« 「ウルトラミラクルラブストーリー」 | トップページ | 「アマルフィ 女神の報酬」 »

2009年7月20日 (月)

「モンスターVSエイリアン」

Monstersvsaliens_2 (2009年・ドリームワークス/監督:ロブ・レターマン、コンラッド・バーノン)

「シュレック」シリーズ等で、ピクサーと並ぶ、CGアニメーションの2大勢力となったドリームワークス・アニメーションが送り出した、パロディ満載の楽しいCGアニメの快作。

結婚式当日、スーザンは、宇宙から飛来した隕石の影響で巨大化してしまい、政府の秘密基地に移送される。そこには、各地から集められたモンスターたちが監禁されていた。その隕石のエネルギーを狙うエイリアンが地球に襲来し、スーザンたちは地球を守るため、エイリアンと闘うこととなる…

お話は単純、人間からは怖がられているモンスターたちが、力を合わせて悪いエイリアンを退治し、地球に平和を取り戻す…という王道パターン。子供から大人まで、誰でも楽しめるSFアクション・アニメであるが、全編、いろいろなA級・B級とりまぜたSF映画のパロディやオマージュがぎっしり詰まっており、古いSF映画ファンには余計楽しめる仕掛けとなっている。

モンスターたちは、それぞれ'50年代B級SF映画のパロディになっている。
隕石の放射能(?)の影響で巨大化する女…は、'58年の「妖怪巨大女」(原題:Attack of the 50Foot Woman)。
半人間、半魚のミッシング・リンクは'54年の「大アマゾンの半魚人」(原題:Creature From the Black Lagoon)。
頭がゴキブリのコックローチ博士は、'58年の「蝿男の恐怖」(原題:The Fly)。
スライム状のボブは、これも'58年の「マックイーンの絶対の危機(ピンチ)」(原題:The Blob)。ボブという名前は、原題のBLOBから1文字抜いただけ。
そして巨大な虫(実は蛾)のムシザウルスは、'61年の東宝作品「モスラ」である。

50footwoman_2  

これだけでも、SF映画ファンには応えられないが、さらに「未知との遭遇」「スター・ウォーズ」「インディペンデンス・デイ」など、最近のファンでも分かり易いネタも散りばめられているし、ゴールデン・ゲート・ブリッジでの大バトルは、レイ・ハリーハウゼン特撮の「水爆と深海の怪物」('55)を連想させる。

大統領が、うっかり核ミサイル発射ボタンを押しそうになるギャグは、キューブリックの「博士の異常な愛情」を観ておれば、余計笑えるだろう。

しかし単なるギャグ・アクション・ドラマにとどまらず、巨大化したスーザンが、最初はモンスターとして人間たちから疎外され、マイノリティの悲しみを味わった後、信じていたフィアンセの態度を知って、最後は人間に戻る道を捨て、モンスターとして生きる事に誇りを抱くようになる…という、スーザンの成長の物語にもなっているのがいい。

(以下ネタバレ)あわや危機一髪の時、羽が生えたムシザウルスが救援に駆けつけるシーンは、「スター・ウォーズ」1作目(エピソードⅣ)のハン・ソロの同様なシーンを彷彿とさせる、この手のアクションのお約束であるが、やはり手に汗握り、ワクワクさせてくれる。その伏線として、少し前の所で、倒れて動かなくなったムシザウルスが白い繭に覆われるシーンが一瞬出てくるが、これも「モスラ」1作目を観ている人なら、すぐにピンと来るだろう。

そんなわけで、この映画は、小さな子供が観ても充分楽しめるが、昔のSF映画を好きな中高年の大人は、さらにオマージュ部分で楽しめるおマケも付いた、あらゆる世代にお奨めの快作である。なお、3D立体バージョンもあるが、私が観たのは2D版。でも面白さは2D版でも変わらないだろう。     (採点=★★★★

 ランキングに投票ください → ブログランキング     にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ

 
(お楽しみはココからだ)

モンスター連合軍が、宇宙から襲来したエイリアンと戦う…という展開、これは実は、'60年代の東宝怪獣映画に何度か登場するパターンである。

最初は、'64年の「三大怪獣・地球最大の決戦」。いがみ合ってたゴジラとラドンが、モスラの仲立ちでチームを組んで、金星から襲来した宇宙怪獣・キングギドラと戦う。キングギドラもエイリアンと見做せば、パターンは本作の前半部とよく似ている。

その次の「怪獣大戦争」('65)では、文字通りエイリアンのX星人がキングギドラを使って地球侵略を試み、最後はゴジラ、ラドンに撃退される。X星人がどう見ても人間そのまんまというのがご愛嬌。

さらに'68年の「怪獣総進撃」では、怪獣の数も11匹!に増加し、ゴジラ、アンギラス、モスラ、バラゴンなどの怪獣が、エイリアンのキアラク星人の操るキングギドラ(まただ(笑))と大バトルを繰り広げる。

おそらく本作は、こうした東宝怪獣映画へのオマージュにもなっているものと思われる。

特に「怪獣総進撃」は、“国家機関が、捕獲したモンスターたちを1ヶ所(怪獣ランド)に集め、隔離している”という設定で、クライマックスでは“モンスターたちが一致協力してエイリアンの差し向けた怪獣を撃退し”、“最後はモンスターたちは怪獣ランドに戻って行く”というオチも含め、本作との類似点は多い。

その証拠としては、本作の字幕版を観ていれば分かるのだが、向ってくるスーザンたちに対し、エイリアンのボスが、クローン・エイリアンの部下たちに、"Destroy All Monsters!" と命令する。

これ、実は「怪獣総進撃」の、英語題名なのである。

アメリカの映画ファンで、ゴジラ・ファンであるなら、これ聞いただけですぐピン、と来るはずである。

私は字幕版観てたので、すぐ分かったが、吹替版を観ていたら気付かなかったかも知れない。これから観る方は、是非字幕版で、確認していただきたい。

|

« 「ウルトラミラクルラブストーリー」 | トップページ | 「アマルフィ 女神の報酬」 »

コメント

"Destroy All Monsters!"

これはスゴイ。
私は吹き替えで観たので、
まったく気づきませんでした。
しかし、アメリカには
日本に劣らない、
ほんとうのオタクがいるんですね。
背筋がゾクッと(いい意味で)しました。

投稿: えい | 2009年7月21日 (火) 13:47

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/174742/45684809

この記事へのトラックバック一覧です: 「モンスターVSエイリアン」:

» モンスターVSエイリアン [Akira's VOICE]
特撮好きにはたまらない!   [続きを読む]

受信: 2009年7月20日 (月) 14:58

» 『モンスターvsエイリアン』瞬間芸のバルカン砲!! [よろ川長TOMのオススメ座CINEMA]
とにかく映画、とくに特撮が大好きな人にはたまらなく楽しい作品。そう、特撮。SFというよりも東宝系怪獣映画のノリ。これは観ておいて損はありませんよ! [続きを読む]

受信: 2009年7月20日 (月) 16:36

» 「モンスターVSエイリアン(MONSTERS VS. ALIENS)」映画感想 [Wilderlandwandar]
ドリームワークスの新作アニメ「モンスターVSエイリアン」(MONSTERS VS. ALIENS)を試写会で見てきました [続きを読む]

受信: 2009年7月20日 (月) 18:21

» モンスターVSエイリアン [象のロケット]
突然身体が巨大化してしまったスーザンは“ジャイノミカ”というモンスター名を付けられ監禁される。 そこは陽気なモンスターたちが収容されている政府の秘密基地だった。 ある日アメリカに巨大なエイリアン・ロボットが現れ、モンスター軍団が出動させられることに。 エイリアンを倒せば収容所から出られると言うのだが…。 ファンタジー・アクションCGアニメ。... [続きを読む]

受信: 2009年7月20日 (月) 20:08

» 『モンスターVSエイリアン』 [ラムの大通り]
(原題:Monsters vs. Aliens) ----これ、ドリームワークスのアニメだよね? モンスターとエイリアンが戦うなんて タイトルを聞いただけでオモシロそうな予感…。 どうだった? 「お話は、もうあきれるほどアホらしいんだけど、 全編パロディに次ぐパロディで、 それもまたよしっ……ていう感じかな」 ----パロディって、アニメのパロディってこと? 「いや。アニメだけじゃないよ。 じゃあ、ストーリーを簡単に…。 よりによって、めでたい結婚式の日に、 空から落ちてきた隕石と衝突したスーザ... [続きを読む]

受信: 2009年7月20日 (月) 23:15

» モンスターVSエイリアン [映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子公式HP]
50年代の愛すべきB級SF映画のテイストと最新3D技術の組合せが面白いが、そこはドリーム・ワークス、随所に毒と仕掛けがある。隕石が直撃し15mを超える新種のモンスターになってしまった平凡な女性スーザンが、気のいいモンスター仲間と共に地球侵略を目論むエイリアン....... [続きを読む]

受信: 2009年7月20日 (月) 23:36

» [映画『モンスターVSエイリアン(3D版)』を観た] [『甘噛み^^ 天才バカ板!』]
☆現在、『ドラクエ9』に夢中なので、簡略評ですいません^^;  その、あまりにも捻りのないタイトルが示すとおり、ミディアムな出来の作品でした。  予告編で大体の内容の予想はついており、けれど、その予想が、見る分には心地良さ気だったので、いそいそと観に行った。  「3D版」を観たのだが、私、この、最近流行の技術手法の作品、初体験である。  昔は、立体映画と言って、その技術は、今に比べるとはるかに未熟ながらもちょいと流行ったそうなのだが、私の歳でもさすがに記憶にない。  ただ、子供の頃、テレビ... [続きを読む]

受信: 2009年7月20日 (月) 23:43

» モンスターVSエイリアン [だらだら無気力ブログ]
『シュレック』シリーズのドリームワークスがおくるSFアドベンチャー アニメ。 結婚式を直前に控えた女性がひょんなことから巨大化し、おりしも地球に侵攻 してきたエイリアンにたいして、長らく秘匿されてきたモンスター達とともに 戦うことになったヒロインの姿を描く..... [続きを読む]

受信: 2009年7月21日 (火) 00:23

» モンスターVSエイリアン [LOVE Cinemas 調布]
「シュレック」シリーズのドリームワークスが送る最新CGアニメーション。監督は『シャークテイル』のロブ・レターマンと『マダガスカル』、『シュレック2』のコンラッド・ヴァーノン。声優としてオスカー女優のリース・ウィザスプーンや「24」のキーファー・サザーランドが出演しています。日本語吹替え版では主人公スーザンをベッキーが、スライム状モンスターのボブをバナナマンの日村が演じて話題になりました。... [続きを読む]

受信: 2009年7月21日 (火) 01:51

» ★「モンスターVSエイリアン」 [★☆ひらりん的映画ブログ☆★]
今週の平日休みは・・・ 毎月14日は「TOHOシネマズ・デー」で1本1000円の日なので、 まとめて4本観てきました・・・「ららぽーと横浜」で。 その1本目。 [続きを読む]

受信: 2009年7月21日 (火) 02:26

» 「モンスターVSエイリアン」レビュー [映画レビュー トラックバックセンター]
「モンスターVSエイリアン」についてのレビューをトラックバックで募集しています。 *キャラクター(声優):スーザン(リース・ウィザースプーン/ベッキー)、ボブ(セス・ローゲン/日村勇紀)、コックローチ博士(ヒュー・ローリー)、ミッシング・リンク(ウィル・アー..... [続きを読む]

受信: 2009年7月21日 (火) 05:29

» モンスターVSエイリアン 3D [5125年映画の旅]
スーザンは、愛するデレクとの結婚式の当日に隕石と衝突。隕石に秘められた謎のエネルギーを吸収して、身長15mのモンスター・ジャイノミカとなってしまった。政府の秘密組織に捕われたスーザン。そんな折、宇宙から侵略エイリアン・ギャラクサーが襲来した。政府はエイ...... [続きを読む]

受信: 2009年7月23日 (木) 07:17

» 「モンスターVSエイリアン」初体験の3D映像、思わず手を伸ばし... [soramove]
「モンスターVSエイリアン」★★★ 声の出演 リース・ウィザースプーン 、ヒュー・ローリー ロブ・レターマン 、コンラッド・ヴァーノン 監督、2009年、94分、アメリカ                               ★映画のブログ★                               どんなブログが人気なのか知りたい 7/11公開の週末は7位初登場、 以後7/19付ー10位、最新の7/26付ー9位と アメリカでは大ヒットのアニメも日本では苦戦中!... [続きを読む]

受信: 2009年7月28日 (火) 20:18

» 『モンスターVSエイリアン』'09・米 [虎党 団塊ジュニア の 日常 グルメ 映...]
【送料無料】モンスターVSエイリアンボブのびっくりバースデーエディション/アニメーションあらすじ結婚式の直前、隕石に直撃され巨大化したスーザンは秘密基地に連れていかれ・・・... [続きを読む]

受信: 2010年8月31日 (火) 06:17

» 【映画】モンスターVSエイリアン…馴染めないアク(狙いか?) [ピロEK脱オタ宣言!…ただし長期計画]
昨日、妻の親族に不幸があったとの連絡が… 本日は夕方からお通夜に行く予定です。 亡くなった方は偶然私の母の同級生でもあって、妻の親戚なのに私の母から最初に連絡を受けたんですよね…なんだか変な感じでした。 ... [続きを読む]

受信: 2010年10月18日 (月) 11:42

» 映画を観るなら インデペンデンス・デイ [映画を観るなら]
大な敵が宇宙からやってきて地球を征服しようとしてきた。地球はほぼ壊滅状態になっちゃったけど生き残りの人類が一致団結して敵を倒して一件落着。話の中身を言ってしまうと身も蓋もないんだけど、王道ストーリーが好きな私から見ると最高の映画だった。旋回能力が全て.. ... [続きを読む]

受信: 2010年12月19日 (日) 23:57

» みつよしが選ぶ! 21世紀の偉大な映画ベストテン(予告編付き) [みつよしのプロダクションノート]
 先日、イギリスの放送局BBCが「21世紀の偉大な映画ベスト100(The 21st Century's 100 greatest films)」を発表しました(※)。  さすがに現在の私には100本を選ぶ気力も体力も知識もありませんが、昨年(2015年)10月にこのブログで公開した「これぞ傑作! 私の…... [続きを読む]

受信: 2016年9月 7日 (水) 07:02

« 「ウルトラミラクルラブストーリー」 | トップページ | 「アマルフィ 女神の報酬」 »