« 快挙!「おくりびと」アカデミー賞受賞 | トップページ | 「チェンジリング」 »

2009年2月27日 (金)

「おくりびと」受賞で思うこと― ピンク映画出身である事を何故隠すのか

Okuribito3 「おくりびと」がアカデミー外国語映画賞を受賞して、マスコミも映画館も大賑わいである。

暗い話題が多い最近では、大変明るいニュースであるし、古くからのファンである滝田洋二郎監督にも、心から祝福を送りたい。

…であるが、少々文句を言いたい事。

あまりテレビを見ている方ではないので、他ではどうだったか知らないが、TBSの「NEWS23」や「みのもんたの朝ズバッ!」等における、滝田監督の経歴紹介で、いずれも、学校卒業後、“映画製作会社に助監督として入社”の後、いきなり“'85年の「コミック雑誌なんかいらない!」で注目される”と飛んでいるのである。

その間、数多くのピンク映画を監督して来た事は、まるで無視されているのである。無論その映画製作会社が、ピンク映画プロダクションである事も伏せられている。

具体的に言うと、高校卒業後、'74年にピンク映画専門のプロダクション、獅子プロに入社、助監督として多くのピンク映画製作現場で修業の後、81年、「痴漢女教師」で監督デビュー。
以後、85年に「コミック雑誌なんかいらない!」(公開は86年2月)で一般映画(この呼び方も気に入らないが)に進出後も、'87年までの間に、ピンク映画25本、日活にてロマンポルノを2本監督している。

単にエロ映画を撮っていたというだけではない。厳しい条件下で映画作りのノウハウを学び、修業した、そのキャリアの積み重ねが、その後の一般映画で実を結んだ―という事なのである。

滝田監督だけではない、現在一線で活躍している映画作家の中に、ピンク映画を作っていた人が少なからずいるのである。

例を挙げると、
今や作る作品どれもベストワンの、日本を代表する作家・周防正行(デビュー作は小津映画のパロディ「変態家族 兄貴の嫁さん」)、
「光の雨」「火火」に、今年は「禅 ZEN」で気を吐く高橋伴明(ピンク歴はその数約50本!)、
テレビ「相棒」シリーズが大人気で映画もヒットした和泉聖治(こちらもピンク映画を60本近く量産)、
「パッチギ!」でベストワンを獲得した井筒和幸も、デビュー作は「いくいくマイトガイ 性春の悶々」。
海外でも評価が高く、昨年は「トウキョウソナタ」が評判となった黒沢清も、「神田川淫乱戦争」等のピンク監督作がある。
その他、「感染列島」瀬々敬久「がんばっていきまっしょい」磯村一路、変わった所では、「まんが日本昔ばなし」の文芸担当を経て「出張」「1万年、後…。」などを監督した沖島勲もピンク出身である。
そうそう、今や映画解説者?のカントクこと山本晋也も無数のピンク映画を監督している(その数は180本を超える!)。「未亡人下宿」シリーズはコメディの傑作。

昨年は「実録・連合赤軍 あさま山荘への道程」で話題を呼んだ若松孝二は、ピンク映画界の伝説的巨匠。'63年に「甘い罠」でデビュー後、夥しい数のピンク映画を量産。そればかりか、65年には若松プロを興し、高橋伴明や大和屋竺、足立正生、沖島勲等、多くの人材を育成した。

ざっとこんな所で、これに日活ロマンポルノ出身の金子修介根岸吉太郎中原俊…を加えたら、日本映画界の屋台骨を支えているのが、他ならぬこうしたピンク、ポルノ出身監督だという事になる。まさに人材の宝庫である。

だから、ピンク映画を撮って来た事は、誇っていいと思う。隠す事はない。

だが、世間には、いまだ厳然として(特定の職業、人種などにおいても)差別意識が残っている。

かつてロマンポルノがヒットしていた頃、巨匠・小林正樹監督は「ロマンポルノなんてものは、あれは映画じゃない」と言ったそうだ。

それを聞いた当時新進のシナリオ・ライター、桂千穂氏は「絶対小林監督を許さない」と激怒し、進んでロマンポルノの脚本を手掛けるようになった。そしていくつかの傑作ロマンポルノの脚本を残している。

また、ある高名な映画評論家氏は、ロマンポルノに主演した伊佐山ひろ子がキネマ旬報の主演女優賞を受賞した時、「ポルノ女優に主演賞を与えるような映画賞の選考委員は辞退する」と公言したそうである。
(高慢な評論家はいるもので、深作監督の「仁義なき戦い」がキネ旬でベスト2位に選ばれた時、ある評論家は「ヤクザ映画がベストワンにならなくて良かった」と真顔で言ったそうな)

そんな風潮がまだ残っているからこそ、日本の誇りとなった監督が、ピンク映画出身である事を隠そうとしているのだろう。

だから私は、滝田監督がピンクを撮っていた頃、地元に帰省した時、両親も含めて周囲の人がどんな反応を示したか興味がある。是非マスコミは取材して欲しい。

「おくりびと」の中で、広末涼子扮する妻が、「触らないで、汚らわしい!」と言うシーンがあるが、脚本にあるとは思うが、これは案外、滝田監督が若い頃、地元の彼女あたりにひょっとして「ピンク映画作ってるの?汚らわしい」と言われた経験があって、それが反映されているのでは…とふと思ってしまったのである。冗談ですが(笑)。

ともあれ、マスコミは、“ピンク映画こそが人材育成の場になっている”事をもっと取り上げてもいいのではないか。そこから、“人材育成の為には、日本映画の将来の為にはどうすればいいか”をみんなで考えるようになればいいと思っている。

 

さて、なぜピンク映画から人材が育つのかと言うと、簡単な事で、低予算(1本当り300~500万円と言われている)、タイトなスケジュールの中で苦労しながら、いかに観客を喜ばせる作品を作るか…という経験を経て、映画作りのノウハウを学んで行くからである。先輩監督からも教えられる事があるし、厳しい環境を経験すれば、精神的にもタフになる。場数を踏むほど、娯楽映画作りのコツもマスター出来るわけである。

これはピンクに限らず、例えば深作欣二、降旗康男、佐藤純弥等といった骨太エンタティンメントの秀作を手掛ける監督たちも、かつては厳しい環境の中で無数のB級アクション、ヤクザ映画を撮って来た…という経験が大いに役立っているのである。

外国においても、現在活躍しているフランシス・F・コッポラ、マーティン・スコセッシ、ジョナサン・デミ、ロン・ハワード、ジェームズ・キャメロン、ピーター・ボグダノヴィッチといった監督たちは、ことごとくB級映画の帝王と呼ばれたロジャー・コーマンの元で、低予算、ハードスケジュールでこき使われながら、映画作りを学んでいる。
…洋の東西を問わず、厳しい環境であるほど、人間は鍛えられ、成長するものである。

撮影所システムが機能していた昔は必ず、新人はそうやって数年間の下積みの助監督修業を経験し、うるさい監督にシゴかれ、一本立ちして行ったものである。

今はそういう修業の場がほとんどない。従って、娯楽映画作りの基本が出来ていないから、頭でっかち、少しも面白くない駄作、凡作が氾濫している。そのうち、ピンクやB級映画で育った前述のような職人監督がいなくなってしまったらどうなってしまうのか。…考えたらコワい事である。

これから映画監督を目指す若い人は、滝田監督の成功をならって、ピンク映画で修業してみてはどうか。いやむしろ、出来の悪い監督も、一度ピンク映画現場に放り込んでやればいい。鍛えられると思うよ。いやマジで(笑)。

 ランキングに投票ください → ブログランキング     にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ

滝田監督の、日活ロマンポルノ作品(後2本は獅子プロ製作・日活配給)

|

« 快挙!「おくりびと」アカデミー賞受賞 | トップページ | 「チェンジリング」 »

コメント

“ピンク映画こそが人材育成の場になっている”
まさにその通りです。
「痴漢電車」シリーズが大好きでした。
新東宝のピンク映画と日活ロマンポルノは、映画監督たちが、女優さん使って裸さえ出せば、あとは自由に映画を撮れたって感じで、素晴らしい監督を世に送り出してきました。

http://pub.ne.jp/omiko/?daily_id=20080913

「コミック雑誌・・・」がデビュー作って、非常に違和感覚えますけど、まあ知る人ぞ知るで、いいんでしょうきっと。

投稿: omiko | 2009年2月28日 (土) 02:41

全面的に同意記事です。

僕はブログ以外にヤフー!映画にも寄稿してますが、そこにも少なからずピンク出身で揶揄する愉快犯のような人がいて辟易します。

どうしてもVシネマやヤクザもの、ピンクって蔑視されますよね・・・

投稿: タニプロ | 2009年2月28日 (土) 17:09

追記です。

若松御大が語ってらっしゃる記事を見つけました。ピンクに関しては後半にちょっとだけ。

ご存知でしたら無視してください。

http://intro.ne.jp/contents/2009/02/27_0526.html

投稿: タニプロ | 2009年2月28日 (土) 18:24

>omikoさん
書き込みありがとうございます。
私も、あまり多くはないですが、滝田監督の「痴漢」シリーズ、何本か観てます。
このシリーズは、とにかくコメディ・センスが抜群ですね。何度も大笑いさせられました。それが「シャ乱Qの演歌の花道」などの傑作コメディにも繋がってるし、「おくりびと」のさりげないユーモアの下地にもなってるのでしょうね。
ピンクを撮ってても、なにか光るものを感じました。
そのセンスをいち早く感じ取って、「コミック雑誌なんかいらない!」の監督に抜擢した内田裕也さんのプロデューサー感覚も素晴らしい。本木雅弘くんが、その裕也氏の娘婿…というのも不思議な縁を感じますね。

>タニプロさん、
いつも情報ありがとうございます。
若松孝二監督のインタビュー記事の紹介ありがとうございました。これは知りませんでした。
>「日本映画ってのは、みんなピンク映画のお世話になってるんだよな。」
…若松監督の言葉、まさに私とおんなじ事言ってくれてますね。我が意を得たりです。
若松監督の次回作も楽しみですね。

投稿: Kei(管理人) | 2009年3月 2日 (月) 00:11

以前から、うすうすと感じていました。

貴殿の記事には「映画」への蘊蓄はあっても「愛」がないのです。

だから、あんな映画やこんな映画も無用に誉める。

もし、それが映画愛だとすれば、ご免被りたい。
一映画制作者としての一言です。

削除けっこうです。

投稿: 月本夏海 | 2009年3月 7日 (土) 20:09

>月本さん
私は、いろんな人がいろんな意見や考えを持ち、それを自由に書く事はとてもいい事だと思います。
中には自分と違う意見があっても当然だし、異論を唱えるのも、また反論するのもまったく自由です。
だから、ここに違う意見を書いていただいても、それは全然構いませんし、きちんと対応させていただきます。

ただ、あなたの書き込みは、何を言いたいのか、私にはよく分かりません。
異論があるのなら、もう少し具体的にどういう点で、どの記事が気に入らないのか明記していただきたい。

意味が分からないのは、>映画への愛がない から>あんな映画やこんな映画も無用に誉める
という論理の飛躍です。
アラを探して、映画を貶しまくったり、一刀両断に切って捨てる…のなら、映画への愛がない…と言えるかも知れませんが(実際そんなブログがいくつかあります。私は相手にしませんが)、“映画を誉める事”がなんで<映画への愛がない>という話になるのでしょうか?

また、私はどんな映画も無用に誉めるなんて事はしていません。ダメな映画、ひどい映画は厳しく批判します。ワーストテンに挙げた映画の批評(「少林少女」や「252」等)を読んでいただけたら分かると思います。
ただし、批判する場合でも、「期待しているのに、こんな映画を作っていいのか」…と、それこそ“愛を込めて”書いているつもりです。

映画が好きだから、日本映画がもっと頑張って欲しいから、そんな思いの丈を文章に込めているつもりです。

次に、このコメントは、この記事(「おくりびと受賞で思うこと」)に対する意見でしょうか。
「薀蓄」とはどの事をを指しているのでしょうか。あなたは分かってるのでしょうが、読んでいる人には何の事やらさっぱり分かりません。もっと具体的に指摘してください。

私がこの記事で書いた事は、私が数十年以上も前からいろんな所で書いてきた事です。
日本映画がどん底の頃から、周りの人が「日本映画はもう死んでるね」とか、「ピンクとヤクザばっかりの日本映画なんて見る気がしない」などと散々陰口叩かれていた時代から、それでも日本映画を見捨てずに、愛し続けて来た、苦しい状況の中でも頑張って来た作家たちを応援して来た、その思いを述べているだけです。

「薀蓄」とは、“小林監督と桂千穂さんの事”ですか?“ポルノ女優に主演賞を与えた映画賞の選考委員を辞退すした評論家の事”ですか?
これらはいずれも、当時キネ旬に書かれていた事で、その時、それらに対して意見を書いた事もありました。いずれも私の実体験です。
それを思い出して書く事が、薀蓄で、映画への愛がない事につながるのでしょうか?

「薀蓄」で言うなら、キネ旬に川本三郎さんや森卓也さんが書いてるコラムは、まさに“薀蓄”ばかりですが、その文章には映画愛が漲っていると思います。「薀蓄」と「映画愛」は、反するものではないと思いますよ。

私の文章が、“一映画制作者”の方の目から見たら、映画愛が感じられない…と思われたのなら、それは私の文章の拙さのせいで、反省しなければなりません。

ただ、あなたの書き込みは、前後の脈絡がなく、いきなりバッサリと、まるで夜道にすれ違いざま、切りつけられたようなものです。
それで、反省せよ、と言われても、その切りつけられた理由が分からないままでは反省のしようもないではありませんか。

立派なお仕事をされている由、敬服いたします。是非次回は御経験に基づき、私の至らない点等、ご教示、ご示唆くださいますようお願いいたします。
長々と乱文、ご容赦ください。

投稿: Kei(管理人) | 2009年3月 9日 (月) 02:38

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/174742/44196784

この記事へのトラックバック一覧です: 「おくりびと」受賞で思うこと― ピンク映画出身である事を何故隠すのか:

» 滝田洋二郎監督はピンク映画からスタートしたことをはっきり言お... [映画と出会う・世界が変わる]
26日のTBS「NEW23」に滝田洋二郎監督が登場。彼の「おくりびと」に至る映画人生というテーマでの紹介があった。81年に監督デビューと紹介されながら、85年の「コミック雑誌なんかいらない!」が、まるで監督処女作のような扱いで紹介される。それまでに撮ってきたピ...... [続きを読む]

受信: 2009年3月 2日 (月) 01:29

« 快挙!「おくりびと」アカデミー賞受賞 | トップページ | 「チェンジリング」 »