABBAの曲に乗って エーゲ海の美しい景色の中 母と娘の「恋」の物語が進行していく。 音楽が初めて聞くものじゃないからか、 歌われている内容もすんなり入ってくる、 ピッタリ、ピッチリ合っていない踊りが ... [続きを読む]

受信: 2009年2月10日 (火) 20:10

» ★「マンマ・ミーア!」 [★☆ひらりん的映画ブログ☆★]
今週の平日休みは「TOHOシネマズ・ららぽーと横浜」で2本。 その1本目。 有名な舞台ミュージカルの映画化だし、 豪華キャスト?のおかげか、平日昼間の回なのに、けっこうお客さんが入ってました。 年齢層は高そうだけど・・・... [続きを読む]

受信: 2009年2月11日 (水) 02:26

» マンマ・ミーア! [パピ子と一緒にケ・セ・ラ・セラ]
「ダンシング・クイーン」「チキチータ」・・・ABBAの数々の名曲で綴られた、あの大ヒット・ミュージカルが待望の映画化! どんなことがあっても、笑っていよう。自分の人生がもっと好きになる。すべての女性に贈る、心温まる母と娘の<絆>・・・最高の笑顔としあわ...... [続きを読む]

受信: 2009年2月11日 (水) 17:01

» 『 マンマ・ミーア!』 [京の昼寝〜♪]
□作品オフィシャルサイト 「マンマ・ミーア!」□監督 フィリダ・ロイド □脚本 キャサリン・ジョンソン □製作総指揮 トム・ハンクス、リタ・ウィルソン、マーク・ハッファム □キャスト メリル・ストリープ、アマンダ・セイフライド、ピアース・ブロスナン、コリン・ファース、ステラン・スカルスガルド、ドミニク・クーパー、クリスティーン・バランスキー、ジュリー・ウォルターズ■鑑賞日 2月8日(日)■劇場 チネチッタ■cyazの満足度 ★★★★(5★満点、☆は0.5)<感想> こ、この映画はじっと座って観るので... [続きを読む]

受信: 2009年2月11日 (水) 20:34

» 懐かしのオールディーズ紹介 第91回 [オールディーズ・ブログ]
懐かしのオールディーズ紹介の 第91回目です。 懐かしのオールディーズ紹介 第91回目で-ABBA-映画マンマ ミーア特集−(5)『 5.レイ・オール・ユア・ラブ・オン・ミー 』です。 昨日『6. ギミー!ギミー!ギミー!』も予告しましたが明日になります。 あし...... [続きを読む]

受信: 2009年2月15日 (日) 13:42

» マンマ・ミーア ★★★ [えいがのはこ。]
きっと人生における恥ずかしい出来事っていうのは、外部的要因でなく、よりにもよって自分自身が原因という方が、ほとんどですよね。 で、その原因になるのは、自分のつけてた日記というのには、納得するよなぁ。 私も日記つけてるけど、他人に絶対見られたくないよ!!... [続きを読む]

受信: 2009年2月18日 (水) 12:34

» 映画「マンマ・ミーア!」 [茸茶の想い ∞ ~祇園精舎の鐘の声 諸行無常の響きあり~]
原題:Mamma Mia! そう、I have a dream.といってもキング牧師の演説ではない、ABBAの22曲のなかでもオープニングを飾る曲、映画の中のその夢は父親とのバージンロード~ 明日はソフィ(アマンダ・セイフライド)とスカイ(ドミニク・クーパー)の結婚式、シングルマザ... [続きを読む]

受信: 2009年3月 7日 (土) 00:14

« 「感染列島」 | トップページ | 「007/慰めの報酬」 »