« タイトル・インデックス(ア~ナ行) | トップページ | 私が選ぶ '00年代ベストテン »

2009年12月31日 (木)

「アバター」

Avatar2 
(2009年・20世紀FOX/監督:ジェームズ・キャメロン)

「タイタニック」以来、12年ぶりのジェームズ・キャメロン監督によるSF超大作。

いやー、待たせてくれましたね。キャメロン監督。しかし待っただけの甲斐はある。

時は22世紀。舞台は地球から5光年の彼方にある緑の衛星パンドラ。この星の地下に眠る、莫大な価値のある鉱石“アンオブタニウム”を手に入れるため、地球人たちは鉱山の上に集落を作っている青い肌をした原住民“ナヴィ”の一族を立ち退かせようしていた。
そんな時、戦闘で下半身不随となった元海兵隊員ジェイク(サム・ワーシントン)は、死んだ双子の兄に代わり、人間とナヴィのDNAを掛け合わせて作られた“アバター”の体を遠隔操作し、ナヴィの部族に溶け込み、アンオブタニウムに関する情報を入手する使命を与えられる…

(以下ややネタバレあり)
お話の概略は、「ダンス・ウイズ・ウルブス」とよく似ている。ナヴィ一族は外見も部族習慣もネイティブ・アメリカン(インディアン)を思わせるし、白人のジェイクが、最初は地球人の使命を帯びて部族に潜入するが、次第にナヴィの暮らしに溶け込んで行き、族長の娘ネイティリ(ゾーイ・サルダナ)とも親しくなって行くプロセスは型通りであって特に新味はない。

やがて地球人部隊の侵攻、圧倒的な武力に敗退、そしてジェイクの協力と援軍を得て反撃に転じ、最後は大逆転勝利…と、ストーリーはこの手の娯楽アクションの王道であり、ハラハラしながらも安心して観ていられる。

ただ、アバターが、ジェイクも、以前からすんなり溶け込んでいるような科学者のグレース・オーガスティン博士(シガニー・ウィーバー)も、それぞれナヴィの半裸に近い外装と違って、ジャケットを着ているのがやや不自然。アバターのグレースは地球人と知られてて同化してるのだろうか。その辺がちょっと曖昧。

まあ、難点はそれくらい。それよりもこの映画の見どころは、何と言っても膨大な製作費をかけたビジュアルの素晴らしさである。

パンドラの地上に群生する植物、サイや始祖鳥のような不思議な生き物、それぞれがどれも地球上に存在しない独自の造形で、しかもちゃんとクライマックスで大活躍するよう、周到な布石が打たれている。

クラゲのような生き物が空中に浮遊している幻想的なシーンは特に美しい。それらがジェイクの体にまとわりつき、交信する様子は宗教的な神々しさに満ちていて感動的である。

Avatar3_2 そして圧倒的なのが、アンオブタニウムの力であろうか、巨大な岩の塊が空中に浮かんでいる、ルネ・マルグリッドの絵を思わせる、シュールで幻想的なビジュアルである。DVDを入手したら、ここの画は静止画像でじっくり眺めていたいほどである。

私は3Dで観賞したが、これらが奥行きのある立体映像で遠近感豊かに目前に展開するのだからもう興奮。この圧倒的な映像が観られるだけでも料金以上の価値はある。

「アビス」以来、「ターミネーター2」「タイタニック」と、ジェームズ・キャメロン作品は常にCG映像テクニックの先端を走っている感があるが、本作もまた時代の先端を行く見事なCG効果を発揮している。構想に14年もかけただけの成果は十二分に出ている。
(ちなみに、VFXはいつものILM、デジタル・ドメインに、さらに「ロード・オブ・ザ・リング」「キング・コング」のニュージーランドのWETAワークショップが参加している)

 
お話はパターン通りだと先述したが、その中にも、巧みにアメリカ式大国主義への痛烈な批判が組み込まれている点も見逃せない。

圧倒的な軍事力で、パンドラの地表を焼き払い、先住民族を蹴散らすシークェンスは、明らかにベトナム戦争のメタファーだろう。
あまりに酷い破壊ぶりに、部隊の中の何人かが反旗を翻す辺りも、ベトナム戦線での離脱兵の発生を思い起こさせる。
資源争奪の為の侵攻は、イラク戦争への批判も込められていると思われる。

また、開発という名の自然破壊に対する痛烈な風刺も垣間見えるし、自然と共生し、太古の楠のような巨木を崇拝するナヴィの思想には、宮崎駿作品によく見られるアニミズムからの影響も感じられる(宮崎作品の影響については後述)。

とにかく本作は、その圧倒的なCGビジュアルの美しさを何より堪能すべきである。出来れば、3D立体映像で、さらに可能ならIMAXの巨大映像で観賞するのが望ましい。立体効果により、まるでその場に居合わせているかのような錯覚さえ感じられる。まさに、観るより、体感する映画である。

本作は3D上映でも、吹替版と字幕版の2通りがあるが、私の体験からは吹替版を推奨したい。字幕は見易い事は見易いが、文字を追う為、映像を隅々まで観切れないのが困るし、また字幕の位置よりも手前に立体像が来る場合、字幕がその中にめり込んでいるように見えて違和感ありまくりである。素晴らしいビジュアルを目に焼き付ける為にも、字幕のない映像を観賞する事をお奨めする。

 
映像技術の発展は、例えば70mm大画面は「アラビアのロレンス」(デヴィッド・リーン監督)が、シネラマは「2001年宇宙の旅」(スタンリー・キューブリック監督)が、それぞれ、見世物から真の映画芸術への発展への第1歩となったとされているが、本作はその意味でも、3D映画における真の映画の第1歩と言えるのではないか。映画ファンなら、何を置いても体感せよ。    (採点=★★★★★

 ランキングに投票ください → ブログランキング     にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ

 
(で、お楽しみはココからだ)

キャメロン監督は自ら、宮崎駿の信奉者と公言しているようだが、なるほど、本作にも宮崎アニメからの影響がいくつか見受けられる。

空中に浮かぶ巨大岩石の映像は「天空の城ラピュタ」を思わせるし、宙空に浮かぶ動力となるアンオブタニウムは、「ラピュタ」の飛行石だろう。

原住民ナヴィが太古の森の中の植物と交流し、崇拝する辺りは「風の谷のナウシカ」または「もののけ姫」だろう。巨大なホームツリーは、「となりのトトロ」に登場するトトロの住み家、楠の巨木を思わせる。浮遊する白い胞子のような生き物は、「もののけ姫」のコダマとススワタリの合体のようである。

大きな、バンシーと呼ばれる鳥にまたがり、空中を飛翔するシーンは、メーヴェを操り空中を飛ぶナウシカを思わせる。異形の生き物と心を通わせる展開も「ナウシカ」である。

実はキャメロン監督作品には、これ以前の作品にも、宮崎アニメを参考にしたシーンがいくつか見られる。どうやらかなり昔からの宮崎ファンであると思しい。

例えば、「トゥルー・ライズ」における、シュワルツェネッガーがヘリコプターからぶら下がり、暴走する車から間一髪愛妻をキャッチして助けるというくだりが、「天空の城ラピュタ」の、パズーがフラップターにぶら下がり、シータをキャッチして助けるシーンによく似ている。

「タイタニック」では、手錠につながれてあわやおぼれそうになるジャックを、ローズが斧を振るって救出するシーンが、「未来少年コナン」における、手錠が引っかかっておぼれそうになったコナンをラナが必死で救出しようとするシーンをいやでも思い起こさせる。

その他、「アビス」に登場するラスト間際の大津波(当初劇場版にはないが、後の完全版に登場)は、「未来少年コナン」の大津波を思わせる。

「ターミネーター」の、“核戦争で荒廃した地球”という設定も、宮崎作品では「コナン」、「ナウシカ」とお馴染みのシチュエーションではなかったか。
…うーむ、ほとんどのキャメロン作品に、何がしかの影響は与えているのかも知れない。

|

« タイトル・インデックス(ア~ナ行) | トップページ | 私が選ぶ '00年代ベストテン »

コメント

映画内容と関係ないんですが、僕は3Dメガネが顔に合わなくて集中して観れませんでした(苦笑)。ちょっと損した気分です。
2009年も終わりですね。管理人さんのベスト発表を楽しみにしてます。また僕のブログで紹介させてください。

投稿: タニプロ | 2009年12月31日 (木) 18:03

いやあー、これはすごい!と素直に思います。自然の万物がネットワークでつながっているという発想は、自然が共生しているという、知っているのにまるでわかっていなかった事を、見事にわかりやすく映像化してくれました。根っこで(髪の毛で)つながっているなんて・・・。もうキャメロンのこの映画に込めたこの気持ちだけで充分です。確かに映像も素晴らしければ3Dの効果もびっくり(クリスマスキャロルもカールじいさんも見たけれど、はるか先を行っている感じです。おまけにILMとWETAの両方参加しているなんて、ロードオブザリング命の私としては奇跡のような作品になりました。)なのだけれど、正直途中から3Dであることなんてどうでもよくなってました。これだけ泣かせて、キャメロン節満載なんだから本当にたまらないです。

投稿: オサムシ | 2010年1月 4日 (月) 21:59

◆タニプロさん
>3Dメガネが顔に合わなくて集中して観れませんでした…

3D上映方式によっては、メガネが重いものと軽いものがあるようですね。
「まどぎわ通信」さんとこでその違いを詳しく書いてます。
正月に、近くのIMAX 3D劇場で「アバター」再見したのですが、ここのメガネは軽くて視野も広くて、かなりラクに観れました。スクリーンもでかいし、感動が倍化しましたね。
私以外にも、通常3D観た後、IMAX 3Dでリピートする人結構多いようです。それが世界的な高稼働につながってるのかも知れませんね。いずれにせよ、正月映画の本命ですね。

◆オサムシさん
書き込みありがとうございます。
>正直途中から3Dであることなんてどうでもよくなってました。

そうなんですよね。3Dでなくても充分素晴らしくて感動出来る物語が、ビジュアル豊かにきちんと描かれている点が素晴らしいんですね。
これはやはり、「ROTR」や「キング・コング」と、森や岩山等の自然の風景描写が得意な、WETAの参加が大きいのではないかと私は思ってます。これだけのVFXが成熟するまで、製作開始を粘り強く待ったキャメロンの忍耐力にも敬意を表したいですね。

投稿: Kei(管理人) | 2010年1月 9日 (土) 23:35

再び書込みさせていただきます。感動がいつまでも引かず、また通常3D版だけでは飽き足らず、先日川崎でIMAX3D版を観ました。画面への引き込まれ感(過去のイベント時のIMAX上映を想像すると意外に拍子抜けするスクリーンの規模ですが、昨年箕面で経験済みでしたので、それは承知の上で、やはりすごい。ただ川崎の方がスクリーンは断然大きい。)と音響の揺れるような迫力で、また涙してきました。本作の3Dについて感想が両極端のようなので、知識を持ち合わせないあくまでも個人的な見たままの感想ですが書込みます。通常3D版は2度それぞれ違う劇場で観たのですが(両方ともXpanD方式)、劇場により見え方に差があるような気がします。1度目は色合いとか気にならず没頭できたのですが、スクリーン規模が小さく、もう一度大きいスクリーンでと思い行った2度目は暗っぽく青みがかっている感じで若干違和感がありました。結果的にそれがさらにもう一度どうしてもIMAX版を観たいというきっかけになったのです。ただ3度見て確実に言える事は、スクリーンの規模にかかわらず出来るだけ前列で画面しか視界に入らないようにして観る事が大事なようです。それと3Dの字幕版について他の作品は知りませんが、本作については御指摘の通り見にくい部分があるのと、冒頭近くの管制室でゴルフの練習をしてるあたりのシーンで、いくら画面下方に飛び出す部分があるとはいえ、それを避けて画面のど真ん中、それも顔のアップの上に出たのには唖然としました。やはり吹替版がお勧めかと思います。・・・と長々と書いてしまいましたが、この作品はとにかく3Dとか2Dとか関係なく楽しめる、それでいて考えさせる(私はこの部分にとにかく感動しています。)素晴らしい映画だと思います。

投稿: オサムシ | 2010年1月14日 (木) 20:46

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/174742/47159312

この記事へのトラックバック一覧です: 「アバター」:

» [映画『アバター 3D・字幕版』を観た] [『甘噛み^^ 天才バカ板!』 byミッドナイト・蘭]
☆今年最後の大作を、<MOVIX昭島>の公開前夜祭で観てきました。  面白かったです!  恋人たちがクリスマスデートで観ても楽しいひと時を過ごせますよ^^(←余計なお世話^^;)    ◇  J・キャメロン監督らしく、しつこいほどのサービス精神を、尻尾までアンコの詰まったタイ焼きのように堪能しました。  前宣伝から、私は、異星の種族と、一種の「スパイ」として交流する為に偽体(アバター)に心を転移させた男の、現実と仮想現実との行ったり来たりの苦悩が、かなりの長い時間をかけて語られたり、  ... [続きを読む]

受信: 2009年12月31日 (木) 06:20

» アバター [5125年映画の旅]
緑に覆われた惑星パンドラ。この自然豊かな惑星に進出した人類は、地下に眠る貴重な資源を手に入れようとしていたが、原住民族ナヴィとの対立によって計画は滞っていた。元海兵隊員のジェイクは、死んだ双子の兄の代りに、人間とナビィの結合体・アバターの操縦者としてナ...... [続きを読む]

受信: 2009年12月31日 (木) 09:38

» アバター [Akira's VOICE]
かつてない規模のウルルン滞在記。   [続きを読む]

受信: 2009年12月31日 (木) 10:16

» 『アバター』 [ラムの大通り]
(原題:AVATAR) ----世界中が首を長くして待っていた映画だニャ。 『タイタニック』以来、12年ぶりとなる ジェームズ・キャメロン監督作だよね。 究極の3Dということで注目度は高かったよね。 「うん。3Dは目が疲れるし、 スクリーンも暗く見えるということで あまり好きではなかったぼくも、これだけは楽しみに。 でも、思っていたのとは違ったなあ」 ----そう、内覧試写での評判も良かったみたいだけど…? 「うん。2Dで3回ほどあったみたい。 友人の一人は大感激。 それによると、これはもうイベ... [続きを読む]

受信: 2009年12月31日 (木) 10:40

» 【映画評】アバター [未完の映画評]
地球から遥か離れた惑星パンドラを舞台に描かれる、異文化交流アクション超大作。 [続きを読む]

受信: 2009年12月31日 (木) 14:54

» アバター/AVATAR [LOVE Cinemas 調布]
『ターミネーター』、『タイタニック』と日本で最も有名な監督の一人ジェームズ・キャメロンが送るSFアクション超大作。主演は『ターミネーター4』で一躍脚光を浴びたサム・ワーシントン。共演に『スター・トレック』のゾーイ・サルダナ、キャメロン監督とは『エイリアン2』以来となるシガニー・ウィーバー、そして『パブリック・エネミーズ』の好演が光るスティーヴン・ラングと大物が揃う。... [続きを読む]

受信: 2009年12月31日 (木) 16:43

» アバター (3Dタイ語字幕版) / AVATAR [我想一個人映画美的女人blog]
{/hikari_blue/}{/heratss_blue/}ランキングクリックしてね{/heratss_blue/}{/hikari_blue/} ←please click 地球に似た青い星、パンドラ。この世界観が圧倒的に凄い{/ee_3/} ジェームズ・キャメロン監督、構想14年 製作4年を費やした最新SF超大作{/ee_3/} タイで観ようと思っていたキャメロン・ディアスのスリラー「The BOX」が上映終わっちゃってたので{/m_0163/} ドリュー・バリモアの監督作... [続きを読む]

受信: 2009年12月31日 (木) 19:53

» アバター [だらだら無気力ブログ]
『タイタニック』のジェームズ・キャメロン監督が構想14年、製作4年を 費やし、最新の映像技術を駆使して作り上げたSFアクションアドベンチャー 大作。原住民が暮らす衛星を舞台に資源を求めてやってきた人類と原住民との 間にたって板挟みとなって苦悩する青年の運命..... [続きを読む]

受信: 2009年12月31日 (木) 21:32

» アバター  AVATAR [映画の話でコーヒーブレイク]
先週土曜日の26日、海老名TOHOシネマズにて「アバター」を見てきました。 今年最後の劇場鑑賞です。 年末の大掃除や何やかやが気になって・・・映画に行ってる場合やない{/hiyo_oro/} TOHOシネマズで上映前に流れる「秘密結社、鷹の爪団」の鑑賞心得が新しくなっていて面白かったです。 海老名という場所がら厚木や座間基地が近いので外国人の方が結構いらっしゃいました。 おそらく基地内の映画館では3Dの設備がないんじゃぁなかろうか? 真後ろの席に、本編スタート直後に入った日本人女性連れのお兄さん。... [続きを読む]

受信: 2009年12月31日 (木) 23:16

» アバター [Men @ Work]
現在公開中のアメリカ映画、「アバター」(監督:ジェームズ・キャメロン)です。TOHOシネマズ六本木シアター7で鑑賞しました。 もう、映画ファンはみんな待ち望んだ1本、ですね。「ターミネーター2」「タイタニック」の2本は、生涯ベストにあげる人も多いくらいですし。実際、映画館は終電を超える時間帯の上映にも関わらず超満員。異様ともいえる熱気の中、上映開始となりました。 3D映画は今冬、「クリスマス・キャロル」「カールじいさんの空飛ぶ家」に続いて3本目。その凄さには、それなりに慣れていたつもりだったのです... [続きを読む]

受信: 2010年1月 1日 (金) 18:47

» 「アバター(AVATAR)」映画感想 [Wilderlandwandar]
ジェームズ・キャメロン監督が12年ぶりの新作「アバター(AVATAR)」を見てきました。めがね使用者なので3Dメガネ使い [続きを読む]

受信: 2010年1月 2日 (土) 01:55

» 「アバター」レビュー [映画レビュー トラックバックセンター]
映画「アバター」についてのレビューをトラックバックで募集しています。 *出演:サム・ワーシントン、ゾーイ・サルダナ、シガーニー・ウィーヴァー、スティーヴン・ラング、ミシェル・ロドリゲス、ジョヴァンニ・リビシ、ジョエル・デヴィッド・ムーア、CCH・パウンダー、ウ..... [続きを読む]

受信: 2010年1月 4日 (月) 07:05

» 映画「アバター AVATAR」素晴らしい映像、すでに名作、何度も見... [soramove]
「アバター」★★★★★オススメ サム・ワーシントン、ゾーイ・サルダナ、シガーニー・ウィーヴァー、スティーヴン・ラング出演 ジェームズ・キャメロン監督、162分 、 2009年12月26日公開、2009年、アメリカ (原題:AVATAR)                     →  ★映画のブログ★                      どんなブログが人気なのか知りたい← 「そう遠くない22世紀、地球から遠く離れた惑星パンドラへと やってきた元海兵隊員ジェイク... [続きを読む]

受信: 2010年1月 7日 (木) 00:22

» アバター (サム・ワーシントンさん) [yanajunのイラスト・まんが道]
◆サム・ワーシントンさん(のつもり) サム・ワーシントンさんは、ジェームズ・キャメロン監督の最新作、映画『アバター』(AVATAR)にジェイク・サリー 役で出演しています。先日、3D版で鑑賞しました。●導入部のあらすじと感想... [続きを読む]

受信: 2010年1月10日 (日) 16:23

» 「アバター」 AVATAR [俺の明日はどっちだ]
・ 資源を求めて侵攻する人類の一員として異星人が暮らす美しい星にやってきた下半身不随の海兵隊員の主人公が、異性人の身体を得てやがて先住民とともにその星のために戦うといった物語を最新の CGI を駆使して壮大なスケールで作られたSFアクション大作。 ステロタイプな好戦的な大佐の存在であるとか、原住民に対する恋愛感情を絡めたシンパシーの在り方だとか、あるいは一連の宮崎アニメと通低する自然との共生といったテーマ性だとか、展開される物語そのものはさほど正直言ってさほど新味はなく、映像の面白さを補完する程度... [続きを読む]

受信: 2010年1月10日 (日) 23:37

» アバター [★YUKAの気ままな有閑日記★]
今年最後の劇場鑑賞です―【story】22世紀、人類は地球から遠く離れた衛星パンドラで≪アバター・プロジェクト≫に着手していた。この星の先住民ナヴィと人間のDNAを組み合わせた肉体“アバター”を作ることで、有毒な大気の問題をクリアし、莫大な利益をもたらす鉱物を採掘しようというのだ。この計画に参加した元兵士ジェイク(サム・ワーシントン)は車椅子の生活だったが、“アバター”を得て体の自由を取り戻す。パンドラの地に降り立ち、ナヴィの族長の娘ネイティリ(ゾーイ・サルダナ)と恋に落ちるジェイク。しかし彼は、パ... [続きを読む]

受信: 2010年1月11日 (月) 12:14

» ハリウッド版「もののけ姫」みたい。『アバター』 [水曜日のシネマ日記]
地球からパンドラという衛星にやって来た人間たちとその星の先住人の物語です。 [続きを読む]

受信: 2010年1月13日 (水) 12:24

» アバター [映画的・絵画的・音楽的]
 『アバター』をTOHOシネマズ日劇で見てきました。  予告編からそのストーリー展開は十分推測できるように思えるところから、わざわざ見に行かないつもりでしたが、アニメ監督の押井守氏が、「あれには10年かけても追いつけない」と言っていたりして、そんなにすごいのならば見てみようという気になり、銀座の大劇場まで出かけてきました。  実際に映画を見てみますと、ストーリーは、やはり事前に予想がつくくらいの単純なものでした。地球からある星の衛星パンドラに派遣された民間の資源開発会社が、その衛星で見つかる貴重... [続きを読む]

受信: 2010年1月17日 (日) 07:03

» アバター AVATAR(字幕3D版) [必見!ミスターシネマの最新映画ネタバレ・批評レビュー!]
[アバター] ブログ村キーワード ↓ワンクリックの応援お願いします↓ おみくじ評価:吉 2010年4本目です。 【あらすじ】 22世紀。 戦争で下半身不随となり、車いす生活を送っている元海兵隊員のジェイク(サム・ワーシントン)はある日、事故死した双子の兄の代わり..... [続きを読む]

受信: 2010年1月17日 (日) 17:47

» 『アバター』@日劇 3D鑑賞 [映画な日々。読書な日々。]
下半身不随になり、車いす生活を送るジェイクは、衛星パンドラにやって来る。彼は人間とナヴィ族のハイブリッドであるアバターに変化を遂げ、不自由な体で単身惑星の奥深くに分け入って行く。慣れない土地で野犬に似たクリーチャーに襲われていた彼は、ナヴィ族の王女に助け... [続きを読む]

受信: 2010年1月23日 (土) 12:15

» 「アバター」飛び出す!豪華絢爛・大戦闘スペクタクル絵巻!! [シネマ親父の“日々是妄言”]
[アバター] ブログ村キーワード  「タイタニック」から12年。ジェームズ・キャメロン、遂に動く。全世界待望の新作!「アバター」(20世紀フォックス映画)。はい、吾輩も待望でございました(^^;。しかし、12年も経ったんですか。待たされた分だけ当然期待は高まりますよね。  下半身不随となり、車椅子での生活を強いられていた元海兵隊員・ジェイク(サム・ワーシントン)は、強盗に襲われ殺された兄の代わりに衛星・パンドラで行なわれる“アバター・プロジェクト”に参加する。パンドラには“ナヴィ”と呼ばれる... [続きを読む]

受信: 2010年1月27日 (水) 11:39

» 映画:アバター 3D [よしなしごと]
 短い映画だと公開から1ヶ月で終わってしまうものも少なくない昨今、公開から約1ヶ月のアバターを見てきました。公開から1ヶ月弱後の日曜のレイトショーなんて普通ならガラガラなのに、めちゃ込みでしたよ。ちなみにポイントの無料券+300円の3Dでの鑑賞です。... [続きを読む]

受信: 2010年1月27日 (水) 22:59

» アバター 3D <ネタバレあり> [HAPPYMANIA]
3D上映を観てきてんけど 映像がキレーのなんのって 素晴らしいぃぃ今まで観た3Dって 目の前に飛び出てきたり 自分が飛び回ってる感じで目が疲れたり 目が回りまくったりしたけど これは違って スクリーンにめっちゃ奥行きがあるねんっ 自分がその場面に入って...... [続きを読む]

受信: 2010年1月28日 (木) 06:50

» 映画:アバター 3Dが実現する、驚異の「もうひとつ」の地球の自然世界。。。 [日々 是 変化ナリ 〜 DAYS OF STRUGGLE 〜]
数年前、年末に「いちおう押さえなくちゃ.....」レベルで見に行き、これは「そうとうヤバイ」とあせった「タイタニック」 それはもう12年前のこと..... その監督が、満を持して送り出す3Dアドベンチャーと言えば、「映画」あるいは「劇場」の未来を占う意味でも、早々に劇場に駆け付けざるえない。 それが今作「アバター」 期待したのは、巧妙なストーリー・テリングでもなく、俳優陣でもなく、アクションでもない。 最新技術3Dを駆使して、いかに「新世界」をかいま見せるか、だ。 その結論は。。。 キャメ... [続きを読む]

受信: 2010年2月 5日 (金) 23:42

» 「アバター」 [心の栄養♪映画と英語のジョーク]
遅ればせながらの3Dデビューです(^^ゞ [続きを読む]

受信: 2010年2月 8日 (月) 17:51

» 【映画】アバター…3Dと字幕は相性が悪い? [ピロEK脱オタ宣言!…ただし長期計画]
昨日{/kaeru_rain/}はまたまた鳥栖プレミアムアウトレットに行ってきました{/car_pink/}{/dododo/} 今回は就職で関東に行く息子{/face_naki/}の普段着を買いに行くのが目的だったので、私の収穫は長袖Tシャツが1枚のみ{/face_acha/}{/down/} 帰りの古賀サービスエリアで食べた宮崎地鶏の炭火焼が美味しかったなぁ{/up/} 今日{/kaeru_rain/}は息子に(先日購入したのにプラス更に)もう一着スーツを買いに某紳士服専門店に。スーツで研修を... [続きを読む]

受信: 2010年5月 1日 (土) 02:30

» mini review 10461「アバター」★★★★★★★★☆☆ [サーカスな日々]
『タイタニック』のジェームズ・キャメロン監督が12年ぶりに発表した、最新の映像技術を駆使して作り上げたアドベンチャー大作。ある衛星にやって来た人類と、その星にもともと住む者たちによる激しい戦闘を、迫力の最新3D映像で見せる。出演者は『ターミネーター4』のサム・ワーシントンほか、キャメロン監督とは『エイリアン2』以来久々にタッグを組むことになるシガーニー・ウィーヴァーら実力派が顔をそろえる。構想14年、製作に4年をかけたキャメロン監督による壮大な物語と斬新な映像美に酔いしれる。[もっと詳しく]   ... [続きを読む]

受信: 2010年6月13日 (日) 14:18

» アバター [★★むらの映画鑑賞メモ★★]
作品情報 タイトル:アバター 制作:2009年・アメリカ 監督:ジェームズ・キャメロン 出演:サム・ワーシントン、ゾーイ・サルダナ、シガーニー・ウィーヴァー、スティーヴン・ラングほか あらすじ:下半身不随になり、車いす生活を送るジェイク(サム・ワーシントン)は、衛星パンドラにやって来る。彼は人間とナヴィ族のハイブリッドであるアバターに変化を遂げ、不自由な体で単身惑星の奥深くに分け入って行く。慣れない土地で野犬に似たクリーチャーに襲われていた彼は、ナヴィ族の王女(ゾーイ・サルダナ)に助けられる。 ..... [続きを読む]

受信: 2010年8月 9日 (月) 23:42

» アバター−映画感想:2010− [デコ親父はいつも減量中]
監督:ジェームズ・キャメロン 出演:サム・ワーシントン、シガニー・ウィーバー、ゾーイ・サルダナ、他 評価:90点 青い顔をした異星人「ナヴィ」たち。 誰かに似ていると思ったら経済評論家の勝間氏に少し似ている。 それよりも会社の同僚の埴生にとにかくそっくりだ。...... [続きを読む]

受信: 2010年9月 6日 (月) 23:39

» 映画を観るなら アバター(2009) [映画を観るなら]
これまたストーリーが完全にインデペンデンスデイトルーク・マクトのくだりはちょっと人間に都合良過ぎる気もしないでもないけど、最後のみんなでイェーイ!は観ててスカッとするな~。上映時間長いのにダレることが一切無くグイグイ引き込まれた。菖蒲のIMAXで視聴し.. ... [続きを読む]

受信: 2010年12月28日 (火) 23:08

» 『アバター』 映画レビュー [さも観たかのような映画レビュー]
『 アバター 』 (2009)監  督 :ジェームズ・キャメロンキャスト :サム・ワーシントン、ゾーイ・サルダナ、シガーニー・ウィーバー、 スティーブン・ラング、ミシェル・ロドリゲス 『タイタニック』の...... [続きを読む]

受信: 2011年2月25日 (金) 16:43

« タイトル・インデックス(ア~ナ行) | トップページ | 私が選ぶ '00年代ベストテン »