« 「相棒シリーズ 鑑識・米沢守の事件簿」 | トップページ | 「グラン・トリノ」 »

2009年4月25日 (土)

「スラムドッグ$ミリオネア」

Slumdogmirioneir (2008年・イギリス/監督:ダニー・ボイル)

第81回アカデミー賞において、最優秀作品賞を含め8部門を制した、愛と涙と感動の話題作。

インド、ムンバイのスラム街に育った貧しい青年ジャマール(デーヴ・パテル)は、人気のクイズ番組に出演する。彼は出される問題を次々とクリア、遂に最高賞金額獲得へあと一問というところまで到達するが、無学の青年が正解を重ねるのは、不正を行っているのではないかと疑われ、ジャマールは警察に逮捕され厳しく尋問される。やがて彼は、その理由となった数奇な人生について語り始める。
ジャマール語る、驚くべき人生とは何か、そして果たして彼は最後の問題の正解に辿り着けるのだろうか…

みのもんたの司会で我が国でも有名な「クイズ・ミリオネア」が、実はイギリス発祥で、世界各地でも放送されているとは知らなかった。

この映画の素晴らしい点は、このスリリングなクイズ番組を舞台に、インドのスラムで育ち、過酷な人生を送りながらも、愛する少女・ラティカと再会する夢を追い求め、最後にクイズの正解と共に、その夢を実現するに至る、愛と夢と冒険と、サスペンスが絶妙に配されたエンタティンメントになっている点である。

構成としてうまいのが、冒頭でいきなりジャマールが警察に逮捕され、その尋問の経過(現在)と、彼が正解を重ねるクイズ番組の進行(中過去)と、尋問されるままにジャマールが語る、彼の子供時代からの人生の歩み(大過去)―の、3つの時間経過を巧みにオーバーラップさせ、観客を物語に引き込んで離さない脚本の見事さである。

この物語には、いくつものスリルとサスペンスが積み重ねられている。
①1問でも不正解だと、それまでに獲得した賞金がすべてパーになるクイズで、テレビを見ている聴衆のみならず、この映画の観客までもがハラハラドキドキ、固唾を飲んで見守るスリル感
②警察に逮捕されたジャマールが、クイズの放送時間までに戻れるだろうかというタイムリミット・サスペンス
③ギャングに囚われたラティカとジャマールは、果たして再会出来るのか…というサスペンス

これらのサスペンス描写に加えて、ジャマールの苦難の人生を描く事によって、何故彼が難しいクイズに正解出来たのか…という謎が次第に明らかになり、観客もそれにつれてジャマールに感情移入して行く事となる。それゆえ、ラストのクライマックスで観客の感情が一気に頂点に達するのである。うまい展開である。まさにエンタティンメントの王道である。

ラストには、最近のインド映画のお約束であるミュージカル・シーンがあり、これも楽しい。

 
脚本
を書いたのが、失業した男たちがストリップに夢を託すイギリス映画の快作「フル・モンティ」のサイモン・ビューフォイと聞いて納得した。貧しい者たちの、どん底からの逆襲と逆転勝利…という点において、両作のテーマは共通しているのである。

疾走感溢れるスラムの描写で、私はブラジル映画の快作「シティ・オブ・ゴッド」(フェルナンド・メイレレス監督)を思い出した。あちらも躍動感溢れるスラムの少年たちの物語であるし、少年の一人がギャングの仲間に入り、最後は凄惨な死に方をする…という展開も、本作における、ジャマールの兄サリームの悲しい最期、とよく似ている。

ただ、クイズの答が、たまたま彼の人生で記憶に残った事と一致していたから…というのはご都合主義に過ぎる。この点で引っかかる人もいるかも知れないが、これは実話というわけでなく、一つの夢のお伽話…として見るべきだろう。難点はあろうとも、それを帳消しにするパワフルな愛の冒険物語に心動かされ、感動出来ればいいのである。

苦難の人生を歩もうとも、どんなに絶望的な状況であろうとも、夢を追い求める事を忘れてはいけない。夢に向かって突き進めば、いつか夢は現実になる。―この映画は、その事を訴えているのである。

低予算でノースター、配給会社(ワーナー・インディペンデント)の撤退により、一時は劇場公開さえ危ぶまれたこの作品が、公開されるや幅広い支持を集め、ついに誰もが予期しなかったアカデミー賞まで獲得してしまった。その事自体が、まさに夢の実現に他ならない。苦難を乗り越えて、夢を実現したこの映画の製作者たちにも惜しみない拍手を送りたい。     (採点=★★★★☆

 ランキングに投票ください → ブログランキング     にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ

 
(付記)
全編インドが舞台なのに、半分以上の場面で出演者が英語を喋っているのはやや不自然(製作国はイギリスである為か)だが、そのおかげでアカデミー作品賞にノミネートされたのは幸いである。全編外国語だと作品賞の資格がないからである。

もし全編ヒンドゥー語映画だったなら、この作品は外国語映画賞にノミネートされ、おそらくそっちでオスカーを受賞しただろう。

そうなったら、わが「おくりびと」も受賞を逃がしたかも知れない。…なにやら、不思議な運命の巡り会わせを感じざるを得ない。

奇しくも、この映画のコピーは、“運じゃなく、運命だった”である。

|

« 「相棒シリーズ 鑑識・米沢守の事件簿」 | トップページ | 「グラン・トリノ」 »

コメント

僕は「徳光和夫かい!」ってくらい号泣でした。こういうの弱いもんで・・・こんなに涙したのは「ウォーリー」と「エグザイル/絆」以来でした。「エグザイル/絆」は男泣きですが(笑)

ところで関係ないんですが、ポスターにオバマ大統領のコメントがありましたね。日本じゃ考えられないな、とか思いました。

投稿: タニプロ | 2009年4月26日 (日) 06:56

こんにちは。

『ジョアンナ』に反応していただきありがとうございました。(*^-^)

そう、これは夢のおとぎ話であり、
愛の冒険物語。

まさにエンターテイメントの王道。

この脚本家は『フル・モンティ』の頃から軸がぶれない。素敵です。

投稿: えい | 2009年4月26日 (日) 11:37

TB送信させて頂きました。

最近パッとしなかったダニー・ボイルがこんな傑作を撮ってくれるなんて!
ついつい三回も観に行ってしまいました。
クライマックスでの歓声、脳裏に思わず「ロッキー」のラストが蘇り、深く感動させられました。

登場人物の英語については、パンフレットにて演歌歌手のチャダさんが「インドでも英語を話す人は非常に多い、英語しか通じない場合もある」とフォローなさっていましたよ。

投稿: | 2009年5月 9日 (土) 14:18

申し訳ありません。
2009年5月 9日 (土) 14:18の
名無しのコメントは私のものですm(--)m

投稿: かからないエンジン | 2009年5月 9日 (土) 14:20

>かからないエンジンさん、こんばんは。

私も気になっていろいろ調べました。
どうやら、おっしゃる通り、かなり英語が普及しているようです。

下のサイトに、現地で暮らした事のある方の体験談が載っています。以下引用。
http://blog.livedoor.jp/chokocareer/archives/51618733.html

>私の暮らしたムンバイは、恐ろしいほどに「英語が通じる」街だったから…
>たとえ学校へも行けないスラムの孤児であろうとインドリッシュと呼ばれる英語がコミュニケーションの手段で、英語が生き生きと使われていた…

だそうです。う~ん、認識不足(苦笑)。
ただ、前半の子供時代はずっとヒンドゥー語で会話してますし、朝日新聞連載の沢木耕太郎さんも私と同じ疑問抱いてましたから、どこかで英語を勉強するシーンでもあれば親切だったかも知れませんね。

ありがとうございました。またよろしくお願いいたします。


投稿: Kei(管理人) | 2009年5月10日 (日) 01:52

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/174742/44794839

この記事へのトラックバック一覧です: 「スラムドッグ$ミリオネア」:

» [映画☆☆☆☆☆]スラムドッグ$ミリオネア [タニプロダクション〜酒浸り日記〜]
やばかったです。サングラス持ってて正解。ラストシーン、目玉から失禁したかごとく涙が出て、恥ずかしくて席を立てないか、というほど。隠す事が出来た。 スラムドッグ$ミリオネア ジャンル: CD・DVD・楽器 CD サウンドトラック 洋画 ショップ: 楽天ブッ... [続きを読む]

受信: 2009年4月26日 (日) 06:49

» スラムドッグ$ミリオネア / SLUMDOG MILLIONAIRE [我想一個人映画美的女人blog]
{/hikari_blue/}{/heratss_blue/}ランキングクリックしてね{/heratss_blue/}{/hikari_blue/} ←please click 欲しかったのはお金じゃない 無欲でピュアな青年の物語{/hikari_blue/} アカデミー賞 作品賞、監督賞、脚色賞、撮影賞、編集賞、録音賞、作曲賞、主題歌賞8部門受賞{/ee_1/} ゴールデングローブ賞では4部門受賞{/atten/}などなど、数々の映画祭で賞を総なめ!それもすごいけど アカデミー賞でこんなに獲っ... [続きを読む]

受信: 2009年4月26日 (日) 09:06

» スラムドッグ$ミリオネア■これぞハリウッド映画! [映画と出会う・世界が変わる]
大いに楽しむことが出来る大娯楽映画である。この映画がアカデミー賞を8部門受賞したということはかなり驚くべきことのように扱われていたが、異色であるのはいわゆる有名スターが全く出演していないことだけであり、内容は兄弟愛、初恋、アクション、笑と涙など従来の娯...... [続きを読む]

受信: 2009年4月26日 (日) 10:17

» 「スラムドッグ$ミリオネア」のような映画が日本で作られる日が来... [映画と出会う・世界が変わる]
「スラムドッグ$ミリオネア」の監督ダニー・ボイルはイギリス人である。この映画の内容はご存知の通り。監督自身はインドに住んだことはなさそうだ。つまり、この映画「スラムドッグ$ミリオネア」は舞台となったインドにとってはよそ者によって作られたのである。更に歴史...... [続きを読む]

受信: 2009年4月26日 (日) 10:17

» 『スラムドッグ$ミリオネア』 [ラムの大通り]
(原題:Slumdog Millionair) ※カンの鋭い人は注意。※映画の核に触れる部分もあります。危険です。 でも言いたいです。鑑賞ご予定の方は、その後でお願いします。m(_ _)m 「某映画評論家氏の決めゼリフを借りれば 『これ、観なさい!』と、それだけ言って終わらせたいのがこの映画。 まるでメキシコ辺りの映画を観ているように 赤茶けたざらついた映像。 なんでこれがよりによってアカデミー賞候補と 思っていたら、怒濤の展開。 スリルあり、アクションあり、恋愛あり。 最後は涙、涙、また涙... [続きを読む]

受信: 2009年4月26日 (日) 10:48

» スラムドッグ$ミリオネア [Akira's VOICE]
人生,それすなわち,ネバーギブアップ!   [続きを読む]

受信: 2009年4月26日 (日) 11:43

» 「スラムドッグ$ミリオネア」見逃したくない映画 [soramove]
「スラムドッグ$ミリオネア」★★★★★満点! デーブ・パテル、マドゥール・ミタル 、フリーダ・ピント 主演 ダニー・ボイル監督 「インドのスラムで育った青年が TVのクイズショウで難問を次々と 正解していく、 今年のアカデミー賞8冠の栄誉に負けない 主人公の半生に涙」 ムンバイの路地で遊ぶ子供たちが、 バラックの家が立ち並ぶ細い迷路のような通路を 走り抜けるとき、 カメラは足下や少年達の目線で 人々の暮らしの一瞬を切り取る。 そしてカメラが小さな... [続きを読む]

受信: 2009年4月26日 (日) 21:27

» 映画レビュー「スラムドッグ$ミリオネア」 [映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子公式HP]
公式サイト◆プチレビュー◆インドを駆け抜ける夢物語は、残酷さとユーモアと愛のカオスだ。オスカー8冠の話題作。 【95点】 スラム出身の青年ジャマールは「クイズ・ミリオネア」に出演。全問正解を目前に、不正を疑われ逮捕されてしまう。無学の彼がなぜ答えを知り得た...... [続きを読む]

受信: 2009年4月26日 (日) 23:47

» 「スラムドッグ$ミリオネア」レビュー [映画レビュー トラックバックセンター]
映画「スラムドッグ$ミリオネア」についてのレビューをトラックバックで募集しています。 *出演:デーヴ・パテル、フリーダ・ピント、マドゥル・ミッタル、アニル・カプール、イルファン・カーン、他 *監督:ダニー・ボイル 感想・評価・批評 等、レビューを含む記事・ブロ..... [続きを読む]

受信: 2009年4月27日 (月) 08:35

» スラムドッグ$ミリオネア [C'est joli〜ここちいい毎日を〜]
スラムドッグ$ミリオネア 08:イギリス◆原題:Slumdog Millionaire ◆監督:ダニー・ボイル「サンシャイン2057」「ミリオンズ」「トレイン・... [続きを読む]

受信: 2009年4月27日 (月) 17:07

» スラムドック$ミリオネア [5125年映画の旅]
スラム育ちの無学の青年ジャマールが、人気TV番組『クイズ$ミリオネア』に出演。正解を続け、ついにあと一問というところまで上り詰めた。しかし製作者側がイカサマの疑いがあるとしてジャマールを拘束した。何故正解出来たのかと尋問を受けるジャマールは、過酷な生活...... [続きを読む]

受信: 2009年4月28日 (火) 07:30

» スラムドッグ$ミリオネア [C'est joli〜ここちいい毎日を〜]
スラムドッグ$ミリオネア 08:イギリス◆原題:Slumdog Millionaire ◆監督:ダニー・ボイル「サンシャイン2057」「ミリオンズ」「トレイン・... [続きを読む]

受信: 2009年4月28日 (火) 17:13

» スラムドッグ$ミリオネア ★★★★ [えいがのはこ。]
最終問題で三銃士の残りの一人は誰?っていうのが出るのよ。 そいで、選択肢に知ってる名前あって 「もろた…もろたで、2000万ルピー!!」って私なってたわけ。 これで、映画をファーストショーやレイトショーに縛られることなく、日中の好きな時間に映画見れちゃうもんね... [続きを読む]

受信: 2009年4月29日 (水) 12:59

» スラムドッグ$ミリオネア [だらだら無気力ブログ]
『28日後...』のダイー・ボイル監督がインドを舞台にスラム育ちの青年の 波瀾万丈の生い立ちをクイズ番組を通じて描く。 アカデミー賞で最多8部門で受賞する快挙を成し遂げたヒューマンドラマ。日本でも放映されたクイズ$ミリオネア。インドの国民的番組である同番組に ..... [続きを読む]

受信: 2009年4月29日 (水) 13:17

» [映画『スラムドッグ$ミリオネア』を観た] [『甘噛み^^ 天才バカ板!』]
☆・・・あああ、これは素晴らしい作品であった^^;  私は、アカデミー賞なんてのは、『オーストラリア』(←これはこれで楽しい^^)みたいな「お祭り作品」に与えられるものとばかり考えていたのだが、この作品は、主人公がTV番組『ミリオネア』と言う番組に出演し、何億円と言う賞金を得る勝負の構造にインド国民が熱狂するというスケールの大きな「お祭り」がありつつも、翻ってミクロな視点においてもきっちりと撮られている超傑作であった。  ・・・と、こうして、一文で、この作品を語ってしまうのはきつい。  この作... [続きを読む]

受信: 2009年4月29日 (水) 14:23

» 【映画】スラムドッグ$ミリオネア [新!やさぐれ日記]
▼動機 去年の夏秋に誰かのサイトでみて ▼感想 人生に無駄なものなどひとつもない ▼満足度 ★★★★★★★ まんぞく ▼あらすじ テレビ番組「クイズ$ミリオネア」に出演し、賞金を獲得したジャマール(デヴ・パテル)だったが、インドのスラム街で育った少年が正解を知るはずがないと不正を疑われ逮捕される。ジャマールになぜこれほどの知識があり、この番組に出演するに至ったのか。警察の尋問によって、真実が明らかになっていく。 ▼コメント 一番最初にどのサイトで情報を仕入れたのかは忘れてしまっ... [続きを読む]

受信: 2009年5月 1日 (金) 23:25

» 映画「スラムドッグ$ミリオネア」 [茸茶の想い ∞ ~祇園精舎の鐘の声 諸行無常の響きあり~]
原題:Slumdog Millionaire 最後の最後に緊張感を解き放ち、一気にムトゥ 踊るマハラジャの世界へといざなってくれる、召使から大地主への物語も似て歌と踊りのハッピーエンド・・・ イギリス発祥のテレビ番組クイズ$ミリオネア、世界中でローカ... [続きを読む]

受信: 2009年5月 2日 (土) 11:32

» 『スラムドッグ$ミリオネア』そら、これはアカデミー賞獲りますわね [よろ川長TOMのオススメ座CINEMA]
正直言いましてね、インドの映画と聞いて二の足、三の足踏んでたんです。でもこれだけ賞を穫りまくるなんてフツーじゃないでしょ。食わず嫌いはいけないと思いまして。 [続きを読む]

受信: 2009年5月 3日 (日) 22:58

» スラムドッグ$ミリオネア を観ました。 [My Favorite Things]
今年のオスカー作品賞ものです。 [続きを読む]

受信: 2009年5月 3日 (日) 23:33

» スラムドッグ$ミリオネア [★YUKAの気ままな有閑日記★]
第81回アカデミー賞≪作品賞≫≪監督賞≫≪脚色賞≫など8部門受賞作品―【story】TV番組「クイズ$ミリオネア」に出演したジャマール(デヴ・パテル)は、あと1問正解を出せば番組最高額の賞金を勝ち取るところまできていた。だが、インドのスラム街で育った少年が正解を知るはずがないと不正を疑われて逮捕されてしまう。警察の尋問によって、何故ジャマールが番組に出演するに至ったのか、学校に行ったことがないにも関わらず一体どうやって答えを知り得たのかが明らかになっていくが―     監督 : ダニー・ボイル 『サ... [続きを読む]

受信: 2009年5月 5日 (火) 14:32

» 『スラムドッグ$ミリオネア』 [・*・ etoile ・*・]
'09.05.04 『スラムドッグ$ミリオネア』@TOHOシネマズ市川コルトン これは見たかった! インド映画好きだし、ダニー・ボイルがインドを撮るとどうなるのかスゴイ興味があった。もちろんアカデミー作品賞受賞というのもあり。 「"クイズ$ミリオネア"に出演、正解を重ね1,000万ルピーを獲得したジャマール。残る1問に正解すれば前人未到の全問正解、2,000万ルピー獲得となる。だか、彼は最後の1問を残し不正容疑で逮捕されてしまう。医者も弁護士も成し得なかった偉業を、スラム出身で全く教育を... [続きを読む]

受信: 2009年5月 6日 (水) 23:42

» 「スラムドッグ$ミリオネア」パワフルムービーですよ! [シネマ親父の“日々是妄言”]
[スラムドッグ$ミリオネア] ブログ村キーワード  第81回アカデミー作品賞受賞作「スラムドッグ$ミリオネア」(ギャガ・コミュニケーションズ)。作品賞だけでなく、最多の8部門で受賞しちゃったんですよね。何がそんなに凄かったのでしょうか?  世界各地で放送され、人気の「クイズ$ミリオネア」。インドでも高視聴率をマークし、国民的番組として人気をはくしていた。その番組に解答者として出演したジャマール(デヴ・パテル)は、スラム出身で無学。そんなジャマールが正解を積み重ね、遂にかつて誰もなし... [続きを読む]

受信: 2009年5月 8日 (金) 00:46

» 溢れんばかりのインドパワー!「スラムドッグ・ミリオネア」を観ました(ちょっと修正) [うまい棒めんたい味の如く映画を語る]
パンフレット 700円 内容 ABOUTクイズ$ミリオネア(クイズ$ミリオネアについての大まかな説明) 「もはや社会現象、あのアカデミー... [続きを読む]

受信: 2009年5月 9日 (土) 14:21

» スラムドッグ$ミリオネア [活動写真放浪家人生]
 <シネプレックス小倉>  2月に東京へ行った際、アカデミー賞発表の前日、丸の内ピカデリーで「ベンジ [続きを読む]

受信: 2009年5月19日 (火) 15:04

» 『スラムドッグ$ミリオネア』 [cinema!cinema! ミーハー映画・DVDレビュー]
今年のアカデミー賞で演技部門以外の賞を総なめにしていた『スラムドッグ$ミリオネア』。惹きこまれる魅力を持っている作品でした。 ******************** 『トレインスポッティング』『28日後...』のダニー・ボイル監督が、インドを舞台に撮り上げたバイタリティに満ち... [続きを読む]

受信: 2009年5月19日 (火) 17:54

» 『スラムドッグ$ミリオネア』'08・英 [虎党 団塊ジュニア の 日常 グルメ 映画 ブログ]
あらすじテレビ番組「クイズ$ミリオネア」に出演し賞金を獲得したジャマール(デヴ・パテル)だったがインドのスラム街で育った少年が正解を知るはずがないと不正を疑われ逮捕される・・・。感想ファイナルアンサー?インドでもミリオネアしてたんや全編インド語で字幕な...... [続きを読む]

受信: 2010年3月30日 (火) 23:28

« 「相棒シリーズ 鑑識・米沢守の事件簿」 | トップページ | 「グラン・トリノ」 »