« テレビ「相棒 -シーズン7-」最終回 | トップページ | 「ノン子36歳(家事手伝い)」 »

2009年3月30日 (月)

「愛のむきだし」

Ainomukidasi (2009年・ファントム・フィルム/監督:園 子温)

これは、凄い映画である。出て来る人間がほとんど全員、異常というか変態。題名からしてヘンな日本語だ。

しかも上映時間がなんと237分!4時間である(途中で10分の休憩が入る)。異常に長い。

だが、全編を貫く異様なテンション、パワフルな映像に身じろぎもせずに観入ってしまい、気が付けばあっという間に終わっていた。

これは、本年屈指の力作であり、傑作である。観ておいて損はない。料金も高い(当日2,500円、シニアでも1,800円)が、「チェ」「レッドクリフ」Part1、Part2をいっぺんに観たと思えば決して高くはない。

原案・脚本・監督は「自殺サークル」「奇妙なサーカス」など、異形の問題作を作ってきた鬼才・園子温。本作は第59回ベルリン映画祭にて、国際批評家連盟賞&カリガリ賞をW受賞。

主人公は敬虔なクリスチャン一家に育ったユウ(西島隆弘)。神父の父(渡部篤郎)は、妖艶な女サオリ(渡辺真起子)に溺れ、やがて逃げられる。そのショックから、父はユウに懺悔を強要するが、懺悔のために毎日『罪作り』をエスカレートさせるうち、ユウは女性の股間を狙う盗撮のエキスパートになって行く。そしてある日、ユウは運命の女性ヨーコ(満島ひかり)と出会い恋に落ちる。一つ屋根の下で済むようになった彼ら一家に、やがて怪しげなカルト教団の魔の手が迫る…。

 
牧師の父の女狂いに始まり、強制懺悔、アクロバティックな盗撮、盛大なパンチラ、男どもをなぎ倒すヨーコの大アクションに至って、やっとメイン・タイトルがバーンと出るが、なんとこの時点で1時間が経過!!ここまでの展開も相当紆余曲折だが、お話はさらに壮大なスケールで突き進み、オウムを思わせるカルト教団の策謀がからんで、最後にやっとヨーコとユウの至高の愛が成就するまで、まさに波瀾万丈、4時間近い上映時間にもかかわらず、ほとんどダレる事もなく、食い入るように画面を見つめた。

よく考えれば、パンチラ、盗撮、勃起、オナニー、変態、同性愛…と、かなり下品で猥雑なネタばかりなのだが、それにもかかわらず、観終わって崇高な気分に充たされる。―それは、早くに母を亡くしたユウが、理想の女性“マリア”に巡り合うことを夢見続けている、その思いが、全編を通しての一貫したテーマになっているからである。父が牧師であり、胡散臭い宗教団体もからむなど、“宗教は本当に人を救えるのか”、というテーマも見え隠れする。

まとめて言うなら、この映画は、下品さと猥雑さ、いかがわしさこそが人間の本質であり、それらを突き抜けた向こうにこそ、至純の、崇高な愛の姿があるのだ、というお話なのである。ユウの、迷い、悩み、傷つき、心がズタズタになりつつも、最後に本物の愛を得るまでの、これは心の旅であり、愛の冒険の物語なのである。

ユウを怪演した西島隆弘や、カルト教団の悪意を代表するコイケを演じた安藤サクラ、いずれも熱演だが、パンチラ(と言うより丸見え)・アクション、下着姿、オナニー、レズまで堂々とやってのけた満島ひかりがなんと言っても素晴らしい。ラスト間際の、聖書の一節を延々とワンカットで喋るシーンも圧巻。ついこの間は、金子修介監督の「プライド」でも、底辺から這い上がるふてぶてしく逞しい女を快演したばかり。TVの「ウルトラマンマックス」でアンドロイドの可愛い娘を演じていた頃からは見違えるほどの大飛躍である。ちょっと早いけれど、私の本年度の主演女優賞は、彼女に決まりである。

題名通り、これはむきだしの人間の本性に迫る愛と感動のドラマである。長尺で、観るのに体力を必要とするが、出来れば劇場で観て欲しい。今のところ、私の本年度邦画ベストワン。必見である。      (採点=★★★★★

 ランキングに投票ください → ブログランキング     にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ

 

(お楽しみはココからである)
ユウが友人にそそのかされ、女装するくだりで、その服装が黒の帽子に黒のロングコート、名前を“さそり”と名乗るその姿は、'70年代の東映アクション、「女囚さそり」シリーズの梶芽衣子のファッションを思い起こさせる。'70年代の映画を観ている人には懐かしいシーンである(梶芽衣子ファンの中には、むしろそのファッションの原型、日活の「野良猫ロック」シリーズを思い出す方もあるだろう)。

それから考えると、本作にはその他にもいくつか、東映B級セクシー&アクション映画(総称してピンキー・バイオレンスと呼ぶのだそうな)へのオマージュを見つける事が出来る。

まず、セーラー服姿のヨーコの、パンツを派手に見せながらの大立ち回りは、池玲子、杉本美樹らによる「女番長(スケバン)」シリーズを連想させる。

ユウがチンコを勃起させ、ズボンの中でテント立ちさせているお下劣なシーンは、内藤誠監督、梅宮辰夫主演の「ポルノの帝王」シリーズにそっくりなシーンがある。勃起したチンコをシルエットで画面一杯に写し出す爆笑シーンもちゃんと登場している。

そもそも、下品かつ猥雑な場面を満載する事によって、作品に活力とバイタリティと、ハジける笑いをもたらすという構図は、「女番長」シリーズの生みの親であり、東映ポルノ・コメディ路線を確立させた、鈴木則文監督の作品に多く見られる作風である。しかも鈴木監督の作品には、“下品さ、下俗さの中にこそ究極の愛の姿がある”という、本作にも通じるテーマを持つ作品がいくつかあるのである(興味ある方は、鈴木監督が日活ロマンポルノで撮った「堕靡泥の星・美少女狩り」を参照されたし)。
さらには、多岐川裕美のデビュー作でもある鈴木監督の東映作品「聖獣学園」は修道院が舞台であり、キリスト教、懺悔、レズ、十字架…と、本作と共通するキーワードもいくつか登場している。
あと、チンコのテント立ち…も、「トラック野郎」シリーズ(文太がチンコ立ててウロウロするシーンは抱腹絶倒)など、鈴木作品ではお馴染みである。

園子温監督は、ひょっとしたら鈴木則文監督(並びに東映ピンキー・バイオレンス映画)の隠れたファンではないだろうか。一度聞いてみたいものである。

園子温監督自身による原作本

|

« テレビ「相棒 -シーズン7-」最終回 | トップページ | 「ノン子36歳(家事手伝い)」 »

コメント

この作品素晴らしかったですね!

仰るとおり二本分だと思えばお得なくらいです。

コメディの要素が強いのにシリアスな展開が織り交ぜられていて、笑ったと思ったら息を飲む・・・この連続でした!(良い意味で、ちょっと漫画チック?)

満島ひかり嬢は今後も映画出演作(クヒオ大佐)が控えているとのこと、楽しみです!

投稿: タニプロ | 2009年3月31日 (火) 12:34

TB送信させて頂きました、よろしくお願い致します。

237分という長時間が全く気にならないぐらいの爆発的な面白さでした。
真島ひかり嬢の演技も素晴らしかったです。

どん底に落ちたユウが一気に復活する
あのクライマックスは最高ですね!
思わず笑い泣きをしてしまいました。

投稿: かからないエンジン | 2009年4月 1日 (水) 23:54

>タニプロさん、
いつも情報ありがとうございます。

「クヒオ大佐」については全く知らなかったのですが、調べたら凄いスタッフ、配役ですね。
→ http://www.kuhio-movie.com/

監督が「腑抜けども、悲しみの愛を見せろ」という秀作を作った吉田大八、主演が話題作づいてる堺雅人、松雪泰子に、「愛のむきだし」の強烈コンビ、満島ひかり、安藤サクラが再共演と、顔ぶれ見ただけでも期待が持てます。

しかもキャッチコピーが「父はカメハメハ大王の末裔」…なんじゃこりゃですね(笑)。
今年の秋、公開が楽しみです。


>かからないエンジンさん
こちらもTBさせていただきました。

>どん底に落ちたユウが一気に復活する
あのクライマックスは最高ですね!
同感です。長い紆余曲折、波乱万丈あってこその感動ですね。
今年の映画賞の結果も楽しみです。

投稿: Kei(管理人) | 2009年4月 3日 (金) 01:45


ご無沙汰しています。年末に頑張って書いてます。トラックバック、コメント、ありがとうございます。

 渡部篤郎、いいですねえ。仰るように、重力ピエロも短い出演ながら、とても印象的です。
 苦しいでしょうが、こういう映画がまだ作れるんですね、日本は。

 ところで・・・お勧めの加藤泰監督の「明治侠客伝・三代目襲名」を観させてもらいました。18日で完成させたなんて考えられないバイタリティあふれる作品で、ビデオながら、頭に残りそうです。

 こちらは、ビデオレンタル店も少なく、あっても新作や韓流ものばかりで、昔の映画はゼロに近いんです。ツタヤの宅配で最近は観てます。
 教えていただき、ありがとうございました。50年代、60年代の日本映画、大好きです。

投稿: 冨田弘嗣 | 2009年12月16日 (水) 02:28

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/174742/44516136

この記事へのトラックバック一覧です: 「愛のむきだし」:

» 愛のむきだし [映画通信シネマッシモ☆プロの映画ライターが贈る映画評]
なんとエネルギッシュな映画だろう。神父の父が強制する懺悔に応えるため罪作りに励む純粋な少年ユウは、次第に女性の股間の盗撮のエキスパートに。ある日、彼は運命の女性ヨーコと出会い恋に落ちるが、彼らに怪しげな宗教団体の魔の手が迫る。ヨーコのパンチラにのみ欲情す....... [続きを読む]

受信: 2009年3月30日 (月) 23:40

» 『愛のむきだし』 [ラムの大通り]
----『愛のむきだし』、 タイトルからしてスゴいけど、 えっ、これ237分もあるの? 「そう。インターミッションまで設けられていたよ」 ----そんな疲れそうな映画、よく観に行ったね? 「ところが、 これが案内を読んでいると、 スゴくオモシロそうでね」 ----それって、どんなお話ニャの? 「チラシの中に、 ストーリーが実によくまとめられているので ちょっとそれを引用するね。 『敬虔なクリスチャン一家に育ったユウ。 優しかった神父の父は、 ある出来事を境にユウに懺悔を強要する。 心優しいユウは父の... [続きを読む]

受信: 2009年3月31日 (火) 00:42

» 愛のむきだし [いとしこいし ーいとしいこいしいものごとのおぼえがきー]
愛のむきだし 2/4(水)@ユーロスペース AAAファンのむすめの友達はもちろん初日舞台挨拶の日に鑑賞してて 「最初は面白くって、そのうちせつなくなって、最後は泣いちゃった」 って云ってたの。237分観た感想にしちゃ短いねーだなんて思ったけど おば... [続きを読む]

受信: 2009年3月31日 (火) 00:53

» [映画☆☆☆☆★]愛のむきだし [タニプロダクション〜酒浸り日記〜]
監督・脚本・原案園子温 出演西島隆弘 満島ひかり 安藤サクラ 渡辺真起子 渡部篤郎 音楽ゆらゆら帝国 製作愛のむきだしフィルムパートナーズ 配給ファントム・フィルム 公式サイトhttp://www.ai-muki.com/ 観終わるまで他の方の感想とか読まないで置いたんですけど、正... [続きを読む]

受信: 2009年3月31日 (火) 12:39

» 愛のむきだし [象のロケット]
高校生のユウは神父である父と教会で二人暮らし。 あるショックから息子に毎日「懺悔(ざんげ)」を強要する父。 心優しいユウはわざと様々な罪を作っては全てを父に告白し、ついには女性の股間ばかりを狙う【盗撮】界のカリスマとなっていく。 ある日理想の女性と出会うが、その頃教会の周りに新興宗教団体が近付いていた…。  実話をベースに描く究極の純愛物語。 R-15... [続きを読む]

受信: 2009年4月 1日 (水) 09:01

» 237分のヘンタイと○○キと愛「愛のむきだし」を観ました [うまい棒めんたい味の如く映画を語る]
パンフレット 700円 日本中が「おくりびと」旋風で大熱狂の中、 ベルリン国際映画祭において、国際批評家連盟賞&カリガリ賞受賞 とい... [続きを読む]

受信: 2009年4月 1日 (水) 23:55

» 『愛のむきだし』 ばかばかしさが…やがてたまらなく切なくなる、新感覚純愛映画237分! [ketchup 36oz. on the table ~新作映画レビュー]
愛のむきだし 監督・原案・脚本: 園子温 出演:西島隆弘 満島ひかり 安藤サクラ 尾上寛之 清水優 永岡佑 広澤草 玄覺悠子 中村麻美 板尾創路 渡辺真起子 渡部篤郎 他 音楽: ゆらゆら帝国 配給: ファントム・フィルム R-15 『紀子の食卓』の園子温監督が... [続きを読む]

受信: 2009年4月 4日 (土) 00:53

» 「愛のむきだし」:光林寺前バス停付近の会話 [【映画がはねたら、都バスに乗って】]
{/kaeru_en4/}この先へ行けばフランス大使館にたどり着く。 {/hiyo_en2/}恋の国、フランスね。おしゃれな映画もたくさんあるし。 {/kaeru_en4/}フランス映画のようにソフィスティケイトされた恋もいいが、むきだしの愛の話もなかなかいいぞ。 {/hiyo_en2/}園子温監督の「愛のむきだし」のこと? {/kaeru_en4/}ああ、宗教の話がからまった、奇っ怪な愛の物語。園子温だけに口当たりのいい日本映画とはひとあじ味もふた味も違うぶっ飛んだ映画に仕上がった。 {/hiy... [続きを読む]

受信: 2009年4月 4日 (土) 17:50

» 「愛のむきだし」 [古今東西座]
盗撮少年の話で上映時間237分と聞けば、そんな映画を誰が観に行くんだと思われそうだが、海外の映画賞に出品された(おまけに受賞まで)れっきとした日本の作品である。この作品に『プライド』(→記事)の好演が印象的な満島ひかりが出演していると知り、どうしても観たくなった。それに最近ではすっかり定着した「ミニシアター系」と言うより、あまり聞かなくなった「アートシアター系」(その結果の「ミニシアター系」なのだが)な雰囲気も鑑賞意欲を後押しした。…のだが、何たって237分である。あと3分で4時間の大長編。途中でト... [続きを読む]

受信: 2009年4月24日 (金) 23:26

» mini review 10444愛のむきだし」★★★★☆☆☆☆☆☆ [サーカスな日々]
『紀子の食卓』が世界的に高く評価された園子温監督が、実話をベースに描く究極の純愛物語。幼少時に母親を亡くし理想の女性像を追い求める主人公を、人気グループAAAの西島隆弘が熱演。ヒロインに『プライド』の満島ひかり、彼らに近づく新興宗教団体の女に『風の外側』の安藤サクラがふんするほか、渡辺真起子、渡部篤郎ら実力派が脇を固める。カリスマロックバンドのゆらゆら帝国が、初めて映画に楽曲を提供しているのも話題だ。[もっと詳しく] 園子温監督の総決算とされる力作なのだろうが、もう僕は食傷気味だ。 2009年... [続きを読む]

受信: 2010年2月26日 (金) 11:39

» 愛のむきだし [映画的・絵画的・音楽的]
 前日のブログ記事で書きましたように、TSUTAYAから『愛のむきだし』のDVDを借りてきて見てみました。  この作品は、昨年さまざまの賞(注1)をもらって注目されていましたから是非映画館で見たいものだと思っていましたが、余りにも長尺のため二の足を踏んでいたところ、とうとう劇場公開は終わってしまい、そうなるとまあいいやとなって、DVDもそのまま見ずに終わるところでした。 (1)園子温監督の作品は、映画館では『ちゃんと伝える』しか見たことがありませんが、その映画のAKIRA(EXILE)といい、この... [続きを読む]

受信: 2010年5月23日 (日) 17:18

» 「愛のむきだし」宗教vs愛 [ノルウェー暮らし・イン・London]
以前からオススメだよと聞いていたこの映画。 いささか長いので、見る機会がなかなか無かった。 しかし!今週のロンドン国際映画祭で、園 子温監督の映画「Cold Fish」(邦題 冷たい熱帯魚)のチケットを取ったし、これは見ておかないとね☆... [続きを読む]

受信: 2010年10月27日 (水) 02:29

» 愛のむきだし / Love Exposure [我想一個人映画美的女人blog]
ランキングクリックしてね [続きを読む]

受信: 2011年1月 5日 (水) 18:28

» 愛の付け毛 [Akira's VOICE]
「愛のむきだし」 「エクステ」  [続きを読む]

受信: 2011年1月 6日 (木) 10:28

» 「愛のむきだし / Love Exposure」「川の底からこんにちは」満島ひかりDAY [国内航空券【チケットカフェ】社長のあれこれ]
なんか連チャンで満島ひかりの日になっちゃったので感想書きます。 愛のむきだし/ Love Exposure ストーリーを書こうと思ったんだけど、書くとその無茶苦茶っぷりが際立ってしまい・・・ 両親の愛を知らない3人の若者、一人は父の愛を得ようと盗撮に走り変態と呼ばれ、... [続きを読む]

受信: 2011年2月28日 (月) 15:36

» 愛のむきだし [いやいやえん]
237分とか約4時間の半端ない長時間の作品ですが、一気に引きこまれてしまいました。「冷たい熱帯魚」の監督さんです。 簡単にいってしまえば、変態、盗撮、洗脳、父子、原罪、カルト教団、信仰、希望、愛、という話。 盗撮マニアの主人公ユウ(罪を武器に父に愛情をぶつける)、ユウの女装のサソリに恋するマリア様ヨーコ(カルト集団に入信)、謎の女コイケ(カルト集団の幹部でとにかく不気味〜!)を中心に、回る回る変態の図。 とにかく物凄く勢いのある作品でした。1時間を過ぎたあたりでようやくタイトルがドーン... [続きを読む]

受信: 2011年10月 2日 (日) 10:01

» 「愛のむきだし」を見て [2009年02月04日(水)] [「実存浮遊」から柔和な路上を歩き瓦解した世界に埋没する]
■ ゼロ教会に迫る−「愛のむきだし」感想に代えて− 園子温監督の映画「自殺サークル」「紀子の食卓」「愛のむきだし」には、共通してある組織が描かれる。 「愛のむきだし」にて明らかとなったその組織とは...... [続きを読む]

受信: 2011年12月 2日 (金) 21:53

» 愛のむきだし [LIFE ‘O’ THE PARTY]
な~~~んじゃこの映画!!! 怒涛の237分!! 鑑賞後「ぽ [続きを読む]

受信: 2012年6月25日 (月) 13:09

« テレビ「相棒 -シーズン7-」最終回 | トップページ | 「ノン子36歳(家事手伝い)」 »