« 「チェンジリング」 | トップページ | 「ジェネラル・ルージュの凱旋」 »

2009年3月13日 (金)

「パッセンジャーズ」

Passengers(2008年・アメリカ/監督:ロドリゴ・ガルシア)

美しいセラピストが、事故にまつわる不可解な謎に巻き込まれていく心理サスペンス。

飛行機事故で奇跡的に生還した5人の乗客。セラピストのクレア(アン・ハサウェイ)は彼らのカウンセリングを任されるが、事故の際の証言が少しづつ食い違う。やがて彼らの周囲に不審な人物が現れ、また日を追うごとに生存者の姿が消えて行く。クレアは、航空会社が事故原因の真相を隠蔽するために、生存者の口封じを行おうとしているのではないかと推測するが…

登場人物が、みんな謎めいて見える。生還者のうちの一人、エリック(パトリック・ウィルソン)は事故に遭ってるのに不思議に明るいし、航空会社の担当者(デヴィッド・モース)はいかにも胡散臭く、クレアの隣人のオバさん(ダイアン・ウィースト)は妙に親切でかえって気持ち悪いし、…と、なにやら大きな陰謀が隠されているように見えて出だしはまずまず。

こういうミステリー・タッチの作品は、いかに巧妙に伏線を撒くか、観客をいかにうまくミスディレクションに導くか―がポイントとなる。その点では導入部は成功している。

この映画のポイントは、ラストに明かされる驚愕の真実である。ネタバレになるので書けないが、あまり考えずに観ていればうまく騙される人もいるだろうし、伏線部分を注意して見ている人は早々と気付くだろう。

残念なのは脚本がいささか弱い。脚本のロニー・クリステンセンはこれまでTVムービー数本程度の実績しかないようで、例えばカウンセリング・シーンがあっさり過ぎる。生存者の過去や、心の傷を丁寧に描くなど、もう少し登場人物のキャラクターをきちんと掘り下げて描いておればもっと面白くなっただろうに、惜しい。「彼女を見ればわかること」のロドリゴ・ガルシア監督も、この脚本では腕の揮いようがなかっただろう。

(以下重要なネタバレですので隠します)
実は、クレアも5人の生還者も、みんな死んでいた…というのがオチで、これは明らかにM・ナイト・シャマラン監督の「シックス・センス」からのいただきだろう。主人公がセラピストで、自分が死人だった事に最後でやっと気付く…という点まで似ている。ただ、主要登場人物が全員死人だった…という点が目新しいところか。よく考えれば、最初に病院に行ったクレアが、すれ違う人に声をかけても無視される…というシーンや、生存者がみんなかすり傷ひとつ負ってない…という辺り、ちゃんと伏線になっている。

ただ、おかしなツッコミどころも目に付く。クレアが車を運転するシーンがあるが、あの車は一般の生者には見えてるのだろうか。見えてれば無人の車が走ってる事になり、騒ぎになるだろう。それとも、車も幽霊?(笑)。

クレアが、飛行機に乗ってた事を全然覚えていないのも変。5人の生還者はみんな事故の記憶があるし、事故現場でウロウロしてたのに、彼女だけは家で寝てて、しかも上司(これも死人)からの電話を受けている。何故彼女だけが特別なのか、その理由を説明しておく必要があったのでは。

…と言う具合に、欠点も多いが、しかしラストにおいて、すべての謎が一挙に解明され、同時にクレアとエリックの、悲しいラブストーリーにホロリと泣かされる辺りはエンディングとしては悪くない。
↑ネタバレここまで

まあ、細かい所で難点もあるが、出演者はアン・ハサウェイ以外はあまり有名どころは出ていないし、製作費も、浜辺の事故機の残骸以外には大して金はかかっていないようで、コスト的にも低予算の作品である。配給もメジャーではない。

つまりは、昔で言う、B級映画(プログラム・ピクチャー)なのである。上映時間からして、93分とB級サイズである。

そう考えれば、2番館か地方公開で、お目当ての作品(話題作)を観に行って、その併映作としてまったく予備知識もなく、期待もせずに観たなら、結構楽しめるだろう。大阪で言うなら、新世界国際劇場で、3本立で観た人はきっと予想以上に楽しめたに違いない(笑)。

まああまり期待せず、白紙の気持ちで、細かい事を気にせずに観る事をお奨めする。B級映画は、B級なりの楽しみ方があるのである。    (採点=★★★

 ランキングに投票ください → ブログランキング     にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ

|

« 「チェンジリング」 | トップページ | 「ジェネラル・ルージュの凱旋」 »

コメント

keiさん、ちょっとお久しぶりです♪
やはり脚本のせいでしょうか、前半は
ちょっとテンポが悪くて退屈なところも
ありましたσ(^◇^;)
ですが、クレアまでもが・・・・だったとは!
とラスト驚きました(+_+)

最初、あんな大事故で、なんで生き残った人
あまりケガをしていないんだろうと思ったのですが、そういう物語だったんですね。。。
クレアの正体がわかってから、冒頭の病院で
無視されたこともそういうことだったんだと
気がつきました。

確かにB級ですが、それなりに楽しめました♪

投稿: ひろちゃん | 2009年3月16日 (月) 22:04

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/174742/44329152

この記事へのトラックバック一覧です: 「パッセンジャーズ」:

» パッセンジャーズ /PASSENGERS [我想一個人映画美的女人blog]
飛行機事故で奇跡的に生き残った5人。 謎めいたサスペンス?? 『LOST』を思わせる設定でもしかしたら面白いかも?なんてちょっと思いながら行ってきました、 アン・ハサウェイ主演のこの映画。 この日は、数多ある試写会場の中でもとくに評判悪く、わたしも最も嫌いな九段会館{/m_0164/} 近くのスタバにいて余裕かましていて20分前に行ったら長蛇の列{/ee_3/} {/face_sup/}  いらないのにまたまた余計なゲスト呼んで試写前にトークってことで 特に関連もないのに山本モナ登場、多くの... [続きを読む]

受信: 2009年3月14日 (土) 01:29

» パッセンジャーズ [だらだら無気力ブログ]
飛行機事故で奇跡的に生還した5人の乗客のカウンセリングを担当する ことになったセラピストが不可解な謎に巻き込まれていく様を描いた サスペンススリラー。 真相を追究する若きセラピストを『ゲットスマート』で女スパイを演じた アン・ハサウェイが演じる。飛行機事故..... [続きを読む]

受信: 2009年3月14日 (土) 02:32

» ★「パッセンジャーズ」 [★☆ひらりん的映画ブログ☆★]
今週の平日休みは、「TOHOシネマズららぽーと横浜」で2本。 その1本目。 「プラダを着た悪魔」の大ヒットで一躍有名になったアン・ハサウェイ主演。 ひらりんは「プリティ・プリンセス」から注目してたよーー。 ... [続きを読む]

受信: 2009年3月14日 (土) 03:33

» [映画『パッセンジャーズ』を観た] [『甘噛み^^ 天才バカ板!』]
☆私が最も美しいと思う女優は、ナスターシャ・キンスキーであるが、  この作品の主人公クレアを演じたアン・ハサウェイも、かなりの美貌だ。  でも、その美しすぎる大きな瞳が、顔の中でバランスを崩している感じもある。  この作品は、堅実な作りをした、シャマラン監督作品のような1アイディア映画だが、恐ろしいほど、記憶に残らない。 「いい作品だったなあ」と思って、映画館を出るのだが、なんとも、鑑賞後感が希薄なのだった。  観ている間中、どうも、アン・ハサウェイの瞳が気になって気になって、なんか多くの... [続きを読む]

受信: 2009年3月14日 (土) 05:25

» 映画 「パッセンジャーズ」 [ようこそMr.G]
映画 「パッセンジャーズ」 [続きを読む]

受信: 2009年3月14日 (土) 11:18

» 『パッセンジャーズ』 [ラムの大通り]
(原題:Passengers) ※カンの鋭い人は注意。※映画の核に触れる部分もあります。 鑑賞ご予定の方は、その後で読んでいただいた方がより楽しめるかも。 -----これってアン・ハサウェイが いくつかの映画賞で主演女優賞を受賞した映画だよね。 「今年のアン・ハサウェイはかわいいだけじゃない!」って 書いてあるけど、どんな映画ニャの? 「それについては、 プレスに端的ににまとめてあるから、 そちらをそのまま引用しちゃおう。 『飛行機事故で、奇跡的に生残った5人の乗客。 彼らを担当するセラピス... [続きを読む]

受信: 2009年3月14日 (土) 14:46

» パッセンジャーズ・・・・・評価額1150円 [ノラネコの呑んで観るシネマ]
ディズニーのお姫様女優からスタートして、最近では演技者として成長著しいアン・ハサウェイ主演のミステリー。 飛行機事故で、九死に一生を... [続きを読む]

受信: 2009年3月15日 (日) 23:11

» パッセンジャーズ [象のロケット]
クレアは深夜に電話で起こされ、旅客機墜落事故で奇跡的に生き残った乗客5人のストレスを治療するセラピストに任命された。 真っ先に患者エリックに言い寄られ戸惑うクレア。 グループ治療をのぞいたり、尾行してくる不審な男。 航空会社の公式説明と食い違う患者の記憶。 そして次々と患者が消えてゆく…。 ≪その真相を追ってはいけない―≫ サスペンス・スリラー。... [続きを読む]

受信: 2009年3月16日 (月) 01:18

» 「パッセンジャーズ」 [クマの巣]
「パッセンジャーズ」、観ました。 飛行機事故の被害者たちをカウセリングすることになったクレアは、事故の背後に奇妙な違和感を覚える... [続きを読む]

受信: 2009年3月16日 (月) 16:05

» ★パッセンジャーズ(2008)★ [CinemaCollection]
PASSENGERSその真相を追ってはいけない──飛行機事故は劇的な物語の序章に過ぎなかった上映時間93分製作国アメリカ公開情報劇場公開(ショウゲート)初公開年月2009/03/07ジャンルサスペンス/ミステリー【解説】「プラダを着た悪魔」「ゲットスマート」のアン・ハサウェイ...... [続きを読む]

受信: 2009年3月16日 (月) 22:05

» パッセンジャーズ [5125年映画の旅]
飛行機事故から奇跡的に生還した5人の人物。セラピストのクレアは彼らのカウンセリングを任されるが、事故の際の証言が各人で食い違っている上、彼らの周囲に不審な人物が現れていた。クレアは、航空会社が事故原因の真相を隠蔽するために、生存者の口封じを行おうとして...... [続きを読む]

受信: 2009年3月19日 (木) 07:18

» パッセンジャーズ [★YUKAの気ままな有閑日記★]
『ジェネラル〜』を観たかったが、時間の都合でコチラを先に観ることに―【story】突然の電話で起こされたセラピストのクレア(アン・ハサウェイ)は、墜落した旅客機事故から奇跡的に生き残った5人の乗客(パッセンジャーズ)のトラウマ的なストレスを治療するため、担当のセラピストに命じられる。クレアは大任にやる気を見せるが、生存者の一人エリック(パトリック・ウィルソン)は彼女のカウンセリングを拒否し―     監督 : ロドリゴ・ガルシア 『美しい人』【comment】    ヤバイなぁ〜困ったゾ〜     ... [続きを読む]

受信: 2009年3月19日 (木) 14:00

» パッセンジャーズ [映画大好き BLOG]
監督:ロドリゴ・ガルシア脚本:ロニー・クリステンセン主演:アン・ハサウェイ    パトリック・ウィルソン〜あらすじ〜飛行機事故で奇跡的に生還した5人の乗客のカウンセリングを担当するセラピストが、不可解な事態に巻き込まれていく心理サスペンス。事故に関する事実を証言しながら次々と失踪(しっそう)する生存者たちをめぐり、スリルと謎が複雑に交錯するサスペンスフルなドラマが展開する。真実を追求するセラピストを演じるのは、『プラダを着た悪魔』のアン・ハサウェイ。監督は『美しい人』のロドリゴ・ガルシア。予想を裏切... [続きを読む]

受信: 2010年5月23日 (日) 21:33

» 【映画】パッセンジャーズ…※あのタイプのヤツです [ピロEK脱オタ宣言!…ただし長期計画]
{/hiyoko_cloud/}{/kaeru_fine/} 最近TVで観て一番笑ったのは、椿鬼奴とRGのバービーボーイズ{/face_nika/}だったりするピロEKです{/face_nika/} 本日7月10日は「ウルトラマンの日」{/shootingstar/}らしいです。日付が変わったときにウルトラマンがツイートした事で知りました{/face_warai/} …となると一個前の記事はギリギリ早まっちゃった感じですね{/ase/}、惜しい{/ase/}{/ase/} 今日アップだったらナイ... [続きを読む]

受信: 2010年7月10日 (土) 14:08

« 「チェンジリング」 | トップページ | 「ジェネラル・ルージュの凱旋」 »