« 「空気人形」 | トップページ | 「さまよう刃」 »

2009年10月27日 (火)

「クヒオ大佐」

Kuhio (2009年:ショウゲート他/監督:吉田 大八)

アメリカ空軍のパイロットなどと偽って、女性たちから約1億円を騙し取ったとされる、実在した結婚詐欺師をモデルにした、吉田和正原作の小説「結婚詐欺師 クヒオ大佐」の映画化。監督・脚本は「腑抜けども、悲しみの愛を見せろ」で注目された新進、吉田大八。

 
この所絶好調の堺雅人が、つけ鼻をした、米軍パイロットと自称する怪しい人物、ジョナサン・エリザベス・クヒオ大佐に扮している。

ハワイ出身で、父はカメカメハ大王の末裔、母はエリザベス女王の妹の夫のいとこ…という経歴自身、充分怪しいのだが、この怪しい人物に、なぜか女性たちが騙される。実在したクヒオ大佐は、1億円を騙し取るほど、詐欺師としては成功?しているが、映画の方は事実とは離れて自由なアレンジを行っている。早い話、主人公クヒオ大佐は結構ドジでカッコ悪いのだ。

吉田監督の前作、「腑抜けども、悲しみの愛を見せろ」も、微妙にツボを外した奇妙なコメディだったが、本作もかなり笑える。

(以下、ややネタバレ)
冒頭から、いきなり「第1部・血と砂と金」というタイトルがまるで「仁義なき戦い」ばりのドギツイ筆書文字で登場し、湾岸戦争の頃の映像が流れ、国際貢献に金しか出さない当時の日本を揶揄する。…つまりこれは、アメリカの言いなりに大金を貢いでしまう日本国そのものが、クヒオに騙される女性のようなものだという痛烈な皮肉なのかも知れない。―そして、「第2部・クヒオ大佐」のタイトルが続く。吉田監督らしいツイストの効いた出だしが快調である。

彼に騙される女性は、弁当屋を経営するしのぶ(松雪泰子)、博物館の学芸員春(満島ひかり)、ホステスの未知子(中村優子)という三人なのだが、それぞれの騙され方も結果も三人三様。

しのぶは一番騙されて何がしかのお金を貢ぐのだが、その額も百万円程度と知れてるし、途中から登場したしのぶの弟・達也(新井浩文)にはクヒオは完全に振り回され、逆に強請られる。流暢な英語を話す達也に、英語が喋れないクヒオが慌てる様がなんともおかしい。「日本語で話してもいいよ、解るから」と言うのが精一杯のクヒオのうろたえ振りには大笑いした。

春もすっかり騙されるのだが、金ではなく心の方を奪われるのが哀しい。絶叫したり、海に落ちたり(吹き替えでなく本人が飛び込んでいる)、傑作「愛のむきだし」に続く満島ひかりのエキセントリックな怪演は見どころ。

未知子はクヒオ以上にしたたかで、逆にクヒオの方が金を巻き上げられそうになる。

女たちを騙す手口として、安アパートでラジカセから航空機の飛行中のエンジン音を流して電話をかけるシーンがあるが、なんとも子供騙しでわびしく、せつない(高速で飛んでる戦闘機のパイロット席から日本に電話をかけられるはずがない)。

結局、クヒオは詐欺師としても二流なわけである。

クヒオの、子供の頃の回想シーンも出てくるが、これも物悲しい。彼が空を見上げるシーンも何度か登場するが、米空軍パイロットに扮したのも、世界のあらゆる地域に飛んで行く事が出来る米空軍への憧れがあったのかも知れない。

ラストに、シュールな展開が待っていて驚かされるが、これは、妄想の中で米空軍兵士になり切る事でしか、自分の出口を見つけられなかった、クヒオという男の悲しい人生を象徴しているのかも知れない。冒頭の政府高官(内野聖陽)がここに唐突に登場するのは、冒頭のテーマの追い討ちだろう。

これは、“面白うて、やがて悲しき”人間コメディなのである。

微妙にズラした笑いを盛り込む事で、人間という存在の悲しさをも描いた吉田大八監督の演出センスは新人離れしている。

これまでの日本人監督にはあまり見られないタッチである。強いて挙げるなら、イギリスのイーリング・コメディ(ややシニックでブラックなテイストを含んだコメディ。例えば、アレクサンダー・マッケンドリック監督の「マダムと泥棒」とか、リチャード・レスター監督「ナック」等)に通じる才気を感じる。…ただ欲を言うなら、大金持ちの有閑マダムなんかをまんまと騙す、爽快な詐欺シークェンスも前半に入って欲しかった気もするが…。

ともあれ、今後の展開が気になる監督である。次回作が楽しみである。    (採点=★★★★

 ランキングに投票ください → ブログランキング     にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ

|

« 「空気人形」 | トップページ | 「さまよう刃」 »

コメント

評を楽しみに待っておりました。

まあでもボクは大好きなんですが、意外とひっかかる点もあるにはある作品なんですよね。例えばいくらなんでもアッサリ騙され過ぎだろとか(笑)もっと騙しテクニック教えろとか(笑)でも意外と女性に聞くと、こういうところは気にならない、わかると人もいるので不思議だな、と思います。

しっかし堺雅人は怪演・熱演でしたね。ファンはヨダレものだと思いますよ!

でもかなりツボな作風の監督なんで、最後に紹介されてる作品も是非チェックしたいと思います!

投稿: タニプロ | 2009年10月28日 (水) 15:49

>タニプロさん
確かにツッ込みどころはいくつかあるのですが、演出の勢いと堺雅人の怪演で充分カバーしてますね。吉田監督の将来性に期待します。

「マダムと泥棒」は最近コーエン兄弟がリメイクした「レディ・キラーズ」のオリジナルです。泥棒一味が人のいいマダムを騙して彼女の家をアジトにするのですが、次第に一味が彼女に翻弄されて行くブラック・コメディです。騙し騙されの立場が逆転して行く捻ったギャグセンスに、本作と通じるのものが感じられます。いかにも怪しいアレック・ギネス、ピーター・セラーズの怪演も見どころですよ。

投稿: Kei(管理人) | 2009年11月 2日 (月) 00:44

満島ひかりさんは、今度はこれみたいですね。

映画「悪人」
http://www.akunin.jp/

あと管理人さんも読んでらっしゃる某誌投稿欄に、クヒオのことで掲載されたんで、余計にこの映画に対する想いが強くなりました(笑)

ハガキが採用されたくらいで喜んでるなんて中高生みたいですけど(笑)

投稿: タニプロ | 2009年11月10日 (火) 00:52

>タニプロさん、情報ありがとうございます。

監督が、あの「フラガール」の李相日であるのが期待大ですね。

しっかし、公開が2010年秋…って、1年も先じゃないですか。
「フラガール」が2006年だから、李監督作品としては4年ぶりになるわけですね。とにかく覚えておきましょう。

投稿: Kei(管理人) | 2009年11月13日 (金) 19:41

僕も「フラガール」好きなんで楽しみです。
まあ、満島ひかりさんはもしかしたら他に出演作があるのかもしれませんが、知ってる限りではこの作品です。

一部報道でご存知かもしれませんが、堺雅人さんも主演作また決定してますね。森田芳光監督ですね。これも楽しみです。

武士の家計簿
http://www.shochiku.co.jp/movie/bushinokakeibo/

投稿: タニプロ | 2009年11月18日 (水) 05:32

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/174742/46602977

この記事へのトラックバック一覧です: 「クヒオ大佐」:

» クヒオ大佐 [佐藤秀の徒然幻視録]
公式サイト。吉田大八監督、堺雅人、松雪泰子、満島ひかり、中村優子、内野聖陽。イントロで野生植物研究員(満島ひかり)がクリタケに似た毒キノコのニガクリタケを教えるシーンがあり、そこにニガクリタケたるクヒオ大佐(堺雅人)が現れる。... [続きを読む]

受信: 2009年10月28日 (水) 10:38

» [映画☆☆☆☆★]女をだます人「クヒオ大佐」 [ジョナサン・エリザベス・タニプロ大佐]
したまちコメディ映画祭 公開前ということも考慮して、物語には触れずに書きます。 実在の結婚詐欺師の実話を基に創作した、風変わりな大人向けコメディ。 クヒオ大佐 監督:吉田大八 脚本:香川まさひと 吉田大八 原作:吉田和正 出演:堺雅人 松雪泰子 満島ひかり 中... [続きを読む]

受信: 2009年10月28日 (水) 16:00

» クヒオ大佐 [5125年映画の旅]
空軍パイロットであるジョナサン・エリザベス・クヒオ大佐。ハワイ出身で父はカメカメハ大王の末裔、母はエリザベス女王の妹の夫のいとこ。カタコトの日本語を話すこの怪しい人物は、弁当屋のしのぶ、林間学校に務める春、ホステスの未知子という三人の女性と交際していた...... [続きを読む]

受信: 2009年10月28日 (水) 22:24

» クヒオ大佐 [映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子公式HP]
詐欺というと華麗なテクニックが常だが、この映画の主人公のそれはまぬけすぎて逆に魅力に見えるから不思議だ。恋愛詐欺師・クヒオ大佐は実在の人物で、女性たちから約1億円を巻き上げたというから驚きである。名前こそクヒオだが正真正銘の日本人だ。90年代初頭、米軍特殊....... [続きを読む]

受信: 2009年10月29日 (木) 00:01

» ★「クヒオ大佐」 [★☆ひらりん的映画ブログ☆★]
今週の平日休みは「1ヶ月フリーパス」の期限ぎりぎりなので、 ラストスパートの3本。 偶然にも3本とも邦画で・・・ クヒオ→カイジ→ヴィヨンと、 カタカナ名タイトル混じり物だよー。... [続きを読む]

受信: 2009年10月29日 (木) 02:36

» 『クヒオ大佐』 [京の昼寝〜♪]
□作品オフィシャルサイト 「クヒオ大佐」□監督・脚本 吉田大八 □原作 吉田和正(「結婚詐欺師 クヒオ大佐」) □脚本 香川まさひと□キャスト 堺 雅人、松雪泰子、新井浩文、満島ひかり、中村優子、 児嶋一哉、安藤サクラ、内野聖陽 ■鑑賞日 10月12日(月)■劇場 TOHOシネマズ川崎■cyazの満足度 ★★★☆(5★満点、☆は0.5)<感想>    ジョナサン・エリザベス・クヒオ。     この男、「米軍特殊部隊ジェットパイロットで、    父はカメハメハ大王の末裔、    母はエリザベス女王... [続きを読む]

受信: 2009年10月29日 (木) 12:26

» [映画『クヒオ大佐』を観た] [『甘噛み^^ 天才バカ板!』 byミッドナイト・蘭]
☆自分を米空軍の大佐と偽り、幾人もの女を結婚詐欺にかけた日本人の男の物語。  これ、十年ぐらい前に新聞の三面記事をにぎわした実際の事件から創作された話だ。  エリザベス女王と血縁で、カメハメハ大王の末裔だとか言っていた様で、新聞などでは「そんなんで騙されちゃうのか」などと書かれていたが、十年ほど前ならば、私も既に三十路で、「そんな客観的に見ておかしい話にも騙されちゃうのが、いざ自分に降りかかってもおかしいと思わない人間って奴なんだろうな」ぐらいの諦観は持っていた。  何よりも、私は未だに独身だ... [続きを読む]

受信: 2009年10月29日 (木) 20:18

» 「クヒオ大佐」 笑いの中に人生の哀しさあり [はらやんの映画徒然草]
「私は相手の望むことをやっただけだ!」 ジョナサン・エリザベス・クヒオ大佐と名乗 [続きを読む]

受信: 2009年10月31日 (土) 09:11

» 「クヒオ大佐」:巣鴨四丁目バス停付近の会話 [【映画がはねたら、都バスに乗って】]
{/hiyo_en2/}こんなところに、卸売市場があるのね。 {/kaeru_en4/}ニガクリタケも扱っているかな。 {/hiyo_en2/}ニガクリタケ? {/kaeru_en4/}ああ、吉田大八監督の「クヒオ大佐」に出てきた毒キノコ。 {/hiyo_en2/}いくらなんでも、毒キノコは扱ってないでしょう。 {/kaeru_en4/}どうして、そう言えるんだ? {/hiyo_en2/}食べられるキノコと毒キノコの区別くらいつくでしょう。 {/kaeru_en4/}わかんないぞ。何しろ、見るから... [続きを読む]

受信: 2009年11月 1日 (日) 09:17

» クヒオ大佐 [空想俳人日記]
苦難から ヒーローへと 臆面もなく   いや、軽妙コミカルなシナリオと、それに徹した主人公のクヒオ大佐を演じる堺雅人の演技ぶりで、ちょっと勘違いされやすいかもしれないですけど、ご贔屓のぴあ映画生活の書き込みで投稿者クヒ子さんの表題にあるとおり、意外と深い映... [続きを読む]

受信: 2009年11月 1日 (日) 19:59

» クヒオ大佐 [だらだら無気力ブログ]
アメリカ空軍パイロットと偽って女性たちから都合1億円近いお金を 巻き上げたという実在した結婚詐欺師の物語を堺雅人主演で描く。父はカメハメハ大王の末裔で母はエリザベス女王の妹の夫のいとこで、 自分はアメリカ空軍パイロットでジョナサン・エリザベス・クヒオと名..... [続きを読む]

受信: 2009年11月 3日 (火) 10:48

» 「クヒオ大佐」 [みんなシネマいいのに!]
 ジョナサン・エリザベス・クヒオ大佐 父はカメハメハ大王の末裔、母はエリザベス女 [続きを読む]

受信: 2009年11月 8日 (日) 12:41

» クヒオ大佐 [映画、言いたい放題!]
この事件、覚えてます! 本人の写真も公開されて、 結構強烈だったんですよね。 髪も眉毛も金髪に染めて、鼻は整形、 映画「トップ・ガン」の様な制服で、 もう見るからに怪しいのですが。。。 しかも年齢も結構いってて、 怪しいを通り越して、気持ち悪い感じ。 その実在し... [続きを読む]

受信: 2010年5月10日 (月) 14:28

» クヒオ大佐(感想179作目) [別館ヒガシ日記]
クヒオ大佐はチャンネルで鑑賞したが 結論は堺雅人が主演だから見たが面白かったよ [続きを読む]

受信: 2010年12月26日 (日) 13:19

» クヒオ大佐 [単館系]
1970年代から90年代にかけて、「アメリカ空軍パイロットでカメハメハ大王やエリザベス女王の親類」と名乗り結婚話を交際女性に持ちかけ、約1億円を騙し取った実在の結婚詐欺師で自称を「ジョナサン・エリザベ...... [続きを読む]

受信: 2010年12月26日 (日) 22:00

» mini review 11519「クヒオ大佐」★★★★☆☆☆☆☆☆ [サーカスな日々]
吉田和正原作の「結婚詐欺師 クヒオ大佐」を映画化した、型破りな人間ドラマ。日本人でありながら西洋人のような容ぼうを生かし、自分はアメリカ空軍のパイロットなどと偽って女性たちから約1億円を巻き上げた実在の結婚詐欺師の真の姿に迫る。どこか憎めない詐欺師役に『...... [続きを読む]

受信: 2011年3月26日 (土) 05:18

« 「空気人形」 | トップページ | 「さまよう刃」 »