« 「僕らのワンダフルデイズ」 | トップページ | 津大門シネマが閉館していた »

2009年12月 1日 (火)

「曲がれ!スプーン」

Magaresupoon(2009年:ROBOT=東宝/監督:本広 克行)

快作「サマータイムマシーン・ブルース」と同じ上田誠・作、劇団ヨーロッパ企画の舞台「冬のユリゲラー」を、前作と同じ本広克行監督により映画化。

前作の出来が良かっただけに、本作にも期待してしまう所だが、観終わってガッカリ。全然面白くない。前作に感動した人にはお奨めできない。

「サマータイムマシーン-」が面白かったのは、タイムマシンの特性をフルに活用した着想の秀逸さと、過去の世界に行って発生した些細な出来事が、現代のトラブルに複雑・縦横ににリンクする、周到に練られた脚本のうまさにある。
その観終わった時の爽快感は、例を挙げれば、内田けんじ監督の「運命じゃない人」「アフター・スクール」等の、伏線とトリックを巧みに網羅した秀作シチュエーション・コメディのそれにも近いと言えるだろう。

だが本作は、お話は平凡、脚本は単調で、捻りもどんでん返しもない。着想以外に見る所は乏しく、ただ出演者が勝手にドタバタしてるだけである。前作とは比ぶべくもない。

子供の頃に宇宙船を見た桜井米(長澤まさみ)は、今も人知では解明出来ない超常現象が存在すると信じている。大人になってテレビ局に勤務した米は、超常現象バラエティー番組のADとしてこき使われていたが、ある日ディレクターの命令で単身、本物のエスパーを探し出す旅に出る事に。視聴者からの投稿を頼りに日本全国を旅して回るが、現われるのはインチキ超能力者ばかり。そんな米がある投稿者と待ち合わせた喫茶店は、実は本物のエスパーたちの溜り場だった…。

 
着想は面白いと思った。自分たちがエスパーである事を隠しておきたいのに、事もあろうに超常現象を興味本位で取り上げるだけのテレビ局のADが取材にやって来たのだから。何も知らない、天然に近い米と、彼女をなんとか追い出そうとするエスパーたちとの駆け引きは、限定空間において、演技者同士が火花を散らす小演劇の舞台で観ればそれなりに楽しめるだろう。

だが映画は、時間と空間が無限に広がり、しかも画そのものは舞台と違ってずっとリアルになる。脚本が余程綿密に書き込まれ、練られていないと、舞台では面白くても、そのまま映画にしても面白くなるとは限らない。役者の口角泡飛ばす過剰な演技も、小劇場の舞台では何とか見られても、スクリーンでは違和感がある。

(以下ネタバレあり。一部隠します。読みたい場合は反転してください)
問題点をいくつか。まず、ヒロインがエスパーたちに出会うまでがダラダラ長くて退屈。次に、インチキな自称超能力者の超能力ぶりも、アホらしくて全然笑えない。
狭い所をくぐり抜けるという細男のネタがしつこく繰り返されるが、単に身体的特長であって超能力ではなく、退屈で面白くも何ともない。もっとインチキ超常現象らしくて笑えるネタを考案すべきである。

米のポケットの名刺入れに[クモ]がいる…という騒動も延々引っ張りすぎ。真相が判ってみれば、“そんなしょうもないネタでそこまで引っ張るのかよ!”と怒りたくなるくらいつまらない。[そもそも、米の名刺は事前にもらって見ているはずだから気が付くはず。ヒロインの“米(よね)”という、今どきの若い娘には考えられないダサい名前が、実はそんなくだらないギャグの為に用意されたのだとしたら、創作者としての神経を疑いたくなる

エスパーたちの超能力も、透視、エレキネシス、サイコキネシスまではいいとしても、[時間を止める、というのは禁じ手。それをやったらマンガになってしまう]。

 
だが、本作で一番問題なのは、サンタクロースと、UFOと、超能力者…という3つの異なる要素を、同列に捕らえている結末(発想)の杜撰さである。

サンタの実在を信じるのは、せいぜい小学校低学年まで。大人になったら誰でもそんなものはいない事くらい分かってる。信じてたらアホである。

UFOは、かのスピルバーグも信じているくらいで、地球外生命体が絶対存在しないとは言い切れない、むしろ科学的なジャンルである。

エスパーはオカルト・サイキックと呼ばれるジャンルであり、人間の潜在的な才能の開花の結果である(個人的には、眉に唾をつけたくなる怪しげな世界だが(笑))。

テレビ局は後者2つを十把一からげにしているが、微妙に異なるジャンルである。そのテレビ局ですら、まさかサイキック番組でサンタは実在するか…なんてテーマは取り上げない(笑)。

米が、夢を信じていたい、という思いを大切にしており、その思いをなんとかしてあげたい、とエスパーたちが考えるのは分かるが、かと言ってあれをラストの奇跡に持って来るのは、エスパーたちはヒロインを(子供扱いし)バカにしている事になりはしないか。
もっと他の、まさに観客も一緒になって夢を信じたくなるような奇跡…をこそ用意すべきであった。

ついでに言うなら、あの程度で、米は彼らがエスパーだと分かったのだろうか。人形を糸で釣ったって、あのくらいのトリックは出来るだろうに。彼女が確信に至る、なるほどと膝を打ちたくなるアイデアを創案すべきだった。

も一つついでに、せっかくエスパーが揃ってるのに、奇跡の演出に念力の河岡(諏訪雅)くらいしか活躍しなかったのもつまらない。全然役に立たなかったエレキネシスの井出(川島潤哉)にも、最後に何か見せ場を作ってあげるべきではないか。

ともかく捻りがなさ過ぎる脚本に問題あり。

「サマータイム-」や「UDON」等の本広作品のキャラがゲストも含めて出演(マツイコースケ等)しているというお遊びは楽しめるが、そんな事に力を入れる暇があったら、もっと脚本を練ったらどうだ、と言いたい。

突っ込みどころも一杯あるが、1つだけ挙げておく。
ラスト、香川県の上空に現れた[UFO]は、テレビ局のある東京上空では見えるはずがないと思うが。

そんなわけで失望した本作だが、個人的に嬉しくなった所が一箇所だけ。冒頭、少女時代の米がUFO?の墜落を見るシーンのロケ地の海岸が、私の地元(あの島は伊吹島という)だった事(って、他の人には全然関係ないネタなのですが(笑))。

監督の同郷人としては、厳しくカツを入れておきたい。     (採点=★★

 ランキングに投票ください → ブログランキング     にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ

|

« 「僕らのワンダフルデイズ」 | トップページ | 津大門シネマが閉館していた »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/174742/46909507

この記事へのトラックバック一覧です: 「曲がれ!スプーン」:

» 曲がれ!スプーン [佐藤秀の徒然幻視録]
公式サイト。本広克行監督、長澤まさみ、三宅弘城、諏訪雅、中川晴樹、辻修、川島潤哉、岩井秀人、志賀廣太郎、寺島進、松重豊、甲本雅裕、三代目魚武濱田成夫、ユースケ・サンタマリア、升毅、佐々木蔵之介、平田満、木場勝己。超常現象がテーマでありながら、なぜかトイレ....... [続きを読む]

受信: 2009年12月 1日 (火) 22:18

» 『曲がれ!スプーン』 [ラムの大通り]
----この映画、本広克行監督作品と聞いたけどほんと? 「うん。そうだよ。 彼は『踊る大捜査線』のようなヒット・シリーズとは別に、 いくつかのプライベートともいえる作品を作っている。 その中でも人気があるのが『サマータイムマシン・ブルース』。 これは2005年に劇作家・上田誠(劇団「ヨーロッパ企画」代表) の同名戯曲を映画化したもの。 で、今回の作品は彼の『冬のユリゲラー』を映画化したものなんだ」 ----ユリゲラーって超能力者として知られている人だよね? 「うん。スプーン曲げで有名。 実は本作の公... [続きを読む]

受信: 2009年12月 1日 (火) 22:52

» 曲がれ!スプーン エスパーも笑いも微妙過ぎておもろい(汗) [労組書記長社労士のブログ]
【 69 -13- 1ヶ月フリーパスポート=18 】 で、「東宝シネマズ1ヶ月フリーパスポート」は12月1日に一ヶ月(30日)を迎えて終了。 けっきょく21本の映画を無料で観ることが出来たが、この結果が頑張ったのか頑張りが足らないのか、それは自分ではわからん。(レビューのアップはいくつか残っています) もし見れたのに見に行けなかったのを数えてみたら、マックス見れてもさらに10本ちょっとくらいで(見たかったのに上映時間が合わなかったのが幾つかあったのが惜しいよ)、しかもそれは自分がスクリーン数の多い西... [続きを読む]

受信: 2009年12月 1日 (火) 23:51

» 曲がれスプーン [LOVE Cinemas 調布]
『踊る大走査線』の本広克行監督と亀山千広プロデューサーの名コンビが送る最新作。劇団ヨーロッパ企画の戯曲「冬のユリゲラー」が原作の、シチュエーションコメディだ。主演は『群青 愛が沈んだ海の色』の長澤まさみ。共演に三宅弘城、志賀廣太郎、寺島進、松重豊となんとも玄人受けする個性派俳優が顔を並べている。超能力番組のAD桜井米が、エスパーを探して行き着いた先には…。... [続きを読む]

受信: 2009年12月 1日 (火) 23:55

» 曲がれ!スプーン [だらだら無気力ブログ]
劇作家・上田誠率いる劇団ヨーロッパ企画の「冬のユリゲラー」を原作に、 『踊る大捜査線』シリーズの本広克行監督が映画化。 超常現象バラエティー番組の女性ADがエスパーを探して全国を旅して、 ある喫茶店で本物のエスパー達に出会って巻き起こる騒動を描いたコメディ..... [続きを読む]

受信: 2009年12月 2日 (水) 01:13

» 「曲がれ!スプーン」 [H20]
twitterにも書いたけど、今日は、「2012」「曲がれ!スプーン」「イングロリアスバスターズ」を観に行きました。 その中でも、いろんな意味で一番心に残った作品であり、問題作だと思った「曲がれ!スプーン」の感想を。 まず、あらすじから ・あらすじ 超常現象番組のAD・桜井米は、幼い頃から超能力の存在を信じていた。番組の企画で視聴者からの情報を基に、エスパーを見つけるために全国を飛び回る米。しかし、どれもガセネタばかりだった。世間がクリスマス・イブで浮かれる中、最後にたどり着いたのは喫... [続きを読む]

受信: 2009年12月 2日 (水) 03:29

» ★「曲がれ!スプーン」 [★☆ひらりん的映画ブログ☆★]
今週の平日休みは、貯まってる鑑賞ポイントを使ってタダ観で2本。 その1本目。 ホントはクドカン系の「なくもんか」を観ようと思ってたけど、 時間が合わず、本作を見ることに・・・ 昨日、本広克行監督の「サマータイムマシン・ブルース」観といて良かったぁ。... [続きを読む]

受信: 2009年12月 2日 (水) 03:37

» 「曲がれ!スプーン」惜しいなあ~。 [シネマ親父の“日々是妄言”]
[曲がれ!スプーン] ブログ村キーワード  「サマータイムマシーンブルース」再び!本広克行 監督דヨーロッパ企画”。おまけに主演が長澤まさみ!「曲がれ!スプーン」(東宝)。『面白いでしょう。絶対面白いはず!』と思って、映画館へ行きましたよ~。  超常現象バラエティ番組「あすなろサイキック」のAD・米(長澤まさみ)は、子供の頃に空からやって来た不思議な光を見てから今まで、超常現象は存在すると信じていた。或る日、全国の視聴者から届いた情報を頼りに、エスパーや超常現象を探す企画を担当すること... [続きを読む]

受信: 2009年12月 2日 (水) 23:00

» 曲がれ!スプーン [象のロケット]
クリスマス・イブ。 喫茶店“カフェ・ド・念力”には密かに本物のエスパー達が集い、互いの能力を披露し合う、年に1度のエスパーパーティーが開かれていた。 一方、本物のエスパーを探し続けている、超常現象バラエティ番組のAD・桜井米(ヨネ)は、その日“カフェ・ド・念力”にたどり着いたのだが…。 ミラクル超能力コメディ。 ≪スプーンに念力を送ったことのある、全ての人々に捧ぐ―≫... [続きを読む]

受信: 2009年12月 3日 (木) 00:07

» 「曲がれ!スプーン」もしかしたら起こっている?小さな奇跡 [soramove]
「曲がれ!スプーン」★★★ 長澤まさみ、三宅弘城、諏訪雅、中川晴樹主演 本広克行監督、106分 、公開日:2009-11-21、2009年                     →  ★映画のブログ★                      どんなブログが人気なのか知りたい← 「超能力って本当にあるってずっと思ってた、 誰にでもあるわけじゃない すごく特別なとっておきの能力が、 でもそれとスプーン曲げってのは どうにも結び付かなかったな、 それはも... [続きを読む]

受信: 2009年12月 3日 (木) 22:40

» 「曲がれ!スプーン」 [みんなシネマいいのに!]
 ひょっとしてNEO KEIO Hi FILMの杉山亮一さんの8ミリ自主映画「ス [続きを読む]

受信: 2009年12月 5日 (土) 23:42

» 【映画】曲がれ!スプーン [★紅茶屋ロンド★]
<曲がれ!スプーン を観ました> 製作:2009年日本 ランキング参加中 映画館に観に行きたかったんだけど、都合が付かず、DVD鑑賞になってしまいました。 しかも公開当時はあまり評判も良くなかったみたいだけど、公開終了してからはそうでも無い事が判明…。やっぱ無理してでも観に行くべきだったか。 超常現象バラエティ番組「あすなろサイキック」のADである桜井米(長澤まさみ)は、子供の頃自分が体験した不思議な出来事やテレビ番組の影響で、超能力や、科学では説明できない不思議な出来事が実際に存在す... [続きを読む]

受信: 2010年9月 4日 (土) 03:02

» 『曲がれ!スプーン』'09・日 [虎党 団塊ジュニア の 日常 グルメ 映...]
あらすじ超常現象バラエティ番組のADの桜井米は番組企画でエスパー探しに出発!視聴者からの情報を頼りに、日本全国を旅して回るもインチキばかりだったが・・・・。感想『群青愛... [続きを読む]

受信: 2010年10月21日 (木) 09:41

» 【映画】曲がれ!スプーン…たしかに、透視ぐらいなら出来そうな気がする [ピロEK脱オタ宣言!…ただし長期計画]
今日の昼食はロイヤルホストで大人さまランチを食べたピロEKです 最近PCのキーボードが調子悪いです コピペでよく使う“c”のキーが調子悪い気がします。なのでコピーによく失敗するようになり{/...... [続きを読む]

受信: 2010年12月12日 (日) 00:55

« 「僕らのワンダフルデイズ」 | トップページ | 津大門シネマが閉館していた »