« 「板尾創路の脱獄王」 | トップページ | 「おとうと」 »

2010年1月29日 (金)

「今度は愛妻家」

Kondowaaisaika (2009年:東映/監督:行定 勲)

中谷まゆみ原作の同名の舞台劇を、若手実力派の行定勲監督により映画化。

世話好きで美しい妻・さくら(薬師丸ひろ子)との結婚生活も10年目、かつては売れっ子カメラマンだった北見俊介(豊川悦司)も、今では1枚の写真も撮らず、自堕落な生活を送っている。1年前、夫婦は結婚生活を見直す為に、沖縄に子作り旅行に出かけるが…

冒頭、1年前の沖縄旅行のスケッチを、コマ落としのサイレント映画風に描くシーンが面白い。出世作「GO」でケレン味のあるモンタージュ・カットを多用し、新鮮な感動を与えて多数の映画賞に輝き、若手のホープとして期待された行定勲監督だが、最近は大味な大作をまかされたりで、ここ数年は期待外れの凡作が続いていた。
「クローズド・ノート」(2007)以来2年ぶりの本作では、久しぶりのケレン味演出と共に、昔の切れ味が復活したようだ。ラストでは泣けた。お奨めの佳作である。

舞台劇が元になっているだけあって、映画は北見家の、事務所兼自宅の居間を中心に、そこに出入りする北見夫婦、カメラマンの弟子の誠(濱田岳)、俊介の浮気相手の女優の卵・蘭子(水川あさみ)、そして何故か気安く世話を焼くおかまの文ちゃん(石橋蓮司)…といった多彩な人物が織り成す、小市民の日常を描いたヒューマン・コメディといった趣を呈す。

妻は気立ては優しく、常に夫の健康を考え、細かく気配りをしてくれる良妻であるのに、夫はそんな妻のおせっかいがどうもわずらわしくて辟易している。「好きなものが食えないんなら死んだ方がマシだ」と悪態をつく。

愛し合って結婚したはずなのに、10年も一緒に暮らすうち、いつしか次第に夫婦の間には微妙なすきま風が吹き始めている。
こんなはずではなかった…。妻はやがて、別れる事も視野に入れ始めるようになる。

似た境遇の夫婦であれば、誰しもが身につまされる話であろう。

そばに居ればわずらわしい。出来れば、一人になって好き勝手な事をしたい。男は勝手な生き物である。

…だけど、もしパートナーが居なくなった時、人は心の中にポッカリと空洞を抱え、改めてその存在の大きさを思い知る事になるのかも知れない。

夫婦とは、人生とは何なのか、共に生きて行くとはどういう事なのか、そういう事を考えさせてくれる、これは泣ける、大人の為の寓話である。

映画をまだ観ていない人は、出来ればこれ以上の情報は仕入れずに、白紙で観て欲しい。

 
(以下は、重要なネタバレになるので隠します。読む場合はドラッグ反転させてください)

映画は、現在の話の合間に、1年前に沖縄旅行に行った話がさりげなく挿入されるのだが、時制がボカされている為に、冒頭の1年前の、旅行前のささいないざこざが、現在とそう遠くない時の話と観客は思い込んでしまう。ために、現在のシーンでさくらが箱根に旅行に行こうとし、忘れ物をしたと言って何度も戻って来て俊介を慌てさせるシークェンスで、観客はさくらが今も存在していると錯覚してしまう。うまい構成である。

実は、さくらは1年前の旅行で死んでいるのだが、さくらの死を受け入れる事が出来ない俊介は、妄想の中でさくらと対面しているのである。出入りする周囲の人たちは、そんな俊介を心配し、励ますためにおせっかいを焼いている事が後に判る。

俊介の周囲に、食べ残しのゴミが散在している等、よく考えれば思い当たる伏線が巧みに配置されているのも秀逸。

浮気相手の蘭子に、リビングボードの上のさくらの写真を指して「1年前に死んだ女房だ」と言うのだが、俊介のヘタな芝居を見せられている観客は冗談だと思ってしまう。よく考えれば、さくらと、俊介以外の人物との会話シーンが全然ない点も含め、作者はちゃんとフェアに伏線をバラ撒いているのだが、ごく自然な俊介と、幻影のさくらとの会話シーンを巧みに配置している為に観客は騙されてしまう。巧妙なミスディレクションである。カンがいい人は早々と気付くかも知れないが。

秀逸なのは、さくらにせがまれ、久しぶりに彼女を撮った写真を現像してみると、どの印画紙にもさくらの姿が写っていない。ここでようやく観客は、なにか違うと感じ始める。私はそこでアッと気が付いた。

写真は残酷である。リビングでは幻影のさくらの姿を視認しているのに、写真の中にまでは幻影を見る事が出来ない。そこではじめて俊介は、さくらはもうこの世に居ない事を認めざるを得なくなる。
最後に定着液の中に浮かび上がったさくらの写真は、1年前に撮ったきり、カメラの中に封印していた、さくらの走り去って行く後姿。…俊介が最後に見たさくらの姿である。もう、行ったきり、彼女は戻っては来ない。…その事実を、俊介は認めざるを得ないのである。

居ればわずわらしいけれど、いなくなって、いや、いない事を認識して、はじめて俊介は、かけがえのないパートナーの、存在の大きさ、大切さを知るのである。幻影のさくらに、俊介がポツリと語りかける「おまえ、なんで死んだんだよ」という言葉が切ない。

ラスト、クリスマス・ケーキに刺したローソクを1本づつ吹き消す度に、さくらの姿がゆっくりと消えて行き、最後の1本と共に、俊介はさくらとの、永遠の訣れを確認するのである。私はここでドッと泣いた。あざといと判っていても泣ける。デミ・ムーア主演の「ゴースト/ニューヨークの幻」を思い出した人もいるかも知れない。

 
うまいと思ったのは、俊介が何度も、つぶやくように歌う、井上陽水の名曲「夢の中へ」の使い方である。

♪探しものは何ですか 見つけにくいものですか 夢の中へ行ってみたいと思いませんか ♪

俊介は、さくらを探して、夢の中(幻想の世界)へ入ってしまっていた事を暗示している。これも伏線だったと後になって気付く。やられた。

(↑ネタバレここまで)

薬師丸ひろ子がとてもキュートで素敵。いい歳なのに、いつまでもチャーミングで、どこかにあどけなさを残す雰囲気が作品にマッチしている。

出色なのは、おかまの文ちゃんを演じる石橋蓮司の演技である。ヘタすると作品のイメージを壊してしまいかねないキャラクターだが、見事に作品の中に溶け込んで、主演者たちをサポートしている。心のどこかに悲しみを秘めながらも、精一杯明るく生きている文ちゃんの存在が、作品を引き締めている。本年度の助演男(?)優賞の一番手だろう。

蘭子と誠の恋愛話が、やや煩わしいが、これを取っ払ってしまうと物語が寂しくなる。これはこれでアリだろう。若くて、これからの人生を歩み始める二人の恋物語が、くたびれかけた俊介・さくら夫婦に対する、表裏の関係を示している。10年連れ添って子供がない夫婦に、まだ結婚していないのに子供が出来た若いカップル、と何から何まで対照的だ。

俊介たちのように、夫婦間に少し倦怠感が漂い始めた方たちには特にお奨め。観終われば、きっと少しは相手を思いやる心が芽生える事だろう。     (採点=★★★★☆

 ランキングに投票ください → ブログランキング     にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ 

|

« 「板尾創路の脱獄王」 | トップページ | 「おとうと」 »

コメント

海坂藩(山形県鶴岡市)在住の者です。
私達も丁度満10年になります。
お互い支えあって持ちつ持たれつの姿勢を
改めて実感出来そうな作品のようですね。
「今度は」ではなく「いつも」の気持ちを
常に持ちたいと思います。

投稿: ぱたた | 2010年1月30日 (土) 10:46

◆ぱたたさん

10年目ですか。それなら、是非ご夫婦で観賞される事をお奨めします。

>「今度は」ではなく「いつも」の気持ちを常に持ちたいと思います。

そうありたいと、いつも思ってるのですが…うまく行かないのが、人間でしょうかね。反省。

投稿: Kei(管理人) | 2010年2月 1日 (月) 01:34

マイブログに、トラバ&リンク&引用を、
貼らせてもらいました。何か不都合あれば
お知らせください(削除します)!
なにとぞ宜しくお願いいたします~m(_ _)m

投稿: ジョニーA | 2014年6月 7日 (土) 05:18

◆ジョニーAさん
TBありがとうございます。
リンクO.Kです。
こちらこそ、よろしくお願いいたします。

投稿: Kei(管理人) | 2014年6月 8日 (日) 00:42

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/174742/47411989

この記事へのトラックバック一覧です: 「今度は愛妻家」:

» 「今度は愛妻家」大切な人にありがとうと言いたくなる [soramove]
「今度は愛妻家」★★★★ 豊川悦司、薬師丸ひろ子主演 行定勲監督、131分 、 2010年1月16日公開、2009年                     →  ★映画のブログ★                      どんなブログが人気なのか知りたい← 「北見俊介(豊川悦司)はかつては売れっ子のカメラマン、 今は仕事もせずいわばプータロー生活。 クリスマス直前のある日、俊介は妻のさくら(薬師丸ひろ子)に せがまれて沖縄へと2人で出かける。 しかし、その日を境にさくらと俊介に微... [続きを読む]

受信: 2010年1月29日 (金) 08:02

» 『今度は愛妻家』 [京の昼寝〜♪]
□作品オフィシャルサイト 「今度は愛妻家」□監督 行定勲 □原作 中谷まゆみ □脚本 伊藤ちひろ□キャスト 豊川悦司、薬師丸ひろ子、石橋蓮司、水川あさみ、濱田岳、城田 優、井川 遥、津田寛治、奥貫 薫■鑑賞日 1月16日(土)■劇場 チネチッタ■cyazの満足度 ★★★★(5★満点、☆は0.5)<感想> 夫婦のことは夫婦にしかわからない。 その切り取った二人の生活に幸せと言える日々はない。 しかしながら、当然のようにひとつ屋根の下で生活する二人のどちらかが欠けたとき、 改めてその... [続きを読む]

受信: 2010年1月29日 (金) 08:21

» 今度は愛妻家 [銅版画制作の日々]
夫婦には「さよなら」の前に、やらなければならないことがある。 おぉ〜こういう話しだったとは。。。。 東宝シネマズ二条にて鑑賞。新年2作目の邦画です。あの豊川悦司と薬師丸ひろ子が2度目の共演となる作品だと思います。(1992年の「きらきらひかる」以来だと記憶)鑑賞している間は、気付かなかったのですが、この作品の舞台はほとんど北見夫婦の家が中心です。沖縄旅行での浜辺のシーン、商店街、近所の小さな神社なども少し登場するんですが。ほぼこの2人の愛の巣が中心となります。何故なのか?と調べたら、実は2002... [続きを読む]

受信: 2010年1月29日 (金) 10:22

» 『今度は愛妻家』 [ラムの大通り]
----確かこの映画、 観る前は「かなり、きつそう」って言っていたよね。 「うん。 白髪の豊川悦司 がカメラを構え、 横には寂しそうな顔をしている薬師丸ひろ子。 そこにキャッチコピーが 『夫婦には「さよなら」の前に、やらなければならないことがある』。 このメインビジュアルを見てぼくが抱いたイメージは “離婚”、そして“病死”」 ----フォーンも、そういう映画と思ってた。 最近で言えば 『象の背中』みたいな…。 「だよね。 さて、映画の中身に入る前に、もっとも大きなぼくの勘違いを告白。 トヨエツのこ... [続きを読む]

受信: 2010年1月29日 (金) 12:52

» 今度は愛妻家 [LOVE Cinemas 調布]
脚本家・中谷まゆみ原作の同名の舞台劇を実写映画化。結婚10年目を迎える夫婦、自堕落な生活を送る元売れっ子カメラマンと、おっとり型の妻を描いたドラマだ。監督は3月に『パレード』の公開も控えている行定勲。主演は『20世紀少年』の豊川悦司、共演に『ALWAYS 三丁目の夕日』の薬師丸ひろ子、同じく『20世紀少年』の石橋蓮司、『彼岸島』の水川あさみ、『ゴールデンスランバー』の濱田岳とベテランと若手の実力派が揃う。... [続きを読む]

受信: 2010年1月29日 (金) 21:07

» 今度は愛妻家 [象のロケット]
元売れっ子カメラマンの北見俊介は、仕事への意欲を失い、ここ1年グータラな毎日を送っている。 結婚10年目の妻さくらが箱根旅行に出かけた隙に、女優志願の蘭子が写真を撮って欲しいとやって来た。 彼女といいムードになっている時に突然さくらが戻ってきて、ついに愛想をつかされてしまう…。 ラブファンタジー。 ≪夫婦には「さよなら」の前に、やらなければならないことがある。≫... [続きを読む]

受信: 2010年1月30日 (土) 04:15

» 「今度は愛妻家」 [みんなシネマいいのに!]
 1978年に「野性の証明」でデヴューし、その後は角川の戦略により着々と人気を獲 [続きを読む]

受信: 2010年1月30日 (土) 09:45

» 今度は愛妻家 [いい加減社長の日記]
予告編で気になっていた作品。 公開初日の午前中に行こうと思ってたけど、ネットで空席を見ると少なめ。 不安になりながらも、なんとか通路側の席を確保して、「今度は愛妻家 」を鑑賞。... [続きを読む]

受信: 2010年2月 3日 (水) 05:44

» 今度は愛妻家 [映画的・絵画的・音楽的]
 『今度は愛妻家』を渋谷TOEIで見てきました。  どうもなかなか評判が良さそうなので、足を運んでみた次第です。  この映画には、大きく言って問題が二つあるかもしれません。  一つめは、戯曲の映画化という点です。  映画の設定場所が雑司ヶ谷の鬼子母神近くと酷く具体的で、かつ沖縄の海岸をバックにしたエピソードが出てくるものの、わざわざそんな映像を出さずとも済みそうでもあり、また、写真家の家の中の場面が長く、人の出入りが2か所のドアを通じてなされるようなところから(上手と下手でしょう)、どうやら戯曲を... [続きを読む]

受信: 2010年2月14日 (日) 06:20

» 【映画】今度は愛妻家 [★紅茶屋ロンド★]
<今度は愛妻家 を観ました> 製作:2009年日本 ランキング参加中 ちょっと久しぶりの邦画です。 公開してたときから観たかった作品。大ヒットはしてなかったと思うけど、ちらほら聞く評価はとても良いものばかりで、すごく気になっていました。レンタル新作だったけど、我慢できずに借りてきちゃった。 人気カメラマンだった俊介は、仕事をしなくなって1年。今では浮気を繰り返しダラダラ毎日を過ごすダメ亭主だった。そんなダメ亭主の俊介をいつも世話していた妻のさくらとは結婚10年を迎えていた。 ある日さくら... [続きを読む]

受信: 2010年9月 5日 (日) 15:08

» mini review 10483「今度は愛妻家」★★★★★★★☆☆☆ [サーカスな日々]
仕事も家事もせず、妻への愛情も微妙なダメ夫と、そんな夫を献身的に支える健康オタクの妻が織り成す、ハートフルな夫婦のドラマ。大ヒットを博した中谷まゆみ原作の舞台劇をベースに、ヒットメーカーの行定勲監督が涙と笑いが交互に訪れる感動ドラマとして演出。夫婦を演じるのは、『サウスバウンド』の豊川悦司と『ALWAYS 三丁目の夕日』薬師丸ひろ子。ダメ夫婦から誰もがうらやむ理想の関係に変わる、夫婦のきずなに心動かされる。[もっと詳しく] <さよなら>の前に、やるべきこと。 中谷まゆみ原作の舞台劇は02年に公... [続きを読む]

受信: 2010年9月12日 (日) 14:54

» 【今度は愛妻家】薬師丸ひろ子&豊川悦司再び・・・ [ジョニー暴れん坊デップの部屋]
eiga.com 作品情報 『今度は愛妻家』 ■解説:俊介はかつての人気カメラマンだが、今はろくに仕事もせずだらけた日々を過ごすダメ亭主。結婚10年目を迎えたある日、何かと世話を焼く妻のさくらが旅行に出かけ、しばしの独身気分を味わう俊介だったが、さくらが何日待っても戻らないことに次第に不安を募らせていき……。2002年に初演された大ヒット舞台を、「世界の中心で、愛をさけぶ」の行定勲が映画化。豊川悦司と薬師丸ひろ子が結婚10年目の夫婦を演じるラブファンタジー。 ■スタッフ:/監督..... [続きを読む]

受信: 2014年6月 7日 (土) 05:16

« 「板尾創路の脱獄王」 | トップページ | 「おとうと」 »