« 3周年を迎えました | トップページ | 「スラムドッグ$ミリオネア」 »

2009年4月19日 (日)

「相棒シリーズ 鑑識・米沢守の事件簿」

Kanshikiyonezawa (2009年・東映/監督:長谷部 安春)

昨年大ヒットした「相棒 -劇場版-」のスピンオフ企画。シリーズのサブキャラクター・鑑識課の米沢守(六角精児)を主人公にして2匹目のドジョウを狙う。

 
テレビで長期人気ヒット・シリーズとなった「相棒」にあやかりたいのは分かるが、まとめると、2つの点で問題がある。

まず、スピンオフはいいとしても、鑑識の米沢は、スピンオフ・キャラクターとしては弱いのではないか。―サブキャラの中で人気が高いのは分かるが、それと主人公の資質とは別問題である。

スピンオフものがよく作られているが、そもそもスピンオフの基本原則は、“元の作品の中で、主人公に匹敵するか、あるいは主人公を食ってしまうくらいの強烈な個性を持っているキャラクターであること”ではないかと私は思う。

最近の例を挙げると、洋画では、「ハムナプトラ2/黄金のピラミッド」からスピンオフしたザ・ロック主演の「スコーピオン・キング」や、「バットマン」シリーズからのスピンオフ「キャット・ウーマン」が有名だし、日本では「デス・ノート」の副主人公・(エル)を主人公とした「L Change the WorLd」がある。

いずれも、副主人公ながら個性豊かで、Lなんか完全に主役の夜神月を食っていた。スピンオフ作品が登場したのも当然のような気がする(この点は「デス・ノート」公開時に作品評で指摘済)。

他にも、「踊る大捜査線」から「交渉人 真下正義」「容疑者 室井慎次」の2本のスピンオフが作られたが、主人公を食うほどのキャラではない。まあギリギリセーフといった所か。

そうした過去のスピンオフ・キャラクターに比べて、米沢守はいかにも線が細い(体は太いが(笑))。本編では毎回ほんの数カット登場するだけで、特に目立っているわけでもない。副主人公ですらなく、単なる脇役
こういうキャラクターを主人公にするのは、ちょっと無理があるのではないか。―これが第1の難点。

 
2番目に、映画にするなら、テレビとは違ったスケール感や、構成や骨組みのしっかりした作り、あるいは、豪華スターのゲスト共演等(テレビでも、往年の大女優・岸恵子がゲスト出演した回はさすがに風格があって堪能できた)…要するに1,800円の金を払っても損しなかったと感じる、中味の充実感が必要である。これが、タダで見るテレビと、足を運んで金を払う映画との違いである。

昨年の「相棒 -劇場版-」は、3万人が走る東京ビッグシティマラソンをクライマックスにしたり、派手な爆破シーンがある等、内容はともかく、映画らしいスケール感は出ていた。

本作は、そうした映画らしいスケール、緻密なストーリー展開もない。ゲスト俳優も市川染五郎程度では豪華とは言えない。

これでは、テレビの2時間スペシャル版並みだ。いや、テレビ・スペシャル版だってもっとマシな作品は多い。今年の元旦の、豪華客船を舞台としたスペシャル版の方が、本作よりずっとスケール感があって楽しめた。

お話の展開も、元妻が殺されたらしいとは言え、相原刑事(萩原聖人)の暴走にはイライラさせられるし、れっきとした犯罪である家宅侵入までやらかすのは行き過ぎ。それを止めずに、一緒に加担する米沢の行動も疑問。

で、ラストの解決も、偶然に頼り過ぎ(フェイントに引っかからなかったらアウトでしょう)。「相棒」シリーズのポイントである、杉下右京お得意の鋭い観察眼や見事な推理展開もなく、行き当たりばったり感が強いのはなんともガッカリである。せめて、米沢お得意の鑑識技術で動かぬ証拠を突きつけ、右京ばりに鮮やかに事件を解明したなら納得なのだが…。

「相棒」シリーズらしいのは、警察の天下り組織の税金無駄遣いぶりへの批判と、意外な犯人像くらいである。

まあ見どころを挙げるなら、米沢の知られざる私生活がいろいろ登場した点は楽しい。街頭ライブが趣味とは思わなかった。特にレパートリーに、高田渡の曲があったのにはニンマリ。自宅室内のおタクぶりも笑えた(これでは嫁さんに逃げられるなぁ(笑))。

そんなわけで、「相棒」シリーズ・ファンで、米沢守ファンならそこそこ楽しめるが、映画ファンには物足りない出来。DVDかテレビ放映待ちで充分である。

次回映画にするなら、杉下右京主演の本編で、かつじっくり脚本を練って、往年の映画スターもゲストに呼んで、映画らしい華やかさと豪華さと、犯人の巧妙で緻密な完全犯罪と、それを鮮やかな推理で解明する右京の活躍ぶり…を見たいものである。    (採点=★★

 ランキングに投票ください → ブログランキング     にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ

|

« 3周年を迎えました | トップページ | 「スラムドッグ$ミリオネア」 »

コメント

ハイ、高田渡さんの歌のくだりは、とてもいい味出ていましたcoldsweats01

投稿: omiko | 2009年4月20日 (月) 15:42

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/174742/44727113

この記事へのトラックバック一覧です: 「相棒シリーズ 鑑識・米沢守の事件簿」:

» 鑑識・米沢守の事件簿 [Akira's VOICE]
勿体なくても犯罪はアカン。   [続きを読む]

受信: 2009年4月20日 (月) 10:22

» 相棒シリーズ 鑑識・米沢守の事件簿 [映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子公式HP]
人気脇キャラが主人公のスピンオフだ。警視庁鑑識課員の米沢守は逃げた女房そっくりの女性死体が発見された事件をきっかけに、彼女の元夫の刑事とともに警察内部の腐敗にからむ事件を調べ始める。右近・薫もチラリと登場。天下りというタイムリーなネタを扱うあたりが「相棒....... [続きを読む]

受信: 2009年4月20日 (月) 23:29

» 相棒シリーズ 鑑識・米沢守の事件簿 [だらだら無気力ブログ]
水谷豊主演の大ヒット・ドラマ「相棒」シリーズのスピンオフ作品。 「相棒-劇場版- 絶体絶命!42.195km 東京ビッグシティマラソン」の サイド・ストーリーとして、警視庁鑑識課の米沢守にスポットを当てて 映画化。爆弾テロ予告が起こった東京ビッグシティマラソン。鑑識課..... [続きを読む]

受信: 2009年4月20日 (月) 23:37

» ★「相棒シリーズ 鑑識・米沢守の事件簿」 [★☆ひらりん的映画ブログ☆★]
今週の平日休みは、「TOHOシネマズららぽーと横浜」で3本まとめ観っ。 その1本目。 [続きを読む]

受信: 2009年4月21日 (火) 03:41

» 相棒シリーズ 鑑識・米沢守の事件簿 [象のロケット]
鑑識課・米沢は、爆破テロ犯を追う顔認証システムで東京ビッグシティマラソンの映像をサーチしていた。 そしてそこに数年前、離婚届を残し姿を消していた元妻・知子の姿を見つけ驚愕する。 翌日、知子が死体で発見され鑑識を行う米沢。 しかしその女は、妻そっくりで同じ名前の別人だった…! 人気TV刑事ドラマ「相棒」劇場版スピンオフムービー。... [続きを読む]

受信: 2009年4月22日 (水) 21:47

» 鑑識・米沢守の事件簿 [Sweetパラダイス]
鑑識・米沢守のスピンオフう〜ん盛り上がりにかけるなこれ映画じゃなくて2時間ドラマでよかったと思うけど皆さんはどう?男気のあるイタミン久しぶりの亀ちゃんだ今回は右京さん&亀ちゃんゲストなんだよねこのコンビ出すならこの2人を主役にして欲しかったうわ〜キレ気...... [続きを読む]

受信: 2009年4月24日 (金) 01:38

» 鑑識・米沢守の事件簿 [Sweetパラダイス]
鑑識・米沢守のスピンオフう〜ん盛り上がりにかけるなこれ映画じゃなくて2時間ドラマでよかったと思うけど皆さんはどう?男気のあるイタミン久しぶりの亀ちゃんだ今回は右京さん&亀ちゃんゲストなんだよねこのコンビ出すならこの2人を主役にして欲しかったうわ〜キレ気...... [続きを読む]

受信: 2009年4月24日 (金) 01:39

» 鑑識・米沢守の事件簿 <ネタバレあり> [HAPPYMANIA]
面白かったーっ(∩_∩) それにしても警察組織は どーなっとるんや セクハラおやじにさへ 天下り先があるはあのエロ理事長、未だに警察上層部に顔が利いて 色々と圧力かけてくるはで真実が揉み消されるんではないかとヒヤヒヤさせやがるぜ ったくま、そんな妨害にも...... [続きを読む]

受信: 2010年2月 2日 (火) 16:32

« 3周年を迎えました | トップページ | 「スラムドッグ$ミリオネア」 »